2006年 12月 26日

2001.2.12(月)

 昼からとあるイベントの打ち合わせをした後で、数件回って帰ることになった。
 始めは湯澤軒へ。開店して一年になろうかという店は、ウッディーな造りとジャズのBGMでとても雰囲気はよい。注文したこってり湯澤麺は、とんこつ醤油のコッテリスープに中太縮れ麺に、チャーシュー、メンマ、ネギが乗る。何かをカバーしているのかと思ってしまうほど、スープがニンニクに支配されていて、飲むのがつらくなってきた。これで780円という設定は何と強気なことよのう。
 次は、たまプラーザに向かい、比較的新しいお店の汐のやへ。ここは函館ラーメンということで、塩が基本メニューとなっている。塩ラーメンに決めて券売機に向かうと、頭の後ろから「限定、浅利そばというのもありますよ」という悪魔の声。う~む、人差し指が浅利そばのボタンを押してしまったぞぉ(笑) 更に「餃子もいかがですか」という悪魔の追い討ちの声が。ぐぁ~、餃子のボタンまで押しちまった~い(爆) ともあれ、ラーメンはがんこをも思わせる旨みのあるすっきりしたスープで、黄色くコシの強いストレートの細麺はとても良かった。浅利は冷凍だったけれども、その出汁は塩とよく合っていて旨いし、白髪ネギが香味を添えている。トッピングした味玉は、半熟度はそれほどでもなかったが、この透明な塩スープに黄身が流れ出ないことまで計算された茹で具合だとすれば、非常によく考えられたものである。
 さて、最後は大文字で締めることに。腹は既に7分目くらいになっており、辛系で一気に持っていきたい状況だ。しかも大文字はSサイズという麺少な目というオプションもある。しかし、またしても頭の後ろで「Sにすると、カレーのセットというのもできますよ」という悪魔の声が。「えぇ~っと、辛味噌とカレーのセットお願いします」って言っちまったやんかぁ~(笑泣) でも、流石は大文字、ラーメンは辛味噌も麺も食指を衰えさせることはなく、カレーも私好みの香辛料系のものだった。まぁ、それにしても完食という訳にはいかないので、カレーの大半は悪魔に捧げて、良い具合でツアーを終了する事ができた。

# by g_amaha | 2006-12-26 02:12 | ラーメン系
2006年 12月 26日

2001.2.10(土)

 小僧の受験打ち上げの熱海旅行である。打ち上げで熱海の温泉かよぉ~、ってオヤジの宴会を想像していただいては困るのである。去年の夏にオープンしたマリンスパ熱海で半日泳ごうという、いかにも半魚人一家らしい計画なのだ。9時過ぎに家を出たのだが、すでに西湘バイパスの入口、出口は渋滞になっており、熱海に着いたのが11時半。う~む、昼麺ターゲットの老舗ラーメン店「わんたんや」の開店時間ピッタリだ(爆)
 開店同時のお客さんがちょうど席に着いたところなのに、外の行列は14人。そして、みるみるうちに私達の後ろに更に10人くらいが並んだ。恐るべしわんたんや。しかし、20分経っても1人しか出てこないとは何事か?30分経ってやっと回転し始めたがテンポはすこぶる悪い。中に入ってみると、近所の人ではなく観光客と思われる人達が多く、ビールを飲みながら優雅な昼を過ごしているようだ。これじゃぁ回転が悪くなるわけである。半魚人一家は、ワンタンメン、チャーシューメン、チャーシューワンタンメン、チャーハンというバリエーションで攻め込みながらも、2組の先行入店集団を追い抜き、だらだら食べてる観光客にラーメン店の入店から退店までの正しい姿を見せつけてやったのである。って、誰も見てなかったかもしれないが(^^;
さて、ラーメンの方はというと、豚ガラ・鶏ガラにほのかな魚出汁が香る醤油スープと、短めの中太麺がとても良い感じのラーメンで、店名のワンタンも然ることながら、チャーシューがなかなかお値打ちだった。それにチャーハンが絶品だった。

# by g_amaha | 2006-12-26 02:10 | ラーメン系
2006年 12月 26日

2001.2.2(金)

 ことぶき@大船といえば私の原体験である。今ではめったに行かれなくなってしまったが、そばまで来ると足が自然とお店に向いていってしまう。大船にはそんな店が2軒あって、もうひとつが大船軒の立ち食いそばである。それも天玉そばじゃないとだめなのだ。天ぷらそばではちょっとオイリーで、月見そばではもうひとつインパクトに欠けてしまう。それで、天玉そばのバランスが一番よろしいということになる。それに七味をグァ~ッとかけて食べるのが私流(笑)
お話戻って、ことぶきはかれこれ30年近く食べていることになるんだろうか。おやじさんはだいぶ歳をとったし痩せてしまったが、相変わらず帰りしなに「どうもあいす」と言っている。おばあちゃんも頭が真っ白になってしまったが、いつ見てもネギを切りつづけている(笑)
 私にとっては、今更旨いとかまずいとか味が落ちたなんて言いっこなしのラーメンなのだ。う~ん、今日もまずくない!(爆)

# by g_amaha | 2006-12-26 02:02 | ラーメン系
2006年 12月 26日

2001.1.31(水)

 dancyuに載っていた坦々麺の店、白蘭@神田に行ってみた。二郎も並ぶけど白蘭もすごいはこりゃ。ほとんど全てと言っていいくらいの人が坦々麺を食べている。そして、さらによく見るとご飯を付けている。ラーメンウォーカーとして、ほんの数秒でそれを確認し、同じモノを注文した。ラオシャンで出しているのをタンメンというのだから、これを担々麺というのはギリギリで許せる範囲なのだろう。想像するに、麺をあげてからしばらく丼に放置され、その後でスープを注ぐ作り方だ。麺はダマで固まっており、それを食べるまでに20秒くらいほぐしてスープになじませる作業が必要になる。麺を食べ終えてもスープはたっぷり残る。だから皆そこにライスを投入するんだな。う~む、これは確かに食べ応えがあって2度美味しい。神田の昼のジャンクフードがひとつ増えた(笑)

# by g_amaha | 2006-12-26 01:31 | 中華系
2006年 12月 26日

2001.1.14(日)

 今日も今日とて12:50にいまむらに行くと、なんと外に10人くらいの行列。今日も今日とて「よかったね」と心で呟いて流星軒へ(^^;
予想通り、流星軒も外で待っている人がいる。寒いぞぉ~。
同居人も寒さに弱く、ヒーヒー言いながら待っている。体温が2度ほど下がった時にやっと入店できた。流星麺とワンタンメンで満足の昼麺。

# by g_amaha | 2006-12-26 01:14 | ラーメン系