Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 02月 22日

2017.2.22(水)

 かごんまの朝は遅い。が、いつもの時間に目が覚め、画像処理をしながら朝飯の時間を待つ。野菜多めで取ってるつもりだが、他を減らしていないので腹一平君だ(殴)。カレーを我慢したのと鶏飯のご飯をかなり少なめにしたのが、せめてもの・・・。
a0351572_18482347.jpg
 昨日、のり一で修業した人のラーメンを食べたので、今日は惜しまれつつ閉店したのぼる屋の常連さんが、レシピを踏襲して開店させたのぼる屋に入ることにした。昔ののぼる屋を訪仏させることのない小奇麗な店構えで、看板がなければラーメン店とは思えない(^^; が、ドアの中に下がっている暖簾は、昔のまま引き継がれているようだ。チケットを買ってカウンターに座ると、おしぼりと大根の漬物が渡される。昔はおしぼりじゃなくてタオルだったなぁ(笑)。ここのラーメンは800円。昔の店は1000円だったので、女将さん達の拝観料は200円だったのか(爆)。
a0351572_18484055.jpg
a0351572_18484536.jpg
a0351572_18503840.jpg
 出てきたラーメンは、昔のそれより小振りだが、面影はしっかり残っている。輪切りの唐辛子と刻みニンニクを投入して食べると、おぉっのぼる屋だ。周りが柔らかくて中はコシがある白い中太麺は、ちょっちゅ食感が昔と違う気がするが、全体的には概ね踏襲されている気がする。っていうか、今の方が旨い(爆)。もも肉のチャーシューは3枚、豆もやし、ネギのトッピングもチャーシューの枚数の違いはあるものの、これも全く同じだ。フロアのおねーさんに昔ののぼる屋でもらった桜島の写真(いつもバッグに入っている(^^;)を「今でも取ってあるんですよ」と見せると、「うわぁ~ありがとうございます」とお礼を言われてしまった。外に出たら、フロアのお兄さんが追ってきて、お土産を渡されてしまった。あとでホテルで開けてみると、昔の店でももらったボンタン飴・・・昔の女将さんの顔が眼に浮かんだ。
a0351572_18491561.jpg
ラーメン
a0351572_18505149.jpg
昔もらった桜島の写真
a0351572_18505869.jpg
裏にはお店のゴム印が
a0351572_18510398.jpg
今日いただいたお土産
a0351572_18510701.jpg
中はボンタンアメだった

 仕事を3件片付け、夜は毎度おなじみの石蕗である。団体さんが入っていて、予約も多いようで、何とか一人分の席を空けてもらってカウンターに座った。いつものようにとママに伝えてスタートである。ママが9品盛りを作るのを眺めながら、トリビーを飲んで待つ。相変わらず良い盛り合わせだ。ベジファーストでキャベツやふきやらをつまみ、ビールを飲み干してお湯割りに移る。地鶏刺しも旨かぁ~!腹皮とつけ揚げが出てきたので、熱いものを熱いうちに食べるようにする。
a0351572_18535532.jpg
トリビー
a0351572_18535898.jpg
白金の露黒
a0351572_18540132.jpg
9品盛り
a0351572_18540746.jpg
地鶏刺し
a0351572_18541288.jpg
腹皮焼き
a0351572_18541547.jpg
つけ揚げ
a0351572_18541972.jpg
お新香
 お隣さんになった常連さんは大阪からの方で、歳も誕生月も一緒ということで話が盛り上がる。神の河のスパークリングの試飲などさせてもらい、お新香やハムカツをサービスいただき、団体さんが帰った後は、ママがカウンターに座って盛り上がる。2時間の飲み放題と言っても全く関係なく時間は過ぎ、酔いの世界へ誘われてゆくのであった。ママ、今宵もありがとうございました。
a0351572_18542313.jpg
ハムカツ
a0351572_18542673.jpg
神の河のスパークリング
a0351572_18542941.jpg
とんこつ
a0351572_18545857.jpg


by g_amaha | 2017-02-22 21:07 | 九州(鹿児島) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2017.2.23(木)      2017.2.21(火) >>