Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:洋食系( 51 )


2019年 05月 08日

2019.5.8(水)

 路麺というよりロメスパな気分の昼は、コンビニに向かおうとするA博士を拉致してピアンタモッチに連行した。まぁね、A博士もスパは嫌いじゃないので、強制連行ではないし私も犯意無しだ(爆)。4月に食べたソーセージナポリタンがまだあるので、ふたりしてそれをサラダバー付きで注文した。まずはベジファーストでサラダとドリンクを取り、わしわしと食べる。2杯目のサラダを取りに行くと、いつものようにスパが出来上がってきた。オーリオピカンテと粉チーズをかけてスパを食べる。ナポリタンと言ってもケチャップだけではなく、トマトピューレやら何やらが使われているのは、一応イタリアンのプライドであろう(^^; サラダをお替りしてこれを食べると、オジサンふたりは十分腹一平君になるし、味もそこそこなので満足度は高いのだ。充分ローテーション入りだな。
a0351572_19252548.jpg
サラダとオレンヂジュース
a0351572_19252837.jpg
ソーセージナポリタン(露西亜御免)
a0351572_19253059.jpg


by g_amaha | 2019-05-08 19:30 | 洋食系 | Comments(2)
2019年 03月 23日

2019.3.23(土)

 昨日が同居人の誕生日だったので、昼にインターコンチネンタルホテルにあるブッフェダイニング・オーシャンテラスでランチをすることに。まぁしかし混んでる事よ(^^; オババ集団の順番無視したエリアを避けながら、極力炭水化物を抜いたプレートに仕上げ、トリビーで乾杯してベジファーストで食べ始める。唯一の炭水化物はピタパンで、タンドリーチキンと野菜を齧り付く。これ旨いよね(^^; 同居人と娘達が濃厚なアイスクリームを食べているのをチラ見して、私はご飯抜きのカレーを食べる。ホテルのカレーって好きなんですよねぇ。3人が1時間もしないうちにギブアップしている中、75分も食べ続けている娘Aに呆れ、紅茶を啜るのであった。
a0351572_06482718.jpg
a0351572_06483054.jpg
a0351572_07093134.jpg
a0351572_07093558.jpg
a0351572_07094617.jpg
a0351572_07094956.jpg
a0351572_07095111.jpg
a0351572_07095488.jpg
 流石に夜は腹一平君で、飲むだけで精一杯だったとさ。


by g_amaha | 2019-03-23 19:38 | 洋食系 | Comments(2)
2019年 01月 05日

2019.1.5(土)

 息子と娘Bが昼に帰るというので、買い物ついでに同居人と4人でブロッソデュエで昼を食べることに。ランチのパスタ3種類を各自選んで注文する。流石ブロッソ、どれを食べても旨い!私以外の3人はドルチェも食べて大満足。年末年始の帰省を愉しんで帰ってくれただろうか。
a0351572_08054757.jpg
サラダとフォカッチャ
a0351572_08054949.jpg
トマトジュース
a0351572_08055290.jpg
サーモンとイクラのクリームソース
a0351572_08055419.jpg
真蛸の辛口トマトソース
a0351572_08055764.jpg
牛すじ肉のペペロンチーノ
a0351572_08055976.jpg


by g_amaha | 2019-01-05 19:55 | 洋食系 | Comments(0)
2018年 11月 10日

2018.11.10(土)

 雑用を終えた後、バイクで逗子なぎさ通りにあるかまたけ水産へ行き、おでん種を仕入れる。おでん種の専門店は近隣ではここしかないのだ。しかも、土曜日は2割引きなので、我が家ではおでんは土曜日の晩の食べ物なのだ(笑)。そして帰り道にあるもんざ丸で生しらすを買い、鎌倉の大成で牛すじを買って帰った。
 牛すじと大根とこんにゃくを仕込んだ後、大船で用事を済ませてガタキージに入り、数あるランチの中から菜園風パスタというのを選んだ。向かいに座っているセレブな奥さんのキンキン声が耳につくが、じっと我慢して出来上がりを待つ。出てきた菜園風パスタを見て、いかにもセレブ受けしそうな代物だと、これを選んだことをちょっちゅ恥ながら食べた(笑)。ブロッソデュエに行っておけばよかったか(^^;
a0351572_03242554.jpg
菜園風パスタ
a0351572_03242884.jpg


by g_amaha | 2018-11-10 19:34 | 洋食系 | Comments(0)
2018年 10月 23日

2018.10.23(火)

 午前中にweb会議があり、参加者4人でちょいと早い昼を食べにHARUへ。昼は1000円のコースAが本日のパスタ2種類、リゾット、インサラトーネ(大きなサラダプレート)の中から1品+パン+エスプレッソ+デザートが食べられ、1500円のコースBはAに前菜が付き、2500円のCはAに前菜とメインが付くようなパターンになっている。皆でBを頼むことにして、私はトマトソースのスパを選んだ。フォカッチャの後に出てきた前菜は、ワラサのカルパッチョで、これがすこぶるボーーーーノだ。ワラサが軽く漬けになっていて、カルパッチョのタレが絶妙なのだ。レシピ教えてくれないかなぁ(^^; そんでもって、トマトソースのスパも、彩の良い秋野菜が使われていて、これまたボーーーーノである。パンナコッタは若者にパスし、いつもならバスするエスプレッソは砂糖なしで飲んだ。これで1500円だから、ちょっちゅゴージャスなランチを食べに、近所のOL達がダッシュして集まってくるようだ。プチゴージャスな昼イタ飯であった。
a0351572_20225107.jpg
フォカッチャ
a0351572_20225313.jpg
ワラサのカルパッチョ

a0351572_20225692.jpg
トマトソーススパ
a0351572_20225837.jpg
パンナコッタ
a0351572_20230028.jpg
エスプレッソ
a0351572_20230331.jpg


by g_amaha | 2018-10-23 20:05 | 洋食系 | Comments(2)
2018年 09月 03日

2018.9.3(月)

 8月と9月に入社してきたおじさん2名の歓迎で、昼に8名でイタリアンのHARUに入った。各自好きなパスタかリゾットを選んで1500円コースのスタートである。まずは燦々鶏のグリーンソース。初めて聞く鶏だが、非常に噛み応えがあって旨いじゃん。ただ、オジサンはフォークより箸の方が食べやすいな(^^; そして小さなフォカッチャが出た後、パスタが出来上がってきた。私が選んだのはクッチーナのトマトソースだ。なぜこれを選んだかというと、オーリオピカンテで辛味を加えたかったのだ。フロアの奥さんに頼むと、なんとワインのボトルから掛け回してくれたという事実。ワイルドやのう。本格的イタリアンだけあって、アルデンテのパスタとトマトソースが旨い。ソースを食べつくすのに、フォカッチャ取っておけばよかった(^^; 最後に黒糖のパンナコッタとエスプレッソが出て、勢いで禁断のパンナコッタに手を付けてしまった(^^; エスプレッソだけは若者にパスし、ご馳走様となった。社長のおごりのランチは旨い(爆)
a0351572_19292212.jpg
燦々鶏のグリーンソース
a0351572_19292729.jpg
フォカッチャ
a0351572_19293037.jpg
クッチーナのトマトソース
a0351572_19293248.jpg
黒糖パンナコッタ
a0351572_19293434.jpg
エスプレッソ
a0351572_19293607.jpg


by g_amaha | 2018-09-03 19:35 | 洋食系 | Comments(0)
2018年 05月 05日

2018.5.5(土)

 週末の買い出しの流れで、同居人と昼をBurosso dueで食べることに。今日のパスタの中から、ソーセージと空豆のペペロンチーノと真ダコのアラビアータを選んだ。ベジファーストでサラダとフォカッチャを食べると、テンポよくパスタが出来上がってきた。おぉっ!どちらもそそりますねぇ。旬の空豆とソーセージが旨かぁ~。アラビアータは真ダコの味が濃くて、これまた旨かぁ~である。やはりBurosso dueはハズレがない!
a0351572_05103227.jpg
トマトジュース
a0351572_05103526.jpg
サラダとフォカッチャ
a0351572_05104286.jpg
ソーセージと空豆のペペロンチーノ
a0351572_05104503.jpg
真ダコのアラビアータ
a0351572_05103889.jpg
 帰ってから近所をぶらりとwalking。鎌倉中央公園の鯉のぼりはメザシのようだ(殴)。
a0351572_05140166.jpg


by g_amaha | 2018-05-05 19:33 | 洋食系 | Comments(2)
2018年 04月 22日

2018.4.22(日)

 何故か分からないが、朝から激しいG.Aモードで匹子。夜に娘Bの誕生祝をブロッソデュエでするのに、胃も痛くなってきたのだが、液キャベを飲んで胃を騙す(^^; で、胃が騙されたようなので、同居人と娘を待つのにヒグラシ文庫で一杯飲んだ(殴)。
a0351572_20573120.jpg
生ビール
a0351572_20572979.jpg
 頃合いよくふたりと合流し、ブロッソデュエに繰り出した。ワインで乾杯し、思いつくままに料理の注文を入れる。前菜3点盛り、レバーペーストと4種チーズペースト、海老とアボカドのサラダ。それに牛タンのグリルだ。どれも娘Bの好きなものだし、流石ブロッソデュエ、全てが旨い。牛タンのグリルはチーズリゾットのっていて、それがまた良く合っている。
a0351572_20573461.jpg
ワイン
a0351572_20573904.jpg
前菜3点盛り
a0351572_20573670.jpg
レバーペーストと4種チーズペースト
a0351572_20574148.jpg
海老とアボカドのサラダ
a0351572_20574459.jpg
牛タンのグリル
 胃の具合が悪い時はワインが早く回るので、ビールを貰って生ウニクリームソースパスタを食べる。これもいぃーーーーじゃないですかぁ。最後のドルチェは誕生日仕様で出してもらい、4日遅れの誕生会は〆られた。どうもご馳走様でした。
a0351572_20574652.jpg
生ビール
a0351572_20574802.jpg
生ウニクリームソースパスタ
a0351572_20575167.jpg
誕生日仕様
a0351572_20575321.jpg
ドルチェ
a0351572_20580129.jpg


by g_amaha | 2018-04-22 20:58 | 洋食系 | Comments(0)
2018年 04月 08日

2018.4.8(日)

 娘Bが自宅からの通勤に疲労を感じていて、会社の傍のアパートを借りたいと言うので、昔の会社の友人の家がアパート経営をしているのを思い出し、昼前にそこを訪ねることにした。まだ住人がいるので内見はできず、とりあえず良い環境だということを確認して帰った。
 大船に戻り、昼をどこで食べようかと聞くと、臥薪の隣にできたイタリアンがいいという。そこが日曜休みだと取り返しがつかないが、行ってみたら開いていたので一安心。丁度一年前にできたTrattoria gatakigi(ガタキージ)というお店だ。ランチパスタを選び、サラダとドリンクのセットを付けた。まずはアイスティーで乾いた喉を潤し、サラダを食べながら待つ。鎌倉野菜かと思いきや、茅ケ崎の契約農家から仕入れているそうだ。そして結構な時間が経って出てきたのは、私の青海苔としらすと青唐辛子のペペロンチーノ、娘Bの小海老とそら豆のクリームソースだ。ロメスパのような太麺だけど、味付けはしっかりしていて旨い。しか~し、オーリオピカンテを置いてないのはアカンやないの(^^; セットにするとブロッソの方が安いが、パスタのみだとガタキージの方が安い。なんとも悩ましい選択になりそうだ。
a0351572_16283660.jpg
アイスティー
a0351572_16283941.jpg
サラダ
a0351572_16284165.jpg
青海苔としらすと青唐辛子のペペロンチーノ
a0351572_16284479.jpg
小海老とそら豆のクリームソース
a0351572_16284650.jpg
4月のランチメニュー
a0351572_16284891.jpg


by g_amaha | 2018-04-08 19:30 | 洋食系 | Comments(0)
2018年 03月 20日

2018.3.20(火)

 ばらちらしが好きで、寿司屋のランチメニューで見つけると、すぐに入ってしまうほどだ。で、湯島のとある寿司店にアゲアゲ気分で行ったら定休日。。。_| ̄|○ すぐに次の手を考えたら、羊香味坊の帰りにもう一軒あったなと思いだし、寿司処しゅんというお店に向かった。吉池グループの寿司店らしい。ばらちらしを注文すると、すぐにお茶とサラダが出てきた。5分ほど待って出てきたばらちらしは・・・漬けじゃないのね(^^; ってことで、山葵醤油を解いてかけ回して食べる。まぁ、普通かなぁ。漬けにしていないということは、あまり出ないってことの裏返しかもしれん。握りが食べたくなったらまた来よう。
a0351572_05590378.jpg
サラダ
a0351572_05590588.jpg
ばらちらし
a0351572_05590807.jpg
アオサと豆腐の味噌汁
a0351572_05591039.jpg
 帰りは鎌倉まで出て、ボランティアをしている同居人と待ち合わせるため、高崎屋本店で立ち飲むことに。先客は子連れの3名で、端っこに立たせてもらい、ヒューガルテンホワイトを注文する。隣のお爺さんの口臭がきついなぁ(--: ヒューガルテンの香りが楽しめないので、そそくさと飲み終えて退散した。
a0351572_06054065.jpg
ヒューガルテンホワイト
a0351572_06054339.jpg
 外で同居人を待ち、向かったのはMother's of Kamakuraだ。同居人がステーキ屋のガーリックライスを食べたことがないというので、明後日の誕生日の前倒しをここでやってしまおうという寸法だ。しかも還暦ということでお高い葉山牛のコースを選び、オプションで焼きめしを付けるという、我々にとっては暴挙という注文をしたのだ。
a0351572_06312426.jpg
a0351572_06312770.jpg
 鉄板を前にして大皿の大仏様と目が合い、緊張感が高まる(笑)。シェフが「始めさせていただきます」と告げ、私が「お願いします」と答えてスタートである。トリビーと一緒に出てきたのは、サラダとスモークサーモンだ。わしわしとベジファーストをしながら、シェフの作業をジト目で眺める。ガーリックを炒めた油を捨ててしまうのはもったいないななどと、貧乏くさい話をしていると、海老と野菜が大仏様の皿に並べられた。いぃーーーーですねぇ。次のビールは地ビールの葉山ビールを選んだ。って、これは最初に飲むべきだったかも(^^;
a0351572_06314878.jpg
大仏様の大皿
a0351572_06315357.jpg
トリビー・サラダ・スモークサーモン
a0351572_06315516.jpg
鉄板焼きスタート
a0351572_06315783.jpg
海老
a0351572_06320589.jpg
野菜
a0351572_06320368.jpg
葉山ビール
 我々はペースが早いので、シェフが「もう肉を焼いても宜しいですか」と聞いてくる(^^; またしても「お願いします」と言って、葉山牛が焼かれるのをジト目で眺めるアラカンふたり。タレは生姜と大根だ。ニンニクチップをのせてタレを付けて食べると・・・惚れてまうやろぉーーーっ!旨いに決まってるじゃんねぇ。私のミディアムレアの肉と同居人のミディアムを食べ比べてみると、葉山牛はミディアムレアの方が合うな。赤ワインを飲みながらぐいぐい食べていると、ガーリックライスが出来上がってきた。赤出汁と柴漬け付きだ。待望のステーキ屋のガーリックライスを食べた同居人は、オプションにして正解!とご満悦だ。最後にライチのシャーベットとコーヒーを飲み、寿司屋より豪勢な誕生日前前夜祭が締めくくられるのであった。
a0351572_06320995.jpg
葉山牛
a0351572_06321189.jpg
葉山牛を抱きかかえる大仏様
a0351572_06321401.jpg
大根と生姜のタレ
a0351572_06321671.jpg
ハウスワイン
a0351572_06322137.jpg
ガーリックライス
a0351572_06322719.jpg
もやし
a0351572_06322917.jpg
珈琲とライチシャーベット



by g_amaha | 2018-03-20 20:46 | 洋食系 | Comments(2)