Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:寿司系( 61 )


2019年 07月 25日

2019.7.25(木)

 先週土曜日の代休である。素性が分からずやり取りしていたchocolabさんが旧知の方と判明し、無理を言って会っていただくことに。昼前に東京駅で待ち合わせ、東銀座の鮨正に入った。3年前に前社ミニモニの経営職昇進祝いで来て、ばらちらしを食べて結構旨かったので、ここを選んだのだが・・・ちょっちゅイクラの含有量が低くなったんでないかい。まぁ、喜んでいただけたようなのだが、当方としては歯ぎしりものだ(--; 上等な路麺店に連れて行けば良かったか(泣笑)。
a0351572_18351043.jpg
小鉢
a0351572_18351285.jpg
小鉢
a0351572_18351462.jpg
小鉢
a0351572_18351687.jpg
上ばらちらし
a0351572_18351899.jpg
青さの味噌汁
a0351572_18352150.jpg
a0351572_18372050.jpg
画像悪!



by g_amaha | 2019-07-25 19:18 | 寿司系 | Comments(2)
2019年 07月 08日

2019.7.7(日)

 欧林洞恒例のあじさいライブで鈴木康博さんを聴きに行く。70歳過ぎて全く衰えないギターテクには、私も同居人も感動の極致だ。どんなミュージシャンの時でも、おばば連中が「あら、またお会いしたわね」みたいな会話を交わしているので、追っかけがいるんだなと感心する。あたしゃもう、近所にミュージシャンが来てくれないと、重い腰が上がらなくなってしまった(^^;
a0351572_10374180.jpg
a0351572_10374503.jpg
a0351572_10374847.jpg
 で、ライブの終わりは寿司眞だ。メリケンから卒業旅行できたという5人組がいて、更に香港から来たお兄ちゃんが来て、店内の言語は英語になってしまった(爆)。「日本にいるアメリカ人は、冬のどんな寒い時でも半袖着てるのに、お前たちは何で7月に長袖着ているのだ」と聞いたら、「寺に行く時は肌を出してはいけないと聞いたから」と答えた。そりゃぁ、座禅組んだりするなら別だろうが・・・どこぞの国の宗教と勘違いしてるんでないかい(^^; 香港からのお兄ちゃんはスラムダンクの聖地に行ってきてというので、私はそこの高校に通っていたのだと言うと、目を輝かせていた(爆)。そんな馬鹿話をしていたので、いつもより食べる量が少なかったぞ、と(^^;
a0351572_10381481.jpg
トリビー
a0351572_10381880.jpg
お通し
a0351572_10382155.jpg
鯵・玉子・烏賊刺し
a0351572_10382409.jpg
小肌
a0351572_10382788.jpg
たいらぎ
a0351572_10383014.jpg
つぶ貝
a0351572_10383370.jpg
いわし
a0351572_10403134.jpg
穴子(露西亜御免)
a0351572_10403430.jpg
お椀
a0351572_10403795.jpg


by g_amaha | 2019-07-08 19:00 | 寿司系 | Comments(0)
2019年 05月 16日

2019.5.16(木)

 ここ数ヶ月通って、多なかは火木の日替わりがたぬきそばだと悟った。という訳で、昼に解凍スダチを持って駆け付けた。おぉっ、一度食べた事のあるそぼろごはんとのセットだ。何度食べても思うのは、蕎麦のポーションがミニではないんじゃないかということ。そしてそぼろ丼も決してミニではない(^^; 結構食いでがあるから近隣の人達に人気なんだな。
a0351572_20013055.jpg
日替わり(そぼろ丼+たぬきそば)
a0351572_20013212.jpg
 夜は、同居人がユーミンのコンサートに出掛けているので、ひとりで寿司眞でガス抜きをすることに(^^; まずはタイラギと鯵の細切りを貰い、ビールをぐいぐい飲む。眞さんから「何でも聞きますよぉ」と言われ、最近の出来事を語って笑い合う。2本目のビールを貰い、炙ったゲソをつまんだところで、握ってもらうことに。貝からいただこうと、青柳とひもを頼んだ。今年は青柳が大漁らしいですねと振ると、湧いてるみたいですねぇと返ってきた。昨日のニュースで漁師が「今年はバカ貝が凄く湧いてる」と言っていたのと同じフレーズだったので笑ってしまった。流石職人だ。松本を常温でもらい、次は鯖と小肌を握ってもらう。いやぁ、旨いねぇ。最後に干瓢巻きをサビ入りでと頼むと、お隣さん達からサビ入りの干瓢巻き?と声が上がった。男巻きなんですよと言うと、自分達も頼んでいたという事実(^^; 私より10歳は上の先輩達に、初めてのメニューを伝えたのだから、ひとつ良い事をしたと思っていい・・・はずだ(^^;
a0351572_20224507.jpg
トリビー
a0351572_20224815.jpg
鯵細切り・タイラギ
a0351572_20225032.jpg
ゲソ塩焼き
a0351572_20225376.jpg
青柳
a0351572_20225554.jpg
ひも
a0351572_20225791.jpg
松本
a0351572_20225973.jpg
〆鯖
a0351572_20230366.jpg
小肌
a0351572_20230508.jpg
干瓢巻きサビ入り
a0351572_20230895.jpg


by g_amaha | 2019-05-16 20:41 | 寿司系 | Comments(2)
2019年 05月 01日

2019.5.1(水)

 義母を整体に送った後、大船をぶらついて入ったのは、あがるという寿司店だ。いつも開店前に行列ができていて、気になっていたのだが、今日はそれがなかったので意を決して入ったのだ。ドアを開けて急な階段を上がり、2階のドアを開けると9人程度が座れるカウンターがあり、ご主人から「予約の方ですか」と聞かれてびびってしまった(^^; 予約で6席が埋まり、一見の私は身を縮めて端に座る。頼んだのは穴子丼だ。注文してから穴子丼が出てくるまでの時間が長く感じた事よ。でもね、流石は寿司屋の穴子丼。身は薄いけど無茶旨い。ご主人から「食べるの早いですね。これからお椀出しますので」と言われ、お椀が出てきたのは穴子丼を食べ終えてからだった(泣笑)。どうやらここは、話をしながらゆるゆると食べるお店のようだ。最後にイチゴのデザートも出て、昼でもしっかりしたメニューだった。一度、夜に来てみっかな。
a0351572_06450786.jpg
穴子丼
a0351572_06451006.jpg
お椀
a0351572_06451290.jpg
デザート
a0351572_06451453.jpg
 夜は紫雲先生とS.Aさんの3馬鹿オヤジが空ぼうずに集まった。トリビーで乾杯し、空セットでスタートする。気の利いたお通しをつまんでいると、鰺フライが出来上がってきた。にゃぁ~、旨かぁ~!S.Aさんは、今まで食べた中で一番旨いと叫んでいる。そして刺し盛りは鰹と鮪とカワハギの肝和え。生ビールを2杯飲んだ後は金宮を貰い、烏龍ハイにしてぐいぐい飲む。2セット目はレンコンチップと豚もやし炒めで、オッサン3人が旨い旨いと盛り上がる。気が付けばいつも同じようなメニューを食べているが、数ヶ月おきに来てるんだからしゃぁないわな。大将、どうもご馳走様でした。
a0351572_06562072.jpg
トリビー
a0351572_06562222.jpg
お通し
a0351572_06562504.jpg
鰺フライ
a0351572_06562778.jpg
刺し盛り
a0351572_06563051.jpg
金宮
a0351572_06563208.jpg
レンコンチップ
a0351572_06563496.jpg
豚もやし炒め
a0351572_06563683.jpg
 紫雲先生と飲めば、2軒目は相思豆である。カウンターが何とか空いていて、そこに滑り込んでまたしても烏龍ハイで乾杯だ。ここも定番の餃子を頼み、ケイコさんから「子袋炒めならすぐ出ますよ」と言われて追加する。紫雲先生は牡蛎とほうれん草炒めを頼み、出てくるものを片っ端からぐいぐいと食べる。そして炒飯と麺線でとどめを打ち、腹一平君と完全体になってしまう訳だ。明日は罪悪感で眼が覚めるだろうなぁ(--;
a0351572_07055757.jpg
烏龍ハイとお通し
a0351572_07060085.jpg
餃子2人前
a0351572_07060235.jpg
子袋炒め
a0351572_07060462.jpg
牡蛎とほうれん草炒め
a0351572_07060729.jpg
炒飯
a0351572_07060923.jpg
麺線2人前
a0351572_07061113.jpg


by g_amaha | 2019-05-01 21:28 | 寿司系 | Comments(0)
2019年 04月 19日

2019.4.19(金)

 超早出で一仕事終えての朝路麺はゆで太郎で朝そば(おろし)だ。クーポンで海老天を付け、ワカメの上におろしをのせて、天かすとおろし以外の場所にスダチを絞る訳だ(^^; これで完璧!
a0351572_06082995.jpg
朝そば(おろし)
a0351572_06083241.jpg
 昼は酢飯が食べたくなり、久し振りに磯はなへ。知らないうちに100円値上がりしてるが、ここまで来たら引き返す訳にはいかない(^^; いつもの海鮮ばらちらしを注文した。山葵醤油を作り、かけ回しながらぐいぐい食べる。旨かぁ~!これで1週間が終了だ。
a0351572_06162488.jpg
海鮮ばらちらし
a0351572_06162662.jpg
お椀
a0351572_06162960.jpg


by g_amaha | 2019-04-19 19:00 | 寿司系 | Comments(0)
2019年 04月 12日

2019.4.12(金)

 相変わらず寒い朝で、朝路麺はゆで太郎へ入り、朝そば玉子を選んだ。クーポンは禁断のコロッケだ(^^; ここのところ冷やしたぬき系ばかり食べているので、温かい蕎麦はコシが弱くなるのがよく分かる。温かくなれば、冷やしを食べる頻度もまた上がるだろう。
a0351572_07015543.jpg
朝そば(玉子)
a0351572_07015842.jpg
 昼はサラダバーで野菜をガッツリ取ろうと、Pianta mottiに入った。期間限定のソーセージ入りナポリタンを選び、+200円のサラダ・スープを追加する。って、スープは飲まないけど、セットだから仕方がない。サラダの皿が浅くてボロボロこぼれるのでイライラするが、これは大量に取られないための作戦だろうか(笑)。自家製ドレッシングは玉ネギとニンニクが効いていて旨い。2回目のサラダを食べていると、ソーセージ入りナポリタンが出来上がってきた。これ・・・ジャポネ級の量じゃん(^^; これを食べきるのにオーリオピカンテとタバスコと粉チーズをどんだけ使った事やら(^^; 満足感以上に激しい罪悪感がこみ上げるのであった。
a0351572_07171535.jpg
サラダ・フリードリンク
a0351572_07171904.jpg
ソーセージ入りナポリタン
a0351572_07172243.jpg
 案の定、午後はG.Aモードで苦しんだが、何とか治まったので寿司眞でちょいとつまんで帰ることにした。今日は予約が入っていないとのことで、大将の眞仁さんに近況報告しながらゆるゆると飲み進む。まずは「これを食べたら他のは食べられなくなる」というホタルイカだ。茹でるのではなく蒸すのだそうだ。なるほど、ホタルイカが丸まらず、イカの姿がそのまま保たれ、ホタルイカの身と内臓の味がしっかりと味わえる。ビールから白鷹のお燗に切り替え、今日のお薦めというトリ貝とサヨリをいただく。サヨリの皮はすぐに焼いて出してくれた。白鷹をもう一本貰い、最後に小肌、丸イカ、中トロ、帆立を摘まんでお勘定である。嗚呼、良い気分転換になった。眞仁さん、どうもご馳走様でした。
a0351572_07285788.jpg
トリビー
a0351572_07285908.jpg
ホタルイカ
a0351572_07290217.jpg
お通し
a0351572_07290515.jpg
サヨリ・トリ貝
a0351572_07290945.jpg
サヨリの皮焼き
a0351572_07291161.jpg
白鷹
a0351572_07291464.jpg
小肌
a0351572_07291727.jpg
丸イカ
a0351572_07292073.jpg
中トロ
a0351572_07292310.jpg
帆立
a0351572_07292526.jpg


by g_amaha | 2019-04-12 20:00 | 寿司系 | Comments(2)
2019年 03月 17日

201.3.17(日)

 今日も今日とて断捨離と部屋の片づけで大騒ぎ。昼はニトリで買い物をするついでに本郷台駅前の大船軒に入った。大船軒とは言え、濱そばと同じメニューなので、この時期は山葵菜と紅生姜天のかき揚げそばがあり、それに玉子を付けて注文した。ふむふむ、お汁は大船軒っぽいんだけど、蕎麦はNREのまんまだよね(^^; まぁ、名前があるまで、通いつづけるだろう(^^;
a0351572_20160644.jpg
山葵菜と紅生姜天のかき揚げそば+玉子
a0351572_20163693.jpg
 今晩は娘Aもいないので、同居人が「夜はどうする」と聞いてきた。結構疲れ気味なので、寿司眞に行こうと連れだすことにした。日曜の夜は観光客も帰りだし、鎌倉のお店は結構空いているのだ。と言うことで、大将の眞仁さんとお互いにネタを振りながら、お薦めの魚介を美味しくいただく。同居人がお店のご主人と気さくに話ができるのは寿司眞くらいなので、今日はかなりのストレス解消になったはずだ。いゃぁ、眞さんありがとうございました。
a0351572_20164108.jpg
トリビー
a0351572_20165403.jpg
お通し
a0351572_20170397.jpg
サヨリ昆布締め・平貝・サヨリ
a0351572_20170977.jpg
サヨリ皮焼き
a0351572_20171443.jpg
玉子
a0351572_20171856.jpg
車海老頭焼き
a0351572_20172285.jpg
平目昆布締め
a0351572_20172628.jpg
大とろ
a0351572_20174284.jpg
中とろ
a0351572_20174601.jpg
a0351572_20175035.jpg
車海老
a0351572_20175521.jpg
イクラ・雲丹
a0351572_20175831.jpg
中とろ鉄火
a0351572_20180112.jpg
穴子
a0351572_20180600.jpg
松もと
a0351572_20181141.jpg
お椀
a0351572_20182244.jpg


by g_amaha | 2019-03-17 20:18 | 寿司系 | Comments(2)
2018年 12月 23日

2018.12.23(日)

 竹馬の友S.Aさんとwalkingしてトランポリンへ。S.Aさんもハマっているのだ(笑)。中華そばの札を持って中に入り、出来上がりを待つ。うむ!揺るぎない旨さ。29日と30日はしおそばを出すというので、大掃除の隙間を見計らって食べに来なくては。
a0351572_08503493.jpg
中華そば
a0351572_08503780.jpg
 夜は、昨年も行った鈴木茂のライブを聴きに欧淋洞へ。2曲目に微熱少年のイントロが始まると、期せずして同居人と目が合った。そしてオープンGのスライドに、背筋に電気がびんびん走る。バンドワゴンから、銀河ラプソディ、100ワットの恋人、ウッドペッカーなどが始まると、我々OLDファンは乗りに乗る(爆)。#鈴木茂さんは撮影OKです。
a0351572_09012651.jpg
a0351572_09013291.jpg
オープンGでスライド
a0351572_09013098.jpg
微熱元少年(笑)
 1セットが終わって、もぐもぐタイム。今日はパウンドケーキではなく、普通のケーキで同居人は大喜び。私も15000歩以上歩いているので、ケーキを解禁して1/3程食べた。
a0351572_09080244.jpg
a0351572_09080503.jpg
a0351572_09080775.jpg
a0351572_09081008.jpg
 2セット目の始まりに抽選会があり、最後から3番目に同居人の番号が呼ばれ、白ワインをゲット。くじ運が良い女だ(笑)。そして、アンコールの八月の匂いまで、すっかり鈴木茂の世界に浸かった。
a0351572_09114938.jpg
抽選会
a0351572_09115246.jpg
茂さんからワインを受け取る同居人
 気分アゲアゲの状態で向かったのは寿司眞だ。すかさす大将の眞仁さんからトランポリンの実食報告を受ける。味にも接客にも厳しい大将がトランポリンを絶賛するので、私の評価も間違いではないと、改めて確かめられた。先客の方々とも音楽話で盛り上がり、鯖のあまりの旨さに同居人からお替りを頼んだり、背トロの甘さに頬が垂れさがり(笑)、いつものように大満足で寿司眞を堪能した。どうもご馳走様でした。
a0351572_09182476.jpg
トリビー
a0351572_09182622.jpg
生牡蠣
a0351572_09182880.jpg
あん肝
a0351572_09183056.jpg
〆鯖
a0351572_09183332.jpg
小肌
a0351572_09183651.jpg
雲丹
a0351572_09183849.jpg
お替り〆鯖
a0351572_09184018.jpg
まつもと2合
a0351572_09184260.jpg
ひも
a0351572_09184459.jpg
いくら
a0351572_09184784.jpg
穴子
a0351572_09184901.jpg
背トロ
a0351572_09185283.jpg



by g_amaha | 2018-12-23 22:46 | 寿司系 | Comments(0)
2018年 10月 13日

2018.10.13(土)

 由比ガ浜でボランティアをしている同居人を迎えに行き、その足で手広のはま寿司へ。先日テレビに出たので、混んでるかと思ったらそれほどでもなく、季節ものや特選ネタを選んで食べまくる。酢飯はG.I値が低くなるので、たくさん食べてもそれほど罪悪感がないのだ。ビールも飲まないので、安く上がるしね(^^;
a0351572_05301321.jpg
赤貝
a0351572_05301625.jpg
中トロ×2
a0351572_05301981.jpg
アオサ味噌汁
a0351572_05302114.jpg
秋刀魚
a0351572_05302422.jpg
炙りトロサーモン
a0351572_05302629.jpg
牡蛎フライ
a0351572_05303090.jpg
炙り鰻
a0351572_05303355.jpg
活き〆ハマチ
a0351572_05304060.jpg


by g_amaha | 2018-10-13 19:23 | 寿司系 | Comments(2)
2018年 10月 04日

2018.10.4(木)

 スダチを持って出た朝は、ゆで太郎で薬味そばだ。朝そばおろしにスダチを絞っていたが、以前薬味そばに絞って手繰ったら、なかなかの旨さだったのを思い出したのだ(遅)。で、今日それを再現してみたら・・・デラウマじゃん。フリーの天かすより、薬味そばの天かすは香ばしいのだ。小諸そばの冷やしたぬきとの差が140円というのは、ぎりぎり我慢できる線かな(^^;
a0351572_19450586.jpg
薬味そば
a0351572_19450805.jpg
 昼は外勤先の途中にある泉岳寺の三松に行ってみた。まぁファンキーな店内で、かけそばにちくわ天と紅生姜天をのせて注文した。昨日揚げて放っておきましたという感じの天ぷらが、お汁に浸るとでろんでろんになってくる(^^; でもね、こういうのもアリだと思えるようになったのは、低G.I値生活の賜物だろう。リピートはないと思うけど(爆)。
a0351572_19520707.jpg
ちくわ天・紅生姜天そば
a0351572_19521005.jpg
 夜は同居人と鎌倉で待ち合わせて寿司眞へ。昨日は寿司眞が定休日だったので、1日遅れの結婚記念日祝である。今シーズン初の生牡蠣と、あん肝、蝦蛄に舌鼓を打ち、光物と貝を握ってもらい、寿司眞を堪能する。今日のサプライズは〆秋刀魚と〆鰯だ。〆鯖だけが光物の酢〆じゃないこと、この歳で初めて知った。10歳上の常連さんがまた面白い方で、大将の眞仁さんと私と3人の掛け合いで盛り上がり、入場料払ってもいいくらいの満足度だった。こういう寿司屋さんで寛げるのはホントありがたいことだ。眞仁さん、どうもご馳走様でした。
a0351572_20074454.jpg
トリビー
a0351572_20074630.jpg
お通し
a0351572_20074989.jpg
生牡蠣
a0351572_20075204.jpg
あん肝
a0351572_20075438.jpg
蝦蛄
a0351572_20110527.jpg
〆秋刀魚
a0351572_20133210.jpg

a0351572_20110703.jpg
まつもと
a0351572_20110988.jpg
帆立
a0351572_20111251.jpg
赤貝
a0351572_20111597.jpg
つぶ貝
a0351572_20111718.jpg
〆鰯
a0351572_20111979.jpg
穴子
a0351572_20112213.jpg
小肌巻き
a0351572_20112453.jpg
お椀
a0351572_20112735.jpg



by g_amaha | 2018-10-04 20:19 | 寿司系 | Comments(2)