Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:路麺系( 498 )


2019年 01月 18日

2019.1.18(金)

 早出の朝は、開いててよかった永坂庵。お約束の春菊天玉そばだ。甘いお汁に玉子が合うなぁ。
a0351572_06454176.jpg
春菊天玉そば
a0351572_06454418.jpg
 昼はちょっちゅ腹減りオヤジとなったので、中国厨房縁に入った。野菜タンメンにニンニク入れてと頼んで待つ。半炒飯が遅れて出てくると言われたが、ベジファーストなので望むところだ。なるほど、ニンニクが入ってスープがワイルドになっている。これもまた旨いね。兎にも角にもたっぷりのった野菜をわしわし食べると、縁のボリュームに対する罪悪感は軽減する(^^; うむ!大満足。
a0351572_06532243.jpg
野菜タンメン・ミニ麻婆豆腐
a0351572_06532435.jpg
半炒飯
a0351572_06532683.jpg


by g_amaha | 2019-01-18 19:42 | 路麺系 | Comments(0)
2019年 01月 17日

2019.1.17(木)

 富山の朝は遅い。が、一度2時頃に眼が覚めてしまい、画像処理なんぞをしてから二度寝して、6時前に眼が覚めた(^^; シャワーを浴びてから朝食バイキングに降り、サラダを大量に取ってベジファーストで食べる。昨日食べられなかったホタルイカの沖漬けやイカ墨和えなんぞを取ってきたのだが、それを食べて日本酒を飲みたくなったのは、私だけじゃないはずだ(^^; ともあれ、ご飯はお茶漬けにして、涙ぐましくG.I値を低くしているのだ(^^;
a0351572_19331667.jpg
 東京に戻り、帰社する前にはるなで昼路麺をすることに。カレーそばにちくわ天を付けて手繰る。家で食べるカレーの味わいに、ちくわ天のタンパク質が加わって、すいすいと食べてしまった。昨日の爆食だけに、明日は自粛の一日になりそうだ(^^;
a0351572_19430335.jpg
カレーそば+ちくわ天
a0351572_19430587.jpg


by g_amaha | 2019-01-17 19:45 | 路麺系 | Comments(0)
2019年 01月 15日

2019.1.15(火)

 曇天空で気温も低い昼だが、だからこそ温かいお汁を求めて六文そば昌平橋店まで歩く。今日はゲソそばに生姜天を付けて注文した。粗挽き唐辛子をたっぷりかけ、コートにお汁を飛ばさないようがばっと開いてから蕎麦を手繰る。いぃーーーーじゃないですかぁ。寒いと生姜天の塩っぱさが気にならなくなるのを初めて知った。この天ぷらダブルも良いなぁ。そうそう、隣の蘭州牛肉麺も早いとこ食べなくては。
a0351572_19324531.jpg
ゲソそば+生姜天
a0351572_19324876.jpg


by g_amaha | 2019-01-15 19:25 | 路麺系 | Comments(0)
2019年 01月 11日

2019.1.11(金)

 早出の朝はお茶の水で途中下車してそば新へ。いつものように石挽鴨つけそばのチケットを買い、3分くらい掛かりますと言われて待つ。不動の大衆鴨つけそばは揺るぎない旨さだけど、朝からこの量を手繰っていぃーーーーんでしょうか(^^;
a0351572_06543498.jpg
石挽鴨つけそば
a0351572_06543738.jpg
 昼はアメ横センターでパクチーを仕入れる流れで喜乃字屋へ。おぉっ、冬の蕎麦として鴨南蛮そばなんてものが始まってるじゃないですか。それを大盛で注文したのは、朝の疑問を全く忘れている証拠だ(殴)。しばし待って番号を呼ばれて取りに行くと、なんと鴨はミンチだったという事実。しかもつくねでもない。。。_| ̄|○ まあぁね、お汁も蕎麦も旨いんだけどね。ちょっちゅ拍子抜けだわな。今度はカツ丼セットを食べてみよう。
a0351572_07010756.jpg
鴨南蛮そば
a0351572_07010919.jpg
 晩飯でフォアグラペーストが出てきたのを見て、今日は鴨の一日だったのだと納得した(笑)。


by g_amaha | 2019-01-11 19:50 | 路麺系 | Comments(0)
2019年 01月 10日

2019.1.10(木)

 早出の朝は、開いてて良かった永坂庵。定番の春菊天玉そばだが、2週間振りに手繰ると新鮮だ。
a0351572_19123674.jpg
春菊天玉そば
a0351572_19123892.jpg
 昼は昨日振られた角萬へ。奥さんが常連さん達に「昨日はごめんなさいね」と謝っているのを見ると、毎日来ている人が何人もいるということだ。こんなに寒いのに注文はいつもの冷やし大きつねだ。ふむ!揺るぎない旨さ。二郎を食べるのはもうつらいだろうが、路麺界の二郎は問題なく手繰れる。この大きつねが食べられなくなったら引退だな(^^;
a0351572_19194185.jpg
冷やし大きつね
a0351572_19194337.jpg
ネギの皿
a0351572_19194576.jpg


by g_amaha | 2019-01-10 19:20 | 路麺系 | Comments(0)
2019年 01月 09日

2019.1.9(水)

 今日も今日とて解凍スダチを持ってゆで太郎へ。薬味そばのチケットを買って席に着いて待つ。いつも、海苔をどうやって食べようかと迷っていたのだが、細かくちぎってのせれば良いと悟った(笑)。適当に混ぜた後、スダチを絞って手繰れば・・・旨かぁ~である。1年経ってようやくひとつのパターンが確立した(^^;
a0351572_19231743.jpg
薬味そば
a0351572_19232091.jpg
 昼は和に行くといまいちそそられない。そして角萬は臨時休業_| ̄|○ 踵を返してはるなに入った。春菊天そばにハゼ天のマイルーティーンを頼むと、出てきたのは春菊天そばにキス天だったという事実(^^; えぇえぇ、ノーーーーープロブレムです。キスも旨いんです(笑)
a0351572_19353427.jpg
春菊天そば+キス天
a0351572_19353615.jpg


by g_amaha | 2019-01-09 19:36 | 路麺系 | Comments(0)
2019年 01月 08日

2019.1.8(火)

 本郷三丁目の初路麺は小諸そば。勿論、解凍スダチ持参だ。流石に周りで冷やしたぬきを注文している人はいない(^^; でもね、店内で凍えて食べる訳じゃないので、いつものように美味しくいただけるんですよ(笑)。このまま続けよう(^^;
a0351572_19275716.jpg
冷やしたぬき
a0351572_19280095.jpg
 昼は頑張って歩き、みやら製麺に入った。今日もベジファーストをしようと、肉やさいそばに追加ソーキのチケットを買った。おぉっ、野菜てんこ盛りじゃん。いいじゃんいいじゃん(馬鹿)。それはいいとして、お汁がこぼれそうで食べるのに気が気じゃない。野菜を1/3食べたところでお汁をそっと啜り、一回麺を手繰ってから再度野菜をやっつける。現地で沖縄そばを120杯くらい食べているが、ここは現地でもハイレベルと言えるくらい旨い。近くにあるのはありがたいことだ。
a0351572_19412932.jpg
肉やさいそば+追加ソーキ
a0351572_19413180.jpg
野菜てんこ盛り
a0351572_19413461.jpg


by g_amaha | 2019-01-08 19:43 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 12月 27日

2018.12.27(木)

 朝は新日本橋まで出て、天亀そばで春菊天そばに玉子を付ける。かき揚げの春菊では、天亀はトップクラスに好きだ。っていうか、天かめの揚げ物は大概旨い(笑)。充実の朝路麺。
a0351572_05304042.jpg
春菊天そば+玉子
a0351572_05304224.jpg
 昼は久し振りにこうや麺房へ。寒くなって激混みの店内は、おばちゃんの仕切りの声が響いている。うまいこと1つ空いていたカウンターに座れたが、出てくるまでに10分以上待った。私の身体の10%はこうやのラーメンでできているので、このラーメンはホッとする味なのだ。ざっと作っているように見えるが、ブレがないのは素晴らしい(笑)。
a0351572_05371324.jpg
雲吞麺
 夜は前社時代の方々と4人でご一献。最近ハマっている羊を食べようと、湯島の喜羊門に予約を入れた。羊コース5000円(飲み放題付き)でスタートだ。トリビーで乾杯すると、前菜と副菜がどどっと出てくるし、そんでもって羊の足肉がどでんと置かれるので、テーブルの上はてんやわんやである(^^; まぁ、それでもオジサンの集まりなので、なすがままきゅうりがぱぱで身を委ねる。中華系では中級店の部類なので、前菜も副菜も旨い。特に青ネギとアサリの和え物がビールによく合っている。
a0351572_05475119.jpg
トリビー
a0351572_05475937.jpg
青ネギとアサリの和え
a0351572_05480166.jpg
セロリと銀杏の和え
a0351572_05480368.jpg
海老とアスパラの炒め
 メインディッシュの羊の足肉は、お店の人が切って焼いてくれるのだが、この塊を4人で食べるのかとちょっちゅ焦っていたら、2サイクルで撤収された(爆)。これをこの店の魔法のスパイスをけて食べると旨かぁ~である。このスパイス売ってくれないかな。
a0351572_05532022.jpg
足肉の塊
a0351572_05532317.jpg
a0351572_05532524.jpg
a0351572_05532965.jpg
a0351572_05533134.jpg
魔法のスパイス
 続いて豚背骨の醤油煮だ。これは調理して時間が経っているので、骨から肉を引っぺがすのに苦労する。もしかして、焼いてから食べるのだろうか(自爆)。これまたどっと出てきた羊の背肉も、焼いて鋏で切ってまた焼いて食べる。魔法のスパイスに更にクミンを追加して付けると・・・旨かぁ~。ホント、このスパイス売ってくれないだろうか(何度も言うな)。紹興酒を貰ってぐいぐい呑んで、肉をわしわし食べる。次の肉はタンと腎(爆)。こういうのは後半で出すもんかい?(笑)。腎はよく焼き、タンはさっと焼いて食べる。腎はレバーに似てるかな。そして、羊肉の水餃子が出て、杏仁豆腐で〆られた。
a0351572_06055764.jpg
豚背骨の醤油煮
a0351572_06060078.jpg
羊肩肉
a0351572_06060255.jpg
a0351572_06060537.jpg
紹興酒
a0351572_06061404.jpg
タンと腎
a0351572_06061728.jpg
羊肉の水餃子
a0351572_06061933.jpg
杏仁豆腐
 結構肉を食べたという気がするが、羊だと胃がもたれないという事実。オジサン達には羊が合っているのかもしれん。どうもご馳走様でした。


by g_amaha | 2018-12-27 22:26 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 12月 25日

2018.12.25(火)

 またもや、出勤の日の未明覚醒が始まり、早々と家を後にする。となると、開いててよかった永坂庵で、春菊天そばに生玉子だ。永坂庵ではこれが朝一番に落ち着いて食べられるメニューだ。
a0351572_12293750.jpg
春菊天そば+生玉子
a0351572_12294586.jpg
 昼はがっつりいきたくなって角萬へ。北風吹きぬく寒い中でも、冷やし大きつねを手繰るのだ。寒いと蕎麦のごわごわ感が一層高まるので、わしわしと噛むのである(笑)。どんどんこの蕎麦の旨さが分かってきたぞ、と。
a0351572_12294834.jpg
冷やし大きつね
a0351572_12295107.jpg
a0351572_21211607.jpg


by g_amaha | 2018-12-25 21:24 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 12月 22日

2018.12.22(土)

 由比ガ浜にボランティアに出ている同居人を迎えに行き、そのまに向かった。私は牡蛎そば、同居人はかけそばととろろ飯のご飯セットを注文した。おぉーーっ。いつ見てもビジュアルからして旨そうだ。同居人のご飯セットも隙が無い(笑)。プリっぷりの牡蛎と潮のお汁に、蕎麦が自然にぐいぐいと手繰られていく。身も心も温まって、この後買い物に出掛けた(笑)
a0351572_08174161.jpg
牡蛎そば
a0351572_08174402.jpg
ご飯セット(かけそば・とろろ飯)
a0351572_08174673.jpg


by g_amaha | 2018-12-22 19:29 | 路麺系 | Comments(0)