Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 20日

2018.4.20(金)

 朝路麺は天かめで天かめそば。わかめがのると、お汁の鰹出汁がぼんやりすると思うのは私だけ?ともあれ、天かめは朝の胃に優しい蕎麦だ。
a0351572_08182877.jpg
天かめそば
a0351572_08183185.jpg

 昼は本郷三丁目界隈の座麺店開拓で巴屋本郷二丁目店に入った。昼の天丼セットをかけそばご飯少なめで注文した。かけそばは結構もったりした食感で、これならもりにすればよかったとちょっちゅ後悔する。で、評判の良い天丼はと言うと、天ぷらがべっちゃりしていて私には合わなかった。う~むぅ、再訪は厳しそうだ。
a0351572_08252625.jpg
ランチ天丼セット
a0351572_08252950.jpg
かけそば
a0351572_08253103.jpg
小天丼
a0351572_08253473.jpg
 東京ビッグサイトに外勤に出た後、新橋に戻り、KHC敏腕マネジャーと待ち合わせて新規開拓である。以前から注目していながらなかなか一歩が踏み込めなかった美味ぇ津゛というお店だ。何故難関なのかといえば、開店直後はカウンター14席が全部予約で埋まり、2クール目は20:30以降になるようなのだ。#今日もそうだった(^^; そこで思いついたのが、KHC敏腕マネジャーの敏腕を使おうということ。まるいのタレをマスターに頼んでもらっていくほどのホルモンヌであれば、この難関をクリアできであろうと考えたのだ。果たして、敏腕マネジャーを誘うと、この店のハイレベルさをすぐに感じ取り、あっさり予約を取ってしまったのだ。流石と言えばナガレイシである。
 さて、大将からカウンターの一番奥に座るよう促され、奥さんの「お飲み物は?」のコールを待って、すかさずトリビーをお願いしてスタートだ。外勤で乾いた喉をぐびぐびと潤していると、奥さんからお通しが渡された。手羽先煮付け、玉子焼き、マカサラの三点盛りだ。いぃーーーーですねぇ。あっという間にビールがなくなり、シャリキンと白ホッビーをお願いした。おぉっ、シャリキンって、金宮がフローズン用にパックを作ってるのね(^^; 初めて見た。ホッピー半分注ぎ入れると、丁度7分目くらいになっていぃーーーじゃないですか。ふむふむ、旨い旨いと飲んでいると、最初に芝浦牛煮込みが出来上がってきた。もうね、これを見ただけで失禁寸前ですよ。まずはシロから食べると、まるでスジを食べたかのようにまったりした脂が口に広がった。牛シロはもつ鍋のように脂を付けたまま串を打って煮込むんですねぇ。シャリキンホッピーとよく合うわ。次にスジを食べ比べてみると、なるほど、これがスジ煮込みでお馴染みの味だ。比べてみると、シロの方がまったりしてるのがよく分かる。ハチノスはトマトソースのトリッパで食べるパターンが多いが、八丁味噌系の煮込みもそれに劣らず旨い。ホホも口の中でホロリと崩れて肉汁が広がる。永遠に食べ続けていたいが、これはおひとり様1本ずつと決まっているのだ。
a0351572_14220143.jpg
トリビー
a0351572_14220420.jpg
お通しの3点盛り
a0351572_14220669.jpg
シャリキン(露西亜御免)
a0351572_14220838.jpg
ホッピーを注いで
a0351572_14221166.jpg
芝浦牛煮込み(シロ・ハチノス・ホホ・スジ)
 シャリキンをお替りすると、ハチノス塩焼きが出来上がってきた。これはじゃくっとした食感と香ばしさで、ホッピーがぐいぐい進んでしまう。シャリキンを混ぜるのが面倒になってきたので、今度は普通にもらって飲むことにする。次に出てきたのはやきとんのシロ串焼き。これはイカンでしょう~!あまりの旨さに大将に「シロがむちゃくちゃ旨いですねぇ!」と言ってしまったくらい旨い。てっぽう(上シロ)だと思うが、この肉感と旨味は暫く飲み込みたくない衝動に駆られてしまう。牛の中で豚の存在感を一手に担っている逸品だ。
a0351572_14551113.jpg
ハチノス塩焼き
a0351572_14554249.jpg
普通のホッピー
a0351572_14561228.jpg
やきとんのシロ串焼き
 しかし、ここまでで入店から2時間が経過している。敏腕マネジャーによれば、予約時に「金曜日は2時間くらいでお願いしている」と言われたということだが、まだ注文がいくつも残っているのだ。心配しながら待つと、メインティッシュ的な牛ハツの炙りが出来上がってきた。牛ハツの上にのる万能ねぎが食欲をそそりますなぁ。じゃくじゃくした食感を愉しみながら、ホッピーのナカをお替りすると、牛ハラミの炙りが出来上がってきた。もうこれは焼肉屋の世界だ。旨いに決まっている(笑)。
a0351572_14564279.jpg
牛ハツの炙り
a0351572_14571268.jpg
牛ハラミの炙り
 ここで2時間半が過ぎ、先客の4人組が出て行った。私等はまだ注文が残っているのだ(^^; 黒霧島のお湯割りをもらって待つと、レバー串焼きが満を持しての登場だ。エッジの効いた大振りのレバーを頬張るのは、串焼きを食べる際の至福の時間だ。そして、ラストの肉なんこつ焼き(卵黄付き)だ。うわっ、なんこつのこりこり感というか、叩き具合が素晴らしい。玉とタレの残りも嘗め尽くしたい(殴)。
a0351572_15175889.jpg
レバー串焼き
a0351572_15181243.jpg
肉なんこつ焼き(卵黄付き)
a0351572_15215149.jpg
玉を絡めて
 非常に幸せな気分だったが、肉なんこつ焼きを渡された時、大将から「これで終わりですんで宜しく」と言われ、3時間も長居したのは我々のせいではないのになと、ちょっちゅ複雑な気分でそそくさとお勘定となった。また来たいから、私の気にしすぎだといいのだが・・・。
a0351572_15222121.jpg


by g_amaha | 2018-04-20 22:27 | ホルモン系 | Comments(2)
Commented by sarukitikun at 2018-04-23 09:22 x
最後がちょっと気になりますがもつマニアにとっては憧れのお店、一度は行ってみたいですね~(^o^)丿
Commented by g_amaha at 2018-04-23 20:18
> sarukitikunさん

まぁ、最後の件はすぐに忘れることにして、再訪の期待に胸を膨らませることなします。
もつマニアの中では高級店に入る部類ですから、客層が全然違いますけど(^^:
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2018.4.21(土)      2018.4.19(木) >>