Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 12月 31日

2006.7.18(火)

 鹿児島でごわす。空港から鹿児島中央駅に移動したところで、さっさと昼を食べなければならなくなったので、以前から注目していた井之上食堂というお店に入った。ここは昭和の風情を残した商店街の中でも、最も昭和っぽいお店のひとつであり、おばあちゃんがテレビを見ながら蕎麦を食べている姿がよく似合うお店である。33℃の気温をものともせず、評判の豚汁うどんを注文する。ラーメン丼に並々とうどんと豚汁が入っており、やや甘めの味噌味と根菜のジャクジャク感がとても良い。隣のおばあちゃんは、テレビで王監督の手術が成功したといえば「よかったねぇ」と頷き、土砂崩れの被害が増えているといえば「大変だねぇ」と顔を曇らせている。一味唐辛子以上に豚汁うどんのいい薬味であった(笑)。
 それから20:00過ぎまで仕事をし、5人で天文館に繰り出した。今日はかな~り奮発し、寿司を食べようということになり、甚八というお店に入ることにした。適当に注文を入れたあとは、食べるわ飲むわのお大尽と化し、店主も珍しい焼酎を出してくれたりしての大盛り上がりである。何といっても、百年の孤独を造っている黒木本店の「爆弾ハナタレ(41度)」は凄かった。飲んだ瞬間、完全体になってしまったという事実(^^; 「お大尽」だったのが、未明には「下水管に目鼻」に成り下がったことは、ここだけの話である。

by g_amaha | 2006-12-31 07:18 | 九州(鹿児島)


<< 2006.7.19(水)      2006.7.17(月) >>