Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:近畿(大阪)( 14 )


2017年 06月 20日

2017.6.20(火)

 班会議出席のため大阪へ。12:00に新大阪に着き、13:00開始に間に合うよう大阪駅の路麺店を探すのだが、ようやく麺屋を見つけたのが13:35。結構並んでいて、蕎麦を食べ始めたのが12:40。賦形剤の多いちくわなので、食べるのに時間が掛かったが、12:45には何とか食べ終えた。麺家と言えばJR西日本の経営で、京都駅にもあるが、半分くらいがうどではなく蕎麦を手繰っているのには驚いた。こういうお汁で蕎麦を手繰っても違和感を覚えなくなったのは、ここ半年以上立ち食いそばを食べているからかもしれない(^^;
a0351572_08185631.jpg
ちくわ天そば+きつね
a0351572_08185954.jpg
 会議が終わったのは7:00過ぎ。昨日今日とドライデーにすると決めたので、新大阪に戻ったところで浪花そばに入った。前回は新幹線そばが中華麺でずっこけたので、定番のスペシャルを蕎麦で注文した。勿論、ネギ多めだ(^^; あらためて丼のでかさに驚き、席に着いて蕎麦を手繰る。ん?!これって乾麺?そんな食感の蕎麦と、鰹出汁のお汁が意外に合っている。でも、やっぱりうどんの方が合うな(^^; お汁が美味しいので、ほぼ完飲して腹たっぷんになってしまった。これなら、ビールに日和らなくて済みそうだぞ、と(笑)
a0351572_08300774.jpg
スペシャル(そば)ネギ増し
a0351572_08301060.jpg


by g_amaha | 2017-06-20 22:01 | 近畿(大阪) | Comments(0)
2016年 04月 25日

2016.4.25(月)

 週のあたまから大阪出張である。いつものように小田原経由で向かうのだが、大船駅で乗車券を買ってしまったので、小田原の改札から出られないので箱根そばが食べられない(^^; そこで東海道線の上りホームに移動して小竹林に入った。北海道新幹線開通にちなんで、北の恵みかき揚げなんぞというメニューがあるので、それに玉子を付けて食べることにした。おぉっ!小竹林ってこんなにお汁が甘かったっけ?つるんとしてしゃきっとした蕎麦もいぃーーーじゃないですかぁ。かき揚げには細切り昆布とジャガイモとイカが入っていて、これが北海道をフィーチャーしているらしい(^^; かつての小竹林のイメージとは全く違い、むしろ箱根そばより好きかもと思いながら、食べ終えたという事実。
a0351572_20353527.jpg
北の恵みかき揚げそば+玉子
a0351572_20354012.jpg
店構え
 新大阪の貸会議室で研究班会議が始まり、13:00前にようやく昼休みとなった。弁当は頼まず、新大阪駅の1Fにあるフードコートに走り、段七というラーメン屋さんに入った。ラーメンは鶏ガラのあっさりと豚骨のこってりあり、それに色々と組み合わせたセットがしつらえてある。勢いで豚骨ラーメンに半チャーハンと餃子を組み合わせた、餃子セットというのを注文した。思ったより早く出てきたそれは、だれが見てもかなりボリュームのある組み合わせで、心して食べようとラーメンから挑みかかった。しっかりと乳化した豚骨スープは、大阪っぽく口当たりがとても柔らかいが・・・途中で飽きるな(^^; エッジの効いた中太のほぼストレート麺は、腰がしっかりしていて旨い。具はばら肉薄切りチャーシューが2枚、もやし、メンマ、海苔、それに青ネギもさっとのっている。チャーシューがしっかりしていれば、かなりいい線いくんだけどなぁ。半チャーハンと餃子もなかなか旨いので、新大阪駅で980円はお値打ちかもしれん。
a0351572_20354598.jpg
豚骨醤油ラーメン
a0351572_20354839.jpg
半チャーハン・餃子
 帰りは居酒屋超特急ひかりで、飲んだくれて小田原経由で帰りましたとさ。
a0351572_20355237.jpg
ラーメン75杯/はらわた9軒


by g_amaha | 2016-04-25 20:26 | 近畿(大阪) | Comments(0)
2015年 12月 22日

2015.12.22(火)

 久しぶりの大阪出張である。伊丹空港からモノレールで行ける場所なので、昼は伊丹空港で働く人が集まるオアシスに向った。何度も言っているが、改築される前は羽田空港にもオアシスがあり、手軽な値段で昼にありつけるのでよく通ったものだ。紫雲先生もオアシスのダールーメンを好んで食べていたらしい。
a0351572_09022481.jpg
a0351572_09022733.jpg
 ショーウィンドウを見ると、今日のおすすめは「C定食 うな丼」となっている。680円だ(猛爆)。それに小うどん190円を付けても870円という事実(^^; そのチケットを買って厨房に行くと、定食には好きな小鉢を1品付けることができるという。天ぷらや煮物やらが何書類もあって目移りするが、「うざく」というものがあるだけに、きゅうりの酢の物を取って席に着いた。
 それにしてもすごい量だな(^^; うなぎ2切れというのはご愛敬だが、流石に関西だけあって、錦糸卵やら木の芽でチープ感を与えないようにしている。味は680円なりではあるが、うなぎを食べてる感は十分に味わえた。うどんも小とはいえ、なか卯の小うどんよりボリュームがあり、天かすものせられるので、これまたなかなかのサイドメニューであった。
a0351572_09025122.jpg
C定食+小うどん
a0351572_09025480.jpg
うな丼
a0351572_09025756.jpg
小うどん


by g_amaha | 2015-12-22 00:00 | 近畿(大阪) | Comments(0)
2015年 08月 25日

2015.8.25(火)

 大阪の朝は早い。7:47の新幹線を予約していたが、1時間前の6:47に変更して新大阪駅に向かう。そして、6:30に開く浪花そばでスペシャルを啜るのだ。何度も言うが、この店で蕎麦を注文する客は見たことないのだが、何で店名が浪花そばなのか、と。まっ、それはそれとして、新装開店後初めて食べるスペシャルは、やたらうどんが多くなってないかい(^^; 相変わらずお汁が旨くて、ぐいぐい飲んでしまうが、今日はうどんを持て余してしまった。これからは、肉うどんでいいな(^^;
a0351572_06242736.jpg
店構え
a0351572_06243094.jpg
スペシャルうどん
 会社に9:20に戻り、午前中の仕事をざっくり終えた後、メトロ de 昼麺は大喜へ。ちょいと涼しい天候で食べるわんたん中華そばが旨い。今年は冷やしを食べない年になるかも(^^;
a0351572_06250852.jpg
わんたん中華そば


by g_amaha | 2015-08-25 00:00 | 近畿(大阪) | Comments(0)
2015年 08月 24日

2015.8.24(月)

 午後一で出張するため、昼は五香路でサービスランチ。蟹あんかけチャーハンに担々麺のセットだが、このセットの場合、担々麺がしょぼいのが玉に瑕だ。
a0351572_06190934.jpg
サービスランチ
 大阪でこってりとした会議があり、それを終えてから新大阪のホテルにチェックインし、ふたりで反省会に出た。時間も時間なので、近場でチェックしていた磯一に入り、トリビーで乾杯である。枝豆をつまみながら飲んでいると、磯盛りという刺身盛り合わせが出てきた。8点盛りで1680円は素晴しいですねぇ。お酒をもらってビールをチェーサーにして飲んでいると、帆立とコーンの天ぷらに甘鯛の塩焼きが出来上がってきた。帆立もコーンも存在感は薄いが、サクッとしたかき揚げは、お酒にもビールにも合うざんすねぇ。甘鯛の向きが逆だと思ったら、半身焼きなのね(^^; それはそれとして、身がほくほくで旨い!寿司居酒屋なので、最後に握りと鯖棒寿司ハーフを注文して食べると、どちらもCPが高いし、鯖棒寿司はしっかり旨い。たまにはこういう〆もいいよね。
a0351572_06210491.jpg
入口
a0351572_06210816.jpg
ビール・お通し
a0351572_06211517.jpg
枝豆
a0351572_06211716.jpg
磯盛り
a0351572_06212351.jpg
日本酒
a0351572_06212976.jpg
帆立とコーンの天ぷら
a0351572_06213389.jpg
甘鯛塩焼き
a0351572_06213617.jpg
鯖棒寿司
a0351572_06213988.jpg
握り


by g_amaha | 2015-08-24 00:00 | 近畿(大阪) | Comments(0)
2006年 12月 28日

2003.8.30(土)

 午前のセッションが終わったら、一目散に新今宮駅まで移動する。
♪ちょいと歩いてごらん、ジャンジャン街辺り~。色んなお店がたくさんある~よ。(ジャンジャン街ブルース:西岡たかし)
 そう、大学時代にこの曲をコピーして歌っていた手前、いつか現地に来なければと思っていたのだ。通天閣に向かうディープな通りは、土曜日の昼間だから気軽に通れるが、夜に来たら竦んでいたかもしれないオーラを感じる(^^; 行列のできている串揚げ屋さんや安い寿司屋さんや居酒屋等々をやり過ごし、目指すは本家ほるもん道場である。
 カウンターのみの店内の入り口部分には畳半畳くらいの鉄板があり、そこでお父さんがお客の注文を塩辛声で復唱しながらモツを焼いている。そのコテ捌きたるや見ていて飽きることがないくらいだ。まずは生レバをつつきながら焼き物の順番を待っていると、アブラ(タン下)とチョウが出来上がってきた。おぉっ、このウスターソースの味付がいかにも大阪って感じですねぇ。お父さんに連れられた中学生くらいの坊主たちも、グワッシグワッシとホルモンをかっ込んでいる。大阪の子供は社会経験が早い訳だわ。席が混んできて焼き物の注文が殺到しているので、一旦生セン(マイ)と生レバをお替りし、コメカミとアカセン(マイ)を追加した。モヤシの量が多くなってくると、もう少しシャキッと食べたくなるところだが、そんな我侭を言ってはいかんでしょう。
 新幹線の時間を気にしながら、数剣先にある丸徳に入り、ホルモンうどんで〆にかかる。ん?!メニューをよく見ると、ホルモン中華なんてのもあるんですねぇ。しかしまぁ、ここはうどんで〆るべきでしょう。チョウとカシラ?主体のホルモンがのったうどんは、スープが関東風濃い味なのが面白い。ホルモンはもう少し荒々しいように想像していたが、意外にさっぱり食べられるのは、ちょっと拍子抜けという気がしないでもない。でも、このスープとホルモンなら、うどんで食べるのが正解だな。
 地下鉄に乗らなければならないぎりぎりの時間となり、じゃりん子チエの世界を十分に満喫して大阪を後にしましたとさ。

by g_amaha | 2006-12-28 08:30 | 近畿(大阪)
2006年 12月 28日

2003.8.29(金)

 焼酎馬鹿飲みのバチがあたり、ヘロヘロの体で学会場にたどり着く。頭痛と戦いながら午前が終了し、昼にぽっかり時間が空いたところで一信というお店を目指す。JRの西九条駅からバスに乗り、ぐるぐる探してお店の前に着くと「営業時間18:00~23:00」の張り紙が・・・いぃーーーーんです、これも込みなんです(T^T) だったら泣くな!
 そこで同じルートを戻ってJR天満駅で降り、暑い中を歩いて支那そば一光にたどり着いた。佐野実さんのお弟子さんのお店ということだが、ベクトルは明らかに中華屋さんに向いている。東京で言えば、たんたん亭出身の八島という感じだ。ここまでくるのにえらく時間がかかったので、ヘロヘロの体のくせに塩ラーメンに半チャーハンを付けてしまった(^^; ラーメンの見た目はなるほど支那そばやだが、複雑な素材の出汁は全く感じられず、麺も始めからヘタっている。むしろチャーハンの方が(以下自粛)
 夜は同行者と吉在門に行ってご一献。相変わらず、キタでこの値段?というコストパフォーマンスだ。今日はほどほどにしておかなければ(^^;

by g_amaha | 2006-12-28 08:29 | 近畿(大阪)
2006年 12月 28日

2003.8.28(木)

 午前のセッションが終わり、昼麺をしに外に出る。会場が中之島の国際会議場なので、JR福島駅まで歩いて上方屋五郎ヱ門に入った。満席なので、お店の外でメニューを見ていると、昼と夜の設定が随分違っており、夜の塩スペシャルは1400円という値段だ。大阪ではこういうラーメンを食べる環境ができているのだろうか?昼のメニューは醤油が600円で塩が650円だから、こちらはそこそこの値段になっている。順番が回ってきたので、塩に名古屋コーチントッピング半熟玉子を付けて注文した。
 薀蓄では、麺が主体のラーメンと銘打っており、やや細めのストレート麺はもっちりとしていて旨い。ただ、スープが完全に脇役に回ってしまっていて、このバランスは非常に気になるところだ。千切りのレタスも新鮮だが、スープを更に弱くするような印象を受けるなぁ。
 夜は大阪在住のラ族が同行してくれることとなり、モツをコースのみで食べさせるやまがた屋というお店に入った。一見すると小料理屋のような風情だが、炭火が用意されるや否や、各部位の肉が次から次へと供される。見たことのない部位も多いが、見たことのある部位でもそれに合った焼き方を教えられ、全てが新しい経験となって感動してしまう。当然、味付は塩のみ。最初にレモンも出してくれるが、お客が塩で納得していると見るや、途中で下げてしまうという徹底ぶりだ。そして、ここではビールの後は焼酎を飲むのが仕来たりのようで、お客の好みを聞いてその肉にも合う銘柄を出してくれる。同行者の魔力(殴)も手伝ってか、かなり飲んでしまったぞ、と。いやはや、メタルスライムを倒したみたいに、一気に経験値が上がってしまったわい。

by g_amaha | 2006-12-28 08:28 | 近畿(大阪)
2006年 12月 28日

2003.8.27(水)

 午後の会議の前にサクッと食べようと紅虎餃子房へ。汁物のメニューを眺めていると、麻婆叉焼麺というのが目にとまったので早速注文してみた。単品の麻婆豆腐より豆腐がコロコロしているのは何か意図があるのだろうか(^^; 街の中華屋さんの麻婆ラーメンの方がインパクトがあるし、チャーシュー数枚入れて980円にしてるのがミエミエだ。う~む、紅虎は坦々麺以外だめかぁ
 夜は明日からの学会のため、ホルモンの聖地大阪に移動する。異文化の地の非常にディープなゾーンに入っていくにはかなりの勇気がいるが、同行者との付き合いも2年以上になり、その筋の世界にも喜んで着いてくるようになったのはとても心強い(^^; 怪談を聞いた夜に一緒に便所に行ってくれるようなものだ(違)。
 新大阪から大阪に移動し環状線に乗って鶴橋で降りると、改札口を出る前から肉の焼ける香ばしい匂いが漂っている。
 最初に向かうは大成屋という串焼きホルモンのお店だ。19:00前という最も混む時間帯だからか店内は満席で、おばあちゃんに「ちょっと待っててね」と言われる。ここで関東弁をしゃべる一見の客だと思われ、「ごめんねぇ」と言われて追い返されなかったのはとても嬉しいじゃないですか。5分程度経ったところでおじさんが一人出ると、パイプ椅子をひとつ追加して二人分の席を作ってくれた。う~ん、これまた嬉しいじゃないですか。しかし、ぐるっと店内を見回しても、品書きもなければネタケースも見当たらない。とりあえず事前情報から「生ギモ」を注文してビールを飲む。他はどうやって注文するんざんしょ(^^; と不安になっていたら、キャベツが置かれ、辛味の付いたもろみと甘みの付いた醤油ダレが入った皿が置かれ、大きめの皿が置かれた途端に串焼きがどんどん盛られ始めた。こっ、こういうシステムなのね(^^; ちょっと間が空いたところで「他に生ものはありますか?」と聞くと、ミノと子袋ということなので子袋を注文した。子袋刺しといえば、通常はさっと湯通しされたものが出てくるのだが、ここは本当に生が出てきたので驚いた。流石に聖地である。たれは酢に胡麻油という取り合わせで、さっぱりした味付になっていて旨い。いやはや、最初からやられてしまいましたな。
 次は、よりディープなゾーンにあるというお店に移動した。げっ、8人程の行列ができているじゃないですか。しかし、同行者共々気持ちが盛り上がっているので、即決で待つこととなった。今度は20分くらいかかったが、カウンターに座った途端に待ったことなど忘れ、次々と注文しては焼き、ハフハフいいながら食べる。途中、アキレスフェー(アキレス腱)をコチュジャンのタレで食べ、初めての味と食感に感心してみたり。こりゃぁ、もう精肉は食えませんな。

by g_amaha | 2006-12-28 08:27 | 近畿(大阪)
2006年 12月 27日

2002.10.31(木)

 業界の会合を兵庫県の会社でやる事になり、大阪経由で移動する。梅田で阪急宝塚線に乗り換える前に、噂の楼蘭に向かった。
 梅田の地下街というのは、雰囲気的には、東京駅八重洲地下街と大手町の地下街を足したような感じになるのだろうか。ビジネス街的な雰囲気とアメ横的な雰囲気が入り混じったりして、ボーダーレスで「えぇんちゃう」的な大阪気質そのものだ。綺麗になったエリアを抜け、駅前第2ビルの地下2階にはいると、またしてもそこは典型的な大阪の飲食街の雰囲気を呈する処となった。お店は入ってすぐ右手にあるにもかかわらず、不必要に舞い上がって左旋回から右旋回までして地下街を探し回り、元の位置に戻って見つけたという体たらくだ(^^;
 店名はいかにも中華料理店のようだが、新しいお店らしく、他店の店構えとは全く違う、今風のウッディーなラーメン店の造りになってる。ダブルスープということを念頭にメニューを見ると、まさしく青葉@中野を思わせる構成になっている。
#ダブルスープのお店って、味玉+チャーシューのトッピングメニューを、たいてい「特製」と呼ぶよなぁ(笑)
 折角なので、その特製を注文した。すると「うす味と濃い口がありますが」と聞かれたので、咄嗟に「うす味」と応えてしまった。歳をとりましたなぁ(^^;
 出てきたラーメンは、見た目からもダブルスープのそれであることがわかるような、端正な顔をしている。スープを飲むと、うす味という程でもないんじゃないかと思えるような、しっかりした動物のコクと、まろやかな魚介の出汁が口に広がってくる。青葉と比べると、両方のスープの「切れ」というか「強さ」というか、その辺がマイルドになっている感じだ。といっても、旨いには違いない。大阪にもこういうラーメンがどんどん出てきたというのは素晴らしい事だ。
 さて、阪急宝塚線に乗って、川西能勢口という駅で降りる。まだちょっと時間があるので、事前に調査しておいた博多ラーメンげんこつでもう一杯やっつけておく事にする。カウンターに座ると、隣で卓上のおろしにんにくの補充をしていて、凄い匂いが伝わってくる。そういうことは、厨房でやりなはれ。そうこうしているうちに基本の博多ラーメンが出てきた。
 う~むぅ、これを博多ラーメンと銘打つのは、外国の教科書に日本人がチョンマゲで紹介されているのと同じくらい違和感があるぞ。間違いじゃあないけど、ほとんど見ることはないタイプだ。透明度の高いとんこつスープに、すりゴマが浮いていて、スープの色よりゴマの色の方が濃いという(^^; ローストしたチャーシューは旨いが、こういうチャーシューもなかなか博多ではお目にかからない気がする。このスープに卓上のにんにくや豆板醤を入れたら、何がなんだか分からなくなると思うけどなぁ。
 会合は無事終わり、懇親会でしこたま飲み食いする。泊まりを宝塚にとったので、途中にある、テレチャンの初代ラーメン王が推薦したラーメン工房「あ」に入ろうかどうか迷った。腹はいっぱいである。だが、ここへ来る事はもう二度とないだろう。人生は一期一会である。・・・入ってしまった(殴)。
 川縁にあるファミレス的な中華レストランという店で、22:00位の時間だというのに若者達が結構食べに来ている。基本のラー麺を注文した。しっかり乳化したとんこつスープは、香味野菜で味が調えられていて、宝塚歌劇団を観劇に来たおばさんやオネーチャンにも、すんなり受け入れられそうだ。ローストされたバラ巻きチャーシューも旨いし、大降りなのが2枚も乗っていてゴージャスだ。突出した何かを持ってはいないが、全体がしっかりまとまっているラーメンだった。うむ、入って良かった(笑)

by g_amaha | 2006-12-27 10:31 | 近畿(大阪)