Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 22日

2018.5.22(火)

 解凍スダチを持って小諸そばで朝路麺だ。値上げの影響がなくなったみたいで、今朝はいつものような賑わいに戻っている。冷やしたぬきにネギをのせ、柚子七味を振ってからスダチを絞る。うむ!申し分なしで言うことなし。
a0351572_12502224.jpg
冷やしたぬき
a0351572_12502750.jpg
 昼は湯島まで歩いて誠月へ。ちびカツ丼セットをかけそばで注文した。周りの皆さんはセットメニューには季節柄せいろを選んでいるが、ここは天かすがフリーなので、たぬきにしてしまおうという魂胆なのだ。って、朝もたぬき食ってるじゃん(自爆)。自分でも良いビジュアルのたぬきに出来上がり、悦に入って食べ始める。辛目できりっとしたお汁がいぃーーーじゃないですかぁ。で、ちびカツ丼。なかなか旨いよぉ~。藤沢の貴乃家に似た甘めでしっかりしたカツが旨い。値段が900円だから、どっちかと言うとみの和に近いな。しかし、普段の昼にセットを食べるのは、結構罪悪感があるな(^^;
a0351572_12503624.jpg
ちびカツ丼セット
a0351572_12504219.jpg
かけをたぬきにバージョンアップ
a0351572_12504612.jpg
ちびカツ丼
a0351572_12505124.jpg


by g_amaha | 2018-05-22 19:23 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 05月 21日

2018.5.21(月)

 路麺大帝の「うまい!大衆そばの本」ではエッセーとして載っている栄亀庵。本郷三丁目界隈の座麺店として、1月からチェックしていたのだが、来るといつも満席で入る機会がなかった。そこで、満を持して今日来てみたのだ。今日も満席だったが、丁度ひとりのお客さんが食べ終えたタイミングだったので、すぐに座ることができた。注文はたぬきそばだ。エッセーにもあるとおり、女将さんは厨房にいること自体が奇跡のような御年で、若いお兄さんと良いコンビネーションで蕎麦を出している。それに見とれていると、たぬきそばが出来上がってきた。おぉっ、なんと古典的なビジュアル。濃い口で甘いお汁が郷愁を誘う。もう少し天かすが入っていると良いんだけど、そんなこと言う事すら野暮だな。多くの人が注文している冷やしきつねは、蕎麦猪口に蕎麦汁を注いでもりそばのように手繰っている。よし、今度はそれを食べることにしよう。
a0351572_03502167.jpg
たぬきそば
a0351572_03502436.jpg
ネギの皿
a0351572_03502702.jpg


by g_amaha | 2018-05-21 19:34 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 05月 20日

2018.5.20(日)

 昨日の今日で、紫雲先生とwalkingに出ることになり、紫雲先生のリクエストは「うまい!大衆そばの本」に載っている路麺店探訪だが、日曜日に開いているお店はほとんどない(^^; そこで、麺やBar渦の跡にできた、大西祐貴さんプロデュースのお母さんの店、麺バルハチキンに行ってみようということになった。11:15に着くと6人待ちで、開店時にすんなりカウンターに座ることができた。ふたりとも基本の醤油sobaを注文し、紫雲先生はチャーシューご飯の小を追加した。2ロット目に出てきた醤油sobaは、見た目がちょっちゅインパクトに欠けるなと思ったのだが・・・食べてみてもインパクトに欠けていた_| ̄|○ スープは鶏油が弱いというか何というか、食べ手を引き寄せる力が弱い。麺ももったりして力がなく、茹で過ぎかと思うくらいだ。具のチャーシューもメンマも然り。例えて言うなら、お公家さんのラーメンというか、2学期の学級委員のような、イエスマンのラーメンに思えた。旨いんだけど、大西祐貴さんプロデュースのラーメンとは、とても思えなかった。蔦のラーメンは食べていないが、めじろ時代の彼の実力を充分知っているオッサンからすると、納得できないというのが本音だ。何も言わずに食べていた紫雲先生も、食べ終えてから同じ事を言ってへこんでいたという事実。祐貴さん!早く調整に来てちょんまげ。
a0351572_18285365.jpg
醤油soba
a0351572_18285638.jpg


by g_amaha | 2018-05-20 18:31 | ラーメン系 | Comments(0)
2018年 05月 19日

2018.5.19(土)

 路麺大帝の「うまい!大衆そばの本」に掲載された本陣@衣笠に行こうと準備していたら、紫雲先生からメールが入り一緒に行くということになった。紫雲先生のルーツは横須賀ということもあり、食いつきは半端ない程で、こっちが驚くほどの反応だ(^^; 横須賀線の車内で待ち合わせて、衣笠駅に着いたのは11:12であった。
 駅前ロータリーに佇む本陣は、昼にはちょっちゅ早い時間にもかかわらず、ほぼ満席という繁盛振りだ。若いお兄さんに、これを見て早速来ましたと「うまい!大衆そばの本」を見せると、はにかみながら「どうも」と言って迎えてくれた。肉カレー天ぷらそばのチケットを渡して待つと、3分ほどで出来上がってきた。ほぅ!これが噂の横須賀かき揚げかと、丼の端に添えられた薄っぺらいかき揚げを確認し、まずは蕎麦をぐいっと持ち上げた。カレー蕎麦の常で、蕎麦を持ち上げるのにかなりの力がいる(^^; そしてその熱さのために啜るのも大変だ。でも・・・カレーのお汁も蕎麦も旨いじゃん。流石、路麺大帝がフィーチャーする路麺店だ。薄っぺらい横須賀かき揚げは、カレーのお汁に溶けていく衣を蕎麦と一緒に手繰って食べ進むという感じになる。茹でた豚肉はカレーのお汁には是非付けたいトッピングた。紫雲先生も旨い旨いと言って完食である。流石は路麺大帝。良いお店を載せてきますねぇ。
a0351572_19473781.jpg
肉カレー天ぷらそば
a0351572_19474046.jpg
横須賀かき揚げ
a0351572_19474244.jpg
 このあと横須賀中央までwalkingし、横須賀コロッケで惣菜を仕入れ、紫雲先生に付き合って横須賀ベーカリーに入った。ナポドックのナポの量を見て、リトル小岩井より凄いんでないかいと驚き、途中太鼓のパフォーマンスを見ながら、中央酒場に入って給水をすることに(^^;
a0351572_20013297.jpg
横須賀コロッケ
a0351572_20013729.jpg
横須賀ベーカリーのナポドックと焼きそばドック
a0351572_20024805.jpg
和太鼓のパフォーマンス

 大船駅までバイクで来た紫雲先生はウーロン茶、私は当然のことながら横須賀ホッピーを注文し、つまみは牛すじ煮込みと小鰺唐揚げを選んだ。横須賀をルーツにする紫雲先生は、横須賀ホッピーも初めて見たし、中央酒場も初めて入ったと言い、こんな良い店を知らなかったと悔やんでいる。バイクで楽してきた罰が当たったのか、今までの悪行のツケが回ってきたのか・・・両方だろう(猛爆)。
a0351572_20025625.jpg
横須賀ホッピー
a0351572_20025859.jpg
牛すじ煮込み
a0351572_20030069.jpg
小鰺唐揚げ
a0351572_20030294.jpg
 このあとどぶ板通りを歩き、スカジャンなんぞをひやかして廻り、横須賀港の戦艦を見ながら横須賀駅まで歩いて帰りましたとさ。充実の一日(笑)
a0351572_20030615.jpg
a0351572_20030837.jpg


by g_amaha | 2018-05-19 20:10 | 路麺系 | Comments(2)
2018年 05月 18日

2018.5.18(金)

 非日常に戻った朝は、ゆで太郎で朝そばだ。またクーポンを貰ったので、海老天プラスの永久ループに入ってしまいそうだ(^^; ってことで、今日も今日とて朝そば(玉子)にクーポンの海老天である。今日は玉子をとじにしてみるかと試みたが、それにするにはお汁の温度が弱かった(^^; まぁね、何度も言うけど、これで330円だから文句を言う筋合いじゃないけどね。
a0351572_19374478.jpg
朝そば(玉子)+クーポン海老天
a0351572_19375678.jpg
 昼は本郷三丁目ばらちらし探索で、磯はなというお店に向かった。ここはランチは定番メニューのいくつかが半額で提供されているらしい。握りが3種類と海鮮ばらちらしがあり、海鮮ばらちらしが1000円だというので、それを注文した。板さんの作業を見ていると、ばらちらしも通常のネタから切り落としているし、最後にいくらも散らしているので、かなり期待が上がった次第だ。おおっ!いぃーーービジュアルじゃないですかぁ。お椀も良い出汁がでたお汁で旨いよぉ。山葵醤油を作って回し掛けし、ばらちらしをかっ込む。イカンでしょう~!これは伸寿司を上回ると言っても過言ではないばらちらしじゃないですかぁ。箸が止まりませんなぁ(笑)。ここは気分を上げる時に食べに来ることにしよう。
a0351572_19511650.jpg
海鮮ばらちらし
a0351572_19511953.jpg
ばらちらしアップ
a0351572_19512331.jpg
 帰りに大船で降り、駅ナカの本屋で路麺大帝著「うまい!大衆そばの本」を探したけど見つからない。店員のオネーチャンに尋ねると、3つのコーナーとその在庫の引き出しを探しても見つからず、最後に倉庫から出してきたという事実(爆)。平積みにしておけよ!!明日からゆっくり読もう。
a0351572_19574844.jpg


by g_amaha | 2018-05-18 19:32 | 寿司系 | Comments(0)
2018年 05月 17日

2018.5.17(木)

 今日も今日とて半蔵門である。という訳で、朝路麺は天かめだ。やはり、ここも春菊天は終わってしまったようだ。って、当たり前か(^^; 本郷店と同様、ちくわ天そばに玉子を付けて注文した。う~む、何となく竹輪の魚すり身含有率が低い気がするなぁ。言い換えれば粉っぽい(^^; 優しいお汁としなやかな蕎麦は全く同じだ。学会場に向かう途中にゆで太郎もあり、本郷三丁目と似たような路麺事情だな(笑)
a0351572_19234993.jpg
ちくわ天そば+玉子
a0351572_19235270.jpg
 昼は昨日に続いてそばうさだ。げっ、今日は13人待ちだ。今日はスタミナ牛すじ温そばのチケットを買った。待っている人数の割には、10分もせずに呼ばれるので、それほどのストレスはない。おぉっ、海苔、海苔、海苔!ビジュアルからしてわくわくしますなぁ。海苔を飛ばさずにつけ汁に蕎麦を持っていくのが大変だ(^^; 海苔が唇に付いてるのが分かるが、気にせずにぐいぐい手繰る(爆)。牛すじも旨かぁ~。途中で玉子を蕎麦に絡めると、コクが足される味変だ。ちょっと甘めなのが気になるが、毎日食べても飽きない名店だ。
a0351572_19331451.jpg
スタミナ牛すじ温そば
a0351572_19331644.jpg
a0351572_19331888.jpg


by g_amaha | 2018-05-17 19:36 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 05月 16日

2018.5.16(水)

 都市センターホテルで開催される学会に出席するため、半蔵門に向かった。午前のセッションが終わったところで向かうはそばうさだ。昼飯時ということで、チケットを買うのも5人待ちである。バジル温そばのチケットを買い、番号を呼ばれるのを待つ。5分ほど待ってテンポよく進み、ストレスなく店内に誘導された。おぉっ!これですよこれ!バジルのつけ汁は、ここでしか味わえない逸品だ。途中辛味を追加して味変すると、もうぐいぐい手繰るというペースになり、あっという間に食べ終えた。やはり私の中では、究極の路麺店のひとつだ。
a0351572_19365657.jpg
バジル温そばの蕎麦
a0351572_19365881.jpg
バジル温そばのつけ汁
a0351572_19370149.jpg


by g_amaha | 2018-05-16 19:26 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 05月 15日

2018.5.15(火)

 随分前からチェックしていたのに、今までなかなか行けなかった本郷三丁目の路麺店がSobaわだ。いまいち情報が少ないのがその原因なのだが、情報を食ってから食べるのも本意ではないので、今日行ってみることにしたのだ。座麺店にしては洒落た雰囲気なので、客層はかなり若づくりだ(^^; 券売機でかけそばのボタンを押し、春菊天とちくわ磯辺天をトッピングで追加し、とりあえずいつものパターンで食べることにした。注文を受けてから天ぷらを揚げるので、天ぷらを注文する客の順番は遅くなるようだ。なるほど、蕎麦と天ぷらは別皿で出てくるんですねぇ。当然のことながら、それをのせてから手繰る訳だ(^^; 最初に驚いたのは、きりっとしたお汁は、昔の座麺店で食べたような、きれっきれの味わいだ。蕎麦はちょっともったりしているものの、蕎麦の味わいが伝わってくる。しかも揚げ立ての天ぷらがまずい訳がない。多分このお店は、自分に合ったコンビネーションを見つけるかどうかで、評価が変わるんだろうなぁ。
a0351572_19345923.jpg
かけ+春菊天・ちくわ磯辺天
a0351572_19350586.jpg
かけそば
a0351572_19350740.jpg
春菊天・ちくわ磯辺天
a0351572_19351024.jpg
完成形
a0351572_19351241.jpg


by g_amaha | 2018-05-15 19:11 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 05月 14日

2018.5.14(月)

 解凍スダチを持って出た朝は、小諸そばで冷やしたぬきだ。今まで先客の常連さんは5人はいたのに、30円値上がりした影響か、かき揚げそば大盛が定番のおじさんひとりという事実(^^; 30円って大きいんだろうか。相変わらず小諸そばの冷やしたぬきは旨いんだけどね。
a0351572_20235195.jpg
冷やしたぬき
a0351572_20235320.jpg
 午後一でミーティングがあるので、早めの昼を食べに入ったのは我流担担麺竹子だ。ミーティングを前にして気合を入れようと、辛い酸辣湯麺を更に大辛で頼んだ。茹で玉子の殻を剥いて待つと、見た目も辛そうな酸辣湯麺が出てきた。咽ないようにそっと啜っても、ゲホッとなりそうな辛味が喉を刺激する。水を飲んだりしてそっと食べ進むと、辛味よりも熱さが喉を刺激しているのがわかり、後半は全く問題なく食べ終えた。今度から大辛を標準にしよう。
a0351572_20373282.jpg
辛い酸辣湯麺大辛
a0351572_20373597.jpg


by g_amaha | 2018-05-14 20:15 | ラーメン系 | Comments(2)
2018年 05月 13日

2018.5.13(日)

 午後から雨になるという天気予想(笑)を信じて、さくっと蕎麦を手繰って帰ろうと、今日も今日とてみの和に向かった。開店ちょっと前に着くと、当然まだ暖簾が出ていなかったが、メューの立て看が出ていたのでホッとして待つと、5分前に奥さんが暖簾を掛けた。口切の客となり、天丼合わせをご飯少なめで注文する。ん!?ご飯少なめなのに、いつもより丼がでかいぞ(^^; でもね、ワイルドながらホッとする味わいで、すんなり食べてしまうのは、自分のツボなのだろう。どうもご馳走様でした。
a0351572_19441013.jpg
天丼合わせ
a0351572_19441226.jpg
 来週の木曜日に路麺大帝のそば本第2弾がリリースされる。衣笠の路麺店が気になってしょうがない(笑)


by g_amaha | 2018-05-13 19:33 | 路麺系 | Comments(0)