Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ホルモン系( 162 )


2019年 06月 17日

2019.6.17(月)

 午前中に外勤に出たので、ちょいと早い昼を食べようと考えた末、品川の食肉センターにある一休に行くことにした。ここで久しぶりに煮込み定食を食べようという魂胆である。席に着くと、店主と思しき方が注文を取りに来たので、「煮込み定食玉子で」と告げて待つ。ん!?以前より牛煮込みがちょっちゅ小降りになった気がするのは気のせいか?そして毎度お馴染みのもつ丼に仕上げ、一味を振り振りしながら食らいつく。旨かぁ~!兎にも角にもシロの味噌煮込みがデラウマだ。牛煮込みのお汁をご飯に加えながらわしわしと食べる。うむ、大満足。
a0351572_07231612.jpg
煮込み定食
a0351572_07231954.jpg
牛煮込み
a0351572_07232392.jpg
シロ味噌煮込み
a0351572_07232667.jpg
もつ丼
a0351572_07232966.jpg
 夜はトランポリンの一周年で、開始時間の1時間前からスタンバる(^^; テレビ効果で、下北沢から来た直子さんのお友達は、スープ切れで食べられなかったそうだ。そのお友達は18:00前に帰ってしまい、まずは直子さんとケンさんとで乾杯だ。ちょこちょこつまんでビールを飲んでいると、お客さんが三々五々と集まって、一時間で満席となった。なので、私が渡した祝い酒「男山北の稲穂」を一杯飲ませてもらってお暇した。ホント、長く続いてほしいお店だ。
a0351572_07315930.jpg
オフスタイルの店主
a0351572_07320220.jpg
振る舞いビール
a0351572_07320535.jpg
ナチョストサルサなんかも食べたりして(^^;
a0351572_07320891.jpg
北の稲穂



by g_amaha | 2019-06-17 20:51 | ホルモン系 | Comments(2)
2019年 06月 05日

2019.6.5(水)

 朝にぐいぐいと食べた後でG.Aもモードになるパターンが3日続き、こりゃぁ医食同源で何とか切り抜けようと、神田の味坊系列で羊香味坊の近くにできた老酒舗というお店に入った。ここでひとこと書き添えると、中国厨房縁は閉店してしまったようなので、もう本郷三丁目界隈で昼にもつを食べられるお店はなくなってしまったのだ。そんな訳で注文したのは、三種のホルモン香辣炒めだ。大陸の方達のお店なので、トレーの配列の美的センスは突っ込みどころ満載である(^^; 三種のホルモンは、シロとレバーかハツの薄切りは認識できるのだが、3種類目があるのかすら分からない。でもね、旨いんだなぁこれが。辛味ペーストを付けながらぐいぐい食べたらご飯が足りなくなり、半分お替りしてもつ炒めオンザライスで食べきったという事実。こりゃ羊香味坊よりリピートしますぜお客さ~ん。しか~し、辛味ペーストのせいだろうか、午後は激しい腹痛でのたうち回りましたとさ(馬鹿)。
a0351572_19341657.jpg
ランチメニュー
a0351572_19341963.jpg
三種のホルモン香辣炒め
a0351572_19342118.jpg
三種のホルモンアップ
a0351572_19342396.jpg
こうなりますわな(^^;
a0351572_19342624.jpg


by g_amaha | 2019-06-05 19:44 | ホルモン系 | Comments(0)
2019年 04月 05日

2019.4.5(金)

 仕事で色々と調べていたのだが、想定をひっくり返すような展開になり、今週はもうへとへとだ。そんな昼は遠出は避けて、角萬で冷やしきつねを手繰ることに。ごわごわの手打ちそばと甘いお汁に癒されるなぁ。
a0351572_08053041.jpg
冷やしきつね
a0351572_08053435.jpg
a0351572_08053791.jpg
 今日は久し振りに元小ボスとご一献することになった。「ウォーキングしている途中で良さげな店を見つけたんだけど、鳥勝って知ってる?」というメールが来たのだ。私を誰だと思っているのだ・・・とは言わなかったが、旨いもつが食べられるから行きますか?と返事をして、今日になったのだ。久し振りに会ってどうもどうもと挨拶した後、俺の鼻も良く効くだろと自慢げに言うのは食ってからにしなはれ(爆)。開店5分前に着くと常連さん達が10人ほど並んでいる。すぐに暖簾が掛かり、常連さん達がカウンターを陣取ると、我々は奥のテーブルに着いた。注文を紙に書いて女将さんに渡し、トリビーで乾杯である。あっという間に飲んでしまい、レバーブロックが出てきたので、ホッピーに切り替えた。元小ボスが「最初は薄くてどんどん濃くして飲みたいんだよな」と言うので、ソトでコントロールするよう指導しながらホルモンを堪能する。いゃぁ、ここの煮込みは旨いなぁ。優しい味わいの味噌で煮込まれたぷりっぷりの牛もつが旨杉晋作だぁ。
a0351572_08380980.jpg
トリビー
a0351572_08381223.jpg
レバーブロック
a0351572_08381484.jpg
ホッピー
a0351572_08381757.jpg
煮込み
 舌鼓を打ちながらナカをどんどんお替りするオッサンふたり。野菜小ガツのせとハラミステーキをつまみながら、元小ボスのバックパックで行く世界各地の旅話を聞かされる。なんでこんな悠々自適な生活ができるのかを教えてほしいものだ(^^; ナカも4~5回お替りして焼き物に移る頃には、昼食べ過ぎたという元小ボスが腹いっぱいコールをするので、シロ、テッポウ、カシラにシシトウとピーマンを注文するにとどめた。いやはや、鳥勝は旨いなぁ。サラリーマン殺しの営業時間帯だし、寄り道コースとしては大分迂回しなければならないのでハードルが高いが、年に一度は来なくちゃな。
a0351572_08391922.jpg
野菜小ガツのせ
a0351572_08392156.jpg
ハラミステーキ
a0351572_08392477.jpg
シロ・テッポウ
a0351572_08392696.jpg
シシトウ・ピーマン・カシラ
a0351572_08392892.jpg
 トドメンをしようという元小ボスをなだめ、何とか蕎麦を手繰って帰ることで話を収めた(^^; 向かったのは元小ボスが一度食べて旨かったというしながわ翁というお店だ。熱燗を貰い、蕎麦味噌と出汁巻き玉子をつまむ。熱燗に付いてきたのは甘辛く煮つけた昆布。出汁を取った後の昆布をこうやって出してくれるのはありがたい。調子にのって浦霞を冷やで呑むと、ラストオーダーとなった。もりそばを田舎蕎麦で注文すると、つやつやした極太の蕎麦が出てきた。ぬぉーー、コシが強い!!昼も夜ももぐもぐ言いながら手繰る蕎麦(爆)。もう完全体だぁ~(殴蹴)。
a0351572_08532280.jpg
熱燗
a0351572_08532482.jpg
蕎麦味噌
a0351572_08532715.jpg
出汁巻き玉子
a0351572_08532936.jpg
浦霞
a0351572_08533181.jpg
もりそば(田舎蕎麦)
a0351572_08533738.jpg


by g_amaha | 2019-04-05 22:55 | ホルモン系 | Comments(2)
2019年 03月 26日

2019.3.26(火)

 解凍スダチを持って朝路麺は、お馴染みの小諸そばだ。焦って手繰ると蕎麦が喉に詰まるのを、ここ1ヶ月で何度も経験したのは、まさか食道に腫瘍ができているんじゃないだろうな。水呑んだ後は問題ないから重く受け止めてないんだけど(^^;
a0351572_20190325.jpg
冷やしたぬき
a0351572_20190652.jpg
 昼は色々と迷った末に中国厨房縁に入った。肉もやし麺を注文すると、久しぶりのボリュームにたじろいだが、兎にも角にもベジファーストで汁そばをやっつけ、半炒飯に麻婆豆腐をかけてゆっくりと食べる。嗚呼、この罪悪感と充実感は何なんだ(爆)。
a0351572_20233808.jpg
ランチ肉もやし麺
a0351572_20234010.jpg
 夜は紫雲先生と待ち合わせて鳥佳へ。もう3ヶ月おきに食べに行くのがやっとになってしまった悪い客だ(^^; それでも歓迎してくれるマスターには感謝しまくり千代子で、このホスピタリティーにどっぷりと浸る訳だ。小腹セットにジャガイモが付いてきたが、もうG.I値がどうのこうの言うのも野暮で、美味しくいただくのである。マスター、今日もご馳走様でした。
a0351572_20335038.jpg
トリビー
a0351572_20335421.jpg
キャベツ酢
a0351572_20335755.jpg
レバータレ
a0351572_20340076.jpg
煮込み
a0351572_20340325.jpg
カシラ
a0351572_20340690.jpg
鰤カマ焼き
a0351572_20340864.jpg
手羽先
a0351572_20341194.jpg
ししとう
a0351572_20341467.jpg
つくね
a0351572_20341684.jpg
ジャガイモ
a0351572_20341888.jpg
ネギ間
a0351572_20342159.jpg
シロタレ
a0351572_20342423.jpg


by g_amaha | 2019-03-26 20:31 | ホルモン系 | Comments(2)
2019年 03月 08日

2019.3.8(金)

 1日ドライデーにすると、次の日にいつもより余計に飲んでしまい、軽いG.Aモードになるのはおバカな連鎖だ。久しぶりにクハ便となってしまった(殴)。で、朝路麺は永坂庵でお馴染みの春菊天玉そばを手繰る。甘いお汁が五臓六腑に染み渡る。
a0351572_08305611.jpg
春菊天玉そば
a0351572_08305870.jpg
 ぽかぽか陽気だけど北風が強いので、昼は比較的近場の角萬へ。腹具合を考えて冷やしきつねは大盛にしないで注文した。出てきた丼を見て、まさに普通盛りだと実感する(笑)。オッサンにはホントはこれくらいが良いんだよね(^^;
a0351572_08351162.jpg
冷やしきつね
a0351572_08351455.jpg
a0351572_08351693.jpg
 午後にT組長とH君がコンサルを受けに来たので、終了後にご一献しようということになった。急遽やむちゃんに電話を入れると、6:30位までならいいですよと言われたので、ありがたく予約を入れた。タクってお店に向かい、トリビーで乾杯してスタートだ。まずは禁断のマカサラと酢もつと新玉ねぎのさつま揚げを注文する。マカサラにソースがかけられているのは、私好みの群馬スタイルだ。それに更にタバスコを掛けて食べるのがG.Aスタイルなのだ。酢もつは博多で食べるのと遜色のない逸品で、T組長も納得である。新玉ねぎのさつま揚げも、揚げたてで新玉ねぎの甘さが口に広がり、旨かぁ~である。ホッピーを貰ってハフハフ言いながら食べた。
a0351572_08452475.jpg
トリビー
a0351572_08452687.jpg
マカサラ
a0351572_08452914.jpg
酢もつ
a0351572_08453140.jpg
新玉ねぎのさつま揚げ
a0351572_08453334.jpg
ホッピー
 続いて焼き物に突入だ。黒板メニューの特上たんは、ジューシーで噛めば噛むほど肉汁があふれ出る。ハラミガーリックはニンニクがいい仕事してますねぇ。そして、皆がどうやって巻くんだろうと首をひねりながら食べるのは納豆巻きだ。H君は関西人だが納豆OKと言って喜んで食べている。ホッピーのナカを貰って、喉笛のコリコリとシビレのくにゅくにゅを楽しんだ。
a0351572_08534337.jpg
特上たん
a0351572_08534622.jpg
ハラミガーリック
a0351572_08534833.jpg
納豆巻き
a0351572_08535077.jpg
喉笛
a0351572_08535368.jpg
シビレ
 飲み物はやむハイに切り替え、2クール目の焼き物に突入だ。鶏レバーはタレでまったりとした味わいを楽しめる。豚レバーが塩なので、やむちゃんでは鶏レバーを食べることにしている。皮はカリッとした香ばしさとくにゅっとした食感を楽しむ。てっぽうは旨杉晋作!一生噛み続けたい(馬鹿)。T組長が注文して心のこり(ハツ下)は残り2本だったので、禁断の串外しをして食べる。ここのハツ下は結構肉が残っているので、食べていて心残りではない(殴)。3杯目のやむハイを飲みながら、最後にトマトベーコンとつくね玉子を食べてお勘定となった。やむちゃんはいぃーーーーですねぇ。16:30~18:30のパターンはが癖になりそうだ。
a0351572_10444485.jpg
やむハイ
a0351572_10444718.jpg
鶏レバー
a0351572_10444930.jpg
a0351572_10445313.jpg
てっぽう
a0351572_10445526.jpg
心のこり
a0351572_10445795.jpg
トマトベーコン
a0351572_10445968.jpg
つくね玉子
a0351572_10485658.jpg
 やむちゃんを堪能して気分の上がったT組長は、我々を行きつけの中華屋さんに連行した。大興という台湾系のお店で、餃子が旨いのだそうだ。またしてもトリビーで乾杯し、つまみはT組長にお任せする。しらすとピーナッツのお通しをつまんでいると、最初にエビマヨが出来上がってきた。ぷっくりしたエビに甘酢の餡が旨い!すぐに紹興酒に切り替える。続いて雲白肉だ。これは相思豆で食べるオーソドックスなばら肉のタイプではなく、ローストされた豚肉を香草のタレにからめて食べるのだ。あれだけ肉を食べてきたのに、香草が加わるとするりと食べられる。そして噂の餃子が出てきた。胡椒のたっぷり入ったタレで食べると、おぉーーっ、いぃーーーーじゃないですかぁ。T組長もいろんな店を知ってるなぁ(笑)。デカンタの紹興酒がなくなるころには、完全体になりましたとさ。
a0351572_10585248.jpg
トリビー
a0351572_10585427.jpg
お通し
a0351572_10585617.jpg
エビマヨ
a0351572_10590387.jpg
紹興酒
a0351572_10590046.jpg
雲白肉
a0351572_10590990.jpg
餃子
a0351572_10591406.jpg


by g_amaha | 2019-03-08 22:24 | ホルモン系 | Comments(0)
2019年 03月 02日

2019.3.2(土)

 義父のお通夜のため午後から市原へ向かい、八幡宿駅で息子をピックアップして葬儀場へ。義母が頓珍漢なことをするので始まるまでバタついたが、とりあえずお通夜は無事に終了した。
 ノンアルだった私は、会食の後に同居人と息子を連れて飲み直しに出た。五井駅東口に取ったビジネスホテルのすぐ近くにある遊酒(ゆうしゅん)に入ると、想像以上の喧騒にちょっちゅ引いてしまったが、後には引けずに席に着いた。本日のクラフトビールの中からDay Dreamを選び、適当に注文を入れて待つ。と、お通しの後にガツ刺しが出てきて、ルービーがなかなか出てこない。やっと出てきたクラフトビールは、あまりのかわいさだったので、すぐに生ビールを追加したという事実。Day Dreamは山椒がふんわり香るホワイトで、これはこれで旨いのだが、予想通りあっという間になくなってしまった(^^; お店はホルモン系の大箱なので、ガツ刺しは結構いけたが、鯵のなめろうはちょっちゅ生臭かった。同居人が食べたいと言って注文したガーリックポテトは、千葉県らしいボリュームだ。そこそこ旨いが同居人は「珊瑚礁の勝ちだ」とのたもうている。そりゃぁ、勝負する相手が違うわ(笑)。
a0351572_04593706.jpg
Day Dream
a0351572_04594133.jpg
生ビール
a0351572_04594789.jpg
ガツ刺し
a0351572_04595280.jpg
鯵なめろう
a0351572_04595612.jpg
ガーリックポテト
 そして焼き物が出てくると、これならまた食べてもいいなと思えるくらいのレベルで、嬉しい誤算だった。シロはテッポウとシロの重ね焼きで、テッポウがぷにゅぷにゅでデラウマ。これだけ3本くらい食べたかったなぁ(^^; ぼんじりもタンもつくねも結構いけた。
a0351572_05000190.jpg
シロ
a0351572_05000758.jpg
ぼんじり
a0351572_05001248.jpg
タン
a0351572_05001733.jpg
つくね
 会食で腹六分くらいだったので、とりあえずビールをがぶ飲みして、今日のところはこれで終了しましたとさ。




by g_amaha | 2019-03-02 21:21 | ホルモン系 | Comments(0)
2019年 02月 08日

2019.2.8(金)

 最近は早出の方がルーティンとなり、6:45に本郷三丁目に着くため、永坂庵での朝路麺が多くなってきた。もったりした田舎蕎麦と甘いお汁は飽きることがない。あとは天ぷらのネタが増えてほしいなぁ。
a0351572_04221186.jpg
春菊天そば+玉子
a0351572_04221493.jpg
 昼は気になっていたホルモンを食べに中国厨房縁へ。30人とは言わないが、いつものように東大ラ〇ロス部の学食になっている。気になっていたのは、オススメ定食と書かれたボードにあるA~Cのメニューだ。以前、昼も注文できるのかと聞いたら、できますと言うので、今日はそれを試してみることにしたのだ。まずはBの「豚のハチノス辛子炒め」を頼もうと思うのだが、ホルモニストの私としては「豚にハチノスはない」と思う訳で、「豚のハチノス辛子炒め」をお願いしますとは言い難い(^^; ちょっちゅ考えた末、「おススメ定食のB」をお願いしますと言うと、フロア担当のオニイちゃんから「豚のハチノスの辛子炒め」ですねと確認され、「ハイ」と答えて結局肯定した形になってしまった(自爆)。
a0351572_04370898.jpg
外のメニュー
a0351572_04371003.jpg
店内のメニュー
 しばし待って出てきたそれは、オイスターソースで甘辛く味付けされたガツ炒めだった。想像どおりだ。それにしても、家族4人でおかずとして食べられるくらいのボリュームだし、ご飯も箸を刺したら仏さんに供えられるような盛りだ(^^; ガツ炒めが旨かぁ~!流石は縁、ホルモン料理が素晴らしい。1/4くらいのガツ炒めを食べてから、山盛りのご飯の山部分を食べ、麻婆豆腐をかけて食べる。もうこうなったら低G.I値生活には一旦目をつぶり、ガツ炒めとご飯をやっつけるしかない。いつもより時間を掛けて食べ終え、今度はAのホルモン辛子炒めを食べるぞと、心に誓うのであった。
a0351572_04475232.jpg
豚のハチノス辛子炒め
a0351572_04475495.jpg
こうなるよね(^^;

 ここ数年治まっていた脊柱管狭窄が再発したみたいで、腰が痛くてたまらない。ロキソニンSテープを買ってきて貼ったけど、予想通り痛みは治まらない。これはちょっとやばい状態になるかも・・・


by g_amaha | 2019-02-08 19:16 | ホルモン系 | Comments(0)
2018年 12月 26日

2018.12.26(水)

 朝は解凍スダチを持って小諸そばへ。流石に皆さん普通のたぬきを注文していらっしゃる(^^; 私は初志貫徹星一徹で冷やしたぬきだ。って、スダチ持ってきたんですから(^^; 解凍の仕方が良かったのか、今日は効果抜群で朝から大満足であった。
a0351572_12112465.jpg
冷やしたぬき
a0351572_12112969.jpg
 夜に飲みが控えているので、昼も路麺を手繰ることにしてはるなへ。きのこそばにイカ天を付けて注文した。おぉっ、見栄えの良いことよ。きのこそばはそれ以外のそばより温まる気がする。あっ、カレーそばもだ(笑)。
a0351572_12113254.jpg
きのこそば+イカ天
a0351572_12113589.jpg
 夜は紫雲先生と年末のご挨拶に鳥佳へ。3代目の陽道君に頼まれていた鳥佳の画像をCDに焼いて渡した。2000年から撮っていたので、レバ刺しやコブクロ刺しが映っていて、懐かしさの塊なのだ。いつものようにトリピーで乾杯し、キャベツ酢、煮込み、三浦大根沢庵とレバーペーストなどを注文してまったりとスタートする。
a0351572_20584037.jpg
トリビー
a0351572_20584393.jpg
キャベツ酢
a0351572_20584720.jpg
三浦大根沢庵
a0351572_20585042.jpg
牛もつ煮込み
a0351572_20585239.jpg
レバーペースト
 そして、小腹セットで焼き物を堪能する。レバーとシロがぴか一で旨かぁ~!焼酎がグイグイ進むわ。タンと牡蠣を追加すると、牡蠣のほっこりして濃厚な海の旨味に失禁状態である。
a0351572_20585585.jpg
レバー
a0351572_20585877.jpg
カシラ
a0351572_20590082.jpg
ししとう
a0351572_20590250.jpg
手羽
a0351572_20590503.jpg
シロ
a0351572_20591069.jpg
ネギ間
a0351572_20591685.jpg
牡蠣串焼き
a0351572_20591975.jpg
 今年も色々とありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。


by g_amaha | 2018-12-26 22:21 | ホルモン系 | Comments(0)
2018年 11月 09日

2018.11.9(金)

 早出の朝でも開店時間前に開いてて入れる永坂庵はありがたい存在だ。毎回春菊天では芸がないので、ゲソ天玉そばを手繰る。って言っても、これもワンパターンに近いか(^^; 
a0351572_08244654.jpg
ゲソ天玉そば
a0351572_08244924.jpg
 一瞬雨の上がった昼は、行列のないのを確認してにし乃へ。久しぶりに入ったら、中華そばにわんたんが1~5個付けられるようになっていた。これは良いシステムだと、山椒そばにワンタン3個のチケットを買って席に着く。って、わんたんは別皿なのね(^^; だったら、別のボタンでもいいんでないかい(笑)。結局、後から出てきたわんたんをのせて食べることに。わんたんは肉を噛みしめて味わうタイプで、確かに別皿で食べても美味しく味わえるだろう。それにしても、無化調なのにこんなに旨味がいつまでも口に残るスープは珍しい。
a0351572_08245253.jpg
山椒そば
a0351572_08245443.jpg
ワンタン3個
a0351572_08245678.jpg
 夜は路麺大帝と水道橋のでんで待ち合わせる。開店時間10分前に着くと、その後続々とひとがあとに着き、開店時にはカウンターの半分以上が埋まってしまったという事実。いつの間にかこんなに行列店になってたんですねぇ。そうなると焼き物の注文がストップされたり、結構面倒くさい状態になっていたが、モノは全て旨いし安いし、ジャンクだけど他に代えがたいお店だ。路麺大帝も気に入ってくれたみたいで良かった。
a0351572_08452491.jpg
トリビー
a0351572_08452740.jpg
マカロニサラダ
a0351572_08452939.jpg
とろレバー刺し
a0351572_08453323.jpg
軟骨刺し
a0351572_08453519.jpg
ガツ刺し
a0351572_08453752.jpg
牛もつ煮込み
a0351572_08454070.jpg
レモンサワー
a0351572_08454264.jpg
レバー
a0351572_08454557.jpg
ガツ
a0351572_08460330.jpg
テッポー
a0351572_08460594.jpg
生割り生姜
a0351572_08460732.jpg
ブレンズ
a0351572_08460988.jpg
タン
a0351572_08461148.jpg
 これで終わる訳がなく、電車を乗り継いで新橋へ移動する。新橋駅前ビル1号館の地下1階へ進むと、まずはヒーローという立ち飲みバーに入った。すると、匂いを嗅ぎつけてきた飲み仲間2名が加わり、ハイボールで乾杯だ。ハイボールが500円で、チャージ300円でドライイチチクとチョコが付く。これは良い寄り道になるなぁ。
a0351572_08572663.jpg
ハイボールとつまみ
a0351572_08572886.jpg
 そして3名が2号館のかずみんやへ。立錐の余地がなくても、常連の路麺大帝が顔を出すと、立飲みコーナーの人達が隙間を作ってくれる。まるでモーゼの十戒だ(爆)。緑茶ハイを飲みながらたわいのない話をし、文春オンラインに載っているカレーそばを手繰った。良い週末だぁ~。
a0351572_09054310.jpg
緑茶ハイ
a0351572_09054567.jpg
カレーつけそば
a0351572_09054722.jpg


by g_amaha | 2018-11-09 22:21 | ホルモン系 | Comments(0)
2018年 10月 19日

2018.10.19(金)

 早出の朝は、そば新で石挽鴨つけそばだ。昼が弁当食べながらのミーティングなので、このくらい量の多い蕎麦を手繰っておきたいところなのだ。朝から腹一平君(^^;
a0351572_08413413.jpg
石挽鴨つけそば

 10月に転職したT組長が学会でパシフィコに来ているので、夕方に上大岡で落ち合って鳥佳へ。お互いの近況報告などしながら鳥佳のメニューを堪能する。脂ののった〆鯖や牡蛎ペーストに舌鼓を打ち、煮込みと焼き物のレベルの高さにT組長も満足気だ。マスターや陽道君との会話も楽しく、至福の週末を過ごしてお勘定となった。マスター、ありがとうございました。
a0351572_08511268.jpg
トリビー
a0351572_08511426.jpg
炙り〆鯖
a0351572_08511616.jpg
牡蛎ペースト
a0351572_08511809.jpg
レバー
a0351572_08512029.jpg
煮込み
a0351572_08512385.jpg
ピーマン・カシラ
a0351572_08512506.jpg
つくね
a0351572_08513676.jpg
皮塩
a0351572_08513824.jpg
ネギ間
a0351572_08514056.jpg
シロ
a0351572_08514246.jpg
タンモト
a0351572_08514446.jpg
タン
a0351572_08514648.jpg
牡蛎・銀杏
a0351572_08515109.jpg
ニンニクの芽醤油漬け
a0351572_08515388.jpg
皮タレ
a0351572_08515692.jpg


by g_amaha | 2018-10-19 21:36 | ホルモン系 | Comments(2)