Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 12月 ( 1974 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 31日

2006.12.31(日)

 大晦日である。朝起きて適当なものを食べ、外出前に掃除機をかけて準備万端にしておき、巨匠と示し合わせて1年の〆のラーメンを食べにぺーぱんに向かった。以前に比べて豚骨臭は少なくなっていたが、ぺーぱん夫妻が今年ずーっと気にしていた懸案事項なので、席に着いてもしばらくはその話が続く。そして、オーダーに段になって「私は正油で」と言うと、「う~ん・・・私もまずは正油で」と巨匠が続く。まっ、まずはって・・・(^^;
 出てきた正油は・・・旨ぁぁぁぁああ~い!!骨から出た油が甘い、ぺーぱん最高レベルのスープだ。ほとんどモノも言わずに食べ終え、すぐさま巨匠が「味噌お願いします!」と追加オーダーを出した。「G.Aさんは?」と聞かれたので、「少しいただくということで」と交渉を申し出たら受け入れられた(笑)。でもって味噌を食べると・・・これまた旨ぁぁぁぁああ~い!!途中ニンニクと辛味噌を入れて更にスープを重厚にし、2人でぺろっと完食である。「スープがいいですねぇ~。これなら塩もいっときませんと・・・塩お願いします」。巨匠は絶好調である(^^; 勿論、スープが良いだけに塩も旨旨だ。これにも途中で辛味噌を足し、変化を楽しみながらぺろっと完食である。今年最後は完全なラヲタに戻って〆させていただざんす。
 夕方は家族で年越し蕎麦を食べに一徳庵に行く。絶妙なタイミングですぐに席に座れ、久しぶりに天せいろを食べてみた。ここは蕎麦そのものも然ることながら、量もしっかりしているのでまさに家族向きである。だから混むんだけど(^^; そして2006年は暮れていくのであった。

by g_amaha | 2006-12-31 12:31 | ラーメン系
2006年 12月 31日

2006.12.30(土)

 まだまだやることがいっぱいある。年末の買出しの後、風呂場と洗面所の大掃除。車のキズの修理。ようやく終わったら腰がガタガタだ(^^; そんなこんなで、昼は近場の大新でラーメンと炒飯のCセット。今日のラーメンは元ダレもスープも薄かった。今年最後だからしゃぁーねーっちゅうことだな。
 ところで皆さん、ここ数ヶ月前から「Thank you for your loan request,」で始まる海外からのメールが毎日のように来ませんか?これ以上借金してどないせーちゅうんじゃぁーーーー!!

by g_amaha | 2006-12-31 12:30 | 中華系
2006年 12月 31日

2006.12.29(金)

 休みに入った途端、大掃除の指示が出まくり千代子である。まぁ、同居人ができることは2~3日前から進んでいるので、私の担当は高い処(照明関係)、低い処(フローリング関係)、ガレージ、松飾、風呂、その他のメンテナンスである。今日は一気に風呂以外をやっつけるため八面六臂の動きを呈し、昼は超近場の岳家で済ませようと久しぶりに繰り出した。すると岳家の店主には「ご無沙汰してます」と言われる始末(^^; 記録をみると、2月以来行ってないもんなぁ(^^;;; こんな近場に良いお店があるのに(大汗)

by g_amaha | 2006-12-31 12:29 | ラーメン系
2006年 12月 31日

2006.12.28(木)

 今年最後の出勤日である。何となく朝から魚を食べたくなり、東京駅構内の回転朝食うず潮に入った。回転(開店)と同時にあっという間に席が埋まり、ひとり朝定食を食べる女の人はキャリアウーマンに見えるが、男はどう見ても朝飯を作ってもらえないおっさんである(自爆)。で、お好みの3点は、あら煮、焼き鮭、生玉子を選んだ。あら煮はほとんど血合いだったが、鮭とあら煮をがっつりと食べると、魚の欲求は十分満たされた。
 昼は元上司を誘って大喜へ。時期が時期だけに行列が長く、しばらく待つことになったが、うまいこと奥の2人席が空いてそこに座ることができた。今年最後の大喜のラーメンは、今年最高のバージョンアップとなったとりそばにした。う~ん、旨いですのぅ~。元上司は昔と変わらずラーメン+味玉で、これまた満足気である。武ちゃんに年末のご挨拶をして会社に戻った。
 夕方から納会となり、小一時間してこっそりフェードアウトする(^^; で、ひとり向かうはである。今日は汁なしのチケットを買ってカウンターに座り、店主が盛りそうになるのを「多いってば(^^;」とたしなめながら出来上がりを待った。おぉっ、これが定番商品となった汁なしですか。ラー油をチラッとかけ、玉子の黄身と元ダレを麺に満遍なく絡め、一味を振ってワシワシと口に運ぶと・・・旨ぁ~い!!店主と話もせずに一気に完食し、「これで完成だね!」と思わず叫んでしまった。これはホントに旨いわ。開店3ヶ月でラーメンと汁なしの2本柱ができ、常連さんも付いてきて、1月には雑誌にも載るという。来年はきっと更に良いお店になっていくだろう。どうもごちそうさまでした。

by g_amaha | 2006-12-31 12:28 | ラーメン系
2006年 12月 31日

2006.12.27(水)

 1年前、家族で同じ携帯電話を4台買ったのだが、私と小娘Aのモノだけがハズレであった。そこで、1年をクリアしたところで機種変更することに決め、二人で大船のソフトバンクショップに来たのである。小娘Aはデザイン優先、私は薄さ優先で選び、小一時間で全てを完了させた。時計を見るともう少しで一ふの開店時間なので、小娘Aと分かれて仲通り商店街をプラプラ歩いてお店に向かう。まだ開店10分前だが暖簾が出ているので顔を出してみると、ご主人が「どうぞ、いいですよぉ」と迎えてくれた。今日は趣向を変えてワンタンメンを注文する。いつものホッとするラーメンに、ちゅるっとしたワンタンもなかなかだ。すると「いつもありがとうございます」と予期せぬ小ライスまでサービスしていただき、お勘定では「平日のランチは100円引きで」と650円になってしまった(^^; ごちそうさまでした。来年も宜しくお願いします。
 会社に出るにはまだ時間があるので(殴)、未食の路麺店に行こうと田端に出る。そうです、かしやまです。一ふの小ライスが効いているが(^^;、春菊天とちくわ天をトッピングしてしまったという事実。キリッとしたお汁が何とも言えませんなぁ。勿論そばも旨い。でも原一平君だぁ(殴)。帰りは千駄木まで歩きましたとさ。

by g_amaha | 2006-12-31 12:27 | ラーメン系
2006年 12月 31日

2006.12.26(火)

 夜に大英帝国から帰国している元小ボスと同僚管理職とでご一献。横浜で飲もうという提案がすんなり通ったので、まずは味珍支店の2階でスタートである。足以外を片っ端から注文し、他では食べられないモツを堪能してもらった。
 雨脚がおさまらないので野毛に行くのをあきらめ、ちょっと歩いて安兵衛に入った。どこで飲んでも話は尽きないが、路麺店で小一時間過ごすというのもなかなかなものである(^^;
 そして、元小ボスが「ラーメン食わないの?」と言うので、「ハイレベルな路麺を食べさせましょう」と星のうどんに連れて行った。私もそうであったように、有人改札を「うどん食べまーす」と言って通るのを見て、2人とも口あんぐりである(笑)。で、ほとんど終了前のお店に駆け込み、だましあいうどんを食べてトドメンを決める。「うまいじゃん」という元小ボスの言葉がかすかに記憶に残って、本日は終了となった。

by g_amaha | 2006-12-31 12:26 | ホルモン系
2006年 12月 31日

2006.12.25(月)

 昨晩、小娘Bの進路を決めるのにヘビーな状況になり、あまり眠れずに出勤した。昼はがつんといこうと元神田二郎へ行ってみるが、行列は今までにない約40人という有り様だ。これぞアリサマと40人の盗賊である(殴)。でも並びましたがな。で、タワーのような野菜ダブルニンニクを食べましたがな。とりあえず、満足しましたがな(^^;

by g_amaha | 2006-12-31 12:25 | ラーメン系
2006年 12月 31日

2006.12.24(日)

 惰眠をむさぼる同居人を起こし、週末の買出しに出かける。そして、その後で年賀状を出しに行きながら、大新でサンマーメンを食べた。大新のサンマーメンは初めてだが、結構いけるじゃん。街の中華屋さんは何故か心が和みますなぁ。

by g_amaha | 2006-12-31 12:24 | 中華系
2006年 12月 31日

2006.12.23(土)

 昨晩から子連れ同居人と小娘A・Bが実家に行っているので、小僧と2人で留守番の1日。おさんどんと年賀状作成で完全ヒキコ。でも、年賀状を1日でやっけつてしまったので、気分はすこぶるよろしい。

by g_amaha | 2006-12-31 12:23 | その他
2006年 12月 31日

2006.12.22(金)

 流石に3日連続飲み会はつらい(^^; 朝5:00に起きるのもかったるく、水分と塩分を欲した体に、東京駅のあじさい茶屋で春菊天玉そばを補給する。シャッターして食べると、天婦羅が揚げたてで旨いっすね。
 昼に懸案の結果が出るということで何も食べずに待っていたのだが、13:30になっても音沙汰がないので、痺れを切らして野らぼーに行った。定食が松茸ご飯だというのでそれに反応し、煮干天も付けて注文する。まずはうどんと煮干天から食べ始めるが、これだけでも腹八分目になり、松茸ご飯もオトナの茶碗一杯分の量なので、後半は苦しくなってしまった(^^; 煮干天が余計だったかもしれないが、野らぼーの煮干天は旨いんですよねぇ。
 席に戻っても結果が来ておらず、仕方なく直接電話を入れると・・・返事は



 「ネガティブです」          _|‾|○



 後は仕事にならず

by g_amaha | 2006-12-31 12:22 | 路麺系