Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 11日

2016.7.11(月)

 昨日の青唐辛子が効いたのか、はたまた朝食べた日進堂の辛口カレーパンが効いたのか、どうも昼前から刺し込みが止まらない。という訳で、外に出るのは諦めて、坂内大手町店の夏限定青唐うま塩ラーメンを食べることに・・・・・・・・・って、青唐かい!!
 麺硬め青唐多めで頼むと、しばし待ってそれが出てきた。いぃーーーーじゃんいぃじゃん。この青唐と焦がしネギが入って酸味の加わったうま塩スープは結構ツボなのだ。もっと硬めでも良いと思えるビロビロ麺も旨いよねぇ。夏野菜も良い具合にスープとマッチしているし、坂内らしい柔らかい煮豚も旨いし、これを定番にしてほしいくらいだ。でも、来週は本社の引っ越しなので、これを食べられるのも最後になるかもしれん。
a0351572_19214971.jpg
青唐うま塩ラーメン

ラーメン126杯/はらわた18軒


by g_amaha | 2016-07-11 19:30 | ラーメン系 | Comments(0)
2016年 07月 10日

2016.7.10(日)

 惰眠を貪る同居人を起こし、参院選の投票をしてから鎌倉へWalkingに出た。今日は久し振りに一閑人の青唐つけ麺を食べるつもりでいたのだが、日テレのシューイチで一閑人が紹介されてしまったので、こりゃまずいと思って開店10分前に着くように歩いたのだ。シャッターで3番目に並べてほっとしていると、開店までに10人の行列ができ、入店してから更に10人の待ちができたという事実。テレビって凄いっすね(^^;
 中に入って座っていると、常連らしき人がフロアの兄ちゃんをつかまえて、さっさと注文を入れている。こういう場合、「順番にお伺いしますのでお待ちください」というのがルールでないかい。そんなパターンがあちこちで起きていて、トップで入った4人につけ麺が提供されたのは2ロット目だった。そして食べ終えてお勘定をしようと「ご馳走様でした」と言っても、フロアのおねーちゃんは伝票のチェックで無言の行だ。挙句の果てには1800円の勘定で2000円渡したら、おつりが100円しか返ってこない。「ご馳走様でした」というのを無視して伝票整理してたのに、釣銭間違えてんじゃねーぞ、と。お店を出てから同居人が「全く客あしらいを分かっていないね」と言った一言が、全てを物語っているわな。
a0351572_19365195.jpg
青唐つけ麺

ラーメン125杯/はらわた18軒


by g_amaha | 2016-07-10 19:40 | ラーメン系 | Comments(2)
2016年 07月 09日

2016.7.9(土)

 雨の中、同居人が大荷物を引きずって出掛けるというので、私は駅までの送り迎えで匹子。猫の額のあたいぐぁ(家庭菜園)で育った枝豆を収穫して食べる。穫れたて茹でたての枝豆は旨かぁ~!明日明後日も同じパターンでビールが飲めそうだ。

by g_amaha | 2016-07-09 19:35 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 08日

2016.7.8(金)

 那覇の朝は早い。午後一の会議に間に合うためには朝一の飛行機で帰らざるを得ないため、さっさと身支度をして空港に向かった。アップグレードして朝飯にありつき、うとうとしている間に羽田に着いた。
 会社の戻る前に早めに昼をすませようと、よもだそばに入ってニラ天玉子そばを手繰る。かりっかりのニラ天は、ニンニクのような香ばしさがあって旨い。相変わらずしっとりした食感のそばもいぃーーーですねぇ。それにしても、那覇より東京の方が暑いのには参るなぁ。
a0351572_08360897.jpg
二ラ天玉子そば
a0351572_08364028.jpg


by g_amaha | 2016-07-08 19:25 | 路麺系 | Comments(0)
2016年 07月 07日

2016.7.7(木)

 沖縄やっさぁ~。仕事ですよ(^^; 午後一で那覇空港にいたので、ゆいレールでホテルに直行してチェックインする。とりあえず荷物を軽くしておくのだ。そして営業所に入って現地担当者と合流して仕事先に向かった。2件の用件をやっつけて那覇に戻ったのが20:00。長崎時代からの付き合いの担当者が「G.Aさん、お店の希望はありますか?」と聞いてくれたので、「小やじに行きたい」と伝えるとすぐに予約を取ってくれた。流石はよくできた営業マンだ。
 という訳で、営業所有志が小やじに集まってご一献である。トリビーで乾杯すると、お通しの島豆腐に山形のダシがのったお通しが出てきた。夏っぽくていぃーーーじゃないですか。小やじは宮城を中心とした東北料理を出すお店なのだ。つぶ貝煮としし唐揚げ浸しをつまみながら遅れてくる若手2人を待つ。揚げ浸しのお汁が出汁の効いた薄味で旨いなぁ。関西出身の担当者が「東北なのに関西のような薄味だ」と驚いている。ビールを2杯飲んだ後は気になっていた小やじサワーを頼んだ。おぉっ、ふんわり甘い梅の味にクエン酸が効いて旨いじゃん。というところで、遅れてきた2人が合流し、ぐいぐいと注文を入れる。それほど混んでいる訳ではないのに、つまみが出てくるペースはかなりかったるく、私のような気の短い客はちょっちゅイラッとしてしまう。が、メニューは全て旨いので、あっという間に気持ちが収まるのだ。
a0351572_07330652.jpg
トリビー(2杯目だけど(^^;)
a0351572_07330905.jpg
島豆腐にダシをのせたお通し
a0351572_07331137.jpg
つぶ貝煮
a0351572_07331420.jpg
しし唐揚げ浸し
a0351572_07331775.jpg
小やじサワー
 ようやく出てきたタンスジの煮込みは、とてもスジとは思えないくらい柔らかく煮込まれ、牛タンの旨味がじゅわっと出てくる。まーーーーーさん!これはお汁まで残さず食べたいので、ガーリックトーストを追加だ。そして薩摩ポテトフライ。まるで高知のケンピのように細く切った薩摩芋のフライだ。これが5人でつまむには丁度良い量で、ジェンガのように崩さずに取って食べる(笑)。続いて小やじではマストとされている牛タン(2人前)だ。フロアのねーねーが「サービスでスジも入れてます」と出してくれたので、まずはスジから食べてみる。おぉーーーーーっ!あじくーーーーた(味が濃い)!!こーーりゃぁええ!島酒に切り替えて、牛タンを味わっては泡盛で流し込む。若手はご飯を頼んで牛タンを頬張っている。いぃなぁ、そうやって食べても太らないんだから。仙台に6年いたという担当者が注文した笹蒲鉾も、何故か島酒によく合うわ。
a0351572_07332057.jpg
牛タンすじ煮込み
a0351572_07332217.jpg
薩摩ポテトフライ
a0351572_07332766.jpg
牛タン塩焼き(2人前)
a0351572_07332926.jpg
笹蒲鉾
 さぁ、ガーリックトーストが出来上がて来た。フロアのねーねーが煮込みのお汁を温め直してくれたので、それぞれがガーリックトーストを浸して食べる。んがーーーーー!いっぺーまーさんだぁーーー!ガーリックの風味が加わって、より一層旨くなっている。最後にホヤの塩辛が出てきて、残った泡盛を飲み干した。いゃぁ、人数が多いと色々注文できていぃっすね。どうもご馳走様でした。
a0351572_07333433.jpg
煮込みのお汁
a0351572_07333200.jpg
ガーリックトースト
a0351572_07334137.jpg
煮込みの汁を吸い取るガーリックトースト
a0351572_07334347.jpg
ホヤの塩辛
a0351572_07334603.jpg

 タクシーに相乗りしてホテルに戻る途中。美栄橋駅のそばにできた八重山そばのぱいぱに石垣島がまだ開いていたので、23:30を過ぎているのにタクシーを降りてそこに入ってしまった(^^; 券売機の前で迷った挙句、基本の八重山そばを食べることにした。出てきたそれは、煮豚の細切りと蒲鉾の細切り、それに万能ねぎという、八重山そばのオーソドックスなスタイルで、お汁はじんわりと旨味が伝わってきて旨い。テーブルにゴーレグースがないので、島唐辛子味噌を加えてみると、実に良い塩梅になってくる。麺は八重山スタイルとは違う平麺だが、柔らかいスープによく合っている。お汁が旨いのでこの時間にもかかわらず完食してしまったという事実(殴)。でも、沖縄に来て沖縄料理を食べずに帰ることにならず、まずはよかったぞ、と。
a0351572_08142302.jpg
八重山そば
a0351572_08142698.jpg
ラーメン124杯/はらわた18軒


by g_amaha | 2016-07-07 23:50 | 沖縄 | Comments(0)
2016年 07月 06日

2016.7.6(水)

 周りから太ったと言われつつ、昼は元神田二郎へ(殴)。いつも不思議に思うのだが、暑くなると二郎系の行列が伸びるのはなんでかねぇ?15分ほど待ってカウンターに着き、いつものようにご主人から「野菜はシングル?」と聞かれ、ハイと答えて出来上がりを待つ。今日のスープは良いぞぉ~。最後に丼からぐいぐい飲んでしまったという事実。勿論、半分は残したけどね(^^; 
a0351572_19223390.jpg
並野菜ニンニク

ラーメン123杯/はらわた17軒


by g_amaha | 2016-07-06 19:30 | ラーメン系 | Comments(0)
2016年 07月 05日

2016.7.5(火)

 メトロ de 昼麺は大喜。正統派の醤油ラーメンが食べたくて、わんたん中華そばのチケットを買ってカウンターに座った。タイミングが悪かったようで、結構待たされてようやくありつくことができた。スープがいぃーーーですねぇ。ぷりっぷりの平縮れ麺も旨い。チャーシューがちょっちゅぱさっと感があるけど、これはレベルの高い要求だ(^^; 早く酸辣湯麺を定番化してくれないかな(笑)
a0351572_19572779.jpg
わんたん中華そば

ラーメン122杯/はらわた17軒


by g_amaha | 2016-07-05 19:52 | ラーメン系 | Comments(0)
2016年 07月 04日

2016.7.4(月)

 路麺欠乏症につき、天亀そばで朝路麺である。今日は基本の天玉そばを注文した。くそ暑くて湿度の高い陽気でも、早朝の路麺ダー達は暖かいそばを手繰るのだ(笑)。うむ、週明けの朝に天亀の天玉で気を引き締めたぞ、と。
a0351572_19244684.jpg
天玉そば
a0351572_19244939.jpg
 昼は神田美土代町の四川一貫で、噂のハルチャーを食べることに。ハルチャーとは、春雨ミンチのかけられたチャーハンで、ここのランチ限定メニューなのだ。先客ふたりがそのハルチャーを食べているのを確認し、何の勢いがそうさせたか分からないが、初食なのに大盛で注文してしまった。しばし待って出てきたハルチャーは、大盛にしたことを大後悔させるようなボリウムで、心して食べ始めた。春雨ミンチはちょい辛の濃い味で、これは白飯にかけても十分いけるだろう。なので、チャーハンは軽~い味付けのシンプルな玉子チャーハンだが、なんせ量が半端ではなく、付け合わせのザーサイのサポートを借りながら、ようやく食べきった。これはなかなかのメニューなので、多分何度かリピートするだろう。ただし、ノーマルで(^^;
a0351572_19400179.jpg
ハルチャーのセット
a0351572_19400410.jpg
ハルチャー大盛
a0351572_19400758.jpg
 夜は、娘Aに寿司を食べさせようと、寿司眞で待ち合わせる。同居人は明日千葉まで運転するため飲まない宣言をしつつ、一緒にお通しとつまみを食べている。小柱を大根おろしで食べるのは初めてだけど、これはなかなかのつまみですねぇ。青柳も鰺も旬で旨いわ。母娘はお任せを握ってもらい、私はハルチャーの影響でちょこちょこと握ってもらって腹一平君だ。ハルチャーを普通にしておけばよかったと思ってもアフターフェスティバル。。。_| ̄|○
a0351572_19481964.jpg
トリビー
a0351572_19482266.jpg
お通し(小柱と大根おろし)
a0351572_19482658.jpg
お通し(帆立と胡瓜のマヨ和え)
a0351572_19482966.jpg
鰺・玉子・青柳
a0351572_19483181.jpg
タイラギ
a0351572_19483394.jpg
〆鯖
a0351572_19483792.jpg
赤貝ひも
a0351572_19484374.jpg
まつもと
a0351572_19484678.jpg
炙り穴子
a0351572_19484878.jpg
小肌巻き
a0351572_19485054.jpg


by g_amaha | 2016-07-04 19:50 | 路麺系 | Comments(0)
2016年 07月 03日

2016.7.3(日)

 娘Aが午後から結婚式の2次会に出かけるというので、昼は同居人が娘Aのリクエストで作ったミートソースを食べて匹子。そろそろ猫の額ほどのあたいぐぁ~(家庭菜園)で作った枝豆が食べごろになるので、収穫のタイミングを逸しないようチェックに余念がない(^^; 遅めに種蒔きしたゴーヤが本葉を出してきたので、二階の手すりの下までネットを張り、8月の収穫を待つのである。

by g_amaha | 2016-07-03 19:27 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 02日

2016.7.2(土)

 娘Aが昨晩帰ってきたが、毎日イベントを入れて家はホテル代わりだ。同居人も土曜日は外出なので、ちょっちゅ遠出をしてラーメンを食べようと車で出た。吉村家直系の家系を食べようと杉田家に向かうと、11:00で15人くらいの行列になっているので諦める。どうしようかとボケ始めた頭を巡らせると、そうだぺーぱんに行こうと思いついた。お店に着くと、ご主人が出てきて、ちょっと太ったんでないかいと言われる。。。_| ̄|○ えーえー仰る通りです。若子さんにご無沙汰のご挨拶をして、高ぶっている気持ちのまま醤油野菜チャーシューメンなんぞを注文してしまった。今日のスープは7分の出来だが、ぎりっとしたスープにちょいとニンニクを足して食べるぺーぱんのラーメンは旨い!積もる話をしてふたりに見送られてお暇した。
a0351572_07473553.jpg
醤油野菜チャーシューメン

 夜は鎌倉芸術館で小川コータ+とまそんのコンサートを聴きに行った。とまそんのウクレレベースが新鮮だが、何となく残る素人臭さが学生バンドっぽくて、ところどころで同居人と薄笑いをしてしまう。前売り3000円で画像取り放題、ガキんちょ騒ぎ放題という設定も、その雰囲気を醸しているんだろう。ギターのSho Hamadaの風貌や弾き方を見て、Charが好きなんだろうなぁと想像して笑った。
a0351572_07533711.jpg
a0351572_07533978.jpg
a0351572_07534180.jpg
小川コータ
a0351572_07534471.jpg
とまそん/Sho Hamada

 終わった後、近くの居酒屋に行ったら満席だったのでぶらぶら歩いていると、同居人がここでもいいよと指したのが紅とんだった(笑)。正一合がなくなって大船で焼きとんを食べるのを避けていたのだが、中を見ると空いてそうだったので入ることにした。とにもかくにも大船の焼きとん屋さんは喫煙率が高く、ガサガサした雰囲気も好きではない。今回の紅とんはそれがなかったので居心地は悪くなかったのだが、同居人が注文したものをお腹いっぱいと言ってほとんど食べないので、その分まで食べさせられる羽目になってしまった。最後に頼んだレバカツも、叩いてないゴロゴロのレバーを揚げてきたのでこけてしまった。当分大船で焼きとんは食べないだろう。
a0351572_08103888.jpg
酢もつ
a0351572_08104178.jpg
煮込み
a0351572_08104336.jpg
明太マヨ大根サラダ
a0351572_08104773.jpg
シロ・テッポウ・レバー
a0351572_08104877.jpg
特製炙りタン
a0351572_08105080.jpg
カシラ・タンスジ
a0351572_08105214.jpg
ホッピー
a0351572_08105446.jpg
レバカツ

ラーメン121杯/はらわた17軒


by g_amaha | 2016-07-02 22:37 | ラーメン系 | Comments(0)