Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 07月 24日

2016.7.24(日)

 最近、悪戯に「何気に」と言うフレーズを連発する輩がいなくなった代わりに、北関東のイントネーションで「・・・じゃね?」と言う輩が増殖し、既に共通語になってしまっている状況だ。同居人もそのフレーズで喋るのでイライラする。そして最近更にイラつくのは「ほぼほぼ」というフレーズだ。「ほぼ」でいいじゃん。何故繰り返す?
 閑話休題
 さて、来週は土用丑である。平賀源内が「土用丑の日」のキャッチコピーを造ったことによって、約280年間に渡って日本人はその日に鰻を食べたがるのだ。夏痩せした鰻をありがたがって食べるのは疑問ではあるが、暑い日にあの蒲焼を食べて旨いと思うのは、日本人のDNAに刻み込まれてしまったことなので、私も理屈抜きで受け入れるくちである(^^; で、来週は間違いなく混むだろうと、同居人に因果を含めて山水に鰻を食べに行った。7~8分前に着くように家を出て、お店の駐車場に車を停めて、シャッターした。ふたりでランチの鰻丼Lを注文して待つ。あとから来た人達は皆鰻丼Wを注文しているが、質素な生活をしている我々はLでいいのだ(^^; でもね、出てきた鰻丼Lを食べて毎回思うのは、これが1408円で食べられるのは山水しかないということだ。我々が気軽に鰻を食べられるのは山水のお陰で、焼肉を気軽に食べられるのは慶州のお陰であることは間違いない事実なのだ。
a0351572_20315841.jpg
ランチ鰻丼L
a0351572_20322951.jpg
鰻丼Lアップ
a0351572_20325093.jpg


by g_amaha | 2016-07-24 20:04 | その他 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2016.7.25(月)      2016.7.23(土) >>