Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 10日

2017.3.10(金)

 学会最終日。午前中は会社の雑務を整理し、昼から半蔵門に向かった。そしてぞばうさである(^^; 今日は牛スタミナ温そばのチケットを買って出来上がりを待った。おおっ、こぼれんばかりの刻み海苔(笑)。玉子を割って蕎麦にのせ、ごわごわ感を噛みしめながら食べ進む。冷そばより温そばの方が顎に優しいな(^^; 牛すじが旨かぁ~!玉子を絡めるとすき焼き風になる訳だ。学会が半蔵門で良かった(笑)。
a0351572_05312453.jpg
牛スタミナ温そば
a0351572_05312776.jpg
a0351572_05312921.jpg
a0351572_05313144.jpg
a0351572_05313460.jpg
 夜は同居人と待ち合わせて一火へ。3/15で卒業するしんたろうさん夫妻に挨拶をして、一火最後のもつを堪能する。いゃぁ、名残惜しくていつも以上に食べてしまったな(^^; 4月から独立してぽるこというお店を開店させるそうだ。ガンバレー!!
a0351572_05410863.jpg
トリビー
a0351572_05411061.jpg
お新香盛り合わせ
a0351572_05411317.jpg
レバー
a0351572_05411509.jpg
かしら
a0351572_05411871.jpg
レタスサラダ
a0351572_05412259.jpg
a0351572_05412867.jpg
つくね
a0351572_05413352.jpg
シロ
a0351572_05413779.jpg
タン
a0351572_05414051.jpg
ぎんなん
a0351572_05415681.jpg
タンモト
a0351572_05420029.jpg
酎ハイ
a0351572_05420026.jpg
つなぎ
a0351572_05420188.jpg
椎茸
a0351572_05420368.jpg
サガリ
a0351572_05420962.jpg
シロお替り
a0351572_05421395.jpg
同居人の焼きおにぎり
a0351572_05421569.jpg
なんこつ
a0351572_05421778.jpg



by g_amaha | 2017-03-10 20:23 | ホルモン系 | Comments(0)
2017年 03月 09日

2017.3.9(木)

 なんと、国際学会のツアーが鎌倉ということで、私はバイクで現地集合で参加した。もうこうなったら写真係と化し、光明寺から八幡宮の画像を撮りまくり千代子である(殴)。鶴ヶ岡会館でセッションがあり、午前のセッションが終わったら、ランチョンをふけて志幸に走った(^^; まぁ、想定通りだが、6人待ちで30分以上掛かってようやく鴨南せいろにありつけた。
a0351572_19510222.jpg
鴨南せいろ
a0351572_19510529.jpg
 あっという間に食べ終え、13:10に鶴ヶ岡会館に戻ったら、ランチョンが遅れて間に合ったという事実。そのあと、観光をしたいという方を90分で大仏~長谷観音に連れて行き、鎌倉の土産として紅屋・ニージャーマン・豊島屋の3点セットを紹介し、バスの時間の5分前に帰したという、完璧なツアコン業務を果たした。これ、本業にならんかな(^^;


by g_amaha | 2017-03-09 19:32 | 路麺系 | Comments(0)
2017年 03月 08日

2017.3.8(水)

 今日も今日とて半蔵門で学会である。朝早いセッションから参加するので、天かめで朝路麺をするとに。チケットを買って厨房に持っていくと、そこから茹で始めるので、2分ほど待つことになる。蕎麦がしっとりしゃきっとして旨いじゃないですか。魚粉を入れたお汁はかなり濃い味だ。ダブルにした春菊天と竹輪天は、良い感じで汁に浸って旨い。こんな場所でハイレベルな路麺が食べられるとは・・・。
a0351572_20302404.jpg
春菊天そば+竹輪天
a0351572_20302407.jpg
 そして、昼は今日も今日とてそばうさに走る。バジル冷そばのチケットを買い、画像のよく撮れそうな入口そばのポジションに陣取った(^^; いゃぁ、感想は昨日の書き込みと同じだが、冷にした違いは、蕎麦のごわごわ感が更に高まるということだ(笑)。でも旨さに相違はない。これから大手町からわざわざ食べにきそうだな。
a0351572_20414267.jpg
バジル冷そば
a0351572_20414613.jpg
a0351572_20420460.jpg
a0351572_20421034.jpg


by g_amaha | 2017-03-08 20:16 | 路麺系 | Comments(0)
2017年 03月 07日

2017.3.7(火)

 今日から国際学会が半蔵門で開催され、普段は行かない国際学会に行く羽目に(--; 明日のランチョンを仕切らなければならないので、動線をよく見ておくため、普段はほとんど出ないし弁当も食べない今日のランチョンに出た。そして弁当を開けてみると、流石は今半だけあって見栄えも味もしっかりした内容だった。
a0351572_19141288.jpg
 ご飯を半分にして、ランチョン後はそばうさに走った。路麺大帝が文春オンラインで紹介していたので、半蔵門に来たからには行っておきたかったのだ。13:00近い時間でも店内はほぼ満席で、入れ替わりで何とか隙間に入り込んだ。買ったチケットは、路麺大帝が絶賛していたバジルのつけ蕎麦だ。チケットを渡すと番号が告げられ、しばし待ってその番号が呼ばれて取りに行くシステムだ。おぉっ、つけ汁からバジルが香り、蕎麦をつけて手繰ると更にバジルが口に広がった。旨かぁーーーーー!!こりゃぁ、路麺大帝が立ち食いそばのニューウェーブという通り、衝撃に驚いた後思わず笑ってしまったという事実。くどくなるほんの手前の絶妙な甘味で、中に入っているプチトマトを齧ると、これまたお汁に合った味変が起こる。蕎麦はかなりのコシがあり、レモンを絞って食べると、3回目の味変で箸が止まらなくなる。ベーコンもスクランブルエッグも絶妙なトッピングだ。これを食べたんだから、夜はサラダとミミガーのから揚げだけで、我慢するのも苦ではなかった。
a0351572_19324455.jpg
バジル温そば
a0351572_19325018.jpg
露西亜御免
a0351572_19324772.jpg
a0351572_19325299.jpg



by g_amaha | 2017-03-07 19:34 | 路麺系 | Comments(0)
2017年 03月 06日

2017.3.6(月)

 昼は久し振りに内神田うてなへ。おぉっ、今日はさわら焼霜造りだ。メインが同じでも、小鉢やご飯が色々と変わるので、何度食べても飽きないのがうてななのだ。昔は鯖や鰆は臭い魚で敬遠していたけど、今や好みの部類になってしまったのは、流通のお陰か歳のせいか・・・(^^;
a0351572_19112096.jpg
a0351572_19111954.jpg
a0351572_19112343.jpg


by g_amaha | 2017-03-06 19:12 | 和食系 | Comments(0)
2017年 03月 05日

2017.3.5(日)

 同居人の尻を叩き、鎌倉へ向ってWalkingに出た。11:25に志幸着くと、丁度1クールの7人待ちだったという事実_| ̄|○ 同居人にどうするとか聞くと、ここまで来たから待つというので、30分待って中に入った。同居人はカレー南蛮、私はカレー南せいろを選び、今シーズン最後になるであろう生牡蠣天ぷらと舞茸天を注文した。更に同居人が娘Bと電話をしている隙に、そば焼酎を追加したのは忍びの業である(^^; 先にそば焼酎が出てきて、蕎麦湯割りで飲んでいると、天ぷらが出来上がってきた。この天ぷらはサクッと揚がっていて、塩で食べるのがホントに旨い。そば焼酎にも合いますなぁ。そして、蕎麦も出来上がってきて、伸びないうちにさっさと手繰る。予想通り、カレー南蛮よりカレー南せいろの方が、蕎麦の食感が楽しめる。ぐいぐいと手繰り、お勘定して外に出ると、行列はまだ続いていた。
a0351572_19452074.jpg
そば焼酎蕎麦湯割り
a0351572_19452166.jpg
生牡蠣天ぷら+舞茸天
a0351572_19452646.jpg
カレー南蛮蕎麦
a0351572_19452767.jpg
カレー南せいろ
a0351572_19452911.jpg


by g_amaha | 2017-03-05 19:28 | 路麺系 | Comments(0)
2017年 03月 04日

2017.3.4(土)

 ボランティア活動から帰ってきた同居人を迎えに行き、週末の買い出しの流れでくら寿司へ。大昔に食べて、おこちゃまの店だと足が遠のいていたのに、何年か経って記憶も薄れてしまった(^^; さび抜きが基本なのと、醤油を寿司ダネに直接かける方式は、5皿くらい食べてからようやく思い出した。まぁ、こんなもんでしょう(^^;
a0351572_05502678.jpg
穴子
a0351572_05504982.jpg
雲丹海鮮
a0351572_05502933.jpg
ビントロ


a0351572_05503693.jpg
えんがわ
a0351572_05504079.jpg
帆立
a0351572_05504473.jpg
生しらす
a0351572_05503343.jpg
中トロ
a0351572_05504521.jpg
つぶ貝
a0351572_05503594.jpg
同居人から回ってきた海老天



by g_amaha | 2017-03-04 19:42 | 寿司系 | Comments(0)
2017年 03月 03日

2017.3.3(金)

 長年仕事をともにしたA博士が定年退職するので、最終日の今日、わざわざ顔を出してくれた。積もる話をしていると、健康オタクのKも登場し、更に積もる話に花が咲く。近場のベンチャーでまたバリバリやるらしいので、今生の別れにはならないようだ。
 午後に休みを取ったので、ちょいと八重洲に寄ったついでに、よもだそばで昼路麺をすることに。13:00近くでも激込みで、チケットを持ってそろそろと奥へ進んだ。そばを取ったタイミングでうまいこと席が空いたので、そこに陣取って春菊天とゲソ天をのせた蕎麦を手繰る。もったり感のある蕎麦を持ち上げると、あぁよもだそばだなぁという気持ちになる。ゲソ天も春菊天もクリスピーで旨い。って、ほとんどお汁に浸して食べるんですけどね(^^; もう半カレーを食べる余力はなくなってしまったな(^^;
a0351572_08035915.jpg
春菊天そば+ゲソ天+ネギ多め
a0351572_08040414.jpg


by g_amaha | 2017-03-03 19:49 | ホルモン系 | Comments(0)
2017年 03月 02日

2017.3.2(木)

 那覇の朝は、オールで騒ぐうちなーんちゅの声で起こされる。風呂に入り、昨日のレポートを書いたり画像処理なんぞをして、8:20を過ぎたら朝粥を食べに阿里に向かった。しか~し、8:30になっても、物音はすれどもシャッターが開く気配がない(^^; 更に10分待っても微動だにしないので、公設市場周辺をぐるっと回ってきたら、ようやくシャッターが上がったところだった。
 それにしても、汚らしさが更に増してきたな(^^; 粥の旨さを知らない人は絶対入らないだろう。ピータンと鶏の粥(小)を注文すると、最近は娘さんがメインでお母さんはサポートで作るようなっていた。出てきたそれは、相変わらず毎回違うビジュアルだ(爆)。でもね、旨いんですよ。お母さんと台北話に花が咲き、粥を味わいながらゆんたくした。
a0351572_19542104.jpg
ピータンと鶏の粥(小)
a0351572_19542674.jpg
 那覇空港に行くと、予約していた便に乗る機長が、悪天候で那覇に来ていないということで欠航になったという事実。次の便に振り替えられたが、それでも満席までにはなっていないので、一便抜くことで赤字になるのを防いだんじゃないのか??そんな訳で、ラゥンヂで大東寿司を食べながら時間を潰し、結構な時間を掛けて帰京しましたとさ。
a0351572_20115719.jpg
a0351572_20115809.jpg


by g_amaha | 2017-03-02 19:53 | 沖縄 | Comments(0)
2017年 03月 01日

2017.3.1(水)

 胃の具合はまだ完全じゃないし、沖縄は雨さぁ~。変な時間の飛行機に乗ったので、昼を食いっぱぐれて仕事先に向かう。そこで1時間半くらい待たされ、仕事を終えたのは19:00だった。
 ゆいレールで首里から安里へ移動し、前回同様トミヤランドリーに入った。先客3組くらいが飲んでいる隙間に入り、トリビーを注文する。つまみは台湾風枝豆ともつ塩煮込みだ。胃を気にしながら、恐る恐るビールを飲むと、全く反応しなさそうなので、とりあえず一安心(^^; 台湾風枝豆は、独特の香辛料が使われているが、ちょっちゅあじくーた(濃い味)過ぎでないかい。暑い時期なら良いんだろうか。塩煮込みは前回と違ってシロがほとんどだが、こちらは良い塩梅の味付けでお汁もしっかり完飲だ。
a0351572_04421672.jpg
トリビー
a0351572_04422377.jpg
台湾風枝豆
a0351572_04422644.jpg
もつ塩煮込み
 炭酸はこれで止めにして、請福を氷なしの水割りで頼んだ。すると、氷なしだとどれくらい水を入れていいか分からないと、酎ハイグラスに半分の量の水割りが出てきたという事実(^^; しかも薄いし。まぁ、胃の具合を考えればこれくらい薄くてもいぃっか(^^; 次のつまみは前回食べていなかったてっぽう串カレー煮込みと、豚耳ぱりぱり焼きだ。てっぽう串カレー煮込みは、てっぽうがイカダのように串を打たれているので、カレーが絡まずルーが残ってしまう。やはり、カレー煮込みは金の字のようにシロを使った方が良いようだ。てっぽう自体は旨いんですけどね。豚耳ぱりぱり焼きは、前回同様旨し!である。残ったカレールーを付けても旨かった(笑)。そうこうしているうちに、店内は満席(立飲みで席はないけど(^^;)となり、追加したタンの叩きが中々出てこないので、ひたすら請福を飲んで待つ。こういう時はひとりはツライですねぇ。3杯目の請福を半分飲んだところで、ようやくタンの叩きが出来上がってきた。これも旨いじゃん!請福をちびちび飲み、ひたすらタンを食べてお勘定した。今度は複数で来たいもんだ。
a0351572_05083182.jpg
請福水割り
a0351572_05083405.jpg
てっぽう串カレー煮込み
a0351572_05083928.jpg
豚耳ぱりぱり焼き
a0351572_05084373.jpg
タン叩き
a0351572_05084994.jpg
 胃の具合が何ともないことをいいことに、昼を食べていないことを言い訳に、すぐ近くのアぐりというラーメン店でトドメンを決めることに(殴蹴)。ここは基本の豚そばを注文すれば、無限に替玉できるという触れ込みの店なのだ。#だから入った訳ではない(^^; その基本の豚そばを注文して待つ。ふむふむ、ビジュアルは申し分ないですねぇ。スープを啜ると・・・でーーーーじまーーーさん!!いゃぁ、沖縄でこんな豚骨スープが飲めるとは・・・。細麺もデフォでバリ硬くらいでスープによく合っている。具はロースのチャーシュー、海苔、ナルト、ウズラの玉子、青ネギに白ネギ。
a0351572_05263309.jpg
豚そば
 先客が帰ったので、店主に「スープが無茶苦茶旨いですね」と言うと、「よく言われます」と返ってきた(^^; 話を聞くと、西東京で何軒も店を出し、私の行動範囲でも三越前のなな蓮の隣でつけ麺店もやっていたのだそうだ。「うちは毎日限定メニューを出すような店ですから」というほど、引き出しが多い店主らしい。「替玉どうします」と聞かれたが、もちろん丁重にお断りし、お勘定して帰りましたとさ。
a0351572_05263854.jpg
 ホテルに戻る前、コンビニで泡盛を買い、部屋で飲んだのはここだけの話である。


by g_amaha | 2017-03-01 21:27 | 沖縄 | Comments(2)