Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

2007.1.31(水)

2日も米を食べていないので、朝は東京駅のうず潮で朝定食を食べる。今日は7:10には満席になったという大盛況で、肩を縮込ませなが食べ進まなければならない(^^; あら煮と鯖を取ったあと何にしようか迷ったが、鮭はやりすぎだろうと諦めて皿スパにした。う~む、原一平君だ(^^;
 昼は久し振りに大喜へ。新バージョンのしょうゆ鶏ワンタンメンを注文すると、平太麺に鶏のワンタンが4つと鶏のチャーシューまでのるというゴージャスぶりだった。小ごはん頼まなくて良かった(^^; でも、これは一回食べればいいかな。醤油味ならシンプルなラーメンの方が好みかも。
 帰りに天神様に寄り、小僧の合格祈願を絵馬に託してきた。それにしても、この絵馬の数はナンタルチアとしか言いようがないざんす(^^;

by g_amaha | 2007-01-31 00:00 | ラーメン系
2007年 01月 30日

2007.1.30(火)

 う~む、ちょっちゅ酒が残ってるぞ(^^; ということで、遅出の朝は大船軒の天玉そば。脱水の身体にお汁が染み入りまする。
昼はがんこ本郷で焦がし葱のワンタンメン。先客5名で楽々だと思っていたら、すぐに待ち客まで出るくらい混んでしまった。ラッキー(^^)v ランチにして竹の子ご飯を付けたが、やはりちょっちゅ量が多いわ。
 夜は竹馬の友とご一献。まずは、以前から注目していたひな鶏小山に入店すると、何と竹馬の友は鶏が食べられないと言い放った。って、ここは鶏料理屋じゃん(^^;; とりあえず、私の食べたいものを注文して乾杯である。お通しの大根とワケギ、それにキャベツをつまんでいると、まずは鶏の刺し盛りが出てきた。ササミ、ムネ、モモの三種類が、それぞれに違ったコクと食感で楽しめる。竹馬の友になんとかササミを3片食べさせ、あとは私が平らげた(^^; そしてホイスなんてモノもあるのでそれに替えて飲んでいると、素揚げの盛合わせが出来上がってきた。モモとムネの盛合わせで、3つずつにぶつ切りにしてくれているというのに、竹馬の友は手もつけないどころか、見ようともしないという事実。いいもんねぇ、全部私が食べるもんねぇ~。勿論旨かったざんすよ。
 こんな状況でこれ以上居ても仕方がないので、次に一ふに河岸を替えて飲み始める。ようやく活性化した竹馬の友は、一ふのつまみモノを一通り注文して食いまくる。一ふのチャーシューは旨いので、ネギチャーシューはビールが進みますなぁ。彼のお気に入りは味噌ラーメンだそうで、「絶対食べろ」というのでトドメンにそれを注文した。#さっきと態度が正反対じゃんかよ!なるほど、柔らかい口当たりの味噌ラーメンで、あっさり好きの竹馬の友が好むのも良く分かる。が、私は味噌ラーメンの場合は豚骨ベースの方が好みで、鶏出汁の一ふではやはり醤油ラーメンの方が口に合う。事程左様に嗜好が違うのに、なんで37年も付き合っているでしょうなぁ(笑)

by g_amaha | 2007-01-30 00:00 | 居酒屋系
2007年 01月 29日

2007.1.29(月)

昼は外に出る気がなくてリトル小岩井のアラビアータとハムキャベツサラダ。最近、野菜の摂取量が減ってきているので、こういう形ででも摂っておきませんと(^^;
 夜は芝刈り狸と示し合わせて秋葉原へ。食堂で飲みたいという芝刈り狸の要望で、目指すはかんだ食堂である。ふむふむ、なかなか風情のある食堂で良い感じじゃないですか。思い思いの注文をする中で、私以上に野菜を摂らない芝刈り狸も、ここでは積極的に白菜のお新香などを摂取している(笑)。お互いいいオッサンですからねぇ(殴)。お湯割りに使う焼酎も酎ハイと同じく甲類焼酎なので、非常にケミカルである(爆)。まぁ、250円ですから文句も言えんでしょう。
 そして神田に移動してロブロブに入り、バーボンソーダで〆る。2日間のドライデーの後だけに、かなーり酔ってしまったぞぃ。あっ・・・芝刈り狸は使うなって言われたんだっけ(^^;

by g_amaha | 2007-01-29 00:00 | 食堂系
2007年 01月 28日

2007.1.28(日)

実家の父親が転んで上下の唇を3~4針縫い、前歯を1本折ってしまったという連絡を受けた。様子を見に行ってみると、紫色に腫れあがった口の周りが痛々しいが、うどんくらいなら食べられるというので敬亭山に行くことにした。メニューを見て選択したのはお互いに鳥鍋うどん(笑)。この時期はやはり鍋焼きでしょう~。家に帰って調べてみたら、去年の今頃にやはり鳥鍋うどんを食べに行っていたと言う事実(^^;

by g_amaha | 2007-01-28 00:00 | 路麺系
2007年 01月 27日

2007.1.27(土)

松山の朝は軽い二日酔いである(^^; どちらかというと胃にきている状態だ。松山市駅か空港でうどんを食べようと思っていたのだが、そんな状態ではない(--; 家に帰っても軽くご飯を食べるくらいで、夜もドライにして反省の1日(^^;

by g_amaha | 2007-01-27 00:00 | その他
2007年 01月 26日

2007.1.26(金)

重要な検査結果が出る予定の中、昼から松山に出張である。昼は軽く路麺でもと思い、三田のala麓屋というお店に行ってみることにした。壁伝いにカウンターが設えられ、小さな椅子が並べられているような形態だが、蕎麦はその場で茹でて冷水で締め、天婦羅もその場で揚げるという、しっかりしたスタイルである。ちくわ天蕎麦のチケットを買って5~6分待ってると、蕎麦と天婦羅が別々の皿に乗って出来上がってきた。お汁は私の好みとしては弱いタイプだが、蕎麦の旨さは絶品だ。ちくわ天もカラッとしていて、蕎麦には入れずに最後まで塩をつけて食べてしまった。う~む、恐るべしala麓屋。
 松山に着いて携帯電話の電源を入れると、「陽性!」との検査結果が入っていた。よっしゃぁ~江戸前!!これでようやく光明が射してきたぞ。仕事も気分良く済ませることができた。
 夜は健康オタクの中堅Kと共に、光明が射してきたことへの乾杯に赤丹本店に入った。居酒屋礼賛の浜田さんに、「松山のお店を紹介してください」と頼んだら、真っ先に挙がってきたのがこのお店だ。何とかカウンターの端の2席に座らせてもらったのだが、すぐに奥のお客さんがお勘定したので、板さんの前の明るい席に移動させてくれた(^^)v トリビーで乾杯し、浜田さんの要領でじゃこ天と蛸をもらって食べ始める。芥子に甘酢が合わせられているらしく、おでんにたっぷりつけて食べると旨い。大根もでかいし、飯蛸も旨いぞ~!(笑)。
 ここでビールからお湯割りに替え、ほうたれ(かたくち鰯)の造里(つくり)を注文する。これは旨い!!旨杉新作だぁ~。こんなとろとろの鰯を食べたのは初めてかもしれない。山葵でも生姜でも酢橘だけで食べても旨い。
 あとはフェリーの時間を気にする中堅Kとともに、怒涛のごとくおでんを注文して食べた(^^; お店の方3人がいずれも良い人達で充実の45分3本勝負であった。
 中堅Kと別れ、現地担当者の皆さんと合流して、烏賊屋という居酒屋に入った。私は結構いい腹具合だが、6人で頼むわ飲むわ・・・(^^; そして「G.Aさん、ラーメン食べるんでしょ」と、私を良く知る所長さんが連れて行ってくれたのが辛麺屋枡元というお店だ。まずは中辛(3倍)で試した方が・・・と言われたので、皆と一緒にそれを注文する。ニラ玉スープに唐辛子を倍数に応じて投入されて出てきた辛麺は、何と韓国冷麺の麺が使われている。思ったより辛くはないが、スープ熱さでむせかえってしまう(^^; でも、これは癖になる味ですねぇ。原一平君を遥かに通り越しているにもかかわらず、ほとんど完食してしまったという事実。いやはや、松山の皆さんありがとうございました。

by g_amaha | 2007-01-26 00:00 | 四国(香川・徳島・愛媛・高知)
2007年 01月 25日

2007.1.25(木)

 鹿児島から移動である。羽田に昼前に着いたので、ご機嫌伺いにに寄ってみた。東京ウォーカーに載ってから、新しいお客さんがチャーシューメンを食べに来ているそうだ。そんな訳で、私もチャーシューメンのチケットを買ってカウンターに座った。出張帰りなのでがっつりとニンニクを入れてもらい、ワシワシと食べ進む。麺とスープが調和して旨いっすねぇ。午前中に羽田から帰る時のパターンになりそうだぞ、と。

by g_amaha | 2007-01-25 00:00 | ラーメン系
2007年 01月 24日

2007.1.24(水)

久留米の朝は中央軒のかしわうどんから始まる。昨日の今日で朝抜きも検討したが、特急の時間まで15分あるので、お店に入ってしまったのだ(殴)。まぁ、かしわ飯の駅弁を食べなかっただけマシとしておこう(^^;
 昼に鹿児島に着くと、現地担当者のI君が迎えに来てくれていて、新規開拓に付き合ってくれることになった。まずは五喰というお店だ。ラーメンはこってりとあっさりが選べ、麺の量で小・中・大に分かれている。私があっさりのネギラーメン小を、I君がこってりの味玉ラーメン小を注文した。小というのは麺の量が推定100~120g程度で、長浜系ラーメンと同じくらいかやや少なめという感じだ。ふむふむ、連食向けですな(^^; あっさりのスープは出汁の旨みがストレートに感じるが、こってりの白濁スープはちょっと余計な旨みが入っていて、私もI君もあっさりの方が好みだった。具のチャーシューは直前に炙られたり、あっさりはぶつ切りにしてのせるなど、色々工夫も見られる。鹿児島ではかなりハイレベルのラーメン店であった。
 お次はたんぽぽというお店に移動する。お昼時ということもあり、近隣のおじいさんおばあさんやガテン系の人達で賑わっている。街の中華屋さんっぽい雰囲気だが、メニューをみるとラーメン専門店ということが分かる。鹿児島では珍しい古典的な中華そば風のしょうゆらーめんを注文した。おぉっ、小学校の時に海の家で食べたような、ビジュアルも味も懐かしいラーメンじゃないですか。もう少しガラの出汁が強く出ていたら、結構ツボにはまりそうなタイプだ(笑)。2人に1人はしょうゆらーめんを注文しているので、鹿児島でもこういうラーメンは認知されているんですねぇ。
 午後はがっつりと仕事を進め、19:30に開放されると同時に天文館に繰り出した。飲みの方も新規開拓ということで、のり一ラーメンの隣にある魚魚やというお店に入った。トリビーで健康オタクの中堅Kと乾杯し、メニューを見て刺身盛り合わせと鯛の兜焼き、そして出来上がりまで40分かかるという鯛めしを注文した。お通しの蛸の酢味噌和えでビールを飲んでいると、丁度ジョッキが空いたところで刺し盛りが出てきた。おぉ、3人でも充分そうな量ですなぁ~。切り身も厚いし、ニンジンも蟹に飾り切りされているし(笑)、6種類も入って2000円はお値打ちですなぁ~。こりゃぁお湯割りでしょう~。って、2合で350円だ(爆)。
 しばらくして鯛の兜焼きが出来上がってきた。これも、でかっ!相当立派な鯛ですねぇ。皮も鰭の先のカリカリもしっかりと食べ、立派な鯛をきっっチリ成仏させて食べきった。もちろん鯛の鯛もでかかったざんす(^^;
 そして待望の鯛めしが出てきた。土鍋で炊かれた鯛めしは、2人で茶碗2杯ずつ食べられて1000円という事実。これはイカンでしょう~!おこげがまたイカンでしょう~!!鯛めしを食べてしまったので、ここでお勘定にすることにした。が、2人で6200円って・・・ホントにイカンでしょう(^^;
 そして、何故か黒兵衛に入るふたり(殴)。カウンターに二人分の席を空けていただき、おでんをつまみにお湯割を飲む。やはり黒兵衛のおでんは旨いなぁ~。しかも、おでん8品にお湯割を4合飲んで、2人で1300円だった(^^;

by g_amaha | 2007-01-24 00:00 | 九州(鹿児島)
2007年 01月 23日

2007.1.23(火)

 九州巡業である。7:30の飛行機に乗るため、いつものように5時起きで出かけた。7時台の飛行機に乗るのは久しぶりで、ANA FESTAで路麺を手繰る時間もないので、朝飯にありつくためアップグレードしてスーパーシートに乗り込んだ。しかし、スーパーシートに座ってるのに、ビールも飲めないのは、全くもって勿体なさの極致である(^^; クロワッサンとキャロットスープ、それにフルーツにカフェオレという、私には全然似つかわしくないモノを腹に入れ、福岡に向かった。
 定時に福岡空港に着き、まずは七隈線の途中にある仕事先に出向いた。無事に用件を済ませ、現地担当者の「博多駅まで車で送りましょうか」という温かいお言葉を丁重にお断りし、七隈線で終点の橋本まで移動する。そして2kmほど歩き、西谷家というお店に辿り着いた。去年あたりからチェックしていた、かなり濃い豚骨スープを出すというラーメン店だ。決して家系ではない(^^; 席に座ってメニューを練ると、ラーメンとラーメン黒という2種類が書かれている。黒というのはマー油だろうと想像してかなり迷ったが、とりあえず基本のラーメンを注文することにした。程なく出てきたラーメンのスープを一口すすると・・・旨かぁぁぁぁーーーーっっ!!何という濃いスープだ!豚骨と背脂がトロトロになるまで煮込まれ、コラーゲンがバッチリ抽出されていそうなド豚骨である。立て続けに2杯3杯とスープを飲んでしまったという事実。麺は長浜系の極細で量が多いのだが、しっかりした硬さが最後まで保たれていた。具は、博多では珍しくロースのしっかりしたチャーシューが2枚のり、更にこれまた博多では珍しいメンマがのり、あとはネギという構成だ。メニューを良く見ると、メンマはキクラゲに替えられるらしい。途中でニンニククラッシュし、唸りながら食べてしまった。もう、こうなったらラーメン黒もお替りでしょう~(殴)。今度は麺はバリカタで、メンマをキクラゲにして注文した。昼時なのでどんどんお客さんが入ってきて、一杯目のようにさっと出てこないので腹が膨らんできたぞ(^^; そして出てきたラーメン黒のスープを一口・・・んっ!?焦がしニンニクの風味が加わっているのに、元のスープのインパクトが逆に弱くなってしまったぞ。具で追加されたモヤシもインパクトを押さえてるようだ。でも、標準以上のラーメンであるには違いない。そして、博多ラーメンにはやはりメンマより木キクラゲが合っているよなぁ(笑)。あとは高菜がと思っていたら、入り口近くの台に撮り放題で置いてあったざんす_|‾|○ それにしても、充実の原一平君である。お勘定の時、奥さんと思しき方に「お噂を聞いて横浜から食べに来ました」と言ったら、「えっ、神奈川県の横浜ですか?」と驚かれてしまった。「えぇっ、しかも橋本駅から歩いて(笑)」と言うと、更に驚かれ、かつ恐縮されてしまった(^^;
 夕方は久留米に移動してひと仕事である。そして、わざわざ久留米に宿を取り、夜はモツの探索に繰り出した。聞くところに寄れば、久留米は市内に200軒以上の串焼きのお店があるのだというのだ。久留米の地鶏を扱うお店からホルモン系を中心にしたお店まで、系統は種々雑多のようだが、久留米に縁があるうちに暖簾をくぐっておかねばならんでしょう~。
 ということで、まず最初に選んだのはうえ野というお店だ。開店直後だったので、今日の口開けの客となって、焼き台前のカウンターに腰をすえた。トリビーを注文してひと口飲み、ご主人に「久留米の串焼きを食べるのを楽しみにして来ました」と伝えて、センポコ、ダルム、ヘルツ、豚足等の首都圏ではなかなか食べられないものを選んでいると、ご主人から「牛タンも食べてみてください」と言われそれを追加した。「今でも牛タンを仕入れられるんですか」と聞くと、「オーストラリアやニュージーランドのですけどね。でも、うちで寝かせてから出しているので、柔らかくて美味しいと思いますよ」ということだ。
 炭火で丁寧に焼かれる串焼きは全て塩で味付けられている。定番のキャベツが添えられ、5本の串が出来上がってきた。
 まずはその牛タンからいただいてみる。おぉっ、ホントに柔らかいですねぇ~。シンプルに塩で味付けしているので、ごまかしのきかないきっちりとした熟成具合がよく分かる。「これを230円で出して採算が合うんですか?」と聞いたら、「儲けはありませんが、久留米で牛タンを置かないわけにはいかないんですよねぇ(笑)」とのことだ。素晴らしい!そして圧巻はダルム。所謂テッポウの部分だが、これが外の香ばしさと中のクニュクニュが渾然一体となって旨杉晋作なのだ。こりゃ旨いわぁ~。ブ○ジストンの常連さんが転勤した時、しばらくして転勤先から「ダルムを一万円分送って」と注文して来たそうだ。二人で100本食べた常連さんもいたという(猛爆)。100本には及ばないが、私も2本追加したしましたがな(^^;
 そして、牛すじ煮込みも気になるところだが、馬力納豆というメニューが目に入ったので、それを注文したみることにした。ほぼ想像した通り、擂った山芋と桜肉のタタキに卵の黄身と刻み海苔とネギがのったものが出てきた。「これは常連さんに頼まれて作ったのがメニューになったんです。ぐちゃぐちゃとかき混ぜて食べてください」とのこと。醤油をちょっとたらし、言われたとおりにして食べてみると、文字通り精のつきそうなおつまみになった(笑)。それにしても、2~3人のつまみになるくらいの量だ(^^;
 昼昼のせいもあり、あっという間に原一平君になってしまったので、ここでお勘定にした。これで2490円。いぃーーーんでしょうか?いゃぁ、ごちそうさまでした。こりゃ、これから久留米にも泊まらないといかんなぁ(^^;
 原一平君と言いつつも、久留米ラーメン発祥の店という南京千両は食べておきたい(殴蹴)。が、歩いている間に猛烈なG.Aモードの波が押し寄せてきた。南京千両の屋台の出る場所にはまだその気配がないので、G.Aモード対策のために大龍ラーメン東町店に入ることにした。ラーメンを注文してトイレを借り、落ち着いたところでトドメンである。えっ!?大龍ラーメンってこんなに旨みが前面に出てたっけ(^^; 化調は嫌いじゃないけど、胃腸が悪い時に強すぎる旨みはきついのう。<だったら食うな! もてあまし気味ながらも食べ切ったが、あとで喉が渇いて仕方なかったという事実。

by g_amaha | 2007-01-23 00:00 | 九州(福岡)
2007年 01月 22日

2007.1.22(月)

 昨夜、センター試験から帰ってきた小僧が同居人に言った一言は・・・・「ごめん」。親がなにする訳でもないのだが、重苦しい夜であった。
 足取り重く会社に出かけ、昼は萬里で担々つけ麺とミニチャーハン。元々麺の量は少ないとはいえ、ガキンチョ言葉を使えば、あまりにも「これ、すくなくね?」と言いたい。お陰でいつも以上にザーサイを摂取してしまった(--;

by g_amaha | 2007-01-22 00:00 | 中華系