Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 05月 20日 ( 1 )


2018年 05月 20日

2018.5.20(日)

 昨日の今日で、紫雲先生とwalkingに出ることになり、紫雲先生のリクエストは「うまい!大衆そばの本」に載っている路麺店探訪だが、日曜日に開いているお店はほとんどない(^^; そこで、麺やBar渦の跡にできた、大西祐貴さんプロデュースのお母さんの店、麺バルハチキンに行ってみようということになった。11:15に着くと6人待ちで、開店時にすんなりカウンターに座ることができた。ふたりとも基本の醤油sobaを注文し、紫雲先生はチャーシューご飯の小を追加した。2ロット目に出てきた醤油sobaは、見た目がちょっちゅインパクトに欠けるなと思ったのだが・・・食べてみてもインパクトに欠けていた_| ̄|○ スープは鶏油が弱いというか何というか、食べ手を引き寄せる力が弱い。麺ももったりして力がなく、茹で過ぎかと思うくらいだ。具のチャーシューもメンマも然り。例えて言うなら、お公家さんのラーメンというか、2学期の学級委員のような、イエスマンのラーメンに思えた。旨いんだけど、大西祐貴さんプロデュースのラーメンとは、とても思えなかった。蔦のラーメンは食べていないが、めじろ時代の彼の実力を充分知っているオッサンからすると、納得できないというのが本音だ。何も言わずに食べていた紫雲先生も、食べ終えてから同じ事を言ってへこんでいたという事実。祐貴さん!早く調整に来てちょんまげ。
a0351572_18285365.jpg
醤油soba
a0351572_18285638.jpg


by g_amaha | 2018-05-20 18:31 | ラーメン系 | Comments(0)