2006年 12月 26日

2001.4.30(日)

 朝から小雨がそぼ降り肌寒い。こういう時こそ温水プールでしょう、ということでふれーゆへ繰り出す。そう言えば、去年のGWはワイルドブルー横浜に行き、あまりの混雑と中の食べ物の値段の高さに、怒り心頭になったのを思い出した。ふれーゆは、ワイルドブルーとほとんど同じ場所にありながら、公共施設だから何でも安あがりだし、おまけにGWだというのにイモ洗い状態じゃないのが偉い!(笑)。それにしても、昨日の新聞にはワイルドブルーが近々閉鎖されると書いてあったなぁ。今年もワイルドブルーは混んでいるのだろうか?
泳いだ後は、鶴見線の鶴見小野駅にあるラーメンハウスUS88へ行ってみることにした。あまりに風情のある佇まいにたじろいだが、勢いで皆を入店させてしまう。メニューを見ると、普通の中華屋さんメニューの中に、テキサスメン、ケンタッキメン(原文ママ)なんてものがある(^^; 私と小僧は基本のラーメンにするが、子連れ同居人はケンタッキメンを注文している(爆)。昔から、結構この手のものを頼むタイプなのである(^^;
化調含有率は高いが、ガラ系の清湯スープはすっきりしていてなかなか旨い。で、ケンタッキメンはというと、タンメン系の野菜と玉子が入ったスープに、なんと粉チーズが山のようにのせられているものだった。ここは開店20年くらいのお店だから、チーズをのせたのは九十九より早いんじゃないか(笑)。

# by g_amaha | 2006-12-26 04:30 | ラーメン系
2006年 12月 26日

2001.4.29(土)

 ラ友のお宅に家庭訪問する前後に、お約束のツアーである。鏡花と天童総本店を廻る段取りで進む。鏡花への道すがら、道中で見つけるラーメン店に突っ込みを入れながら走っていると、なんと天童の前を走る道を進んでいたようだ。同行者と順番の入れ替えを即断・即決し、先に天童へ入店した。
 私が基本の天童中華そば、同行者が天童鶏中華を注文した。まずはスープをひとくち。いぃーーーですねぇーー、これは旨いわぁ。表面を覆う脂がスープの旨みを取り込み、多分モミジが主体であろうトロミと相俟って口の中に広がるのだ。中太の縮れ麺の食感も非常に好きなタイプで旨い。鶏中華の方はスープや麺がおとなしくなって、中華そばとのコントラストがはっきりしている。これなら、その日の気分で食べ分けられるから、リピーターには喜ばれるだろう。そして、テールスープと山形米「どまんなか」の米粉を練りこんだ麺を使った米麺を食べる。これもまた、随分趣の変わったラーメンになっていて、麺のつるんとした感じと、ハラミのチャーシューが印象的だった。ご主人の鏡さんがいらっしゃったので、稲城のお店へは一度も行っていなかった不義理をお詫びする(^^; 天童を是非1軒横浜南部に開店して欲しいとお伝えして失礼した。
 次は鏡花。当然アイマスクをして店に向かい、中から漏れてくる香りを嗅ぎ、簾をさわりながら入店し、鎧兜が後ろ向きになっているのを確認する(嘘)。今度は同行者が基本の今昔鶏想麺、私が○裏変想麺のチケットを買い、ご主人の麺上げパフォーマンスを見ながら順番を待つ。いやらしくない豚の匂いのする○裏変想麺のスープを飲みながら、どこかのスープに似ていると考えていたら、めん喜@町田を思い出した。大きなメンマの歯ごたえが良いですねぇ。そして、岩海苔がスープによく合っていて、麺と一緒に食べると旨い。これが鶏ガラと豚ガラのハーフ&ハーフだとすると、○○豚想麺もかなり期待できそうだ。ただ、三多摩地区は縁遠いので、次はいつ来れるかわからないなぁ(^^;

# by g_amaha | 2006-12-26 04:29 | ラーメン系
2006年 12月 26日

2001.4.28(金)

 昨日(27日)開店したあかつきにマウンテンバイク de 昼麺へ。12:30に着くと、丁度席が埋まっていて、「外でお待ちください」と外のベンチに誘導された。その後、続々とお客さんが集まってきて、皆私と同じように言われて、適当に入り口付近で時間をつぶしている。20分経っても店の中から出てくる人は1人もいないので皆がイライラし始めている。そういえば、着いた時に食べている人がいなかったような気がしたなぁ。マーフィーの法則により、嫌な予感は大概当る。中を覗いてみると、食べている人はまだ半分くらいだ。やっと3人外に出てきたところで店の人が外に来て、「お店の中でも20分以上待っている人がいますので、もうすこし外でお待ちください」と・・・ここで私の中で自制心制御装置が解除された
G.A「ところで、順番は分かってるの?」
店「えぇっ、ちゃんとやってるつもりです」
G.A「店の中じゃなくて。外に大勢待たせているけど、順番分かってるの?」
店「いえ、分かりません」
G.A「分からないって・・・どういう風に並べとか言わないで、外で待てとだけ言って、これからどうやって案内するの?」
店「・・・・それは、お客さん同士で順番を・・・」
外で待つ人達が点目になって顔を見合わせた。
中でフロアー担当が数人集まってなにやら話をした後、「最初の方は何名でしょうか?」と誘導が始まった。なんちゅう段取りだ(--;
普通なら、ここらへんでノルアドレナリンが大量生産され、胃が縮んで何を食べても味など分からなくなるのだが、既に減量生活で胃が縮んでいるので(爆)、あまり影響がなかったというのが悲しい(^^;
さて、ラーメンはというと、店の前から煮干の香りが漂っているお店は、大概、当りかそうでもないかが私の中ではっきり分かれてしまうのだが、ここは、自分でも当りなのかそうでもないのかが分からなかった(殴)。スープはかなり熱く、鶏の旨みと煮干や鰹節が良く出ていて旨いが、ちょっと全体の量が多すぎなのと、デフォで入っている胡椒がきつすぎるように思う。要は私にとってバランスが合わないラーメンなのだ。丼がレーザーディスクをひと回り小さくしたくらいの大きさで、スープが普通の二杯分くらい入っている。麺は200gくらいあるんだろうか。これが普通の大きさの白い丼に、麺が140g程度で盛り付けられ、スープに胡椒が入っていなければ、かなり琴線がはじかれたラーメンだと思うのだが・・・
煮玉そばにしたら、デフォで煮玉子1/2が入っているらしく、1/2の煮玉子が3個になるという・・・この辺の感覚も良く分からん(--;
そして、おんやぁ?チャーシューがはいってないぞ、で「煮玉そばにはチャーシューがはいらないんですか?」と聞くと、麺方に聞きに行っている・・・そして小皿にチャーシューを入れて持ってきて「すいません、普通1枚なんですが2枚入れておきます」って・・・怒りたかったけど旨いのが悔しい(苦笑)。再食あるかなぁ

# by g_amaha | 2006-12-26 04:28 | ラーメン系
2006年 12月 26日

2001.4.26(水)

 昼前に上司から「まだ減量中?」と・・(爆)。「行きますかぁ」、と言わざるを得んでしょう。7週間ぶりのMetro de 昼麺で大喜へ。おっ!昼の黒板メニューが出てるじゃぁないですかぁ、迷わずわんたんめんを注文した。7週間ぶりの熱い醤油スープがいいですねぇ。わんたんめんなのにチャーシューもちゃぁんと入っているし(笑)。今まで、これにライスを付けていたのが信じられないくらい、満腹になってしまった(^^;
 夜は、現在マイブームになっているモツ系居酒屋めぐりへ。今回は縄のれん@恵比寿である。ベタな名前だがとても怪しい店なのだ。カウンターと炭酸のケースに板を置いただけのテーブルに、おっさん達がひしめき合って立ち飲みをしている。テーブルになっている炭酸は、当店名物のハイボールに使われるのだが、巨大なヤカンから怪しい色のアルコールがコップに注がれ、氷と炭酸が入れられると出来上がりだ。大坂屋@門前仲町の焼酎と同じくらいケミカルな味で、モツの焼き物にピッタリの味になるからたまらない(爆)。偶然にも次の日から休みとのことで、入れたのはラッキーだったが、瞬く間に品切れの札が下がっていく。お目当てのガツ刺しは食べられなかったが、煮込み、ハラミ、ミノ、ハツ下、レバー、ズイ、ステーキで大満足。しかし、どうしてもガツ刺しとナンコツを食べたくて、すぐ近くのたつやという焼き鳥屋にはしご(殴)。黒ホッピーを飲みながら欲求を満たすのであった。

# by g_amaha | 2006-12-26 04:26 | ホルモン系
2006年 12月 26日

2001.4.24(月)

 業界の集まりに出席したら、元同僚にたくさん合った。もとM社の開発マンは各処で活躍しているということだ。
とりあえず、昼の時間がたっぷりあったので、大手町から歩いてぽっぽっ屋に行った。片道25分じゃぁ普段は行けないでしょう。でも、いぃ~じゃないですかぁ~。ポキポキ音がするような麺は結構好きなんですよねぇ。マスクをしているからニンニクもOKだし(^^)v

# by g_amaha | 2006-12-26 04:24 | ラーメン系