Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:路麺系( 333 )


2018年 02月 25日

2018.2.25(日)

 竹馬の友S.Aさんと、梅の開花状況を見に行こうということになっていたのだが、S.Aさんが昨晩から激しいG.Aモードとなってしまったらしく、恐る恐る歩いて源氏山から海蔵寺へ向かった。ふむふむ、まだ3分咲きという感じで、来週あたりから本格的な見頃になりそうだ。
a0351572_14133450.jpg
a0351572_14133787.jpg
a0351572_14134034.jpg
a0351572_14134379.jpg
 そして八幡宮の前を通って絵柄天神社に出た。ここも3分咲きだな。絵柄天神にはかっぱ筆塚があり、絵筆塚には著明な漫画家の河童のレリーフが飾られている。赤塚不二夫が見つからなかったが、もしあったとしたらどのキャラが河童になっただろうか。ハタ坊かな。
a0351572_14280313.jpg
a0351572_14282380.jpg
a0351572_14282568.jpg
a0351572_14282804.jpg
a0351572_14283070.jpg
a0351572_14283286.jpg
a0351572_14283444.jpg
a0351572_14283760.jpg
 そして鎌倉駅に戻り、ほり内できのこそばを手繰ることに。S.Aさんはきしめんにしたのだが、2口くらいで「やはり体調悪くて食べられない」と言ってギプアップ。まんま残すのはお店に失礼なので、結局私が食べることになった。腹ぱっつんで、結局アウトカムよりインカムの方が上回ってしまった(--;
a0351572_14353422.jpg
きのこそば
a0351572_14353613.jpg


by g_amaha | 2018-02-25 19:30 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 23日

2018.2.23(金)

 昨日に味をしめて、朝路麺は小諸そばだ。たぬきのチケットを買い、冷しでと伝えて待つ。ん!?昨日の兄さんがいるぞ(^^; ちょっと離れた席で待つと、「冷やしたぬきの方~」と呼ばれた瞬間こっちを見た(爆)。昨日よほど気になったんだな(^^; 今日は落ち着いて写真を撮り、スダチをかけて手繰る。旨かぁ~!小諸そばの冷やしたぬきはCP高杉晋作だ。
a0351572_07260860.jpg
冷やしたぬき
a0351572_07261192.jpg

 昼はCFOと若者と3人で鳥八へ。前回同様、焼鳥丼を食べることに。この甘辛いタレが田舎舌の私にどんぴしゃなのだ。味噌汁じゃなくて鶏のスープというのも素晴らしい。欲を言えば、レバーかつくねが入ってほしいところだ。
a0351572_07295071.jpg
焼鳥丼
a0351572_07295386.jpg


by g_amaha | 2018-02-23 19:19 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 21日

2018.2.21(水)

 抗アレルギー剤を飲む時期になると、抗コリン作用で吸収が良くなり、油断していなくてもBWは増えるし下がりにくくなる。ということで、ここは辛抱しどころなのだ(^^; で、朝は天かめで春菊天そばに玉子である。しなやかな口当たりの蕎麦が、朝の胃に優しく取り込まれる(笑)。7:00から開いてるありがたい路麺店だ。
a0351572_19411276.jpg
春菊天そば+玉子
a0351572_19411542.jpg

 昼は魚を食べようと、近場のなかやまに行ってメニューを見ると、今日はにしんの塩焼きということで、ノー文句で中に入った。ご主人ひとりで作っているので、20分くらい待って出てきたランチは、これが800円でいぃーーんでしょうかという内容だ。にしん塩焼きに鶏の煮物、そして鮪剥き身と小鉢にご飯と味噌汁。ご飯をお替りするのを堪えるのが大変だったという事実。こういうお店があるのが、本郷の素晴らしいところだな。
a0351572_19483393.jpg
a0351572_19483571.jpg


by g_amaha | 2018-02-21 19:48 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 20日

2018.2.20(火)

 今日の朝路麺はローテーションのひとつゆで太郎である。しかも毎回同じパターンで、朝そばの玉子・わかめにクーポンで海老天を足す。毎回クーポンをくれるので、違うパターンを考える隙がないな(^^; 
a0351572_19363462.jpg
朝そば玉子・わかめ+海老天
a0351572_19363662.jpg
 今日も今日とて、昼は湯島まで歩いてサイアム食堂というタイ料理店に入った。大喜があった時は目にもくれなかったお店だ(^^; 食べたいと思っていたカオソーイがランチメニューに載っていなかったので、「ランチはこの5種類ですか」と聞くと、「そうです」という。仕方がないのでトムヤムクンヌードルを注文した。昨日と同じように、ビジュアル的にはちょっちゅ寂しいが、味は結構ちゃんとしてるじゃん。これにナンプラーと唐辛子を更に足すと、咽るくらいのインパクトになって更に旨くなる。デフォで付いてくる小ごはんは、高菜がのっていて最後に投入して完食だ。お勘定の時に改めて「カオソーイは夜だけなの?」と聞いたら、「昼も食べられますよ」と・・・なんだよ、最初に聞いた時に言ってくれよ!また来よう(--;
a0351572_19555181.jpg
トムヤムクンヌードル
a0351572_19555393.jpg
小ごはん
a0351572_19555655.jpg
ご飯を投入
a0351572_19560077.jpg
a0351572_19560219.jpg



by g_amaha | 2018-02-20 19:27 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 16日

2018.2.16(金)

 天亀のげそ天が食べたくなり、朝に新日本橋で降りて店に向かった。前社の最終出社日の朝に食べて以来で、道すがらの風景が既に懐かしく感じる。で、げそ天玉子そばである。うみゃーでかんわ!と名古屋人と化して、ゴロゴロとしたげそを噛みしめるのであった。ここから淡路町までの道は長かった(^^;
a0351572_08422164.jpg
げそ天そば+玉子

a0351572_08422443.jpg
 夜は飲み会なので、昼は和食でも食べておこうと思って外に出ると、何だかしっくりとしたメニューがなかったり満席だったりして、昼飯難民と化してしまった。そこでホンカトリーを覗くと1席だけ空いていたので、そこに滑りんだ。鱒のカレーを頼んで待つこと35分、ようやく出てきたのは12:45だった(^^; スパイスを味わうというより、10分以内で食べることに全力投球し、まさに飲み物のように食べたという事実(自爆)。ここに来る時は、まっしぐらに来ることにしよう(^^
a0351572_08511487.jpg
a0351572_08511699.jpg
a0351572_08511158.jpg
a0351572_08512046.jpg
 夜はA博士の強い要望で、前社の仲間であるK博士と羊香味坊でご一献である。トリビーで乾杯し、いくつかの小皿と羊のスペアリブでスタートする。押し豆腐の冷菜は台湾等で食べる干豆腐と違い、非常にドライでライトで口当たりが良い。これって違う種類なんだろうか。よだれラムというのは、スパイシーなラム肉のソーセージという感じのもので、キャベツとちょい辛のタレで食べるのだが、これはこの店がアタリだと感じさせる逸品だ。老虎菜はパクチー好きがばっちりはまる前菜だ。ピーナツの存在とタレの絶妙な辛さで、ビールがすすむ君となってしまう(笑)。そして前半のメインデッシュであるラムのスペアリブ。こりゃぁイカンでしょうーーーー!骨離れが良くなる程度に煮込まれだリブは、クミンとの相性も宜しく、これまたビール泥棒である。これを食べてクセがあるという人は、沖縄でひーじゃー刺しを食べたら即死するだろう。それくらい口当たりの優しいスペアリブだ。いゃぁ、前半でかなりの満足度だ。
a0351572_08560150.jpg
トリビー
a0351572_08560345.jpg
押し豆腐の冷菜
a0351572_08560878.jpg
よだれラム
a0351572_08561220.jpg
老虎菜
a0351572_08561485.jpg
ラムスペアリブ
 後半はラム串の5本セットでスタートし、紹興酒を熱燗で飲むことにした。K博士がきゅうりの甘辛酢漬けを注文すると、始めは「ない」と言っていたのだが、「厨房に聞いたらある」とのことでもらうと、出てきたのはきゅうりと大豆の和えたものだった_| ̄|○ 大陸の人とのやり取りは、こういう事を覚悟しなければならない(^^; でも、ラム串は、ラムショルダー、ラムショルダー・キノコ、レバー、ランプ、ネックのセットで、それぞれが旨い。特にレバーとラムショルダー・キノコが良かった。最後にラム肉炒めとラム小籠包にラム焼売を頼み、紹興酒も2本目の追加だ。ラム肉炒めは一度揚げたラムを、玉ネギとパクチーで炒められており、さっくりした食感でいぃーーーじゃないですかぁ。ラム小籠包にラム焼売は、食べるとハイジとペーターが口の中で踊りだした(爆)。
a0351572_09270469.jpg
ラム串5本セット
a0351572_09270743.jpg
きゅうりと大豆の和え物
a0351572_09270935.jpg
紹興酒
a0351572_09271126.jpg
ラム肉炒め
a0351572_09271348.jpg
ラム小籠包
a0351572_09271639.jpg
ラム焼売

 いゃぁ、ラム肉を充分楽しめた。ここは3の倍数の人数で来ると良い感じだな。また来よう。
a0351572_09314055.jpg


by g_amaha | 2018-02-16 22:37 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 15日

2018.2.15(木)

 花粉症の薬を飲み始めたので、抗コリン作用による体重の微増が気になり、朝昼を路麺にすることにした。で、朝は天かめである。ちくわ天に玉子のチケットを買い、厨房に渡して待つ。メガネの曇りが収まらないなぁ(^^; ふむふむ、今日は一段と鰹がカーンとくる上等なお汁だ。界隈のちくわ天ではここが一番好きかもしれん。満足、満足。
a0351572_07430271.jpg
ちくわ天そば+玉子
a0351572_07430775.jpg
 そんでもって昼は、以前から気になっていた角萬に入った。随分前に信濃町店(すでに移転)に入り、冷や肉を食べて以来、次の角萬の機会を首を長くして待っていたのだ。事前調査によれば、他の角萬よりも細麺だしインパクトも低いとのことなので、まずは冷やしきつねでご機嫌をうかがうことにした。兎にも角にもお店が昭和だ(笑)。こんな風情のあるお店は、久留米の松尾食堂以来かもしれん。程なくして出てきた冷やしきつねも、何故か昭和をイメージさせるビジュアルだ。ごわっとした食感の蕎麦は角萬という感じだが、信濃町で食べたものより結構細いという印象だ。甘く煮られたお揚げがいぃーじゃないですか。最後に薬缶で出される蕎麦湯を注いで完食だ。寒いうちは温かいきつねも食べてみよう。
a0351572_07532421.jpg
品書き
a0351572_07531890.jpg
冷やしきつね
a0351572_07532948.jpg
蕎麦湯の薬缶
a0351572_07533273.jpg
a0351572_07533410.jpg
 夜はセミナーで久しぶりの遅帰り。危うく北鎌倉を乗り過ごすところだった(^^;


by g_amaha | 2018-02-15 22:37 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 13日

2018.2.13(火)

 食生活調整日で、昼ははるなへ。今日は基本の春菊天そばにハゼ天を付けた。うむ!ビジュアルからしていぃーーーーですねぇ。手のひらタイプの春菊天は、ストレートに春菊を味わえるが、間違って縦に食べると食い千切れなくて焦る訳だ(^^; 
a0351572_19290576.jpg
春菊天そば+ハゼ天
a0351572_19290876.jpg
 こうやって昼を路麺にして、夜は休肝日にすると、大概500gくらい体重が減るのだ。


by g_amaha | 2018-02-13 19:31 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 09日

2018.2.9(金)

 昨日のカレーでBW↑となってしまったため、今日の昼はきぬそばで調整することに。数日前のテレビで、中性脂肪を低下させるにはイヌリンを摂るのが良いと知り、イヌリンリッチなごぼう天にげそ天を付けて注文した。しか~し、きぬそばの天ぷらは衣リッチなので、イヌリン摂取より炭水化物摂取が上回ってしまうという事実_| ̄|○ 
a0351572_04331606.jpg
ごぼうそば+げそ天
a0351572_04331976.jpg


by g_amaha | 2018-02-09 19:20 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 08日

2018.2.8(木)

 木曜日はビルに掃除が入るので、朝路麺を手繰っていくパターンにした。ということで、ゆで太郎で朝そばのおろしのチケットを買い、厨房に温かいそば・わかめと告げ、海老天のクーポンを出した。初めて突っ込みが入らなかったという事実(^^; ふむ!このパターンは朝路麺にうってつけのひとつだな、と。
a0351572_19584161.jpg
朝そばおろし(わかめ)+海老天
a0351572_19584422.jpg
 昼を食べに出ようとすると、CFOが「どちらへ?」と聞くので、「気になるカレー屋さんに行ってみる」と言うと、一緒に行っていいですかと言われ、牧場と応えてふたりで出掛けた。そこはホンカトリーというカウンター9席の創作カレー屋さんだ。今日のメニューは塩豚とニシンのカレー。CFOは塩豚、私はニシンのカレーを注文した。オーダーを受けてからひとつひとつ作るので、出来上がるまで結構時間が掛かるが、スパイスの香りとご主人の工程を見ていると、飽きることなく待つことができた。おおっ!インディカ米のライスに数種類の野菜とフレークとファラフェルがのっている。これだけでかなりの満足感が湧き上がる。そしてルーが渡された。それをインディカ米にかけて食べるのだが、カウンターにあるブリックナンプラー・島唐辛子酢・マンゴーピクルスの調味料を足しながら食べる訳だ。まずはプレーンで食べると、ほとんど辛みがなくスパイスでもっていくタイプだと理解する。で、3種類の調味料をそれぞれ加えて食べてみると、それぞれがいぃーーーじゃないですかぁ。いゃぁ、素晴らしい。滅多にカレー屋さんには入らないが、ここは定点観測に寄ってもいいお店だな。
a0351572_20270497.jpg
a0351572_20270886.jpg
a0351572_20271025.jpg
a0351572_20271397.jpg
a0351572_20271978.jpg
a0351572_20272291.jpg




by g_amaha | 2018-02-08 19:51 | 路麺系 | Comments(0)
2018年 02月 06日

2018.2.6(火)

 食生活調整日で、昼ははるなへ。はるなの場合は春菊天をベースにして何かを付けるパターが固定しつつある。オヤジサンの「・・・・・・せ!」と聞こえる「いらっしゃいませ!」の挨拶にも慣れたし(笑)。今日はちくわ天を付けたのだが、同じ110円ならキス天やハゼ天の方がお得感があるな(^^; 
a0351572_19362567.jpg
春菊天そば+ちくわ天
a0351572_19362807.jpg


by g_amaha | 2018-02-06 19:28 | 路麺系 | Comments(0)