Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 02月 16日

2018.2.16(金)

 天亀のげそ天が食べたくなり、朝に新日本橋で降りて店に向かった。前社の最終出社日の朝に食べて以来で、道すがらの風景が既に懐かしく感じる。で、げそ天玉子そばである。うみゃーでかんわ!と名古屋人と化して、ゴロゴロとしたげそを噛みしめるのであった。ここから淡路町までの道は長かった(^^;
a0351572_08422164.jpg
げそ天そば+玉子

a0351572_08422443.jpg
 夜は飲み会なので、昼は和食でも食べておこうと思って外に出ると、何だかしっくりとしたメニューがなかったり満席だったりして、昼飯難民と化してしまった。そこでホンカトリーを覗くと1席だけ空いていたので、そこに滑りんだ。鱒のカレーを頼んで待つこと35分、ようやく出てきたのは12:45だった(^^; スパイスを味わうというより、10分以内で食べることに全力投球し、まさに飲み物のように食べたという事実(自爆)。ここに来る時は、まっしぐらに来ることにしよう(^^
a0351572_08511487.jpg
a0351572_08511699.jpg
a0351572_08511158.jpg
a0351572_08512046.jpg
 夜はA博士の強い要望で、前社の仲間であるK博士と羊香味坊でご一献である。トリビーで乾杯し、いくつかの小皿と羊のスペアリブでスタートする。押し豆腐の冷菜は台湾等で食べる干豆腐と違い、非常にドライでライトで口当たりが良い。これって違う種類なんだろうか。よだれラムというのは、スパイシーなラム肉のソーセージという感じのもので、キャベツとちょい辛のタレで食べるのだが、これはこの店がアタリだと感じさせる逸品だ。老虎菜はパクチー好きがばっちりはまる前菜だ。ピーナツの存在とタレの絶妙な辛さで、ビールがすすむ君となってしまう(笑)。そして前半のメインデッシュであるラムのスペアリブ。こりゃぁイカンでしょうーーーー!骨離れが良くなる程度に煮込まれだリブは、クミンとの相性も宜しく、これまたビール泥棒である。これを食べてクセがあるという人は、沖縄でひーじゃー刺しを食べたら即死するだろう。それくらい口当たりの優しいスペアリブだ。いゃぁ、前半でかなりの満足度だ。
a0351572_08560150.jpg
トリビー
a0351572_08560345.jpg
押し豆腐の冷菜
a0351572_08560878.jpg
よだれラム
a0351572_08561220.jpg
老虎菜
a0351572_08561485.jpg
ラムスペアリブ
 後半はラム串の5本セットでスタートし、紹興酒を熱燗で飲むことにした。K博士がきゅうりの甘辛酢漬けを注文すると、始めは「ない」と言っていたのだが、「厨房に聞いたらある」とのことでもらうと、出てきたのはきゅうりと大豆の和えたものだった_| ̄|○ 大陸の人とのやり取りは、こういう事を覚悟しなければならない(^^; でも、ラム串は、ラムショルダー、ラムショルダー・キノコ、レバー、ランプ、ネックのセットで、それぞれが旨い。特にレバーとラムショルダー・キノコが良かった。最後にラム肉炒めとラム小籠包にラム焼売を頼み、紹興酒も2本目の追加だ。ラム肉炒めは一度揚げたラムを、玉ネギとパクチーで炒められており、さっくりした食感でいぃーーーじゃないですかぁ。ラム小籠包にラム焼売は、食べるとハイジとペーターが口の中で踊りだした(爆)。
a0351572_09270469.jpg
ラム串5本セット
a0351572_09270743.jpg
きゅうりと大豆の和え物
a0351572_09270935.jpg
紹興酒
a0351572_09271126.jpg
ラム肉炒め
a0351572_09271348.jpg
ラム小籠包
a0351572_09271639.jpg
ラム焼売

 いゃぁ、ラム肉を充分楽しめた。ここは3の倍数の人数で来ると良い感じだな。また来よう。
a0351572_09314055.jpg


# by g_amaha | 2018-02-16 22:37 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 15日

2018.2.15(木)

 花粉症の薬を飲み始めたので、抗コリン作用による体重の微増が気になり、朝昼を路麺にすることにした。で、朝は天かめである。ちくわ天に玉子のチケットを買い、厨房に渡して待つ。メガネの曇りが収まらないなぁ(^^; ふむふむ、今日は一段と鰹がカーンとくる上等なお汁だ。界隈のちくわ天ではここが一番好きかもしれん。満足、満足。
a0351572_07430271.jpg
ちくわ天そば+玉子
a0351572_07430775.jpg
 そんでもって昼は、以前から気になっていた角萬に入った。随分前に信濃町店(すでに移転)に入り、冷や肉を食べて以来、次の角萬の機会を首を長くして待っていたのだ。事前調査によれば、他の角萬よりも細麺だしインパクトも低いとのことなので、まずは冷やしきつねでご機嫌をうかがうことにした。兎にも角にもお店が昭和だ(笑)。こんな風情のあるお店は、久留米の松尾食堂以来かもしれん。程なくして出てきた冷やしきつねも、何故か昭和をイメージさせるビジュアルだ。ごわっとした食感の蕎麦は角萬という感じだが、信濃町で食べたものより結構細いという印象だ。甘く煮られたお揚げがいぃーじゃないですか。最後に薬缶で出される蕎麦湯を注いで完食だ。寒いうちは温かいきつねも食べてみよう。
a0351572_07532421.jpg
品書き
a0351572_07531890.jpg
冷やしきつね
a0351572_07532948.jpg
蕎麦湯の薬缶
a0351572_07533273.jpg
a0351572_07533410.jpg
 夜はセミナーで久しぶりの遅帰り。危うく北鎌倉を乗り過ごすところだった(^^;


# by g_amaha | 2018-02-15 22:37 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 14日

2018.2.14(水)

 朝はゆで太郎で朝そばを手繰ることに。う~みゅぅ、クーポンの戦略にしてやられているな(^^; 330円で玉子とわかめをトッピングでき、クーポンで1品足すことができるのはお値打ちだ。今日は海老天を追加して注文した。わかめの存在感がいぃーーーじゃないですかぁ。やはり、通っちゃうよね(^^;
a0351572_20434683.jpg
朝そば玉子・わかめ+海老天

 午後からロングランのミーティングなので、若者を誘って我流担々麺竹子へ。二度目の今日は、酸辣湯麵を中辛で頼み、水餃子100円を追加した。出てきた酸辣湯麵に水餃子と無料茹玉子をのせて食べる。見てくれはゴージャスだが、水餃子の皮がもっちり系なので、これはタレを付けて食べた方が旨いと悟り、2個目からそのようにして食べた。う~む、酸辣湯スープより担々スープの方が好みだなぁ。100円の水餃子はかなりのCPだから、次回はいただいた100円の割引券を使って食べることにしよう(^^;
a0351572_20555971.jpg
酸辣湯麵+茹玉子
a0351572_20560117.jpg
水餃子
a0351572_20560394.jpg
水餃子トッピング
a0351572_20560681.jpg


# by g_amaha | 2018-02-14 20:46 | ラーメン系 | Comments(0)
2018年 02月 13日

2018.2.13(火)

 食生活調整日で、昼ははるなへ。今日は基本の春菊天そばにハゼ天を付けた。うむ!ビジュアルからしていぃーーーーですねぇ。手のひらタイプの春菊天は、ストレートに春菊を味わえるが、間違って縦に食べると食い千切れなくて焦る訳だ(^^; 
a0351572_19290576.jpg
春菊天そば+ハゼ天
a0351572_19290876.jpg
 こうやって昼を路麺にして、夜は休肝日にすると、大概500gくらい体重が減るのだ。


# by g_amaha | 2018-02-13 19:31 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 12日

2018.2.12(月)

 今日は自作に燃えることにしようと、昼に上海焼きそばを作ることにした。市販の焼きそば麺を1分レンチンし、胡麻油をかけ回したフライパンで麺に焼き目を付け、ちゃんぽんのうわものを作る要領で餡かけを作って麺にのせるというパターンだ。何度やっても麺の焼き目が足らず、同居人から「もっと焼いて香ばしくした方が良い」と言われる始末。娘Bは食べた瞬間「美味しい」と言ってくれたので、のせものは悪くないようだ。でもまだまだ修行が足りないな(^^;
a0351572_19281137.jpg


# by g_amaha | 2018-02-12 19:27 | その他 | Comments(0)