Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 12月 31日

Gaily Amahaの 未熟な舌 過敏な腸/半魚人Aの陸ボケ日記

【関連サイト】

半魚人Aの陸ボケ日記番外編       更新日:2019.2.27
<日本各地へ よじれ旅>

外勤で食うラーメン           更新日:2019.6.30
<ガクメン>

不言実食/旨い話にゃ気をつけろ     更新日:2019.7.21165.png
<日本食文化探訪>

至高のはらわた             更新日:2018.10.14
<ホルモン・ラブ>



# by g_amaha | 2019-12-31 22:26 | その他
2019年 07月 22日

2019.7.22(月)

 月曜日は相変わらず眠りが浅いのは、サラリーマンを続ける間の性なのだろう。ということで、いったん出社してから、スダチを持って小諸そばへ。なんか久し振りだなぁ(笑)。やっぱり、スダチが最も合う冷やしたぬきは小諸そばだ。旨杉晋作。
a0351572_17420035.jpg
冷やしたぬき
a0351572_17420667.jpg
 昼は霧雨の中をはるなへ。きつねそばに春菊天という組み合わせを選んだのは、京都帰りだからだろうか(^^; キツネの存在感は、関西にはとてもかなわないね(^^; 丼の2/3を覆う大きさと、ふんわり甘めの味付けは、こちらではなかなか出会えない。まぁ、これが食文化の面白いところだ。
a0351572_17421062.jpg
きつねそば+春菊天
a0351572_17421391.jpg


# by g_amaha | 2019-07-22 19:41 | 路麺系 | Comments(2)
2019年 07月 21日

2019.7.21(日)

 あかん!予想通りBWは上がっていた。。。_| ̄|○ ということで、トランポリンに行くのもWalking以外の選択肢はないのである。75分歩き、約8,600歩で着くと、ちょうどトップで入った人が出てくるタイミングで、ほとんど待たずに入ることができた。中細ちぢれ麺で頼んだ中華そばは、スープを一口飲んだだけで絶好調のスープと分かり、あとはものも言わずにぐいぐい食べてしまった。明日から減量生活をすることを誓います。って、誰にだよ!
a0351572_18141264.jpg
中華そば
a0351572_18141517.jpg


# by g_amaha | 2019-07-21 19:04 | ラーメン系 | Comments(2)
2019年 07月 20日

2019.7.20(土)

 学会最終日。かつてお世話になった先生の発表を聞いて帰途に就く。京都駅で在来線の改札から入り、4・5番線の麺家に入った。せっかく京都に来たんだからと、最後はにしんそばを手繰って帰ることに。にしんそばにフリーの天かすを入れるというのも路麺店ならではだ(^^; 麺家のそばは関西の店の中ではコシがあって旨い。うどんに合わせたお汁でも旨いと思えるようになったのは、低G.I値生活の賜物である(笑)
a0351572_05575795.jpg
にしんそば
a0351572_05580102.jpg


# by g_amaha | 2019-07-20 19:44 | 路麺系 | Comments(0)
2019年 07月 19日

2019.7.19(金)

 学会2日目である。昼は前社時代に一緒に仕事をしていた群馬県人Kと待ち合わせて、ラーメンを食べに行くことにした。数年前もここで全く同じことをしたので、「今日も2杯食べますか」と聞かれてしまった(^^; 「もうそんな歳じゃない」と答えて向かったのはいいちょというお店だ。昨日はニューカマーを訪ねていまいち物足りなかったので、今日は老舗を選んだのだ。ちょっと待ってカウンターに座り、私はラーメン並をネギ増しで、群馬県人Kは大盛りを選んで、2人で焼き飯をシェアすることにした。おおっ、これですよ、これが私がイメージする京都のラーメンですよ。しかもネギ増しなので、食べる前から全身の毛穴が閉じてしまう(馬鹿)。鶏の出汁と背脂のスープがいぃーーーーですねぇ。九条ネギも、やや細めのストレート麺も美味しおす(殴)。薄切りのチャーシューが数枚のってるが、ネギに覆われて何枚あるかわからない(^^; 焼き飯も醤油の香ばしさがたった京都スタイル。これも旨かぁ~だ。大盛りを食べた群馬県人Kは、「G.Aさんが一杯しか食べないというので大盛りにしたけど、腹一杯で死にそうです」と言っている。私はあなたの歳で二杯食べてたんだけど・・・(^^; 充実の昼麺であった。
a0351572_07081070.jpg
ラーメン並・ネギ増し
a0351572_07081461.jpg
焼き飯
a0351572_07081782.jpg
 大概の学会は、2日目あたりで昼の空き時間を多く取っているので、観光したい人たちは街に繰り出すのである。雨が降っているので、私は高瀬川一之船入跡から本能寺をぶ2らりと歩いた。
a0351572_07132251.jpg
a0351572_07132778.jpg
 夜はA博士と前社時代の仕事仲間T博士と3人であらたへ。9年前に来た時は、新幹線の待ち時間にぷらっと着て食べられたのに、今では2週間前から予約しないと入れないらしい。2階に通され、メモしてきたメニューを適当なインターバルで注文する。トリビーで乾杯すると、最初に出てきたのは軟骨だ。このコリコリ感はルービーのお供ですねぇ。続いてウルテと牛すじのミックスだ。おぉっーーっ、ウルテが旨いぞぉーー!!すじのまったりした食感とのコントラストが素晴らしい。そしてアスパラベーコン。鉄板焼きの定番ですなぁ。
a0351572_07213610.jpg
トリビー
a0351572_07214121.jpg
軟骨
a0351572_07214365.jpg
ウルテと牛すじのミックス
a0351572_07214851.jpg
アスパラベーコン
 ここでドライな酎ハイに切り替え、次の注文を入れる。アギは牛の顎肉だ。薄切りでにんにくと炒められ、これも旨かぁである。ホソは小腸。細い方の腸だからホソ・・らしい(^^; これはね、所謂シロ炒めなのでまずかろうはずがない。いゃ、べらぼうに旨い(笑)。そして、2クール目も野菜を入れておこうと、頼んだのはしいたけだ。バターの風味が加わると、これもまずいわけ無いわな。
a0351572_07215000.jpg
酎ハイ
a0351572_07302791.jpg
アギ
a0351572_07303228.jpg
ホソ
a0351572_07303584.jpg
しいたけ
 A博士が注文したトマトがようやく出てきて、最後のターンに入った。ミノを追加し、あらた焼きで〆ることに。酎ハイを2杯飲んだおっさんは調子に乗ってバクダンを頼み、完全体へ向かい始める(^^; やはり、イカを食べるならミノですね。イカも旨いけど(笑)。あらた焼きは油かすを加えたので、コクが増してぐいぐい食べられる。
a0351572_07382867.jpg
トマト
a0351572_07383331.jpg
ミノ
a0351572_07383731.jpg
バクダン
a0351572_07384168.jpg
あらた焼き
 いゃぁ、流石は支店を出すお店だ。久しぶりにもつの鉄板焼きを堪能できた。どうもご馳走様でした。
a0351572_07400389.jpg
 A博士はお帰りになったので、T博士を遠藤書店に連れて行くことにした。今日も端っこに滑り込み、ビームハイボールでと金黒ロックで乾杯する。T博士から前社の話を聞こうとするが、自分以外のことは全く知らない男なので、新しい情報など殆ど無い(爆)。つまみも食べられないくらい腹が膨れたので、2杯飲んでお勘定となった。今日も1430円(^^: イカンでしょう~。
a0351572_07490834.jpg
ビームハイボール
a0351572_07491357.jpg
イカリングフライ
a0351572_07491656.jpg
サザエつぼ焼き
a0351572_07491942.jpg


# by g_amaha | 2019-07-19 21:09 | ホルモン系 | Comments(0)