Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 12月 26日

2001.7.24(火)

 熊本へ出張である。ここも平成2年から頻繁に訪れるようになった場所だが、札幌同様ラ界に身を投じる前に来ていたところなので、データは皆無に近いのだ。まずは、熊本市内では常に人気投票のトップに君臨する黒亭へ向かった。実は、今回の熊本出張はたまたま部内でアポイントが重なり、総勢5人で移動をはじめている(^^; 昼時をかなり過ぎた時間にもかかわらず、相変わらず店内は満席状態だ。それぞれがバラけて着席して好みのパターンで注文している。私は味の変化を楽みたいこともあって、玉子入りを注文した。久しぶりに食べる黒亭のラーメンは、昔の印象よりこってりしており、マー油のパワーも全開だ。途中で玉子を溶かしてもスープのこってりが負けてはいない。充実の完食である。リピーターの4人のうち、3人が今日のは濃いと言い、1人が薄いと言っている。これが薄かったら、濃いときはどんなラーメンだろう(^^;
 ここで2手に別れて仕事に向かうが、私達の集団はとりあえずもう一杯(^^; ということで、本店詣でをしようと桂花本店へ。関東ではもう何年も食べていないけど、総本山には行っておきませんとね。おとなしく桂花拉麺を注文したら、やはり味もおとなしかった(笑)。桂花は太肉とキャベツがのっていないと、違うものを食べているような気分になるということは、そのイメージは随分固定されているってことですねぇ。
 夜は、熊本の達人が予約を取っていた店で、馬肉を食い尽くす。芸能人が馬刺しを食べる時に必ず来る店らしく、壁には色紙と女将と芸能人のツーショット写真が無数に貼られている。馬の各部を食べたのは初めてだ。これは「もつ好き」にとっては良い経験になった。詳細については、おって紹介します(^^;
 その後は、それぞれの持ち駒にしているラーメン店に繰り出すことにした。まずはあっさり系のラーメンを食べさせる天和である。確かに熊本のスタイルとはちょっと違い、マー油を使わない透明感のあるスープに、細麺がよく合っている。自家製麺という細麺は、シコシコ感がとても良い感じだった。
 そして最後はこだいこである。昭和29年からやっている老舗中の老舗だそうだ。店の中には、白熱電球がついた木の電柱などが柱に使われていて、老舗というよりも今風の造りになっている。時間が遅くてあっさりしか選べなかったが、確かにあっさりとしたスープである(^^; テーブルにある無臭ニンニクチップは、食べた後で臭わないという触れ込みだが、食べている時から臭わないので、何のためにあるのかわからない存在だぞ、っと(^^;

# by g_amaha | 2006-12-26 07:24 | 九州(熊本)
2006年 12月 26日

2001.7.23(月)

 今年の200杯目はmetro de 昼麺で大喜へ。地下から外へ出て、ほんの30秒ほど移動するだけでも暑い。それは注文の2/3がつけ麺系に集中していることでも良く分かるというものだ。それでも私はワンタンメンを食べ、ハンカチをビショビショにしながら帰るのである。
 夕方に早稲田で仕事をしたので、当社のミニモニを連れてでお疲れさんの1杯。いゃっ、ビール2杯とラーメン1杯で、つごう3杯だ(殴)。ミニモニは燻製系のおつまみ盛り合わせと竈らーめん、それとくんごまプリンで満足したようだ。結構結構。私も竈の夏の風物詩となった辛竈らーめんで満足である。もしかすると、私としては辛竈らーめんが一番壷に嵌っているかもしれない。

# by g_amaha | 2006-12-26 07:23 | ラーメン系
2006年 12月 26日

2001.7.22(日)

 鎌倉の実家に行く前に久しぶりのめじろ de 昼麺。20日から味を変えたということだが、しかし何で私の近所のお店はちょくちょく味を変えるのやら(^^; 同居人は眩(醤油のネギ入)、私は詩(塩の煮干味)のチケットを買った。
 最近のめじろは味が安定していて旨いのに、なるほど味は更にまろやかになっている。醤油で味わうとそれは如実に分かる。大西さん曰く「和で食べると凄いよ」、って、何で先に言ってくれないのか、っと。夏は来にくい場所なんだから(^^; めじろも決して安いお店ではないけど、今日のは十分納得のいくラーメンだった。満足満足

# by g_amaha | 2006-12-26 07:22 | ラーメン系
2006年 12月 26日

2001.7.21(土)

 覇隆の味について色々な感想を耳にし、まるで違うラーメンを食べているようなコメントもあるので、子連れ同居人と再食しに行った。
 普通の醤油ラーメンと特製をのチケットを買い、それぞれ食べてみたのだが。。。先に出てきた醤油では、今回は魚出汁が感じられ、焦がしネギの風味も良く分かる。確かに、2日前に食べた印象と随分違っている。しかし、直後に出てきた特製の方は、チャーシューのくさみがスープに移ってしまい、魚の出汁と焦がしネギの風味は全く感じられず、これまた違うラーメンのようになっている。スープの表面に浮いている背脂らしきものは、焦がしネギを作る時に使われた脂なのだろうが、焦がしネギの風味を取り込んだ脂と取り込まれていない脂という具合に、ムラができているような気がした。柔らかく作ったチャーシューというのは分かるけど、1100円のラーメンで、あの豚臭さはちょっといただけないなぁ。

# by g_amaha | 2006-12-26 07:21 | ラーメン系
2006年 12月 26日

2001.7.19(木)

 夏休みのスタートという日でもあり、ターミナル駅はいつもの週末よりも更に人が多い気がする。そんななか、ラ友数名が集まって、昨日開店した覇隆というお店に行くことになった。思い切って半年休をとり、思い切って大阪から飛行機で飛んできたという、とても思い切りの良いラ友とも久しぶりのご対面である。
 東急東横線の反町駅界隈は、今までほとんど足を踏み入れたことのない不案内な場所だが、地図を頼りに店に向かうと意外に簡単に見つけることができた。お店は流石に綺麗で、今流行りのWA風な造りは、蕎麦屋にしてもそのまま使えそうだ。厨房も製麺室も広くとられていて、店主の出身がラ博というのがよくわかる気がする。ラーメンは、鶏がメインでありながらも力強いスープで、支那そばや系の醤油ラーメンでは途中でスープを持て余してしまうようなことがあるが、ここでは最後までしっかりと飲むことができた。麺は断面が長方形のストレート麺で、プチプチ切れるようなこともなく、弾力を味わえる美味しい麺だ。これは行列店になるのもあっという間だろうなぁ。
 その後、筑後亭を目指して黙々と歩いていくと、何と定休日(T^T) 大阪のラ友が来てくれているのに、ちゃんと調べんかい!>自分。皆汗だくなので、ラのリカバリーはなしにして、横浜駅近くのビアガーデンでビールの大量摂取とあいなった。

# by g_amaha | 2006-12-26 07:19 | ラーメン系