Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:居酒屋系( 60 )


2017年 12月 11日

2017.12.11(月)

 ナチュラルローソンで、娘達の弁当のおかず用にと冷凍食品を見ていたら、かけそばとかき揚げがあったので、買っておいて今朝食べてみた。かけそばが108円で、かき揚げが1つ54円だから、162円の朝麺だが、値段相応であった(^^;
a0351572_07425287.jpg
ナチュラルローソンのかけそばとかき揚げ

 昼は年休を取っているS.Aさんに誘われてみの和へ。最近はまっている肉汁そばを辛口で注文した。バラ肉の旨味をストレートに味わうなら、ノーマルの方が良いかも。カツ丼合わせを食べたS.Aさんは、天丼合わせの方が好みだそうだ。このあと円覚寺→東慶寺→浄智寺と回って帰った。
a0351572_07471334.jpg
肉汁そば辛口
a0351572_07471660.jpg

 夜は10数年前に業界団体で知り合った偉い方(笑)と大船でご一献。空ぼうずに予約して入ると、我々以外は団体さんの予約で、その人達が来るまで貸し切り状態だ。空セットと坊主セットを基本に、山芋フライ、カワハギ肝和え、砂肝ピリ辛炒めなどを追加し、ビールから始まってハイボールや日本酒を飲み倒す。ほぼ完全体になってお勘定すると〆て8,791円。イカンでしょう~。大船一のコストパフォーマンスだ。大将、ご馳走様でした。
a0351572_07550576.jpg
トリビー
a0351572_07550837.jpg
お通し
a0351572_07551115.jpg
坊主セットのあん肝
a0351572_07551409.jpg
山芋フライ
a0351572_07551766.jpg
空セットの刺し盛り
a0351572_07552045.jpg
ハイボール
a0351572_07552323.jpg
空セットの鰤大根
a0351572_07552780.jpg
坊主セットの天ぷら
a0351572_07554141.jpg
男山
a0351572_07554335.jpg
カワハギ肝和え
a0351572_07554640.jpg
坊主セットのカレイ煮付け
a0351572_07554987.jpg
砂肝ピリ辛炒め
a0351572_07555111.jpg
八海山
a0351572_07555458.jpg


by g_amaha | 2017-12-11 20:37 | 居酒屋系 | Comments(2)
2017年 12月 06日

2017.12.6(水)

 ボイストレーニングに行っていた同居人と待ち合わせて、夜は大船にできた串カツ田中へ入ってみた。まずはお通しキャベツと二度づけ禁止のソースが出され、飲み物のオーダーを聞かれる。聞くところによれば、串カツ田中はJIM BEAMの消費が日本一だと聞いたので、かつてバーボンのハイボールを好んで飲んでいた私は、ビールも頼まずにそれを注文した。そして、つまみはどて煮込みと最初の串カツを5種類選んだ。おぉっ、どて煮込みが旨いじゃん。でも、もう少し熱くしてほしいなぁ。開店直後でまだ油の温度が上がっていないようで、ちょっちゅ待たされて串カツが出てきた。ふむふむ、串カツで〇がなに比べてポーションがしっかりしている(笑)。まずは紅生姜から食べてみると、いぃーーーじゃん、いぃじゃん。次はハムカツだ。これもいいぞ。続いてレバかつ。これもいい。トマト。旨いねぇ。そして牛かつ。いぃーーーじゃないですかぁ。こりゃぁ串カツ〇んがなより遥かに好みだ。ここで昼が遅かった同居人が「もうお腹い杯」というので、串カツ第2ラウンドは私中心に4種類頼んだ。豚かつはまぁまぁ。牡蛎は値段相応。あさりはほとんど味がしない(^^; うずらはごく普通だった。途中、ちんちろりんをして、偶数目でJIM Highが半額になり、二度目は奇数目でMega Highになるという、いってこいの勝負になったりして、4杯分呑んだ。店員さんの目配りや気合の入り方に若干疑問を感じつつも、そこそこ楽しめるお店だった。たまに入ってもいいな。
a0351572_04592065.jpg
お通しキャベツとソース
a0351572_04592274.jpg
どて煮込み
a0351572_04592596.jpg
JIM High
a0351572_04592840.jpg
レバー・ハム・トマト・牛・紅生姜
a0351572_04593186.jpg
Mega High
a0351572_04593306.jpg
豚・牡蛎・アサリ・うずら
a0351572_04593674.jpg


by g_amaha | 2017-12-06 19:34 | 居酒屋系 | Comments(0)
2017年 11月 07日

2017.11.7(火)

昼はIさんに誘われて、神保町のSANKOUEN CHINA CAFE & DININGへ。Iさんから餃子が旨いと勧められたのに、酸辣湯麺の写真が旨そうだったのでそれを注文した(^^; ランチはサラダかデザートかライスが付くというので、ベジファーストのつもりでサラダを頼むと、大盛にしますか?と聞かれた。サラダの大盛りって(^^;と思ったが、Iさんも大盛にしているのでそれに従った。って、サラダと酸辣湯麺が一緒に出てくるんかぁーーーい。麺が軟らかくなるんじゃないかと気にしながらサラダをかっ込むが、キャベツメインなのでボロボロこぼれて年寄り丸出しだ。酸辣湯麺はまぁ普通(^^; やっぱり餃子にしておくべきだった。
a0351572_08003561.jpg
酸辣湯麺
a0351572_08003816.jpg
サラダ大盛
a0351572_08004360.jpg

 夜は研修で東京に来ている群馬県人Kとご一献。ただし、私の方が上がりが早いので、ちょいと立ち呑んで待つことにした。関内駅から20分くらい歩いてたどり着いたのは浅見本店だ。これぞ「角打ち」という、酒飲みにとって嬉しくなるやら感心するやらの、トラディッショナルな酒屋なのだ。
a0351572_08244264.jpg
 お母さんに生ビールを頼むと、途中で樽が空になったらしく、「ごめんなさーーい」と言われてしまった。じゃぁ酎ハイにしようかなと言うと、「シークワーサーがありますよ」と勧められたのでそれを頼むと、「ごめんなさーーい、無くなってたわ」だと(爆)。ならばグレープフルーツでいいですよと伝えて持ってきてくれたのはシチリアレモンだった(再爆)。煎ったそら豆をもらうと、「半分だけど飲んじゃってください」と最初の生ビールも出してくれ、まったりとした時間調整ができた(笑)。
a0351572_08235758.jpg
a0351572_08251252.jpg
 群馬県人Kからメールが入ったので、白井肉店で豚足とガツを買って、吉野町を目指して歩いた。群馬県人Kと合流して向かったのは、2年振りの喜楽やだ。しんちゃんにご挨拶し、刺し盛りを注文してトリビーで乾杯だ。お約束のお通し糠漬けとあら煮をつまみながら、魚ちゃんの群馬県人Kと刺し盛り以外の注文を検討する。壁に貼られた品書きを見ながら、あんこうの唐揚げと石鯛のあら焼きを選んだ。今日の刺し盛りは、イナダ、真鯛、太刀魚叩き、ホヤ、烏賊、小肌酢漬けの6点盛りだ。真鯛の熟成度がいぃーーーー具合じゃないですかぁ。小肌の〆具合も絶妙だぁ。さすがしんちゃん、腕は鈍っていないな。仙台に単身赴任している群馬県人Kは「ホヤは普段食べてますから、G.Aさん食べてださい」と言うので、遠慮なくいただいた(笑)。
a0351572_08374075.jpg
トリビー
a0351572_08381022.jpg
お通し糠漬け
a0351572_08383929.jpg
お通しあら煮
a0351572_08391098.jpg
刺し盛り
 ビールをお替りすると、あんこうの唐揚げが出来上がってきた。塩で食べても三杯酢で食べても旨いので、あっという間に2杯目のビールがなくなった。中々のボトルをもらって飲んでいると、今度は石鯛のあら焼きだ。これも旨いなぁ~。魚ちゃんの群馬県人Kは、せっせと身を外して食べている。すると、しんちゃんから自家製のからすみやらカワハギの肝和えなんぞをサービスしていただき、中々はあっという間に無くなったという事実(^^; 禁断の〆炭は魚だしあんかけの皿うどんだ。
a0351572_08470646.jpg
あんこうの唐揚げ
a0351572_08473622.jpg
石鯛あら焼き
a0351572_08480625.jpg
中々お湯割り
a0351572_08483656.jpg
自家製からすみ
a0351572_08490609.jpg
カワハギの肝和え
a0351572_08495194.jpg
魚だしあんかけの皿うどん

 いやはや、腹一平君。最終のとうぼぐ新幹線で帰る群馬県人Kを見送り、私も酔いの世界を彷徨いながら帰りましたとさ。しんちゃん、どうもご馳走様でした。



by g_amaha | 2017-11-07 21:19 | 居酒屋系 | Comments(0)
2017年 09月 14日

2017.9.14(木)

 げそ天そばが食べたくなり、昼路麺は久し振りに天亀そばへ。天亀では玉子をつけるのは基本だ(笑)。これこれ、これですよ。いぃーー味出してるよなぁ。これで480円は非常に価値ある路麺ざます。
a0351572_07051839.jpg
げそ天そば+玉子
a0351572_07052171.jpg
 帰りに掛かり付け医に寄ってメタボの薬を処方してもらい、時間をつぶしてから竹馬の友S.Aさんとご一献する事に。事前にS.Aさんから予算は2000円でという縛りを入れられていたので、普段はなかなか入ることのない、居酒屋以外のチェーン店で仕組んでやろうと、遊び心満々となって2店セレクトした。ひとり1軒1000円でどれだけ飲んでちゃんとしたつまみも選べるかを手帳にメモしてきたのだ(自爆)。
 スタートはてんやである。席に着くなり、バイトのおねーちゃんから「松茸のかき揚げ天丼がお薦めです」と言われたが、オッサン達は「ビールセットふたつね」と何も聞いてないように注文を入れるのだ(^^; ビールセットとは、中ジョッキに海老、烏賊、レンコン、いんげんの天ぷらがついて630円という設定なのだ。単品だと中ジョッキが430円で、天ぷら4品が440円なので、240円もお得になる。先週飲んだ小グラスで620円のビールなんぞより、こちらの方がオジサン達には分相応だ(^^; 天ぷらやお新香をつまんでぐびぐびとビールを飲み干し、2杯目はハイボール280円にして、蛸の海藻サラダ150円をふたりでつまんでお勘定にした。〆て1970円。会計しようとすると、レジの横に「リッチモンドホテルのメンバーズカードを提示すると10%割引」とあるじゃないですか。すかさず財布からメンバーズカードを取り出して見せると、1773円になったという事実。なんか申し訳ないね(^^; どうも御馳走様でした。
a0351572_07595323.jpg
セットの生ビール
a0351572_08002318.jpg
セットの天ぷら4点盛り
a0351572_08005490.jpg
ハイボール
a0351572_08012327.jpg
蛸の海藻サラダ
a0351572_07592473.jpg
 227円のお釣りを握りしめ(爆)、次に向かったのはサイゼリア大船駅前店だ。もともと飲み仲間の間では「サイゼリアは安く飲めるよね、つまみも結構旨いし」というのが定説になっており、しかもこんな記事まで見せられた日にゃぁ入らざるを得んでしょう~。で、その記事を大いに参考にさせていただき、赤ワインデカンタ500mL 399円、エスカルゴ399円、ペコリーノ粉チーズ69円、フォッカチオ119円×2、キャベツとアンチョビのソテー199円でスタートである。変わったものを食わず嫌いするS.Aさんは、還暦を過ぎて初めて食べるエスカルゴに当惑していたが、ペコリーノ粉チーズをかけて溶けたところで食べさせると、あーら不思議、旨いじゃんを連呼し、フォッカチオをちぎっては食べちぎっては食べを繰り返している。ここのフォッカチオは旨いと評判なので、私も今夜はGI値に目をつぶり、エスカルゴとフォッカチオを食べてはワインで流しこむ。しかも、キャベツとアンチョビのソテーがいい箸休めになっている。
a0351572_08022496.jpg
赤ワインデカンタ500mL
a0351572_08030943.jpg
エスカルゴ
a0351572_08033964.jpg
ペコリーノ粉チーズ
a0351572_08040982.jpg
皿の熱いうちにペコリーノ粉チーズを投入
a0351572_08043815.jpg
フォッカチオ
a0351572_08050925.jpg
キャベツとアンチョビのソテー
 ワイン399円をお替りし、真イカのパプリカソース199円と、てんやの繰越金があるのでミラノサラミ299円を選び、名残惜しそうな顔をしたS.Aさんのために、予算オーバーに目をつぶってフォッカチオ119円を追加してあげた(笑)。いゃぁ、中ジョッキにハイボールとワイン500mLを2時間弱で飲んだので、お勘定する頃にはほぼ完全体だぁ(^^; サイゼリアのお勘定は〆て2320円。てんやと合わせてふたりで4093円であった。ほぼ予算通りで、めでたし、めでたし。ふたりで千鳥足で帰りましたとさ。
a0351572_08053977.jpg
真イカのパプリカソース
a0351572_08062364.jpg
ミラノサラミ


by g_amaha | 2017-09-14 21:00 | 居酒屋系 | Comments(2)
2017年 02月 04日

2017.2.4(土)

 白金で学会があるため、目黒で朝路麺をすることに。お馴染みの田舎で春菊天と竹輪天をのせて手繰る。すっかり忘れていたが、このお汁には玉子が合うんだった。天ぷらダブルにするとちょっちゅ食べにくかったという事実(^^;
a0351572_08100803.jpg
春菊天そば+竹輪天
a0351572_08101141.jpg
 学会の昼休みは時間が短いので、あたふたとSOI7というタイ料理店に入り、トムヤムクンラーメンセットを注文した。最初に生春巻きが出てきて、それを食べているとすぐにトムヤムクンラーメンが出来上がってきた。酸味も辛味も弱いので、あっという間に食べられるのは良いが、現地仕様で食べたかったなぁ。食後のコーヒーは甘かった(^^;
a0351572_08160170.jpg
生春巻き
a0351572_08160429.jpg
トムヤムクンラーメン
a0351572_08160652.jpg
コーヒー
a0351572_08160973.jpg
 学会が終わったら、久し振りに会った群馬県人KとT博士とN博士の4人でご一献となった。16:30過ぎでも日本海という店に暖簾が掛かっていたので、人数を告げて席に着いた。トリビーで乾杯し、各々が思いついたつまみを注文する中、刺身盛り合わせが2~3人前だというので、料金を足して4人が食べられるようにしてくれるかとフロアのオネーサンに頼むと、切り身が薄くなりますと言われた(爆)。いやいや、料金を足すから・・・と言ってもなかなか通じない大陸出身のオネーサン(^^; なんとか理解してもらい、その後は飲むを食べるわボトル2本開けて酔いの世界へ。久し振りにいじられキャラのN博士をいじって笑った。
a0351572_08304840.jpg
川海老
a0351572_08305124.jpg
だし巻き玉子
a0351572_08305499.jpg
しらすサラダ
a0351572_08305651.jpg
ごぼうから揚げ
a0351572_08305967.jpg
牛すじ煮込み
a0351572_08310212.jpg
刺身盛り合わせ
a0351572_08313281.jpg
刺身筍
a0351572_08313405.jpg
うど酢味噌
a0351572_08313745.jpg
つまみ穴子
a0351572_08314005.jpg
白子天ぷら
a0351572_08314220.jpg
蒸し牡蠣
a0351572_08314566.jpg
鉄火・穴きゅう・ひもきゅう
a0351572_08314634.jpg
かんぴょう・納豆・ネギトロ
a0351572_08322151.jpg



by g_amaha | 2017-02-04 20:06 | 居酒屋系 | Comments(0)
2016年 12月 22日

2016.12.22(木)

 今年最後の出張は長崎である。しかも、トラブルシューティング(^^; かなりヘビーな事態になると覚悟していたら、それほどのこともなく集結してほっとした。ただ、結果としては痛み分けなのだが・・・。
 仕事先からの帰り道に寄ったのは亜紗グループの嘉門だ。よ○みちゃんに「ひとりだけど入れる?」と聞くと、「19:30までなら」と言うので、いつものように「そんなに居ないから大丈夫」とカウンターに座らせてもらった。
 トリビーを注文し、つまみを選ぶのに長考していたら、ビールの泡が減ってしまった(^^; 結局、いつものようにごぼうパリパリサラダハーフと刺し盛りハーフ、それに鯛の蕪蒸しを頼んでスタートする。ベジファーストでサラダをぐいぐい食べると、刺し盛りハーフが出来上がってきた。ハーフといっても7点盛りだから、見栄えは全く悪くない。しかも、どれもきときとで旨かぁーーー!フロアのおねーちゃんから言われたとおり、鰹の炙りをもみじおろしポン酢で食べると、これが初めての味わいでいぃーーーじゃないですか。まだまだ知らない事はいっぱいありますなぁ。
a0351572_04141906.jpg
トリビー
a0351572_04142521.jpg
ごぼうパリパリサラダハーフ
a0351572_04143004.jpg
刺し盛りハーフ
 と、隣にお金持ち風のお婆さんが座り、私のつまみをじろじろ見ながら注文を入れるので、チラ見すると・・・亜紗グループの大女将じゃないですかぁ~。成り行きで色々と話をすることになり、料理をつまむのもなかなかできないくらい相槌を打たなければならなくなってしまった(^^; 鯛の蕪蒸しなんか、最後は冷めてしまったという事実。壱岐スーパーゴールドを2杯飲んで、頃合いを見計らって立とうかと思ったら、もう1杯飲みなさいと、奢られてしまった(^^; 酔った勢いで、「大女将にお願いがあるんですけど、牛のタタキを復活させてください。亜紗に通ってた頃はあれが好きで毎回食べてたんです」と言うと、「あれはO-157の件で止めたんだけど、もともと800円では大赤字だったの。1200円で出すものだったんだから」とのこと。ここの板長は本店(亜紗)で働いていた方だそうで、大女将はその板長を呼んで「この方が次に来たら、牛のタタキを出してあげて」と言われてしまった(汗)。そんな、次にいつ来るか分からんのに(^^; 他にも色々な話を聞けたが、アクの強くない成功者の話はとても面白い。大女将、どうもご馳走様でした。
a0351572_04143589.jpg
壱岐スーパーゴールド
a0351572_04143973.jpg
鯛蕪蒸し
 ホテルに戻り、ささみジャーキーとチーズで、黒霧島を1合空けたのはここだけの話である(殴)


by g_amaha | 2016-12-22 21:48 | 居酒屋系 | Comments(0)
2016年 03月 20日

2016.3.20(日)

 ちょいと訳ありで、材木座の墓地を見に行くことになった。そこの墓地にはジョー・山中が眠っていたり、先輩である赤木圭一郎も眠っていると知り、しっかり拝んで帰ってきた。明日はご先祖様を拝みにいかなくては(^^;
a0351572_13441754.jpg
a0351572_13445327.jpg

 昨日から息子が帰ってきているので、夜は同居人の誕生祝を前倒しですることになった。予約したのは大船の海音というお店だ。店主が釣り人で、かなりの大物もお店に出ることがあるらしい。何といっても決め手だったのは、時化の日以外は金目をほぼ毎日出しているということ。先般のバスツアーでこかされたリベンヂをしようという作戦である。
 トリビーで乾杯し、お通しの鶏の白菜煮をつまんでいると、最初に刺し盛りが出てきた。流石釣り人といえる7点盛りだ。2杯目のビールを飲みながら刺身を堪能したあと、メインの金目の煮付けが出来上がってきた。4人でおぉっと声を出すくらいでかっ!!正中線に沿って箸を入れ、ほくほくの身を甘ーいタレに付けて食べる。旨かぁーーーー!箸が休まる間もなく、あっという間に金目は骨だけに・・(笑)。
a0351572_13444519.jpg
トリビー
a0351572_13470198.jpg
お通し鶏の白菜煮
a0351572_13471225.jpg
刺身7点盛り
a0351572_13471532.jpg
金目煮付け
 落ち着いたところで、通常のメニューを注文する。2クール目は、今日のお薦めという蒸し牡蠣とズワイガニのタルタルサラダと魚の南蛮漬けだ。シーズンも終わろうという牡蛎は、醤油を1~2滴たらして頬張ると、磯の旨味が口いっぱいに広がった。これまた旨かぁーーーである。マヨとチーズがNGの息子がいるので、半掛けにしてもらったズワイガニのタルタルサラダで口直しをし、ひれ酒を飲みながら鰺の南蛮漬けをいただく。ひれ酒は初めて飲むという息子は香ばしさにはまり、一緒に熱燗お替りをしたという事実。
a0351572_13530644.jpg
蒸し牡蠣
a0351572_13531012.jpg
ズワイガニのタルタルサラダ
a0351572_13531434.jpg
ひれ酒
a0351572_13531724.jpg
鰺の南蛮漬け
 3クール目は骨せんべいとチキン南蛮だが、これはトリビーと食べるべきつまみだったな(^^; 最後にシャーベットをいただき、初食としてはかなり海音を堪能してお勘定となった。これでリピートするお店が増えたぞ、と。
a0351572_13532096.jpg
骨せんべい
a0351572_13532339.jpg
チキン南蛮
a0351572_13533313.jpg
シャーベット
 このあと、皆でカラオケ大会をして帰りましたとさ。



by g_amaha | 2016-03-20 22:00 | 居酒屋系 | Comments(0)
2016年 02月 13日

2016.2.13(土)

 ガクメンの更新をしていたら、昼麺に出掛けるタイミングを逸し、夕方にふらっと大船に出てヒグラシ文庫で立ち飲む。常連さんが死刑論を大きな声で話している中、びんちょう切り落としをつまんで酎ハイをちびちびと飲む。ご近所さんが焼き鳥をテイクアウトしにきたり、厨房担当は休む暇もない。2杯目のまかないサワーをもらい、焼き上がってきたカキを頬張ると口福の世界だ(笑)。サクッと飲んで終了した。
a0351572_08530790.jpg
酎ハイ
a0351572_08531156.jpg
びんちょう切り落とし
a0351572_08531984.jpg
まかないサワー
a0351572_08532828.jpg
牡蛎焼き
a0351572_08533201.jpg
 ぶらりと戻ってアンダンスーに寄り、瑞泉のお湯割りでターンムアギーをいただく。そして〆炭の軟骨ソーキそばを食べるのだが、軟骨ソーキが全然入ってないじゃん(^^; これも含めてカヨちゃん食堂なのだ。(タヘンムアギーの画像はボケボケなのでカット)
a0351572_08580766.jpg
瑞泉お湯割り
a0351572_08581087.jpg
軟骨ソーキそば
a0351572_08581432.jpg
ラーメン31杯/はらわた4軒


by g_amaha | 2016-02-13 18:45 | 居酒屋系 | Comments(0)
2015年 11月 14日

2015.11.14(土)

 雨で何もやる気が起きず、昼までだらだら過ごしていたが、夕方にぶらりと鎌倉に出て、ヒグラシ文庫で立ち飲んだ。瀬木さんと話をしながら、〆鯖を肴にルービーから酎ハイ2杯でサクッと撤収。良い気分転換になった。
a0351572_16540307.jpg
トリビー
a0351572_16540648.jpg
〆鯖
a0351572_16540963.jpg
酎ハイ


by g_amaha | 2015-11-14 00:00 | 居酒屋系 | Comments(0)
2015年 10月 02日

2015.10.2(金)

 N氏を誘って昼麺は元神田二郎へ。だんだんと涼しくなるに連れ、ラーメン店の行列が伸びるのは定説だ。麺硬め野菜ダブルニンニクで、沖縄旅行の後の節制はなかったことになる訳だ(^^;
 会社からの帰り道、気分が立ち飲みになっているので、大船で降りてひぐらし文庫へ入った。大船は鎌倉と違い、自然光が入らないからちょっちゅ暗くて息苦しさがあるかな。トリビーを頼んで、一通りのメニューを眺め、鰻串の三本セットを頼んだ。ビールを飲みながら見ていると、慎重に焼いているようで、串を何度も回している。食べてみると、思った通り焼物感が弱い。特に鰻のカシラなんかを食べると著明だ。焼鳥でも焼き肉でも焼き魚でも、精々3~4回ひっくり返すのが常道だと思うけど、どうだろうか。なんて思いながら、2杯目の賄いサワーをぐびりと飲み、ほろ酔いで家に帰りましたとさ。



by g_amaha | 2015-10-02 00:00 | 居酒屋系 | Comments(0)