Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 12月 04日

2017.12.4(月)

 大船で住民票を取ったり、銀行口座を新たに開設したりし、昼は大船駅構内の大船軒で、山葵菜紅生姜かき揚げそばに玉子で手繰る。山葵の辛味がほとんど感じないじゃん(^^; 相変わらずの甘いお汁は、この私でもきつくなってきたという事実。でも、原体験の路麺だから、たまに食べに来てしまうのだ。
a0351572_18402625.jpg
山葵菜紅生姜かき揚げそば+玉子
a0351572_18402945.jpg


# by g_amaha | 2017-12-04 18:41 | 路麺系 | Comments(0)
2017年 12月 03日

2017.12.3(日)

 同居人の父方の叔母が亡くなったのでご焼香に行くことになり、ついでに養護施設にいる母方の叔母に会おうと、川越~さいたま市西区へ車を走らせた。燃費が倍になったお陰で、ガソリンの補給を気にしないで走れるのがありがたい。そして午前中にパパっと用件を済ませ、昼は駐車場の広そうな田家というラーメン屋さんに向かった。
 初めての店で券売機の前に立つと、無駄に焦る体質なので、どれが基本のラーメンか分からない(^^; しかも一番上の列が全部入りなので、これまた基本のラーメンのボタンを探すのにてこずってしまう。あてずっぼで煮干そばと限定の本鰹中華そばを選び、朝飯を食べていない同居人は玉子かけチャーシュー丼もと言うので、そのチケットを買って席に着いた。私が食べた限定の本鰹中華そばは、鶏油の少ない支那そばやのラーメンのようなスープだ。それに食感の良い普通の太さの麺が合わせられていて、ホントに支那そばやで食べているみたいだ。具は豚ロースと鶏のチャーシュー、メンマ、海苔、三つ葉、ネギ。同居人の煮干しそばは、嫌味にならない限界の煮干し出汁のスープで、これが無茶苦茶旨かった。奥久慈玉子を使った玉子かけチャーシュー丼は、流石にブランド玉子だけあり、同居人がチャーシューはいらなかったと言ったくらい旨かった(笑)。いやはや、美味しいお店にあたって良かった良かった。
a0351572_03551739.jpg
本鰹中華そば
a0351572_03551471.jpg
煮干そば
a0351572_03551987.jpg
玉子かけチャーシュー丼
a0351572_03552198.jpg


# by g_amaha | 2017-12-03 19:37 | 関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉) | Comments(0)
2017年 12月 02日

2017.12.2(土)

 竹馬の友S.Aさんから、紅葉を見ながら天園ハイキングコースを歩こうと誘われ、同居人と娘Aも加わってwalkingに出た。まずはいつものように里山から源氏山に向かい、最後の紅葉を愛でる。もうほとんど散ってしまい、いくつかの木だけが色付いているだけだ。
a0351572_02321923.jpg
a0351572_02322343.jpg
a0351572_02322533.jpg
 そして鎌倉でまる八という餃子屋さんで昼を食べることに。鶏sobaと潮soba、それにまる八餃子と生姜餃子を4人でシェアして食べる。私が食べた潮sobaは、優しい味わいの魚介のスープに中細麺が合わせられ、そこそこ旨かったのだが、同居人と娘Aが食べた鶏sobaは、大喜の純とりそばを想像していたのだが、元ダレ忘れてない?と言いたくなるような、まるでお粥を食べているような味で、ふたりとも無言で食べていた(^^; 餃子はというと、普通(爆)。静雨庵にしておけばよかった。
a0351572_02471980.jpg
潮soba
a0351572_02472195.jpg
鶏soba
a0351572_02472475.jpg
まる八餃子
a0351572_02472733.jpg
生姜餃子

 さて、ここからハードなwalkingである。まずは瑞泉寺に向かって歩く。って、紅葉はほとんど終わってるじゃん(^^;
a0351572_02523530.jpg
a0351572_02523886.jpg
a0351572_02524133.jpg
a0351572_02524401.jpg
 そして天園ハイキングコースに入り、獅子舞を目指して里山を登る。おおっ、里山はまだ紅葉が奇麗に残ってるぞ。下ってくるハイカーと道を譲りながら更に登ると、ようやく獅子岩にたどり着いた。女達はどこをどう見ても獅々には見えないと言ってるが、そんなこと言ったら星座なんてどうなのよ。獅子舞というくらいなので、獅子ではなく獅子舞に見えれば良いのだ。
a0351572_02591829.jpg
a0351572_02592147.jpg
a0351572_02592494.jpg
a0351572_02592635.jpg
 この後、明月院の奥に出るルートをひーひー言いながら歩き、家に帰れば万歩計は24000歩になっていた。今までで一番ハードなwalkingだったとさ(^^;


# by g_amaha | 2017-12-02 19:26 | ラーメン系 | Comments(0)
2017年 12月 01日

2017.12.1(金)

 これで食べ収めと思い、久し振りに新日本橋で降りて、天亀そばで朝路麺だ。げそ天そばに玉子という天亀の定番を手繰る。ふむ、これで思い起こすとはない・・だろう(^^;
a0351572_07503075.jpg
げそ天そば+玉子
a0351572_07502855.jpg
 
 という訳で、今日が最終出社日。退職を決めたのは随分前だが、公表は来週の月曜日なので、初めて伝える人達には皆驚かれた。仲良くしていもらっていた事務の奥さんには泣かれてしまうし、12月中に飲みましょうと言ってくれる人もたくさんいて、予定がどんどん詰まってしまった。ありがたいことだ。と言っても引退ではなく、喰っていくために、年明けからまた働くことは言うまでもない。
 そして最後の昼は、大喜で武ちゃんに挨拶しなけりゃと思い、重い選別の袋を抱えてお店に向かった。ちょっと飲ませてねと言って、レモンサワー2枚、餃子、皿ワンタンのチケットを買い、カウンターに座った。いつもの昼飲みより染みるなぁ~。13:00過ぎるとお客さんが退け、武ちゃんと積もる話ができた。最後は醤油らーめんで〆るつもりだったが、昼でも担々麺が食べられるのを知り、それを作ってもらって食べた。そんじょそこらの担々麺専門店より、大喜の担々麺はレベルが高いのだ。濃厚なスープに選んだ太麺が良く合うわ。次にいつ来られるか分からないが、私が転職した年(1999年)に大喜が開業し、移転した年(2017)に退職するという、とても縁の深いお店だけに、お互いこれからも頑張りましょう。武ちゃん、どうもありがとうございました。
a0351572_08054445.jpg
レモンサワー
a0351572_08054795.jpg
餃子
a0351572_08055075.jpg
皿ワンタン
a0351572_08055319.jpg
担々麺

 会社の皆さんからいただいた餞別で家のテーブルは華やかだ。
a0351572_08081570.jpg
a0351572_08082765.jpg
a0351572_08083119.jpg
a0351572_08083386.jpg
 


# by g_amaha | 2017-12-01 19:48 | ラーメン系 | Comments(13)
2017年 11月 30日

2017.11.30(木)

 当社ミニモニにランチに誘われ、健康オタクのKといづもやに入った。当社ミニモニも既に不惑を超えたが、相変わらず元気いっぱい・・に見える(^^; 未だにゴルフ三昧の日々を送っているらしい。昔話をしながらうな肝重に舌鼓を打った。
a0351572_07220853.jpg
うな肝重
a0351572_07221719.jpg
a0351572_07221907.jpg
 夜は昔の臨床グループの仲間が集まり、媽媽という台湾料理のお店でご一献。幹事役の同郷のT部員は、メニューにあるエビマヨを海老チリに変更する(マヨが嫌い)という如才なさを発揮し、しっかり仕切ってくれたので、昔話に花が咲く。一番下だったふたりの若者も、もう入社8年目のバリバリサラリーマンになり、久々にする食事の取り分けが下手糞になっていた(笑)。今はてんでんばらばらの部署に散ったが、このチームが一番良い仲間だった。お店もリーズナブルな値段で結構料理も旨く、チャーハンにふかひれスープをかけて食べたりして、コースを堪能できた。どうもご馳走様でした。
a0351572_07271741.jpg
トリビー
a0351572_07272266.jpg
前菜盛り合わせ
a0351572_07272511.jpg
海老チリ
a0351572_07272945.jpg
油淋鶏
a0351572_07273291.jpg
シウマイと餃子
a0351572_07273659.jpg
帆立とアスパラの炒め
a0351572_07273900.jpg
酢豚
a0351572_07274272.jpg
青梗菜炒め
a0351572_07274557.jpg
ふかひれスープ
a0351572_07274876.jpg
しらすチャーハン
a0351572_07465792.jpg
チャーハンにふかひれスープをかけて
a0351572_07470128.jpg
杏仁豆腐



# by g_amaha | 2017-11-30 22:16 | 中華系 | Comments(0)