Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:居酒屋系( 69 )


2019年 04月 29日

2019.4.29(月)

 竹馬の友S.Aさんから誘われ、大船の味喜で昼を食べることに。S.Aさんはここのオムライスにドはまりしており、豪勢にも酢豚を半分ずつ食べようなどと鼻息が荒い。最近小銭を稼いでいるので、気持ちが大きくなっているようだ(爆)。私はタンメンを注文した。タンメンはちょっちゅインパクトが弱いので、やはりここではサンマーメンを食べておくべきだったな。S.Aさんが喜んで食べている酢豚も、私には素人っぽく感じられる(^^; でもね、これも含めて味喜なのだ。
a0351572_07244446.jpg
タンメン
a0351572_07244748.jpg
酢豚
a0351572_07244958.jpg
 連休中に一回飲もうということになり、だったら今夜にでもということで、夜は再度大船まで歩いて観音食堂に入った。タイミングが良かったようで、私等の後から来た人達は、予約で満席と断られている。トリビーを注文し、それぞれ好きなものを注文する。お通しの糸蒟蒻の煮物をつついてビールを飲んでいると、まずはブツが出来上がってきた。ブツは鮪のぶつ切りだが、ここのブツは剥き身なのだ。所謂ひとつの中おちだ。流石は魚屋の経営だけに新鮮で旨い。続いて鰺フライとマカロニサラダ。ん!?鰺フライにマカサラが付いてくるのね(^^; いゃぁ、鰺フライも旨かぁ~!ビールがぐいぐい進君だ。
a0351572_07342108.jpg
トリビーとお通し
a0351572_07342364.jpg
ブツ
a0351572_07342678.jpg
鰺フライ
a0351572_07342991.jpg
マカロニサラダ
 鯵フライをハフハフ言いながら食べていると、何やら大きな皿が現れた。あら煮だ。魚屋さんだけに、その日によって魚は違うようだが、今日は鰤のあら煮だった。それがまた大量で、オッサンふたりがおぉっと唸ってしまうほどだ。当然デラウマで、S.Aさんはアタリだなとご満悦だ。ビール2本の後はグレープフルーツサワーに切り替え、あら煮をせせりながら食べる(笑)。最後は鯵の南蛮漬けをもらい、頭からがぶりと食らいつく。いゃぁ、これでオッサンふたりは腹一平君。おひとり様3200円弱のお勘定だった。禁煙なのもありがたく、今後も長く続いてほしいお店だ。
a0351572_07343238.jpg
あら煮
a0351572_07343487.jpg
グレープフルーツサワー
a0351572_07343643.jpg
鯵の南蛮漬け
a0351572_07344221.jpg
 帰る途中、S.Aさんの大船飲み仲間が経営するFaveurというお店に軟着陸(爆)。三岳をお湯割りとロックで2杯飲み、完全体寸前で帰りましたとさ。
a0351572_07485382.jpg
a0351572_07485520.jpg


by g_amaha | 2019-04-29 21:38 | 居酒屋系 | Comments(2)
2019年 04月 24日

2019.4.24(水)

 超早出の朝は、一旦仕事をしてから朝路麺だ。小諸そばにシャッターをして冷やしたぬきを手繰る。勿論スダチ付きで、充実の朝路麺という訳だ。朝から満足。
a0351572_19304254.jpg
冷やしたぬき
a0351572_19304521.jpg
 昼は急な雨が降り出し、傘を取りに戻ってから近場の陽理珠へ。ここではもうネギ辛子麺が基本になっている(^^; ネギ1本を使った汁そばは、ネギフェチのオッサンの琴線を弾く逸品なのだ。完マクしそうになって、自制するのにかなり気合がいるという事実(^^;
a0351572_19363258.jpg
ネギ辛子麺
a0351572_19363499.jpg
 仕事を終えると、路麺大帝と示し合わせて水道橋へ。今週で引退されるとんがらしのご夫妻にご挨拶をする路麺大帝。その後ろに着いて、私も数回足らずの訪問にお礼を告げた。嗚呼、後継ぎが見つかったとはいえ、名店を培った方の引退は寂しいものだ。これからの人生に幸多かれというしかない。
 その後で寄ったのは、たこといかのでんだ。水道橋でんのセカンドブランドで、タコとイカをメインにしたお店だ。トリビーと路麺大帝の烏龍ハイで乾杯してスタートである。塩辛と耳刺しにげそタルタルがどどっと出てきた。肝醤油をもらって耳刺しを付けて食べると、イカンでしょう~!これがまずい訳はない。14:00過ぎにカレーを食べたという路麺大帝は、あまり箸が進まないので、私がぐいぐいとつまみを食べてホッピーに移行する。トンビとイカ軟骨が出てくると、イカ軟骨を肝醤油に漬けて食べる路麺大帝。すぐに真似して食べると、これはイカンでしょう~!軟骨のコリコリと、肝醤油のまったりがベストマッチ。もつ焼きでんとは喧噪の度合いが段違いなので、どうしてももつ焼きという気分でなければ、この店は使い勝手が良いかもしれん。
a0351572_19465789.jpg
トリビー
a0351572_19470016.jpg
塩辛
a0351572_19470442.jpg
耳刺し
a0351572_19470632.jpg
げそタルタル
a0351572_19470850.jpg
ホッピー
a0351572_19471149.jpg
トンビ
a0351572_19504923.jpg
イカ軟骨
a0351572_19472839.jpg
 お勘定して次に向かうは新橋駅前第一ビルだ。前を通るお店から路麺大帝に掛かる声を振り切って向かうはかずみんやだ。レモン水と路麺大帝が注文したのはレモンハイである(笑)。来る客来る客が路麺大帝に挨拶してるという事実。どんだけ顔なのよ(笑)。茗荷の天ぷらにそそられて注文し、おバカな話をしながらまったりと過ごす。最後に緑茶割りを飲んで終了。いゃぁ癒されるひとときであった。
a0351572_20163678.jpg
レモン水(笑)
a0351572_20164325.jpg
茗荷天ぷら
a0351572_20164912.jpg
緑茶割り
a0351572_20165856.jpg


by g_amaha | 2019-04-24 21:25 | 居酒屋系 | Comments(0)
2019年 02月 01日

2019.2.1(金)

 昨日しっかり休んだので、いつも以上に早朝出勤してそば新に入った。定番の石挽かもつけそぱのチケットを買い、3分待って呼ばれて取りに行く。分厚いコートを着て手繰るのは結構苦労するなぁ(^^; 早朝から2人前の蕎麦を手繰るのもヘビーだぞ、と。
a0351572_09240753.jpg
石挽鴨つけそば
a0351572_09241051.jpg
 いまいち遠出する気になれず、野菜をたっぷりとるため陽理珠(よりみ)でタンメンを食べることに。おぉっ、どこの中華屋さんよりたっぷりの野菜(笑)。ベジファーストとはいえ、熱くてなかなか食べ進められない。半分ほどで麺と一緒に食べ始め、食べ終える頃には腹一平君。身体に良いのか悪いのかよく分からん(自爆)。
a0351572_09302027.jpg
タンメン
a0351572_09302201.jpg
 夜は竹馬の友でご一献。まずはS.Aさんと大船駅で待ち合わせて空ぼうずへ。紫雲先生が遅れてくるので、レンコンチップとごぼうカリカリサラダをつまんで待つ。レンコンチップの盛りが良いのは、店主の心遣いに違いない。お通しも相変わらず気が利いているので、紫雲先生が来るまでに充分間が持った。
a0351572_09443568.jpg
トリビー
a0351572_09443904.jpg
ごぼうカリカリサラダ
a0351572_09444123.jpg
レンコンチップ
 紫雲先生が合流して、空セットを3人で頼んだ。刺身3点盛りは、コチ、鮪、ハマチだ。コチにレモンを絞り、塩を付けて食べると旨かぁ~である。鮪もハマチも脂がのって旨い。もう一品は鰯の梅紫蘇揚げだ。これまたレモンを絞って塩を付けて食べる。いぃーーーーじゃないですかぁ。何年も通っているのに、初めてボトルを入れ、ここから一気に血中アルコール濃度を上げる(殴)。そして、いつものように豚ニラもやし炒めで〆た。いゃぁ、いつ来ても満足度の高いお店だ。大将、今日もご馳走様でした。
a0351572_09525715.jpg
空セット刺身3点盛り
a0351572_09525956.jpg
鰯梅紫蘇揚げ
a0351572_09530161.jpg
金黒
a0351572_09530375.jpg
豚ニラもやし炒め
a0351572_09530610.jpg
 オッサン3人がここでお開きになるはずもなく、どやどやと相思豆へなだれ込む。奇跡的に3席開いており、そこに座って2次会の始まりだ。私は烏龍ハイをもらい、青梗菜炒め、餃子2人前を注文する。相思豆の餃子は皮が旨いよね。
a0351572_10031229.jpg
烏龍ハイ+お通し
a0351572_10031403.jpg
青梗菜炒め
a0351572_10031784.jpg
餃子2人前
 テーブルが空いたので、ケイコさんから移動するよう促され、オッサン達は〆炭へまっしぐらだ。こういう時の紫雲先生が怖い。焼きビーフンが食いてえ、炒飯が食いてえ、挙句の果てには麺線まで頼み、本人はしっかり1人前食べたという事実。嗚呼、台湾で麺線と蚵仔煎(オアジェン)が食べたいなぁ。そんな欲求を相思豆がほんの少し叶えてくれるのだ。どうもご馳走様でした。
a0351572_10041875.jpg
焼きビーフン
a0351572_10042051.jpg
炒飯
a0351572_10042309.jpg
麺線2人前
a0351572_10042565.jpg


by g_amaha | 2019-02-01 23:18 | 居酒屋系 | Comments(2)
2019年 01月 12日

2019.1.12(土)

 ボランティアに出ている同居人と大船で落ち合い、買い物がてらにくら寿司へ入った。味奈登庵とくら寿司とどっちに入るか同居人に聞くと、昨日から極上とろフェアが始まったくら寿司と返ってきたのだ。ん!?デジカメ忘れてきた(^^; 久しぶりにガラケーで撮った画像は、ピンボケが多くて恥ずかしい(^^;
a0351572_08344183.jpg
厳選とろ三種盛
a0351572_08344450.jpg
熟成大とろ
a0351572_08344652.jpg
炙りびんちょう大とろゆず塩
a0351572_08344988.jpg
炙りとろける穴子
a0351572_08345184.jpg
いわし(露西亜御免)
a0351572_08345439.jpg
みかん鰤(露西亜御免)
a0351572_08345613.jpg
涙小柱
a0351572_08345993.jpg
穴子(露西亜御免)

 夜はS.Aさんとご一献。鎌倉で待ち合わせて天昇に向かうと・・・休み_| ̄|○ 雨も降ってきたので、ストローリングするのを避け、大船に移動して空ぼうずに入った。トリビーで乾杯し、お約束の空セットと坊主セットを注文した。大将から「G.Aさんのブログ見て来たという方が来ましたよ」と言われたが、心当たりがない(^^; 多少なりとも宣伝効果があるのならいいんだけど。セットのあん肝や刺身や天ぷらを見ると、各品々が偶数で提供されていて、大将のお気遣いがありがたい。土曜日は地酒の日なので、男山、八海山、ばくれんと調子に乗ってぐいぐい飲む。そして、S.Aさんも私も一押しの豚肉ニラもやし炒めで〆た。相変わらずのコストパフォーマンス。どうもご馳走様でした。
a0351572_08554075.jpg
トリビー
a0351572_08554297.jpg
お通し
a0351572_08554434.jpg
刺し盛り(いとより・鮪・鰯)
a0351572_08554719.jpg
あん肝
a0351572_08555041.jpg
牛すじ塩煮込み
a0351572_08555205.jpg
地酒
a0351572_08555480.jpg
天ぷら(大葉・海老・エリンギ)
a0351572_08555673.jpg
イシモチ塩焼き
a0351572_08555860.jpg
豚ニラもやし炒め
a0351572_08560197.jpg
 勢い付いてしまい、天神下まで歩いてFaveur(ファブール)というスナックに入った。S.Aさん行きつけの店の、更に知り合いの店らしい。三岳があるのでそれを男割りにしてもらって飲む。久しぶりの三岳は旨いなぁ。その後はハイボールを2杯飲み、ご近所さんと昔話をしながらまったりする。これで完全体だぁ~。
a0351572_09070659.jpg
三岳お湯割り
a0351572_09070876.jpg
ハイボール
a0351572_09072962.jpg



by g_amaha | 2019-01-12 21:07 | 居酒屋系 | Comments(2)
2018年 12月 08日

2018.12.8(土)

 ボランティアに出ていた同居人と待ち合わせて横浜へ。買い物に付き合った後、伊勢佐木長者町に出て華隆餐館(かりゅうさんかん)に入った。幾つかの選択肢を出した中、同居人が刀削麺を食べたことがないというので、ここを選んだ次第だ。同居人は叉焼麺、私は担々麺を選んだ。随分待たされて出てきた刀削麺を食べた同居人は、形の揃わないきしめんだねとのたもうた。そして、叉焼麺なのに叉焼が3枚しかのっていないとブウたれた(笑)。そにしても麺の量が多くて持て余しながらお勘定して外に出ると、関内二郎は大行列。行列している若い人達を見ると、もう二郎はとても食べられないだろうなと、己の齢(よわい)を感じるのであった。
a0351572_07584301.jpg
担々麵
a0351572_07584657.jpg
叉焼麺
a0351572_07584894.jpg
 この後、横浜都市発展祈念館で開催している「戦後横浜に生きる」という写真展を見て、赤レンガ倉庫のMotion Blue Yokohamaというライブレストランに入った。やなわらばーの15周年ライブのチケットが取れたのだ。入店からライブ開始まで1時間待つのだが、最低1ドリンク注文しなければならず、850円のHeineken2本に700円のガーリックナッツを頼んだ。高!!こんなにちびちびビールを飲んだのは初めてだ(爆)。それでも時間を持て余して1本追加したという事実。
 それはそれとして、メインボーカルの石垣優の声は、島唄の歌者(うたしゃー)よろしく、背筋にじんじんくる裏声が秀逸だ。東里梨生のギターがまた上手い!久しぶりに2拍子のフォークソングを聞いて、心が洗われた。
a0351572_08122015.jpg
a0351572_08122263.jpg
a0351572_08123393.jpg
 急いで歩いて関内駅に着くと同時に、人身事故で電車が止まり、横浜市営地下鉄と横須賀線を乗り継いて大船にたどり着いた。そして久しぶりに空ぼうずに入った。ふたりなので、毎度おなじみの空セットと坊主セットを注文する。トリビーで乾杯し、お通しの烏賊刺しと禁断のポテサラをつまむ。空ぼうずのお通しは気が利いてていつも旨い。すぐにあん肝と刺し盛りが出てきた。刺し盛りは、空セットの鰤、中トロ、北寄に、坊主セットの炙り〆鯖だ。すかさす浦霞を頼み、表面張力の地酒を口から吸って(笑)、刺身を堪能する。どれもまったりとした味でタマランチ元会長だぁ~。
a0351572_08252328.jpg
トリビー
a0351572_08252693.jpg
お通し(烏賊刺し/ポテサラ)
a0351572_08253114.jpg
あん肝
a0351572_08253435.jpg
刺し盛り
a0351572_08253636.jpg
浦霞
 次は天ぷら盛り合わせだ。坊主セットの海老、レンコン、大葉に、空セットの秋刀魚梅紫蘇はさみ揚げだ。海老を2本にしてくれたのは、店主の心使いだとありがたくいただく。2杯目の地酒は八海山を頼み、地蛸のから揚げと豚ニラもやし炒めを追加した。なんと、地蛸のから揚げは吸盤だ。こりゃいぃーーーーーですねぇ。この店一番人気の豚ニラもやし炒めは、「もうお腹いっぱいだからひと口でいい」と言っていた同居人が半分以上食べた(爆)。
a0351572_08253817.jpg
天ぷら盛り合わせ
a0351572_08254029.jpg
地蛸のから揚げ
a0351572_08254212.jpg
豚ニラもやし炒め
a0351572_08254580.jpg
 相変わらずのコストパフォーマンスで、今夜もしっかりと〆させていただいた。大将!どうもご馳走様でした。



by g_amaha | 2018-12-08 21:38 | 居酒屋系 | Comments(2)
2018年 09月 29日

2018.9.29(土)

 以前、路麺大帝ことsobaさんと飲んでいた時、sobaさんが「ピロシキさんのブログは面白いですね」と一言漏らした。「じゃぁ、連絡して一緒に飲みましょうか」という話になり、とんとん拍子に進んで今日に至った。群馬県に単身赴任しているピロシキさんが出てきてくれることになり、横須賀中央駅で待ち合わせることに。ただ~し、散歩のオジサンと化しているsobaさんと私は、汐入駅から尾根伝いに険しい坂道を上り下りする(^^; 明日からの台風で土砂崩れになるんじゃないかと心配するような斜面に家が建ち、そこに網目のように這っていく階段を歩く。これで、昼飲み前のwarming upは完璧だ(笑)。
 12:30に横須賀中央でピロシキさんと合流し、向かうは中央酒場だ・・・が、予想だおりに満席。すかさず、地元出身のピロシキさんが電話で天国(てんくに)に予約を入れ、雨の中を移動した。
 各自好きな飲み物で乾杯し、ゆるゆるとスタートである。路麺大帝の蕎麦本「ちょっとそばでもうまい!大衆そばの本」を熟読し、その掲載店を巡っているピロシキさんだけに、sobaさんとの会話に全く高低差がない(爆)。sobaさんは天国のつまみがいたく気に入ったようで、いつもに増してぐいぐいと注文を入れて、ぐいぐいと飲んでいる。私も横須賀ホッピーの後は緑茶割りにトマト割りと進むと、sobaさんからトマトを投入されて潰して飲むようにと指導が入る(笑)。いやはや、興に乗って3時間も飲み語らい、完全体直前でお勘定となった。恐るべし横須賀昼飲み(爆)
a0351572_09355969.jpg
横須賀ホッピー
a0351572_09360241.jpg
ブリとトマトの煮付け
a0351572_09360459.jpg
地ダコブツ
a0351572_09360627.jpg
ハムカツ
a0351572_09360950.jpg
秋刀魚肝醤油焼き
a0351572_09361279.jpg
鮪納豆
a0351572_09361432.jpg
緑茶割り
a0351572_09361709.jpg
トマト割り
a0351572_09361915.jpg
冷しトマト
a0351572_09362283.jpg
煮込み
a0351572_09362471.jpg
オクラ天ぷら
a0351572_09362678.jpg
ネギだく砂肝唐揚げ
a0351572_09362989.jpg
味噌で食べるきぬかつぎ
a0351572_09363116.jpg
糠漬け胡瓜
a0351572_09363345.jpg
トマト投入トマト割り
a0351572_09363678.jpg
肉味噌ラー油焼きそば
a0351572_09363856.jpg
にしん酢漬け
a0351572_09364359.jpg
シシトウ肉詰め
a0351572_09364579.jpg
 sobaさんとの〆は当然路麺である。天国からほんの少し歩いたところにある、「ちょっとそばでも」掲載店のえびすやだ。おかみさんがsobaさんを待ち構えていて、マシンガンのような早口で席に促される。って、まだチケット買ってまへんがな(^^; 女将さんの手際よい作業を見つつ、出てきた天玉そばを手繰る。おぉっ、茹で麺にもかかわらず、エッジが効いて旨いじゃないですかぁ。そして私にとって嬉しいのはわさっと乗ったネギだ(笑)。それにも増してお汁が旨い。飲んだ後にぐんとくるインパクトのあるお汁だ。ここから始まったという、横須賀スタイルのかき揚げも、そのお汁と良い具合に合っている。どうもご馳走様でした。
a0351572_10013641.jpg
天玉そば
a0351572_10022202.jpg
a0351572_10024369.jpg
 ここでふたりと別れ、私はJR横須賀駅から帰った。夜はとても食べられなかったのはお察しの通りだ。


by g_amaha | 2018-09-29 20:48 | 居酒屋系 | Comments(4)
2018年 07月 25日

2018.7.25(水)

 夜に飲みが控えているので、昼は蕎麦を手繰っておこうと角萬に行ったら臨時休業。あまり歩くのも面倒なので、趣旨返しして姉妹に入った。日替わりメニューにそそるものがなかったので、いつものように海鮮かた焼きそばを注文した。うむ、ガラスの皿じゃない方がかた焼きには合う(笑)。
a0351572_09012741.jpg
海鮮かた焼きそば
a0351572_09013044.jpg

 夜は前社時代の部下が転職するというので、数人が集まって壮行会をすることになった。早上がりの私は、自由度の効くN氏を誘って、小一時間早飲みをすることに。路麺大帝の文春オンラインの記事に出ていて、以前から行きたかったあからで待ち合わせだ。口開けの客となり、ポッピーをいただいて乾杯である。店主の鈴木さんが「うちはカレー屋ですから」と言うので、つまみは玉子こんカレーがけとカレー頭を頼んだ。おおっ、玉こんにキーマカレーがよく合うじゃん(笑)。カレー頭はストレートにカレーの旨さが伝わり、スパイシーでホッピーをぐいぐい飲んでしまう。中を3回お替りしたところで、茄子チーズをもらい、中4回目で〆の汁なしカレーそばをいただいた。これは〆にもなるし、つまみにもなるな。素晴らしい60分1本勝負であった。
a0351572_09145166.jpg
ホッピー
a0351572_09145395.jpg
玉こんカレーがけ
a0351572_09145697.jpg
カレー頭
a0351572_09145982.jpg
茄子チーズ
a0351572_09150106.jpg
汁なしカレーそば
a0351572_09150420.jpg
 さて、本番である。あからのすぐ近くにある青森県むつ下北半島というお店に入った。ホッピーナカ4という下地ができているので、ごぼう茶割りでスタートだ。お通しはサラダ。昨今のベジファーストに合わせているのだろうか(笑)。気になるつまみをどんどん注文し、話も盛り上がる。鮭の剥き身を取った後、骨せんべいにしてくれるサービスは気が利いている。茶豆といいながら到底茶豆の味がしない枝豆には閉口したが、その他のつまみはほとんど旨かった。青森の地焼酎、郷の華(長芋)とけやぐ(やーこん)の不思議な味も味わえたし、大箱にしては中々なお店だった。これだけ酔って帰るのも久し振りだ(^^;
a0351572_09322074.jpg
ごぼう茶割り
a0351572_09322201.jpg
お通しサラダ
a0351572_09322593.jpg
鮭剥き身
a0351572_09322823.jpg
茶豆
a0351572_09323437.jpg
カンパチ兜焼き
a0351572_09323664.jpg
鮭骨せんべい
a0351572_09323864.jpg
切り込み
a0351572_09324171.jpg
蛸唐揚げ
a0351572_09324380.jpg
げそわたホイール焼き
a0351572_09324520.jpg
バラ炒め
a0351572_09324824.jpg
蟹味噌
a0351572_09361044.jpg


by g_amaha | 2018-07-25 23:00 | 居酒屋系 | Comments(0)
2018年 01月 26日

2028.1.26(金)

 昼ははるなでなめこおろしそばと春菊天。温かいそばになめこおろしも悪くないな。はるなの天ぷらはこの界隈の路麺店ではピカイチだし、週一で通うに値するお店だ。
a0351572_07525010.jpg
なめこおろしそば+春菊天
a0351572_07525290.jpg
 夜は同居人がいないので、娘ふたりと待ち合わせて空ぼうずに入った。空セットと坊主セットを推奨したのだが、娘Aが「色々食べたい」と言うので、つまみをちょこちょこ頼むことにした。トリビーで乾杯し、お通しをつまんでいると、まずはあん肝と白子ぽん酢が出てきた。いきなり尿酸値向上委員会の委員長と副委員長のそろい踏みだ(^^; なのでビールの次はホッピーにした(笑)。
a0351572_08094865.jpg
トリビー
a0351572_08095021.jpg
お通し
a0351572_08095370.jpg
あん肝
a0351572_08095625.jpg
白子ぽん酢
a0351572_08095851.jpg
ホッピー(氷なし)
 ナカをお替りして、娘Bが選んだ山芋フライをはさみ、刺身盛り合わせが出来上がってきた。鮪・鰤・黒鯛・ホウボウ・炙り〆鯖の5点盛りだ。これが1280円だから驚きだ。炙り〆鯖に辛子をつけて食べるのは初めてかもしれないが、旨いじゃん!他の刺身も上等!やはり、空ぼうずに来たら刺身はマストだな。
a0351572_08113465.jpg
山芋フライ
a0351572_08113649.jpg
刺身盛り合わせ
 そして、怒涛のつまみ攻勢が始まった。菜の花とふきのとうの天ぷら。娘Bが「大人の味だ」とのたもうた(笑)。いぶりがっこのチーズ寄せ、煮込み、豚ニラもやし炒め、どれも娘達はおかず食いである。
a0351572_08235116.jpg
菜の花とふきのとうの天ぷら
a0351572_08235463.jpg
いぶりがっこのチーズ寄せ
a0351572_08235632.jpg
熱燗
a0351572_08235999.jpg
もつ煮込み
a0351572_08240116.jpg
豚ニラもやし炒め
 お勘定すると、大将から「娘さんですか?うちも娘ふたりなんですが、将来一緒に飲んでくれるかなぁ」と言われた。娘達が一緒に飲んでくれるのはありがたい事なんだと、ちょっちゅ目尻が下がって帰りましたとさ。


by g_amaha | 2018-01-26 21:46 | 居酒屋系 | Comments(0)
2017年 12月 14日

2017.12.14(木)

 夜は藤沢在住のS博士とご一献することになり、大船で待ち合わせて臥薪へ。ハートランドで乾杯し、お通しをつつきながら刺身のりゃん盛りを待つ。空ぼうずもそうだが、ここのお通しもしっかり美味しくて、ハートランドがあっという間になくなった。生牡蠣がお薦めということでそれももらうと、S博士はたまにあたるのでやめておくとのこと。ひとりでふたつ食べてしまった(^^; ハートランドをお替りすると、りゃん盛が出来上がってきた。今日のネタはしょご(カンパチの幼魚)、鰹、ローニン鯵、黒鯛、イサキだ。臥薪の刺身は旨いよね。ベジファーストをするのを忘れていたので、ほうれん草とじゃこのサラダを頼んでワシワシ食べ、うるめ鰯の天ぷらに舌鼓を打つ。芋のお湯割りが薄かったので、あとは最後までハートランドを飲む。S博士はワイン党なのでつまみに合わせて白・赤・白と飲み分けている。蟹クリームコロッケとクリームチーズでまったりとしながら飲み、最後は鯖棒寿司で〆た。結構な値段になったが、それに見合う満足感だった。
a0351572_07044726.jpg
ハートランド
a0351572_07045095.jpg
お通し
a0351572_07045319.jpg
生牡蠣
a0351572_07045567.jpg
しょご・鰹
a0351572_07045760.jpg
ローニン鯵・黒鯛・イサキ
a0351572_07045923.jpg
ほうれん草とじゃこのサラダ
a0351572_07050322.jpg
芋のお湯割り
a0351572_07050680.jpg
うるめ鰯天ぷら
a0351572_07051559.jpg
クリームチーズ
a0351572_07051947.jpg
鯖棒寿司

 S博士との〆は、大船駅ナカで立ち食い寿司を摘まむのがルーティンである(笑)。新しくなってから初めてのすし兆の列に並び、10分ほどで中に入った。つきじ千寿司の時より、値段の幅が増えて幾分高くなったが、サクッと摘まんで帰るには重宝するお店だ。お好みで7貫ずつ摘まみ、ビールを飲んでひとり1700円。どうもご馳走様でした。炭水化物摂りすぎ君だぁーー(殴)。
a0351572_07150669.jpg
生ビール
a0351572_07150898.jpg
大名鯖・生鯖
a0351572_07151141.jpg
黒むつ・鰤はらみ
a0351572_07151420.jpg
ふっくら穴子
a0351572_07151704.jpg
穴きゅう手巻き
a0351572_07152049.jpg
北寄貝ひも



by g_amaha | 2017-12-14 21:46 | 居酒屋系 | Comments(0)
2017年 12月 11日

2017.12.11(月)

 ナチュラルローソンで、娘達の弁当のおかず用にと冷凍食品を見ていたら、かけそばとかき揚げがあったので、買っておいて今朝食べてみた。かけそばが108円で、かき揚げが1つ54円だから、162円の朝麺だが、値段相応であった(^^;
a0351572_07425287.jpg
ナチュラルローソンのかけそばとかき揚げ

 昼は年休を取っているS.Aさんに誘われてみの和へ。最近はまっている肉汁そばを辛口で注文した。バラ肉の旨味をストレートに味わうなら、ノーマルの方が良いかも。カツ丼合わせを食べたS.Aさんは、天丼合わせの方が好みだそうだ。このあと円覚寺→東慶寺→浄智寺と回って帰った。
a0351572_07471334.jpg
肉汁そば辛口
a0351572_07471660.jpg

 夜は10数年前に業界団体で知り合った偉い方(笑)と大船でご一献。空ぼうずに予約して入ると、我々以外は団体さんの予約で、その人達が来るまで貸し切り状態だ。空セットと坊主セットを基本に、山芋フライ、カワハギ肝和え、砂肝ピリ辛炒めなどを追加し、ビールから始まってハイボールや日本酒を飲み倒す。ほぼ完全体になってお勘定すると〆て8,791円。イカンでしょう~。大船一のコストパフォーマンスだ。大将、ご馳走様でした。
a0351572_07550576.jpg
トリビー
a0351572_07550837.jpg
お通し
a0351572_07551115.jpg
坊主セットのあん肝
a0351572_07551409.jpg
山芋フライ
a0351572_07551766.jpg
空セットの刺し盛り
a0351572_07552045.jpg
ハイボール
a0351572_07552323.jpg
空セットの鰤大根
a0351572_07552780.jpg
坊主セットの天ぷら
a0351572_07554141.jpg
男山
a0351572_07554335.jpg
カワハギ肝和え
a0351572_07554640.jpg
坊主セットのカレイ煮付け
a0351572_07554987.jpg
砂肝ピリ辛炒め
a0351572_07555111.jpg
八海山
a0351572_07555458.jpg


by g_amaha | 2017-12-11 20:37 | 居酒屋系 | Comments(2)