Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:近畿(兵庫)( 4 )


2006年 12月 26日

2001.11.15(木)

 ヘロヘロの朝である。ひとまわりも歳の違う若者2名と、同じ勢いで飲んじゃあいかんでしょう(^^; しかし、いくらヘロヘロでも学会場には行かねばならず、午前中のセッションを忍耐で乗り切った。一応ここで責任を果たし、ヘロヘロな身体で南京町に向かう。老祥記のぶたまんをお土産に持って帰ろうという魂胆である。かつて、1時間以上並んで買ったお店も、行列は7~8人程度で、各人が買う数も昔のような20~30個ではなく6~10個だ。そんな訳で、10分程度の待ちで20×2+10×2の計60個を買うことができた(^^;
 さて、最後に一杯と思い、どこで食べようかと考えていたら、新神戸に行く途中に丸高中華そばがあるのを思い出した。ヘロヘロの体には中華そばだけにしておこうと思いながら、隣の人の醤油色の焼めしが目に入り、「焼めしセット」と叫んでいたのは私です(殴)。丸高って車庫前系だよねぇ?と言いたくなるような濃いスープは、ヘロヘロの身体に染み渡るほど旨い。焼めしも旨い。神戸って和歌山ラーメンが旨いじゃん(^^;

by g_amaha | 2006-12-26 11:15 | 近畿(兵庫)
2006年 12月 26日

2001.11.14(水)

 さて、今日も朝ラーである。昨日と同様に大倉山に移動し、私が神戸に来て初めて食べて、いつのまにかはまっていたもっこす大倉山本店に行くのである。当時ですら「もっこすで食べてきた」と現地の人に言うと、「こてこてやなぁ」と言われるくらい有名なラーメンだった。震災の時には、600円のラーメンを500円にして市民に提供したという、地元を代表するお店である。今日も朝の7:30で、既に先客5名・後客2名という状況だ。出てたきた中華そばは、「こてこてやなぁ」という程ではなくなっていたが、「おぉ~これこれ」と思わずニンマリしてしまうラーメンには変わりがなかった。豚ガラの出汁が良く出た少し甘めのスープは、宮っ子同様胡椒とニラを入れて更に美味しく食べられる。久しぶりに旧友に会った気分を味わえた(笑)。
 昼はまたまたJRでちょっと移動して、あじゅち屋に向かった。前社時代の旧友が阪神地区で一番好きなお店だそうだ。目立ったものがなぁ~んにもない場所だが、流行の店構えはこちらでも十分目立っている(笑)。まっち棒という先入観があるので、熟成こってりに特製半熟味付玉子を付けて注文した。ほぅ、ちょっと苦味のあるコッテリとんこつは正にまっち棒。いやっ、まっち棒より良いかも(笑)。麺は和歌山ラーメンの標準よりかなり細めのストレートだが、これもスープに合っているから問題なし。ただ、半熟味付玉子は、わざわざ特製というほどじゃないでしょう(^^;
 夜はかつて連れて行ってもらったお店で飲み、初日に行ったBAKUDANで更に飲み、勢いに乗って希望(ホープ)軒三宮店へ。激辛ピリカラーメンを食べて帰り、その夜は大変な目に合うのであった(詳細省略)。

by g_amaha | 2006-12-26 11:14 | 近畿(兵庫)
2006年 12月 26日

2001.11.13(火)

 平成3年から2年間くらい神戸に来ていた事もあり、土地感が全くない訳ではなく、データを仕入れられれば動きはOKだ。そこで、朝ラーである。大倉山まで地下鉄で移動し、24時間営業の店神戸とんこつ亭に向かった。こってりとあっさりを選ぶことができるので、こってりでいってみた。神戸の醤油ラーメンの形態で、白湯のとんこつスープというところが変わっている。ラードが覆っているのだろうか、スープが熱い。胡椒がデフォで入っているな。チャーシューが10枚くらい入っている。と、色んなことを言っているが、普通に美味しいラーメンであった。
 昼は神戸の醤油ラーメンを語るのに是非押さえておきたい宮っ子ラーメンへ。そうそうこれですよねぇ、所謂ひとつの神戸のスタイルは。このとんこつ系のほんのり甘いスープには、唐辛子に漬けたニラが合うんだよなぁ。薄切りチャーシューは、噛み応えがあって肉を食べているという気持になれる。なるぼど、人気店というのが分かるラーメンだった。
 阪急で三宮へ戻りながら、気分で「ぶらり途中下車」をしてしまった。最初に見つけたところに入ろうと歩いていると、山神山人の店名が目に入った。おぉっ、KANSAI一週間に載っていたお店だ。中に入ると、木のカウンターとジャズのBGM。武蔵じゃん(笑)。とんこつの白湯スープはしっかりコクが出ていてなかなかの味で、具の一つ一つにもきちんとした仕事がなされている。旨い!途中下車は大正解だった。
 夜は学会に来ている会社の仲間と中華を食べる。焼そばやら炒飯に目玉焼きがのってくるのが関西っぽい。その後一杯飲んで、TAOシアタープロデュースの道麺で締めくくる。次の日のセッションがメインテーマだったので、坦々麺は普通の辛さで食べたが、旨いけどやはり辛さは物足りない。激辛にしておけばよかった(^^;

by g_amaha | 2006-12-26 11:13 | 近畿(兵庫)
2006年 12月 26日

2001.11.12(月)

 明日からの学会に参加するため、夕方から神戸に移動する。私ゃぁどうも電車の中でうまいこと眠れないので、新幹線は精々2時間が忍耐の限界になってきている。そのため、神戸辺りに行くのは気が重いのだ。とりあえず名古屋までの2時間を、ラーメン店のリストアップで時間を潰すことにした。(お蔭で行き当たりばったりを最小限に抑えて食べることができたのだが)
 案の定、20:00過ぎに新神戸に着くとかなりぐったり(^^; まずは一杯ということで、新神戸駅の傍にあるラーメン婆婆へ。中国で出会った味を云々という薀蓄があったが、博多ラーメンのようなテーストだけどなぁ(^^; カウンターに置いてある高菜をたっぷり入れて美味しくいただきました。
 この後はもつの店BAKUDANで1日の句読点を打った。

by g_amaha | 2006-12-26 11:12 | 近畿(兵庫)