Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 01月 24日

2007.1.24(水)

久留米の朝は中央軒のかしわうどんから始まる。昨日の今日で朝抜きも検討したが、特急の時間まで15分あるので、お店に入ってしまったのだ(殴)。まぁ、かしわ飯の駅弁を食べなかっただけマシとしておこう(^^;
 昼に鹿児島に着くと、現地担当者のI君が迎えに来てくれていて、新規開拓に付き合ってくれることになった。まずは五喰というお店だ。ラーメンはこってりとあっさりが選べ、麺の量で小・中・大に分かれている。私があっさりのネギラーメン小を、I君がこってりの味玉ラーメン小を注文した。小というのは麺の量が推定100~120g程度で、長浜系ラーメンと同じくらいかやや少なめという感じだ。ふむふむ、連食向けですな(^^; あっさりのスープは出汁の旨みがストレートに感じるが、こってりの白濁スープはちょっと余計な旨みが入っていて、私もI君もあっさりの方が好みだった。具のチャーシューは直前に炙られたり、あっさりはぶつ切りにしてのせるなど、色々工夫も見られる。鹿児島ではかなりハイレベルのラーメン店であった。
 お次はたんぽぽというお店に移動する。お昼時ということもあり、近隣のおじいさんおばあさんやガテン系の人達で賑わっている。街の中華屋さんっぽい雰囲気だが、メニューをみるとラーメン専門店ということが分かる。鹿児島では珍しい古典的な中華そば風のしょうゆらーめんを注文した。おぉっ、小学校の時に海の家で食べたような、ビジュアルも味も懐かしいラーメンじゃないですか。もう少しガラの出汁が強く出ていたら、結構ツボにはまりそうなタイプだ(笑)。2人に1人はしょうゆらーめんを注文しているので、鹿児島でもこういうラーメンは認知されているんですねぇ。
 午後はがっつりと仕事を進め、19:30に開放されると同時に天文館に繰り出した。飲みの方も新規開拓ということで、のり一ラーメンの隣にある魚魚やというお店に入った。トリビーで健康オタクの中堅Kと乾杯し、メニューを見て刺身盛り合わせと鯛の兜焼き、そして出来上がりまで40分かかるという鯛めしを注文した。お通しの蛸の酢味噌和えでビールを飲んでいると、丁度ジョッキが空いたところで刺し盛りが出てきた。おぉ、3人でも充分そうな量ですなぁ~。切り身も厚いし、ニンジンも蟹に飾り切りされているし(笑)、6種類も入って2000円はお値打ちですなぁ~。こりゃぁお湯割りでしょう~。って、2合で350円だ(爆)。
 しばらくして鯛の兜焼きが出来上がってきた。これも、でかっ!相当立派な鯛ですねぇ。皮も鰭の先のカリカリもしっかりと食べ、立派な鯛をきっっチリ成仏させて食べきった。もちろん鯛の鯛もでかかったざんす(^^;
 そして待望の鯛めしが出てきた。土鍋で炊かれた鯛めしは、2人で茶碗2杯ずつ食べられて1000円という事実。これはイカンでしょう~!おこげがまたイカンでしょう~!!鯛めしを食べてしまったので、ここでお勘定にすることにした。が、2人で6200円って・・・ホントにイカンでしょう(^^;
 そして、何故か黒兵衛に入るふたり(殴)。カウンターに二人分の席を空けていただき、おでんをつまみにお湯割を飲む。やはり黒兵衛のおでんは旨いなぁ~。しかも、おでん8品にお湯割を4合飲んで、2人で1300円だった(^^;

by g_amaha | 2007-01-24 00:00 | 九州(鹿児島)


<< 2007.1.25(木)      2007.1.23(火) >>