Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 07月 31日

2018.7.31(火)

 スダチを持った朝のお約束は小諸そばだ。冷やしたぬきと大盛りのチケットを買って厨房に渡した。スダチが段々しなびてきて、果汁を絞るのに苦労するようになった(^^; でも、あるとないとじゃ随分違うからしょうがない。朝から気分がしゃきっとする。
a0351572_19291201.jpg
冷やしたぬき大盛
a0351572_19291411.jpg
 昼は湯島の方に歩いていくと、あまりの暑さにきぬそばで妥協してしまった。5ヶ月振りだ(^^; ごぼう天にちくわ天を付けて手繰ったのだが、やはりここの天ぷらは衣リッチなので、どうもしっくりこない。ここまで来たなら、昨日のみやら製麺に行っておくべきだった。。。_| ̄|○
a0351572_19340919.jpg
ごぼう天そば+ちくわ天
a0351572_19341221.jpg


# by g_amaha | 2018-07-31 19:23 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 07月 30日

2018.7.30(月)

 先週末、羊香味坊に行った際に、八重山そばを名乗るお店を見つけたので、早速昼に行ってみることにした。暖簾にみやら製麺と書いてあるのを見て、これはうちなーんちゃのお店だと確信した。間違いなく「宮良」さんが店主だろう。中に入ると結構な繁盛振りで、後から来るお客さんで諦めた人も何人かいたという事実。私はてびちが食べたくて、てびちそばのランチセットを選んでチケットを買った。おひとりさまの席に座って待つと、5分くらいで出来上がってきた。ん!?てびち以外に何か載っているぞと見てみると、なんと骨汁の骨がのっているじゃぁあーーりませんか。まずはお汁を啜ると、豚とくーぶの出汁がやんわりと伝わってくる。こりゃぁ本格的だと確信して麺を啜る。自家製のやや縮れた麺が旨いじゃん。これにコーレーグースをかけ回すと、もう川平湾のグラスボートに乗っていような気分になってくる(笑)。まずは骨をせせって食べると、これはイカンでしょう~。骨汁のまんまやん!これってホントにサービスなんだろうか(^^; てびちはというと、これもちゃんと沖縄って感じじゃないですかぁ~。初食で試したランチセットのじゅーしーは、薄味で米が立っているタイプで、私のツボだった。いゃぁ、上野で本格的な八重山そばを食べられるお店があるとは思わなかった。ここは通うな(^^;
a0351572_19480294.jpg
てびちそばランチセット
a0351572_19480403.jpg
てびちそばアップ
a0351572_19480733.jpg
a0351572_19481098.jpg


# by g_amaha | 2018-07-30 19:58 | ラーメン系 | Comments(0)
2018年 07月 29日

2018.7.29(日)

 台風一過の昼は、バイクで丸山飯店へ。この時期、大概かた焼きそばを選ぶのだが、姉妹で食べているので肉うま煮そばを注文した。値上がりして920円になっていたが、やはりここの肉うま煮そばは他では食べられない逸品なのだ。久し振りに食べて大満足。
a0351572_19501639.jpg
肉うま煮そば



# by g_amaha | 2018-07-29 19:41 | 中華系 | Comments(0)
2018年 07月 28日

2018.7.28(土)

 台風の接近に備えて匹子。昼は全粒粉でチヂミを作って食べた。先日の丸貴屋@三宮でチヂミの作成過程を見ていたので、胡麻油の使い方を真似てみると、ちゃんと外カリのチヂミができた。ただ、全粒粉2/3の為、中フワにはならなかった(^^;
a0351572_05082257.jpg


# by g_amaha | 2018-07-28 19:02 | その他 | Comments(3)
2018年 07月 27日

2018.7.27(金)

 朝は新日本橋で降りて天亀そばへ。なんと、今朝はガテン系の皆さんで千客万来だ。まだ一昨日の深酒が影響しているので、げそ天は避けて春菊天そばにした。かき揚げタイプの春菊では、天亀が一番好みだ。というか、天亀の天ぷらはどれも旨い。ここが滅多に来られなくなって残念至極だ。
a0351572_07251315.jpg
春菊天そば
a0351572_07251620.jpg
 昼前にA博士から「昼は軽くしておくように」とメールが入ってたので、角萬で冷やし大きつねを手繰ることに。う~ん、このお汁が琴線を弾いてくれるんだよなぁ。ネギがもっとワイルドなら完全食だ(笑)。
a0351572_07285974.jpg
冷し大きつね
a0351572_07290134.jpg
a0351572_07290383.jpg
 夜はA博士とT博士の3人でご一献。2か月前から予約していた羊香味坊に集合だ。トリビーで乾杯し、ルービーに合う小吃をいくつか選んで注文した。押豆腐の冷製、冷製酸香トマト、老虎菜と続くと、T博士は「全部パクチーが入ってるんですね」と驚いている。でも、NGではないらしい。特に押豆腐の冷製が気に入ったようだ。ちょっちゅ遅れて出てきたマーラーナンコツは、揚げた鶏の軟骨を四川唐辛子の朝天椒と炒めたもので、これがまたルービーに合うったらない(笑)。老虎菜の青唐辛子があまりに辛いので、サッポロ赤星を貰って舌を回復させながら、兆京爆肚(センマイ刺)を追加して前菜は終了だ。
a0351572_07505059.jpg
トリビー
a0351572_07505340.jpg
押豆腐の冷菜
a0351572_07505603.jpg
冷製酸香トマト
a0351572_07505835.jpg
老虎菜
a0351572_07510086.jpg
マーラーナンコツ
a0351572_07510305.jpg
サッポロ赤星
a0351572_07510683.jpg
兆京爆肚(センマイ刺)
 前半でフルスロットル状態になり、ここからはメインの羊で酔いの世界へまっしぐらだ。紹興酒をボトルでもらい、ラムの串5本セット、よだれラム、ラムスペアリブと続くと、口の中でハイジとペーターが走り回ている。オンジも遠くから見ている(爆)。2本目のボトルがなくなるタイミングて、羊祭の〆はラム肉とライスヌードル炒めだ。この甘いソースが絡んだきしめんのようなビーフンが旨かぁ~である。調子に乗っていい値段になったが、満足度はかなりの高さだ。完全体となって帰りましたとさ。
a0351572_07552381.jpg
ラム串5本セット
a0351572_07552694.jpg
よだれラム
a0351572_07552944.jpg
ラムスペアリブ
a0351572_07553127.jpg
ラム肉とライスヌードル炒め



# by g_amaha | 2018-07-27 22:13 | 中華系 | Comments(0)