Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 06日

2017.7.6(木)

 都城に出張である。羽田に移動する途中、中華そばさとうで定点観測してみることにした。やはり、大船のさとうを数段上回る味で、改めて感動したという事実。大船はお兄さんがやっているとのことだが、もう一度指導してもらいたいぞ、と。
a0351572_06580684.jpg
中華そば中
 宮崎空港からバスで一時間かけて都城に向かい、19:00までばっちりと仕事をして宮崎に戻った。ホテルにチェックインしてから目指すは粋仙だ。同行の酒を飲めない女子は、宮崎に泊まるのは初めてというので、粋仙で度肝を抜いてやろうという魂胆である。トリビーとマンゴージュースで乾杯し、お通しの胡瓜をつまんで粋仙の鉄板料理を注文する。まずはマスターの焼く赤鶏もも肉の炭焼きだ。一味を付けて頬張ると、肉のゴリゴリ感と炭焼きの香ばしさが旨かぁーーーである。酒を飲めない女子も一味を付けてぐいぐい食べている。って、マンゴージュースで食べても旨いのか(^^; 続いてずり刺しと心刺し。これらを初めて食べるという酒を飲めない女子は、いたく気に入ったようで、やはりマンゴージュースでぐいぐい食べている(^^; 
a0351572_07414298.jpg
トリビー
a0351572_07414722.jpg
マンゴージュース
a0351572_07415285.jpg
お通しきゅうり
a0351572_07420268.jpg
赤鶏もも炭火焼き
a0351572_07420870.jpg
ずり刺し・心刺し
 ビールを2杯飲んだ後は、木挽をロックでぐいぐい飲む。心刺しを注文した人の特典で出されるつなぎがいぃーーーですねぇ。サラダ系も頼もうかと聞くと、トマトも食べられないというので、トマト抜きのささみサラダを作ってもらった。そして、宮崎の定番チキン南蛮だ。宮崎のそれは、一度唐揚げを甘酢にくぐらせているので、すこぶる旨いのだ。酒を飲めない女子も納得の旨さである。酒を飲めない女子に冷汁も食べさせ、最後に軟骨の炭火焼きを注文して〆た。木挽をお替りして完全体(殴)。なので、悪いこともせずに帰りましたとさ(再殴)。
a0351572_07421609.jpg
木挽
a0351572_07422239.jpg
つなぎ
a0351572_07423261.jpg
ささみサラダ(トマト抜き)
a0351572_07423795.jpg
チキン南蛮
a0351572_07424369.jpg
冷汁
a0351572_07501236.jpg
軟骨炭火焼き
a0351572_07504125.jpg


by g_amaha | 2017-07-06 22:30 | 九州(宮崎) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2017.7.7(金)      2017.7.5(水) >>