Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 07月 15日 ( 1 )


2018年 07月 15日

2018.7.15(日)

 梅雨明け後2回目の草むしりをした後、メダカの餌を買いにバイクでコーナンへ。そして、ちょいと早めの昼路麺を味奈登庵で手繰ることに。今日選んだのは豚せいろだ。お汁はラー油と唐辛子が入っていて、このピリ辛感覚が食欲を増進させる。私と同じくらいのおじさんが富士もりを手繰っていたが、最後まで登頂できるのだろうか。私はこのせいろでも十分すぎる量なんだけど(^^;
a0351572_05360596.jpg
豚せいろ
a0351572_05360870.jpg
つけ汁
a0351572_05361042.jpg
 夜は同居人と寿司眞へ。 今日はいい鰹が入ってるとのことで、それと貝づくしで刺し盛りにしてもらう。大将が勧めるだけに鰹が旨かぁ~。貝は赤貝、青柳、鮑、栄螺、帆立という豪華な顔ぶれで、ビール2本があっという間になくなった。私はまつもとを冷やでもらい、豪華な顔ぶれの貝を堪能する。
a0351572_05430131.jpg
トリビー
a0351572_05425676.jpg
赤貝・青柳・鰹
a0351572_05425801.jpg
鮑・栄螺・帆立
a0351572_05430480.jpg
まつもと
 調子に乗って焼き物もいってしまえと、ゲソと鰯を頼んだ。さっと炙ったゲソは、生姜をちょいとのせて食べるのが旨い。鰯は脂がじゅうじゅう爆ぜて、大根おろしとばっちりだ。
a0351572_05480237.jpg
ゲソ焼き
a0351572_05480539.jpg
鰯焼き
 まつもとをお替りし、お好みで握ってもらう。旬の穴子がふっくらで旨かぁ。雲丹も夏が旬だよね。最後はいつものように小肌巻きで〆た。いゃぁ、話も楽しいし、つまみも寿司も旨いし、年3~4回の贅沢だけど、胃も心も癒される。眞仁さん、どうもご馳走様でした。
a0351572_05530512.jpg
穴子
a0351572_05530853.jpg
中トロ
a0351572_05531085.jpg
〆鯖
a0351572_05531374.jpg
雲丹
a0351572_05531547.jpg
小肌巻き



by g_amaha | 2018-07-15 20:28 | 寿司系 | Comments(0)