Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ラーメン系( 1248 )


2018年 07月 14日

2018.7.14(土)

 昼は同居人をフリーバーズへ連れて行く。私は前回醤油を食べているので、塩を食べてみることに。なるほど、塩だと鶏の出汁がストレートに伝わってくる。とはいえ、醤油の旨味も捨てがたい。これからはその日の気分で食べることになりそうだ。同居人は美味しいと言いながらも、静雨庵の方が好みだという。とんこつは豚そば成だそうだ。指村さんに伝えなきゃな(笑)
a0351572_05503406.jpg
塩ラーメン
a0351572_05503602.jpg


by g_amaha | 2018-07-14 19:43 | ラーメン系 | Comments(0)
2018年 07月 11日

2018.7.11(水)

 朝路麺はゆで太郎。またクーポン商法にはまり、朝そば(玉子)のチケットを買い、温かいそば・生卵・わかめの呪文を唱えて、海老天のクーポンと一緒に厨房へ渡す。何かゆで太郎のこのパターンは飽きてきたな(^^;
a0351572_12445996.jpg
朝そば(玉子)
a0351572_12450475.jpg
 昼は御徒町まで歩いてラーメン高橋へ。この界隈では、鴨 to 葱に次いで来たかったお店なのだ。基本の焼きあご塩らー麺のチケットを買い、カウンターに座った。程なくして出てきたそれは、見た目からして旨そうだ。スープを啜ると、焼きあご(トビウオ)の旨味がくわ~んと鼻腔にぬけていく。長崎と佐世保であご出汁ラーメンを食べたが、こんなに出汁が効いていなかったので、このスープには驚いた。しかもこれが塩ラーメン?と思うほど濃い色をしている。一瞬鰯の煮干しと錯覚してしまい、心の中で「ちゃう、ちゃう、焼きあごやん」と突っ込みを入れる始末(^^; 麺はやや太目の縮れだが、途中で麺がプチプチ切れてしまうくらいつなぎが弱い。最後は麺の雑炊みたいになり、蓮華で食べたという事実。具はバラの煮豚チャーシューと低温調理の薄切りチャーシュー数枚、メンマ、水菜、白髪ねぎとそれにのる何かのチップ(^^; 水菜は色あえには良いかもしれないが、このスープには合ってない気がする。途中、味変で柚子胡椒を加えると、ドンピシャでハマり、思わず完まくしそうになった。ふむふむ、このラーメンなら、15分かけて食べに来てもいいな。
a0351572_13144464.jpg
焼きあご塩らー麺
a0351572_13144822.jpg


by g_amaha | 2018-07-11 19:39 | ラーメン系 | Comments(0)
2018年 07月 08日

2018.7.8(日)

 支那そば屋で長年仕事をしていた方が、近所で独立したとの情報が入り、walkingを兼ねて食べに向った。鎌倉街道の鎌倉女子大交差点から、公田に向かった路地にそのフリーバーズがあった。1時間かかると思って歩いたが、ほぼ45分で着いたのでシッターとなって開店まで待った。時間通りに開いて、券売機で醤油ラーメンのチケットを買い、カウンターの端に座って待つ。5分ほど待って出てきたそれは、期待通りの見てくれだ。まずはスープを啜ると・・・鶏油が旨い!!流石は佐野実のお弟子さんだ。ストレートの細麺が、またそのスープにどんぴしゃで、麺を持ち上げる手がトマランチ元会長だ(殴)。具は豚バラ肉と胡椒の効いた鶏むね肉のチャーシュー、穂先メンマ、青菜、ネギ。これは同居人にも食べさせたいラーメンだ。
a0351572_19560463.jpg
醤油ラーメン
a0351572_19560793.jpg


by g_amaha | 2018-07-08 19:58 | ラーメン系 | Comments(2)
2018年 07月 06日

2018.7.6(金)

 鬱陶しい雨が降る中、昼は2年半振りの助六へ。今回は担々麺風というシンラー麺を注文した。おぉっ!助六麺と比べて、こちらの方が個人的にははっきりした味わいで、好感の持てるタイプだ。製麺所のお店だけあり、中太のごわごわした縮れ麺が旨い。ただ、チャーシューが好みのタイプじゃないんだよなぁ。これが柔らかチャーシューだったら無敵なんだけど。
a0351572_12572484.jpg
シンラー麺
a0351572_12572985.jpg


by g_amaha | 2018-07-06 19:24 | ラーメン系 | Comments(4)
2018年 07月 01日

2018.7.1(日)

 あたいぐぁで育った枝豆を収穫した。禁断の連作をしたので、スーパーの350円で買える枝豆の量程度の収穫だった。。。_| ̄|○ でもね、実は甘くて夜のつまみとして美味しくいただいた。
a0351572_18184612.jpg
a0351572_18184920.jpg
a0351572_18185153.jpg
 昼は超久し振りにカミカゼへ。1クール後は私ひとりになって塩焦がしネギラーメンをいただく。無心で食べると、細麺がつるっとした食感になっているし、スープの出汁もやんわりとした感じだ。食べ終えて、大山さんにそれを伝えると、季節によって麺もスープも変化が違うので、今でも試行錯誤で作り続けているとのこと。天才は蔭で努力を惜しまないんだな。頭が下がります。
a0351572_18223538.jpg
塩焦がしネギラーメン
a0351572_18223706.jpg
 厨房で若い子が手伝いをしていたので、もしやと思ったら「立場の頃にお腹の中にいた子です。高校生になったのでクラブ活動のない土日に手伝いに来ています」と紹介された。いゃぁ、オジサンとしては感無量だ。ってことは、大山さんとは17年以上のお付き合いなんですね。訪問頻度を上げなくちゃな。


by g_amaha | 2018-07-01 19:06 | ラーメン系 | Comments(2)
2018年 06月 30日

2018.6.30(土)

 里山経由で鎌倉に出て、同居人と待ち合わせて静雨庵へ。今日は結構混んでいて、15分待ちで席に着けた。いつものようにネギラーメンを食べる。ブレの範囲内だろうが、今日はちょっちゅスープが弱いかも。でも、しっかり完食だ。
a0351572_05495177.jpg
ネギラーメン
a0351572_05495600.jpg
 買い物をしてバス停にいると、S.Aさんが歩いているのを見つけ、しばし歓談。副業の仕込みをしているとのこと。私も考えなきゃいけないか?


by g_amaha | 2018-06-30 19:45 | ラーメン系 | Comments(0)
2018年 06月 09日

2018.6.9(土)

 娘Bがひとり暮らしをするので、白物家電を買いに出掛けた。テレビと冷蔵庫が安くなっている一方、洗濯機は結構いい値段になっていて驚いた。これじゃぁテレビ主体のメーカーは大変だろう。
 2時間掛かって用件を済ませ、すぐ近くにある豚そば成に入った。来週で開業10年だそうで、娘Bが中学3年生の時から連れてきていた訳だ。ワンパターンで豚辛ネギそばを食べると、ブレのない正統派の豚骨スープに酔いしれる。ここ何ヶ月も旨い豚骨ラーメン食べていなかったからなぁ。ご馳走様でした。
a0351572_08192866.jpg
ひと口餃子
a0351572_08193172.jpg
豚辛ネギそば
a0351572_08193379.jpg
 夜は同居人の友達夫婦と空ぼうずでご一献。4人なので空セットと坊主セットをふたつずつ注文し、水菜と揚げごぼうのサラダでスタートだ。友達夫妻は、気が利いたお通しに感心し、空セットと坊主セットのコストパフォーマンスに驚いている。銚子に乗って生ビール2杯に地酒を4杯(男山、ばくらい、浦霞、八海山)も飲み、酔いの世界で友達夫妻を見送った。大将、どうもありがとうございました。
a0351572_08290231.jpg
生ビール
a0351572_08290419.jpg
お通し
a0351572_08291004.jpg
刺身3点盛り(かんぱち、鮪、コチ)
a0351572_08291300.jpg
水菜と揚げごぼうのサラダ
a0351572_08291506.jpg
地酒
a0351572_08291730.jpg
カレイ煮付け
a0351572_08292026.jpg
天ぷら盛り合わせ
a0351572_08292227.jpg
いぶりがっこのチーズ和え

 家に帰ってからも焼酎を飲んでしまい、久しぶりにバカやってしまったという・・(^^; 


by g_amaha | 2018-06-09 22:01 | ラーメン系 | Comments(0)
2018年 06月 08日

2018.6.8(金)

 天かめは今日もシャッターが降りたままなので、完全に閉店してしまったようだ。近所の路麺店が減るのは食生活上イタイ。
 今日の昼も遠出をしようと、向かったのは大喜だ。6人待ちで15分ほどで中に入ると、武ちゃんから「おぉっ、まいど」と言われる。6ヶ月振りでまいどって・・(^^; ん!?ゆずしおわんたんなんてボタンがあるぞ。でも、×が点いてるから夜のメニューらしい。中に入るまでうめしおにしようと思っていたのに、指が勝手に担々麺のボタンを押していた(笑)。何度も言うが、大喜の担々麺は旨いのよ。流石天才料理人の技だ。たまには食べに来なくちゃな。
a0351572_05284121.jpg
担々麺
a0351572_05284442.jpg


by g_amaha | 2018-06-08 19:26 | ラーメン系 | Comments(0)
2018年 05月 20日

2018.5.20(日)

 昨日の今日で、紫雲先生とwalkingに出ることになり、紫雲先生のリクエストは「うまい!大衆そばの本」に載っている路麺店探訪だが、日曜日に開いているお店はほとんどない(^^; そこで、麺やBar渦の跡にできた、大西祐貴さんプロデュースのお母さんの店、麺バルハチキンに行ってみようということになった。11:15に着くと6人待ちで、開店時にすんなりカウンターに座ることができた。ふたりとも基本の醤油sobaを注文し、紫雲先生はチャーシューご飯の小を追加した。2ロット目に出てきた醤油sobaは、見た目がちょっちゅインパクトに欠けるなと思ったのだが・・・食べてみてもインパクトに欠けていた_| ̄|○ スープは鶏油が弱いというか何というか、食べ手を引き寄せる力が弱い。麺ももったりして力がなく、茹で過ぎかと思うくらいだ。具のチャーシューもメンマも然り。例えて言うなら、お公家さんのラーメンというか、2学期の学級委員のような、イエスマンのラーメンに思えた。旨いんだけど、大西祐貴さんプロデュースのラーメンとは、とても思えなかった。蔦のラーメンは食べていないが、めじろ時代の彼の実力を充分知っているオッサンからすると、納得できないというのが本音だ。何も言わずに食べていた紫雲先生も、食べ終えてから同じ事を言ってへこんでいたという事実。祐貴さん!早く調整に来てちょんまげ。
a0351572_18285365.jpg
醤油soba
a0351572_18285638.jpg


by g_amaha | 2018-05-20 18:31 | ラーメン系 | Comments(0)
2018年 05月 14日

2018.5.14(月)

 解凍スダチを持って出た朝は、小諸そばで冷やしたぬきだ。今まで先客の常連さんは5人はいたのに、30円値上がりした影響か、かき揚げそば大盛が定番のおじさんひとりという事実(^^; 30円って大きいんだろうか。相変わらず小諸そばの冷やしたぬきは旨いんだけどね。
a0351572_20235195.jpg
冷やしたぬき
a0351572_20235320.jpg
 午後一でミーティングがあるので、早めの昼を食べに入ったのは我流担担麺竹子だ。ミーティングを前にして気合を入れようと、辛い酸辣湯麺を更に大辛で頼んだ。茹で玉子の殻を剥いて待つと、見た目も辛そうな酸辣湯麺が出てきた。咽ないようにそっと啜っても、ゲホッとなりそうな辛味が喉を刺激する。水を飲んだりしてそっと食べ進むと、辛味よりも熱さが喉を刺激しているのがわかり、後半は全く問題なく食べ終えた。今度から大辛を標準にしよう。
a0351572_20373282.jpg
辛い酸辣湯麺大辛
a0351572_20373597.jpg


by g_amaha | 2018-05-14 20:15 | ラーメン系 | Comments(2)