Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 31日

2016.7.31(日)

 猫の額ほどのあたいぐあー(家庭菜園)の大葉が大量生産状態になったので、週末の買い出しの後にそれを使ってアシューガを作って食べた。アンチョビを多めにしたので、かなりいい線までいたのだが、またもやアルデンテ過ぎて完璧には程遠かったという事実。。。_| ̄|○ という訳で匹子。

by g_amaha | 2016-07-31 19:19 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 30日

2016.7.30(土)

 昨日、7月28日(金)にカミカゼが開店した。大山さんが今度はどんなラーメンを出すのか、早速紫雲先生とバイク de 昼麺をすることに。自作で内外装を手掛けたというお店は、今まで営業していた尋(現在のまるもり製麺)の隣だ(^^; 大行列を覚悟してきたが、外に4人待ちで10分ほど待って中に入ることができた。券売機を見ると、塩ラーメン、醤油ラーメン、中華そばの3種類が設定されていて、カミカゼ時代の記憶が蘇り、塩焦がしネギラーメンのチケットを買い、奥さんに「おめでとうございます」とご挨拶して席に座った。厨房の大山さんにアイコンタクトし、出来上がりを待つ。しばし待って出てきたそれは、見るからに旨そうなお顔をしている。スープはもう少し出汁が強くてもいいかなと思うのは、以前の記憶と比較しているからだろうが、これ自体は標準を超えた出来だ。焦がしネギとの相性がいいなぁ。麺は中細ストレートで、もっちりした食感になっている。以前のカミカゼ時代よりやや太めだろう。具は大山さんらしいバラの煮豚、拍子木メンマ、海苔、青ネギだ。名古屋赴任期間が長い紫雲先生は、好来系のメンマだと喜んでいる。麺の量が随分多く感じて食べるのに時間が掛かり、食べ終えたら腹一平君になっていた。手が空いた大山さんが挨拶に来てくれてちょっと話をしたが、「もっと旨くなるでしょ?」と振ったら、「今はこれで精一杯です」とのこと。いやいや、あなたの実力はこれからどんどん現れますよ。
a0351572_07473195.jpg
塩焦がしネギラーメン
a0351572_07473583.jpg
立場時代の塩ラーメン+味玉
a0351572_07473777.jpg
善行時代の塩焦がしネギラーメン

ラーメン138杯/はらわた18軒


by g_amaha | 2016-07-30 19:23 | ラーメン系 | Comments(0)
2016年 07月 29日

2016.7.29(金)

 大分の朝は早い。10:30の飛行機に乗るのに、8:30のバスに乗らなければならないのは、昨日書いた空港から県庁所在地の距離の長さを表しているのだ。午後に半年休を取ったので、羽田から直接大船に戻り、昼を食べに鎌倉製蕎麦に向かうと、なんとテナントになていたという事実。あまり考えるのが面倒ので、ブロッソデュエに入ると、すんなり座れたのでほっとしてパスタを注文した。トマトジュースを飲みながらいつものようにサラダとフォカッチャを食べて待つと、空芯菜入りのボンゴレが出来上がってきた。まるでペペロンチーノのようにニンニクの効いたパスタは、絶妙なアルデンテで旨い。しかもアサリの数たるや数えるのが面倒なくらい入っている。途中、ぺペロンオイルを加え、あっという間に完食したのであった。
a0351572_07340648.jpg
トマトジュース
a0351572_07341073.jpg
サラダとフォカッチャ
a0351572_07341378.jpg
空芯菜入りボンゴレ
a0351572_07341575.jpg


by g_amaha | 2016-07-29 19:24 | 洋食系 | Comments(0)
2016年 07月 28日

2016.7.28(木)

 大分出張じゃ。今や空港から県庁所在地への移動距離が一番長いとされる大分だ。私は2年振りになるが、駅前の変わりようには驚きで、13年振りという同行者は、全く変わった有様に、ここはどこ私は誰状態になっている。
 まずは昼飯ということで、アーケードの中にある八條というお店に入った。居酒屋のランチである。大分に来たら琉球でしょう~ということで、この店独特の特盛琉球丼を注文した。大分で1000円というのはちょっちゅどうなのよと思っていたら、出てきた琉球丼を見てオジサンふたりで口あんぐりである。異常にでかい!!13:40でこれ食べたら晩飯食えねぇっちゅうの。なにしろ丼が30cm以上あろうかという大きさで、ご飯が普通の丼1.5杯は入っている。そこにぶつ切りの数種類の漬けにされた刺身が乗っているのだ。おねーさんの説明では、まずは普通に食べて、次に玉を入れて混ぜて食べ、最後に出汁をかけて食べて下さいという。櫃まぶしかよ!まずは普通に2杯食べ、次に玉に醤油を垂らして混ぜて食べ、最後に出汁をかけたのだが、なんとこの出汁が想像と違い、塩ベースではなく甘い醤油ベースの鰹出汁で、あまり漬けの刺身に合わないなぁ。同行者にはオーソドックスな琉球を食べさせるべきだったと、後悔先に立たず。。。_| ̄|○
a0351572_19322240.jpg
特盛琉球丼
a0351572_19322567.jpg
普通に食べる
a0351572_19322739.jpg
玉と混ぜて食べる
a0351572_19322915.jpg
出汁をかけて食べる
a0351572_19323115.jpg
 つつがなく仕事を終え、現地担当者が予約してくれたおとなの大漁旗という店でご一献となった。「おとなの」という枕詞にちょっちゅ反応したのは内密である(殴)。要するに大漁旗というお店のワンランクアップ版らしい(^^; フロアのおねーちゃんが今日のお薦めの魚を笊に乗せて説明してくれ、関鰤という聞きなれない名の鰤を見せられたので、「刺身も頼むけどこの頭を焼くかあら煮にしてくれる?」と聞いたら、「分かりません」と答えるので、「厨房に行って聞いてみて」と言うと、厨房に戻った後で「できます」と言ってきた。現地担当者曰く「大分はどのお店も接客の教育がなってないんです」なのだそうだ。「その代わり、値段はべらぼうに安い」らしい(^^;
 お通しの海老と蛤の茶碗蒸しでトリビーを飲んでいると、関鯖・関鰺・関鰤の刺身が出てきた。なるほど、関鰤がコリッコリでいいーーーですねぇ。関鰺も関鯖もいつもの鯖や鰺とは全然違うわ。ガーリック枝豆は想像していたタイプではなく、茹でた後炭火焼きしてガーリックチップと合わせたもので、あまりガーリックの存在が感じられない(笑)。
a0351572_20013920.jpg
生ビール
a0351572_20014628.jpg
お通し
a0351572_20014935.jpg
関鯖・関鰺・関鰤
a0351572_20015144.jpg
ガーリック枝豆
 そしてこの店のメインであるおとなの大量刺し盛りが出てくると、おもわずおぉっと声を上げてしまった。これが1680円はイカンでしょうーーー!ビールを3杯飲んだ後は、宇佐の焼酎兼八をロックでもらい、刺身をぐいぐい食べるる。中津から宇佐に代わったというから揚げは、クリスピーだが中津のようにタレに漬けられていないので、別に大分で食べる意味はあまりない気がする。最後はおねーちゃんに無理やり厨房に聞かせた鰤の兜・カマ焼きが出来上がって来た。これまた680円っておかしいでしょう(笑)。ただし、かぼすをくれと言ったら150円だというし、なかなか出てこないし、接客の問題は現地担当者の言う通りだった。そんな訳で、余ったかぼすはかぼすサワーに絞って入れ、クエン酸大量摂取で〆ましたとさ。いやはや、どうもごちそうさまでした。
a0351572_20015587.jpg
おとなの大量刺し盛り
a0351572_20020100.jpg
宇佐のから揚げ
a0351572_20020418.jpg
兼八
a0351572_20020829.jpg
関鰤の兜・カマ焼き
a0351572_20021131.jpg
かぼすサワー
a0351572_20460492.jpg


by g_amaha | 2016-07-28 22:03 | 九州(大分) | Comments(0)
2016年 07月 27日

2016.7.27(水)

 メトロ de 昼麺は大喜。本社移転前後で千代田線の改札に行くまでの手間は一緒だが、乗車口が近くなったので大喜に行くのは楽になった(^^; わんたん中華そばを食べると、麺がストレートに戻っていた。ぴろぴろの平麺は不評だったのだろうか。2週間振りに大喜で食べると、安定感の高さはピカイチだとつくづく思う。梅雨が明けたら、冷やし酸辣湯麺をもう一度食べることにしよう。
a0351572_19215084.jpg
わんたん中華そば

ラーメン137杯/はらわた18軒


by g_amaha | 2016-07-27 19:22 | ラーメン系 | Comments(0)
2016年 07月 26日

2016.7.26(火)

 午後から外勤に出て、帰りしなにTOKYO TONKOTSU BASE made by 博多一風堂 Dila 大船店に入った。って、店名長いよ! 一風堂は久し振りなので、赤丸を食べようと思ったら、メニューが随分違うじゃん(^^; 豚骨味噌なんてものもあるのね。で、一番シンプルなのが豚骨プレーンだったので、そのチケットを買って言われた席に着いた。出てきたそれはあまりそそられないビジュアル。白丸だってもうちょっと華があるんでないかい。それはそれとして、スープは一風堂としては少し弱めの豚骨だが、ニンニククラッシュしてもそこそこに受け止めているし、乳化した背脂の甘さも良い具合だ。店内に豚骨臭が漂っていないのは、セントラルキッチンだろうか?硬めで頼んだ細ストレート麺はしっかりと旨い。具はバラ肉チャーシューが2枚にキクラゲ、モヤシ、ネギ。駅ナカだからだろう、フリーのトッピングがないってのは、680円の値段からしても寂しい限りだ。不必要にでかい蓮華が侘しさを表している(笑)。大船駅ナカデリとしては、つきじ千寿司にちょっちゅ分がありそうだな。
a0351572_19400845.jpg
豚骨プレーン

ラーメン136杯/はらわた18軒


by g_amaha | 2016-07-26 19:40 | ラーメン系 | Comments(0)
2016年 07月 25日

2016.7.25(月)

 引っ越し第2週目で、昼は元神田二郎に行ってみた。直線距離では近くなったにもかかわらず、歩いてみると時間がかかるという矛盾(^^; とはいえ、食べなくなるかっていえば、そんなことはないはずだ。今日はいつもよりニンニク多めで、午後はG.Aモード一直線だったざます。。。_| ̄|○
a0351572_19433109.jpg
並野菜ニンニク

ラーメン135杯/はらわた18軒


by g_amaha | 2016-07-25 19:34 | ラーメン系 | Comments(0)
2016年 07月 24日

2016.7.24(日)

 最近、悪戯に「何気に」と言うフレーズを連発する輩がいなくなった代わりに、北関東のイントネーションで「・・・じゃね?」と言う輩が増殖し、既に共通語になってしまっている状況だ。同居人もそのフレーズで喋るのでイライラする。そして最近更にイラつくのは「ほぼほぼ」というフレーズだ。「ほぼ」でいいじゃん。何故繰り返す?
 閑話休題
 さて、来週は土用丑である。平賀源内が「土用丑の日」のキャッチコピーを造ったことによって、約280年間に渡って日本人はその日に鰻を食べたがるのだ。夏痩せした鰻をありがたがって食べるのは疑問ではあるが、暑い日にあの蒲焼を食べて旨いと思うのは、日本人のDNAに刻み込まれてしまったことなので、私も理屈抜きで受け入れるくちである(^^; で、来週は間違いなく混むだろうと、同居人に因果を含めて山水に鰻を食べに行った。7~8分前に着くように家を出て、お店の駐車場に車を停めて、シャッターした。ふたりでランチの鰻丼Lを注文して待つ。あとから来た人達は皆鰻丼Wを注文しているが、質素な生活をしている我々はLでいいのだ(^^; でもね、出てきた鰻丼Lを食べて毎回思うのは、これが1408円で食べられるのは山水しかないということだ。我々が気軽に鰻を食べられるのは山水のお陰で、焼肉を気軽に食べられるのは慶州のお陰であることは間違いない事実なのだ。
a0351572_20315841.jpg
ランチ鰻丼L
a0351572_20322951.jpg
鰻丼Lアップ
a0351572_20325093.jpg


by g_amaha | 2016-07-24 20:04 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 23日

2016.7.23(土)

 バイクで昼麺は静雨庵。開店5分前に着くと14人待ちだった(^^; 相変わらずの人気店ですねぇ。家族6人で来てる人もいたりして、中に入って待つこと20分でようやくネギラーメンが出てきた。味が落ちたとかいう噂も聞くが、640円のネギラーメンなんて、首都圏で食べられるところは滅多にない。私はいつもありがたくいただいているのだ。
a0351572_08092701.jpg
ネギラーメン

ラーメン134杯/はらわた18軒


by g_amaha | 2016-07-23 19:40 | ラーメン系 | Comments(0)
2016年 07月 22日

2016.7.22(金)

 かごんまの朝は遅い。が、例によって早起きして朝飯を食べに下りる。数年前に鹿児島で泊まるホテルを替えたのは、朝のバイキングで鶏飯と黒豚カレーを食べられるのが気に入り、満室じゃない限りはここにしているのだ。という訳で、今日は朝から腹一平君である(馬鹿)。出掛けに同行者から「朝食べすぎてG.Aモードになったので5分遅れます」というメールが入った。おバカはもうひとりいたという事実(爆)。
a0351572_08354596.jpg
a0351572_08354700.jpg
鶏飯
a0351572_08355008.jpg
黒豚カレー

 午前中につつがなく仕事を終えたので、一本早い便で帰れるよう急いで空港に移動した。首尾よくチケットを変更できたので、何かサクッと食べようとBlue Skyのレストランでおろしぶっかけうどんを注文した。今まで、いろんな場所でいろんなうどんを食べたが、700円でこんなうどんを食べさせられたことはなかった。あっきれかえるにゃへそがねぇ。
a0351572_08421457.jpg
おろしぶっかけうどん



by g_amaha | 2016-07-22 19:30 | 九州(鹿児島) | Comments(0)