Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 07月 19日 ( 1 )


2018年 07月 19日

2018.7.19(木)

 学会で神戸出張である。三宮に着いたのが11:00だったので、12:30からのセッションに間に合うよう、11:00開店のサバ6製麺所というラーメン屋さんに向かった。鯖好きのおじさんを誘惑するような、鯖醤油ラーメンに鯖寿司が付くセットがあり、迷わずそのボタンを押してカウンターに座った。最初に出てきたのは鯖寿司・・・って、これバッテラじゃん(^^; 嫌いじゃないけど、看板に偽りありだよね。味のほうは、まぁこれは普通のバッテラだ(笑)。
a0351572_12580724.jpg
メニュー
a0351572_12305805.jpg
サバ寿司というバッテラ
 そしてサバ醤油そばはというと、バッテラを食べた後なので、サバ節の味がストレートに伝わらない(^^; でも、ぎりっとした醤油味が結構好みだ。太めのほぼストレート麺は、かなり多加水でむちっとした食感。具は低温調理のチャーシュー2枚、メンマ、カイワレ、ネギ。向かいの人が食べていた中華そばが旨そうだったな。
a0351572_12575747.jpg
サバ醤油そば
a0351572_12583221.jpg

 夜はA博士とご一献。以前三宮に来た時に満席で振られた丸貴屋にリベンヂである。今日も予約で満席で、我々が入ってからすぐに全ての席が埋まってしまった。トリビーをもらい、まずはもつ刺しということで、センマイと心刺しにチレユッケ、それにコッチョリという白菜の唐辛子和えを頼んだ。センマイ刺しはおなじみの唐辛子のタレでいただく。ふむ!鉄板の味だ(笑)。そして心刺し。これは生姜醤油で食べるだけに、まるで新鮮なカツオの刺身のような味わいだ。ここでコッチョリが出てきた。これは発酵する前の白菜キムチだ。言い換えればキムチの浅漬け。白菜にしゃくしゃく感が残っていてすこぶる旨い。続いてチレユッケ。これは想像していたよりも遥かに食べやすく、チレの血なまぐささは全くない。関東で食べるもつ刺しとはちょっとずつ違うものが食べられてオジサンふたりは気分上々である。
a0351572_13053926.jpg
トリビー
a0351572_13060903.jpg
センマイ刺し
a0351572_13061415.jpg
心刺し
a0351572_13061955.jpg
コッチョリ
a0351572_13062751.jpg
チレユッケ
 次はビールにマッコリを加えるという、勝手にカクテルを作って飲みながら、焼き物を注文する。まずはシビレ、コリコリ、ウルテだ。いつものように塩で出てきそうなものから選んだ。おおっ!シビレが旨かぁ~!なんとも素晴らしいねっとり感。コリコリはかなり歯ごたえがあったが、ウルテは丁寧に包丁が入れられていて、非常に食べやすい。ウルテは関西で食べるのが旨いわ。
a0351572_13224151.jpg
シビレ
a0351572_13225437.jpg
コリコリ
a0351572_13230077.jpg
ウルテ
 ネタケースにヤンのようなものがあったので、焼き方のおにいさんに聞くと、センマイですという。なるほど、ヤンはハチノスとセンマイの接合部で、センマイに近い色合いなので、ここではセンマイといって出している訳だ。立会川のお山の大将で食べるヤンより小振りだが、じゃくじゃくした食感はデラうまだ。そしてしっぽ、シマ腸、肝。しっぽとシマ腸はタレに付けて食べるように言われ、そうして食べるとこれまた旨い。肝はそのままで食べて思わず唸った。久しぶりに食べる絶品の肝だった。
a0351572_13383427.jpg
センマイ
a0351572_13384121.jpg
しっぽ
a0351572_13384770.jpg
シマ腸
a0351572_13385380.jpg
 焼き物の最後にアスパラを焼いてもらい、〆炭にキムチチヂミを頼んだ。アスパラで口直しができ、チヂミの外かり中ふわを堪能してお勘定となった。
a0351572_13414010.jpg
アスパラ焼き
a0351572_13414556.jpg
キムチチヂミ
 いやはや、凄いお店が三宮にあった。焼き物は小振りだが、全ての料理が旨かった。いゃぁ、恐るべし丸貴屋(笑)。どうもご馳走様でした。


by g_amaha | 2018-07-19 22:21 | 近畿(兵庫) | Comments(2)