Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:洋食系( 39 )


2018年 02月 17日

2018.2.17(土)

 花粉が飛んでいるのを顧みず、里山経由で鎌倉までwalkingする。そして同居人と落ち合い、Shokudo FUKUで昼を食べることに。ん!?牛かつが値上がりしている(^^; まぁ今日は別のものを食べようと思っていたのでいいんだけど、これから足が遠のいてしまうな(^^; で、選んだのはパスタランチ、広島牡蛎のペペロンチーノだ。奥さんからパスタは大盛にできますがと聞かれたので、じゃ大盛でと応えてしまう今日この頃(殴)。おぉっ!ぷりぷりの牡蛎が旨そうだ。って、実際に旨い(笑)。同居人の頼んだすずきのエスカベッシュもなかなかの味だし、食べ応えもある。ここはまだそれほど知られていないようなので、混んでないうちにもう一度くらい食べに来っかな。
a0351572_04021639.jpg
パスタランチ
a0351572_04021807.jpg
広島牡蛎のペペロンチーノ
a0351572_04022127.jpg
すずきのエスカベッシュ
a0351572_04022466.jpg
a0351572_04022604.jpg



by g_amaha | 2018-02-17 19:42 | 洋食系 | Comments(0)
2018年 02月 03日

2018.2.3(土)

 鎌倉の新しい洋食屋さん情報を仕入れたので同居人を誘ったら、娘達もついて来るというので、4人で中央公園経由で鎌倉まで歩いた。お店の名はshokudo FUKU。鎌倉駅西口の線路沿いにある、ちょっと探さないと見つからない店構えだ。急な階段を上がると、テーブル5卓くらいのキャパで、落ち着いた空間になっている。ランチは4種類あり、来るまでに決めていた牛かつを選んだ。
 しばし待って出てきたそれは、娘Aが思わずスマホを構えたくらいの、所謂ひとつのインスタ映えのするビジュアルだ。最近ではそれを「バエ」とまで略すらしい(^^; 牛かつをメインに、カプレーゼとスープとご飯と野菜の酢漬けがついてくる。牛かつは山葵と塩に醤油ベースのタレを使い分けて食べるようだ。ベジファーストのあとに牛かつを山葵と塩で食べると・・・旨かぁ~である。次は醤油ベースのタレで食べると・・・これまた旨かぁ~である。いぃーーーじゃないですかぁ。カプレーゼも旨いよぉ(笑)。鎌倉で牛かつを食べられるお店ができたことはありがたい。これならたまに食べに来てもいいな。
a0351572_19454288.jpg
牛かつランチ
a0351572_19454549.jpg
牛かつ
a0351572_19454714.jpg
カプレーゼ
a0351572_19455132.jpg
a0351572_19462778.jpg


by g_amaha | 2018-02-03 19:46 | 洋食系 | Comments(0)
2017年 12月 30日

2017.12.30(土)

 S.Aさんと今年最後の昼路麺をしにみの和へ行くと、案の定準備中の札すら出ておらず、すぐに諦めて先週にひき続きBurosso Dueへ。今日のパスタAは牛筋のトマトソース・・・即決である(^^; 牛筋のミンチが故タマランチ元会長だぁ。まぁ、ここで〆られたからよしということだな。
a0351572_08125534.jpg
トマトジュース
a0351572_08125915.jpg
サラダとフォカッチャ
a0351572_08130251.jpg
牛筋のトマトソースパスタ
a0351572_08130544.jpg


by g_amaha | 2017-12-30 19:06 | 洋食系 | Comments(0)
2017年 11月 28日

2017.11.28(火)

 昼に内神田うてなに行くと、本日の昼は休業という貼り紙があった。そこへ大将がバイクに乗って来たので、先日のお礼を言って「今日は休みですか?」と聞くと、「すみません、ちょっと事故っちゃって昼だけ休みます」とのこと。という訳で、ちょっちゅ遠出して須田町まで歩き、梅亭というとんかつ屋さんに入った。ただ、注文は牡蛎フライなのだ(^^; テイクアウトの注文をさばいているので、随分待たされて出てきたカキフライ定食は、こんもりとした千切りキャベツに5個の牡蛎フライが寄り添っている(笑)。ソースをドバっとかけて辛子を付け、レモンを絞って食らいつく。ん!?牡蛎は大振りだけど、思ったほど味わいが弱いな。それにしても、ご飯の量も意外に多いし、キャベツはてんこ盛りだし、食べ終えたら腹一平君になってしまった。低GI値生活になって最大の罪悪感だ(^^; まぁ、これが1000円で食べられる良いお店と思わなければいけませんな。
a0351572_19305660.jpg
牡蛎フライ定食
a0351572_19305937.jpg
牡蛎フライ
a0351572_19310298.jpg


by g_amaha | 2017-11-28 19:12 | 洋食系 | Comments(0)
2017年 08月 15日

2017.8.15(火)

 皆が集まるといつも慶州で焼肉なので、ちょいと毛色を変えてBarchie'sに行くことにした。40年くらい前に珊瑚礁のスペアリブを食べて、こんなに旨いモノがあるのかと感動して以来、今年の3月に食べたBarchie'sのそれは、珊瑚礁に勝るとも劣らないと思い、息子と娘Bに食べさせようと思ったのだ。それに海老タルタルのブリトーは、間違いなく海老女の娘Bに受けるはずだ。チーズとマヨネーズがNGの息子には、BBQチキンのブリトーをマヨ抜きで注文した。トリビーで乾杯すると、まずはブリトーが出来上がってきた。私はBBQチキンのブリトーを食べたが、野菜がぎっしり詰まっていて食べ応えがある。でも、マヨが欲しいな(^^; そしてスペアリブの登場だ。注文の時に人数分と伝えたので、店長が気を利かせて4本にしてくれたらしい。ここのスペアリブを1本しか食べないのは欲求不満になるので、すぐに追加を頼んで齧り付く。BBQソースがいぃーーーですねぇ。結構甘いのだが、トニーローマの甘さとは違い、くどくなる手前の味付が絶妙なのだ。ビールの後で頼んだモヒートにも良く合うわ。お替りスペアリブも美味しくいただき、最後にイベリコ豚とハーブソーセージを食べ、お勘定となった。たまにはこういうアメリカーンな食事もいいな。どうもご馳走様でした。
a0351572_04383781.jpg
ハートランド
a0351572_04383299.jpg
BBQチキンブリトー(露西亜御免)
a0351572_04383434.jpg
海老タルタルブリトー(露西亜御免)
a0351572_04384210.jpg
スペアリブ
a0351572_04384555.jpg
モヒート
a0351572_04384706.jpg
お替りスペアリブ
a0351572_04385006.jpg
炭焼きイベリコ豚とハーブソーセージ
a0351572_04385253.jpg



by g_amaha | 2017-08-15 20:12 | 洋食系 | Comments(0)
2017年 03月 16日

2017.3.16(木)

 定年後の再雇用で、自分のスタンスがいまいち分からなくなり、イライラがつのって夜中に目が覚める。もう気配を潜めて生きるしかないのだな。という訳で、今日は年休消化日にして、気晴らしに新規開拓をすることにした。同居人を誘うのに食いつきの良い撒き餌は、「アメリカンなランチを食べに行こう」の一言だ。その店の記事の載っているサイトを見せ、かなりそそるメニューの画像で誘うと、一発で食いついた(爆)。Barchie's Kamakuraというお店で、静雨庵、ほり内と同じ通りにあるようだ。11:55に着くと満席で、店主が外に出てきて「今、ひと組のお客さんが食べ終えましたので、すぐ空くと思いますが・・」と言うので、待つことにした。
 5分程度で中に入ったら、食べているのは1組だけ。その後に来た人達は断られていたという事実。あぶねーーー(^^; 出来上がりまで時間が掛かるのを覚悟し、スペアリブプレートと海老とアボカドのタルタルブリトーを注文した。平日のランチは、ドリンクとデザートが付くということで、トニックウォーターを飲んで待つ。今日のスープは豚と野菜のスープで、熱いうちに飲んでいると、注文から20分ほどしてスペアリブプレートが出来上がってきた。スペアリブが2本あるので、まずはふたりでそれを食べにかかった。ベジファーストで野菜をバリバリ食べたあと、スペアリブに齧りつくと・・・旨かぁーーーーー!!アメリカーンな甘めのバーベキューソースが良く染み込んでいて、網焼きの香ばしさが胃液をぐいぐい分泌させる。ご飯はもち米だろうか、もっちりした五穀米でこれまた旨い。同居人もご満悦だ。
a0351572_19341097.jpg
トニックウォーター
a0351572_19341323.jpg
今日のスープ
a0351572_19341981.jpg
スペアリブプレート
 続いて海老とアボカドのタルタルブリトーが出来上がってきた。これもふたつ乗っているので、シェアして齧りつく。すると同居人が先に「んーっ!」という感嘆の声を発した。流石海老女である。これも旨いわ!海老とアボカドのタルタルとたっぷりレタスのシャキシャキがデラウマだ。この5か月間触りもしなかった、GI値とカロリーの高い食べ物のトップであるフレンチフライも、今日は解禁にしてアメリカーンなジャンクフードを満喫する。そして、デザートはこの5か月間触りもしなかったアイスクリーム_| ̄|○ でも、今日は解禁にして食べてしまった。いゃぁ、アメリカーンなジャンクフードは旨いね(殴蹴)。どうもご馳走さまでした。
a0351572_19460647.jpg
海老とアボカドのタルタルブリトー
a0351572_19460715.jpg
デザート
a0351572_19340946.jpg
 このあと小町通りをぶらぶらすると、今度は同居人がパティスリー雪乃下でタルトカフェを食べようと言ってきた。たった今、炭水化物と糖質を嫌と言うほど食べてきたのに、である。そして「あなたの好きなCALVAのドゥルセモカより美味しいよ」と畳みかけてくる。ここで拒否すると、熟年離婚のきっかけになる可能性もあるので、今日のところは解禁にすることにした(再殴)。タルトカフェはテイクアウトできないので、イートインでアイスティーなんぞも頼まなければならない。で、そのタルトカフェだが・・・旨いじゃん!ドゥルセモカより旨いかどうかは、甲乙つけがたい。が、モカクリームもタルトの中のキャラメルソースも、おっさんの琴線をビンビン弾きまくりである。嗚呼、今日はどんだけ糖質摂ったことよ_| ̄|○ いつもはバスで帰るところを、寿福寺~源氏山経由で歩いて帰りましたとさ。
a0351572_20044531.jpg
アイスティー
a0351572_20045021.jpg
タルトカフェ
a0351572_20045483.jpg
断面
a0351572_19461178.jpg



by g_amaha | 2017-03-16 20:09 | 洋食系 | Comments(0)
2016年 10月 30日

2016.10.30(日)

 西鎌倉のひふみのあとに入ったインドネパール料理のお店シリスは、いつも人がいっぱい入っているので気になっていたのだが、ようやく今日入る機会がやってきた。我々が入った後にもうひと組で満席になり、待ち客まで出たという繁盛振りだ。私がシリスセットでマトンとチキンのカレーを選び、同居人はキーマエッグカレーを選んだ。混んでるだけに出てくるまで時間が掛かったが、出てきたナンの大きさに驚き、ちぎってはカレーをつけて食べるを繰り返す。カレーやナンはそこそこの味だけど、タンドリーチキンはいまひとつかな。リーズナブルな値段だけに、ご近所さんで賑わっているみたいだが、わざわざ車で食べに来るかといえば、優先順位は下がるだろうなぁ。
a0351572_20103737.jpg
サラダ
a0351572_20104096.jpg
でかいナン
a0351572_20104491.jpg
シリスセット(チキン・マトン)
a0351572_20104657.jpg
ラッシー
a0351572_20104951.jpg


by g_amaha | 2016-10-30 19:55 | 洋食系 | Comments(0)
2016年 07月 29日

2016.7.29(金)

 大分の朝は早い。10:30の飛行機に乗るのに、8:30のバスに乗らなければならないのは、昨日書いた空港から県庁所在地の距離の長さを表しているのだ。午後に半年休を取ったので、羽田から直接大船に戻り、昼を食べに鎌倉製蕎麦に向かうと、なんとテナントになていたという事実。あまり考えるのが面倒ので、ブロッソデュエに入ると、すんなり座れたのでほっとしてパスタを注文した。トマトジュースを飲みながらいつものようにサラダとフォカッチャを食べて待つと、空芯菜入りのボンゴレが出来上がってきた。まるでペペロンチーノのようにニンニクの効いたパスタは、絶妙なアルデンテで旨い。しかもアサリの数たるや数えるのが面倒なくらい入っている。途中、ぺペロンオイルを加え、あっという間に完食したのであった。
a0351572_07340648.jpg
トマトジュース
a0351572_07341073.jpg
サラダとフォカッチャ
a0351572_07341378.jpg
空芯菜入りボンゴレ
a0351572_07341575.jpg


by g_amaha | 2016-07-29 19:24 | 洋食系 | Comments(0)
2016年 06月 25日

2016.6.25(土)

 昼は竹馬の友のS.Aさんと大船まで歩いて昼を食べることに。色々とお店の候補を挙げた中で、ダメモトでブロッソデュエ覗いたら、カウンター2席が空いていたのでそこに滑り込んだ。8割のお客さんは予約できた鎌倉のオバチャン連中で、姦しい事おびただしい。オッサンふたりはカウンターで肩をすぼめ、ランチメニューの中からチョリソとズッキーニの柚子胡椒ペペロンチーノを選び、昼ビーで乾杯である。いやはやチョリソとズッキーニの柚子胡椒ペペロンチーノの選択は大当たりで、オッサンふたりはぐいぐい食べ、他の客を差し置いて一番に出たという事実。これでも40分掛かっているから、12:00~12:40までに来た人は、全て断られたということか(^^; 恐るべし、ブロッソデュエ。
a0351572_18210859.jpg
昼ビー
a0351572_18212374.jpg
フォカッチャとサラダ
a0351572_18232381.jpg
チョリソとズッキーニの柚子胡椒ペペロンチーノ
a0351572_18232637.jpg
グレープフルーツジュース



by g_amaha | 2016-06-25 18:25 | 洋食系 | Comments(0)
2016年 06月 11日

2016.6.11(土)

 週末の買い出しに出掛けた後、同居人とWalkingを兼ねて山猫料理店に向かった。ランチは山猫御膳と日替わりハンバーグと天せいろの3種類(全て1000円)から選べるようになっている。オムライス目当てだったのだが、それはもうやめてしまったと言われた。同居人が山猫御膳、私が日替わりハンバーグを選んで待つ。その間、5人の3世代家族連れとおひとりさまが来て、暫くすると10人の予約客が来たという繁盛振りだ。出てきた日替わりハンバーグは、プレートにかなりのボリュームのハンバーグに野菜サラダ、それに平麺のナポリタン風と素揚げの茄子とカボチャがのっている。あとはたっぷりのご飯にわかめスープが付く。デミグラソースがなかなかいけるが、ハンバーグはごく普通(笑)。平麺のナポリタン風が薄味で量が多いので、タバスコをかけたかったがないと言われて諦める。一方、山猫御膳はローストビーフと天ぷらがメインで、小鉢が2つ付くというゴージャスなセットだ。ふたりとも腹いっぱいになったので、このボリューム感で流行っているんだろうなぁ。外に出てふたりで話をしたのは「リピートするほどではないが未食の人を連れてるにはいいかも」であった。
a0351572_07224404.jpg
日替わりハンバーグプレート
a0351572_07224628.jpg
ご飯
a0351572_07224984.jpg
わかめスープ
a0351572_07225214.jpg
山猫御膳
a0351572_07225496.jpg


by g_amaha | 2016-06-11 19:30 | 洋食系 | Comments(0)