Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 12月 27日

2002.6.11(火)

 札幌の朝は早い。東に位置しているから当たり前だが(^^; 7:50の飛行機に乗って移動しなければならないので5:00起きである。しかし、札幌はその前の時間から明るいのだ。まっ、そのお蔭で寝坊せずにすんだ訳だが、昨晩の爆食がたたってG.Aモードになっている(^^; 途中で何度もトイレに駆け込みながら、千歳経由で羽田に移動し、午後からの仕事に合わせて神奈川県央へ更に移動した。
 そんな状況にいながら、途中でブラジル@本厚木に寄って腹ごしらえをすることに(殴)。店内はキリン食堂のようなノリになっていて、私の世代は妙に落ち着いてしまう雰囲気である。メニューを見ると、中華そばに色々なご飯メニューを付けて、セットにすることかできるらしいことが分かる。ただ、この時期は大抵我慢しているのだが、ハヤシライスの文字が目に入った途端、そのセットを注文していた。とにもかくにも、ラーメンがいぃーーですねぇ。スープ・麺・具がほとんど私好みといって良いような出来具合になっている。スープの魚出汁とちりちりの細麺の相性が抜群だ。う~む、旨い!
 午後からは当社ミニモニと合流し、夕方まで黙々と仕事をこなすのである。何故かといえば、今日は仕事の後でZUND-BARに行こうじゃないかということになっているのである。仕事場から6km強の距離だから、ものの20分で着いてしまうことが分かったのである。気が付いたら行くしかないのである。しかし、行ってみると、平日の開店時間直後というのに、既にお店は満席状態という人気振りなのである。恐るべしZUND-BAR。で、ラーメンはというと、中村屋の方が勝ちですなぁ。同じ作りなんだろうけど、刻々と進化を遂げた本家のラーメンは、より懐が深いという感じがする。旨いラーメンには違いないんですけどね。その証拠に、ミニモニはかなり感動したようだった(笑)。

# by g_amaha | 2006-12-27 06:11 | ラーメン系
2006年 12月 27日

2002.6.10(月)

 札幌出張の前に、新橋の玄々で玄流塩ラーメンを食べる。田中流の無化調ラーメンは、めんめん時代に食べただけだが、その時の印象が私にとってとても弱かったので、今までリピートしていなかったのだ。しかし、今年の春に閉店してしまったすこやか広場@戸塚で食べて、更に今日玄々で食べて、見方を変えなければならないと感じた。これは私の懐が深くなったことも多少はあるだろうが、先方の進化の方が遥かに高いことに間違いはないようだ。
 さて、札幌に移動する。以前から気になっていたひなたに行きたいと思っていたら、最寄の地下鉄澄川駅を経由する空港連絡バスがあるのが分かった。これを使わない手はないでしょう。夜の開店時間の10分前に着いてしまったので、外でじぃーっと立っていたら、ご主人から「中で座って待っててください」と通されてしまった。まずお店に入って気が付いたのは、厨房が染みひとつなく綺麗に掃除されている事。そして次に感心したのは、作り方がとても丁寧な事。これで出てきたラーメンが標準以下な訳はないでしょう。いやぁ~旨い!最初に食べた時の竈のラーメンを思い出したけど、札幌でも関東でも滅多に食べられないようなタイプで、私の経験値では例えようがない(^^; これは三味制覇しなければなりませんな。
 仕事で良いことがあったので、同行者と打ち上げに向かう。目指すはジンギスカンの名店、さっぽろジンギスカンだ。ホント、北海道で食べるラムは旨い。ビールがんがん状態である。つまらない解説より、画像だけで充分臨場感が伝わると思う(笑)。
 勢いついて牡蠣を食べにあんぽんへ。氷下魚のルイベが淡白でなかなかざんした。
 更に勢い余って天山狸小路店へ(殴)。止めておけばよかった(殴打)。

# by g_amaha | 2006-12-27 06:10 | 北海道
2006年 12月 27日

2002.6.9(日)

 昨日は飲み過ぎて早く寝たので、3時に目が覚めてしまってから眠れない(^^; ようやく夜が明けたので体重を量ったら、オォゥ!フエテナァーイ(殴)。安心して昼はぺーぱんに行く(殴蹴)。福島県原の町で開業した「ゆーから」が、地方紙に取り上げられたのを見せていただいた。有名になったんですねぇ。だけど、遠くていつになったら行けることやら皆目見当もつかない。本家のぺーぱんは、いつもどおりおいしゅうございました。
 そして、初勝利・お・め・で・と・う・ご・ざ・い・ま・す。

# by g_amaha | 2006-12-27 06:09 | ラーメン系
2006年 12月 27日

2002.6.8(土)

 会社の同じグループの人達を呼んでホームパーティーをする。新年会でクサヤの話が出た時に、私以外は誰も食べた事がないとわかり、「それじゃぁうちで食べさせてやろうじゃないか」と宣言したのが事の発端だ。何でこんなに遅くなったかというと、家の中じゃぁ焼けないし、春は花粉が飛んでるので私がNG。ならば、ゴールデンウィーク後から梅雨入り前までが勝負だろうということになった訳だ(^^; しかし、いきなりクサヤの先制パンチを浴びせると、秒殺される者が出てしまいそうなので、最初は子連れ同居人の得意料理を振る舞い、頃合いを見計らってベランダで焼き始めた。クサヤを焼く煙が部屋に流れた途端、子連れ同居人はギャーッと叫び、4人のうち1人N(埼玉出身)もその時点で脱落してしまった(^^; 残り3人はというと、T(北九州出身)は「懐かしい匂いがする」(爆)、H(茨城出身)は「海の匂いで全然問題なし」、当社ミニモニ(沼津出身)は「友達の家の匂いだぁ」(核爆)ということで、ムロ鯵、秋刀魚、飛魚のクサヤを旨い旨いとたいらげ、気に入った人のお土産にしようと買った「真空パックの焼クサヤ」まで食べてしまった。しっかし、ミニモニの「友達の家の匂いだぁ」には全員大笑いだった。今度、是非その友達を紹介してもらいたい。
夜は小僧の誕生日なので、久々にケーキを食べる。明日の体重は、、、、、(^^;

# by g_amaha | 2006-12-27 06:08 | その他
2006年 12月 27日

2002.6.6(木)

 夜の中華のために昼は粗食と思っていたら、昼飯食べに行こうという声が掛かって外へ出る。「熱いからラーメン以外で、、、どこかない?」と聞かれても、「近所でラーメン以外食べた事ないので分かりません」。本当に知らないんだもんね(^^; 
 夜は久しぶりに怪しい中華屋さん味芳斎へ行く。豚足を注文したら、いつもの揚げたソフトタイプじゃなくて、角切りのハードタイプが出てきた。これはこれで旨い。でも、やはりここに来たらソフトタイプも捨てがたいので追加する。量を食べられなくなっているので、いつもに増して安かった(^^; 
 久しぶりにはしごしようかって言うことで、未食のこうかいぼうへ。とんこつメインの動物スープと、煮干と昆布が加わった味わいという、流行のスタイルでとても繁盛している。スープ、麺、具がもう少し融合してくると、更に完成度が上がってくるようなラーメンだ。なかなか旨かった。


# by g_amaha | 2006-12-27 06:06 | 中華系