Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:東海(愛知)( 68 )


2017年 11月 21日

2017.11.21(火)

 最後の長久手の戦いに向かう。小田原から新幹線に乗るのに、東海道線が遅れて予約の新幹線に乗れそうもない。そこで、JR東海のEXPRESS予約から変更を掛けると、こだまのグリーン車しか空いていないという事実(^^; しか~し、運よくポイントが溜まっていたので、それを使ってお大尽移動した。こんなことでポイント使いたくなかったんだけど、しゃぁーねーちゅうことだな。
 で、時間がおしたので、昼は名古屋駅7・8番ホームの住よしでかき玉きしめんをすすることに。ここももうめったに来られないと思い、蕎麦ではなくGI値の高いきしめんで食べた。やっぱり、うみゃーでかんわ、住よしのきしめんは。昼時はカウンターがいっぱいなのは、至極当然の成り行きだろう。
a0351572_20414895.jpg
かき玉きしめん
a0351572_20414596.jpg
 最後の長久手の戦いが済み、今日も今日とて大黒で新幹線の時間調整をすることに。フロアのおねーちゃんも、焼き方のおにーちゃんからも、2週間振りでしたっけ?と聞かれた。4週間振りなのに、しかも前回は初見なのに、顔覚えてるのね。客商売の鑑だ(笑)。
 白ホッピーを氷なしでもらい、味噌おでん3品盛りとあら塩キャベツを注文した。おねーちゃんからこれだけで宜しいですか?と聞かれたので、じゃぁレバーとシロとてっぽうまで一気に頼んでしまった。以上で宜しいですか?と聞いてくれれば、もっとゆっくり頼んだのに、これだけでと聞かれると慌ててしまうのはおっちょこちょいの証拠だ(^^; オープンの立ち飲みなので、おでんが冷えるのを嫌っておかず食いをしてしまう。しかも、焼き物もすぐに出来上がってきたので、それもそそくさと食べなければならない。すぐにナカまでお替りしてしまった。う~むぅ、もっとゆっくり注文すればよかった。でも、結構旨いんだけどね。
a0351572_20415285.jpg
白ホッピー
a0351572_20415644.jpg
あら塩キャベツ
a0351572_20420081.jpg
味噌おでん(玉子・厚揚げ・どて)
a0351572_20420348.jpg
レバー
a0351572_20420659.jpg
シロ・てっぽう
 2ラウンド目は仕切り直してメガハイをもらい、あら塩キャベツのお替りと、レバーたたき、台湾肉巻きなんぞを注文した。おぉっ!レバーたたきはみじん切りの玉ねぎを混ぜたごま塩がかかって、うみゃーでかんわ。台湾肉巻きは、バラ肉でもやしとニラを巻いて焼き、辛く煮込んだミンチがかけられている。焼き方のおにーちゃんにどうですか?と聞かれたので、もっと辛くても良いんじゃないと答えると、これでも辛いっていう人が結構いるんですよという。ふぅ~ん、そんなもんかねぇ。最後にタンと軟骨を頼み、60分3本勝負は終了となった。どうも御馳走様でした。
a0351572_20421182.jpg
メガハイ
a0351572_20421407.jpg
レバーたたき
a0351572_20421739.jpg
台湾肉巻き
a0351572_20422058.jpg
タン・軟骨
a0351572_20422321.jpg


by g_amaha | 2017-11-21 20:44 | 東海(愛知) | Comments(0)
2017年 10月 10日

2017.10.10(火)

 連休明けでいきなり長久手の戦いである。K博士と藤が丘駅で昼を食べようと向かったのは嘉文だ。12種類のおかずから2品選ぶのだが、毎々目移りしてしまう。長考もできないので、3色フライとカレイの煮付けを選んだ。3色フライは白身魚と海老と蟹クリームコロッケ。コロッケを食べるのは11ヶ月振りで罪悪感があるなぁ(^^; それでもベジファーストで少ないキャベツから食べ、久し振りにこんなガッツリとした定食を平らげた。
a0351572_03012360.jpg
セレクトランチ
a0351572_03012743.jpg
カレイの煮付け
a0351572_03012935.jpg
3色フライ(白身魚・海老・蟹クリームコロッケ)
a0351572_03013297.jpg
 長久手の戦いが終わって名古屋駅に戻り、これまたいつものように新幹線の時間調整で、90分3本勝負の始まりである。今日は魚椿の隣にある大黒という焼きとんのお店に入った。黒ホッピーをもらい、味噌おでん、もつ煮込み、タン煮込み、あら塩キャベツでスタートだ。味噌おでんは、基本のどてと大根にウインナーを選んだ。大根はまだ味が浅かったが、久し振りに食べる名古屋のおでんはホッピーによく合うわ。もつ煮込みはシロが普通の味噌で煮込まれている。八丁味噌にすると、どてになるからしょうがないか(笑)。580円といういい値段のタン煮込みは、牛タンの塩煮込みで、ブラックペッパーとの相性宜しく、うみゃーでかんわ。あら塩キャベツが良い箸休めとなり、氷なしホッピーがどんどんすすむ君だ。ネギもつぽん酢はテッポーだというので、それをもらうと、鰹節とネギとぽん酢が絶妙なコンビネーションで旨い。
a0351572_03181553.jpg
黒ホッピー
a0351572_03181762.jpg
味噌おでん(どて・ウインナー・大根)
a0351572_03182048.jpg
もつ煮込み
a0351572_03182358.jpg
あら塩キャベツ
a0351572_03182685.jpg
タン煮込み
a0351572_03182987.jpg
氷なしホッピー
a0351572_03183175.jpg
ネギもつぽん酢
 最終ラウンドはもつ焼きだ。ガツを醤油で、タン、しきん(食道)、軟骨は塩で焼いてもらう。醤油ダレが用意されているから、ガツ醤油は定番なのだろう。しきんをぽん酢に付けて食べると旨いというのは新たな発見だった。次はシロ、テッポー、つくね、レバーをタレで焼いてもらう。シロとテッポーがいつも食べているタイプと違うのと、そこそこ豚臭いので、K博士は若干引いていたけど、逆に私はこれはこれで美味しくいただいた。こちらのお店も新幹線の時間調整に使えるな。どうもご馳走様でした。
a0351572_03284649.jpg
ガツ・タン・しきん(食道)・軟骨
a0351572_03284960.jpg
シロ・テッポー
a0351572_03285191.jpg
つくね・レバー
a0351572_08431906.jpg


by g_amaha | 2017-10-10 21:00 | 東海(愛知) | Comments(2)
2017年 09月 19日

2017.9.19(火)

 昼過ぎに長久手の戦いに出向くので、昼はK博士と名古屋駅7・8番線の住よしでかき玉きしめんを食べることに。名古屋駅在来線の住よしは、かき揚げを2度揚げしてくれるので、さっくりした状態で食べられるのだ。ふむ!これで戦いの準備は整った(笑)。
a0351572_06535793.jpg
かき玉きしめん
a0351572_06540157.jpg
 戦いがおわり、いつものように魚椿で新幹線の時間調整60分3本勝負である。クレイジーケンバンドの曲が流れる中、トリビーで乾杯し、これまたいつものように海鮮パリパリサラダでベジファースト。そして〆鯖と刺身7点盛りでビールをお替りだ。天ぷらは鮭の白子、銀杏、ワカサギ、それに薩摩芋としらすのかき揚げを選び、ハイボールで流し込む。これで丁度60分。完全に癖になってしまった(^^;
a0351572_07015333.jpg
トリビー
a0351572_07015975.jpg
海鮮パリパリサラダ
a0351572_07015651.jpg
〆鯖
a0351572_07020211.jpg
刺身7点盛り
a0351572_07020811.jpg
ハイボール
a0351572_07020566.jpg
鮭の白子・銀杏・ワカサギ天ぷら
a0351572_07021003.jpg
薩摩芋としらすのかき揚げ
a0351572_07082815.jpg
 新幹線の中でベビースターをつまみに氷結を飲んで帰ったのは、ここだけの話にして欲しい(殴)。


by g_amaha | 2017-09-19 20:47 | 東海(愛知) | Comments(0)
2017年 08月 22日

2017.8.22(火)

 長久手の戦いである。藤が丘駅に同行者と待ち合わせ、3人ではなびに向かった。待ち客5名だったが、タイミングよく入れ替わり、5分程度の待ちで座ることができた。今回は定番の台湾まぜそばのチケットを買い、追い飯は半ライスにしてもらった。出てきた台湾まぜそばにラー油と花山椒を加え、ぐりんぐりんとかき混ぜて食べる。ふむふむ、これが台湾まぜそばか。どっちかといえば、台湾ラーメンの方が好みだな。途中、酢を加えて味変を楽しみ、最後にK博士と半ライスをさらに半分に分け、追い飯にして完食である。次からはまた汁そば系を食べることにしよう。
a0351572_06363848.jpg
台湾まぜそば
a0351572_06364262.jpg
追い飯
 長久手の戦いを終え、新幹線の時間まで、名古屋駅7・8番線の住よしで15分1本勝負を決める。大生とどてで丁度15分。サクッと飲んで帰るのであった。
a0351572_06395993.jpg
大生
a0351572_06400254.jpg
どて
a0351572_06400413.jpg


by g_amaha | 2017-08-22 19:28 | 東海(愛知) | Comments(0)
2017年 07月 14日

2017.7.14(金)

 那覇の朝は早い。7:50の便に乗るのに、6:30にチェックアウトして空港に向かう。今日は名古屋のアポイントに間に合わせるため、ぎりぎりの乗り継ぎで予定を組んでいるのに、ひとりのおばあが搭乗時間に遅れて来たため、出発も到着も遅れる見込みだと告げられた。ここで暴れても意味がないので、じっと堪えて羽田に着くのを待った。10分遅れで到着し、予約していた新幹線にぎりぎり間に合って名古屋に向かった。
 JR千種駅でさくっと昼を食べようと思い、住よしに入った。かき揚げきしめんチケットを買ったのだが、厨房に渡す時にそばでと注文した。ふむ!蕎麦が結構旨いじゃん。でも、このお汁はやっぱりきしめんだよなぁ(^^; ここは我慢のしどころだ。
a0351572_19385661.jpg
かき揚げそば
a0351572_19385932.jpg
 大先生との面談は90分にも及んだが、最後に「ときにG.Aさん、さっきから見ていたんだけど・・・」と言われたので、なにかしくじったかと思いきや、「随分痩せたな」と言われてしまった(^^; 昨日の小桜のようにかくかくしかじかと説明すると、「我々の歳で痩せると、面倒な病気も疑わなきゃならないからな」とお気遣いいただいた。でも・・・我々って、私もそっち側になったんかーーい!。。。_| ̄|○ 
 とりあえず今週のミッションは終了し、同行のK博士といつものパターンで、名古屋駅新幹線口の魚椿でご一献である。今日は1階の立飲みコーナーで60分3本勝負ということで、K博士ご所望の〆鯖につぶ刺しとエイの肝の3点盛りと、稚鮎の天ぷら、それに枝豆と浅蜊のかき揚げ、そしてベジファーストの魚介パリパリサラダを注文した。トリビーで乾杯すると、最初に刺身が出てきた。このエイの肝・・イカンでしょうーーー!!ゴマ塩で食べると、鶏のレバ刺しに近いこってり感で、久し振りにレバ刺し食ったどぉーーー!という気分にさせてくれる逸品だ。相変わらず〆鯖のクオリティーも高いし、旬のつぶ貝刺しも旨い。次に出てきた魚介パリパリサラダをワシワシとたべていると、稚鮎の天ぷらが揚がってきた。これもイカンでしょうーーー!ほろにがのはらわたがデラウマだぁ~。メガハイがあっという間になくなっしまう勢いだ。枝豆と浅蜊のかき揚げはボリウミィなので、しばしそれをつまんで店長とクレージーケンバンドネタでまったりと過ごし、最後に鰯骨せんべいをがりがりと摘まんで、60分3本勝負が終了となった。いゃぁ、このパターンは間違いなく定番化されそうだ。
a0351572_20110146.jpg
トリビー
a0351572_20112192.jpg
〆鯖・つぶ刺し・エイの肝
a0351572_20121496.jpg
魚介パリパリサラダ
a0351572_20115091.jpg
稚鮎の天ぷら
a0351572_20123102.jpg
メガハイ
a0351572_20124400.jpg
枝豆と浅蜊のかき揚げ
a0351572_20130949.jpg
鰯の骨せんべい
a0351572_20132175.jpg



by g_amaha | 2017-07-14 20:24 | 東海(愛知) | Comments(0)
2017年 05月 19日

2017.5.19(金)

 久し振りの名古屋だぎゃぁ~(殴)。東山線の藤が丘駅でK博士と待ち合わせ、まずは昼を食べることになった。東山線の西端高畑にある超人気店はなびが、東端藤が丘にFC店を出したと聞き、そこに行ってみることした。麺好き辛もの好きのK博士も二つ返事でOKである。12:00になったところで店内満席で、3~4分待って席に着いた。台湾まぜそばで大ブレークしたはなびなので、K博士は基本の台湾まぜそばを、私は今週のテーマである(笑)麻辣担々麺を選んだ。おぉっ、いぃーーービジュアルじゃないですかぁ。K博士の台湾まぜそばも良いお顔だ。濃度が高くてゲル状のスープは、胡麻ペーストの濃さと辛さと痺れが絶妙のバランスで旨い。もっちりした中太縮れ麺は140gとのことだが、なんかあっという間に腹に入ってしまった。ゲル状のスープが結構余ったので、ちょっちゅ考えた末に禁断の追い飯をもらうことにした(殴)。画像はあまり奇麗ではないが、これまた旨いじゃん。ためらいなく追い飯をしたK博士も至極満足のようだ。私も次の機会あらば台湾まぜそばを食べてみるとにしよう。
a0351572_06554205.jpg
麻辣担々麺
a0351572_06554871.jpg
追い飯
a0351572_06555027.jpg
追い飯2
a0351572_06554525.jpg
台湾まぜそば

 ほぼ2時間にわたる濃いミッションを終え、新幹線に乗る前にK博士と45分3本勝負をしに魚椿に入った。トリビーで乾杯し、刺し盛りと春の天ぷら盛り合わせに、稚鮎天とミョウガ天と雲丹磯部巻き天を足し、すぐに出るという海鮮パリパリサラダを注文した。ベジファーストでサラダを馬のように食べる(^^; 海鮮サラダとはいえ、〆鯖とサーモンの切り落としが申し訳程度に入っているのだが、これが意外に旨くてビールがすすむ君。すぐにビールをお替りし、落ち着いたところで刺身をつまむ。刺身もどえらーりゃーうみゃー。特に〆鯖は久し振りに旨いの食べたなぁという気になったくらいだ。
a0351572_07155483.jpg
トリビー
a0351572_07155742.jpg
海鮮パリパリサラダ
a0351572_07160062.jpg
刺し盛り
 天ぷらが出来上がってきたところで、メガハイボールに切り替える。稚鮎天がうみゃーでかんわぁ。ほろ苦のはらわたがハイボールによく合う(笑)。ミョウガ天も初夏の味わいだ。天ぷらが旨いので、3本勝負のはずが、メガハイボールをお替りだ(殴)。そして山葵醤油で食べる雲丹磯部巻き天・・・イカンでしょうーーーー!!少し雲丹に火が通り過ぎだが、大衆居酒屋だからしゃーねーわな。あと10分というところでつまみがなくなったので、山芋の昆布和えを頼み、メガハイボールをしっかり飲み切ってお勘定となった。いやはや、ケツが決まって急いで飲むのは酔いが回りますなぁ(^^; どうもご馳走様でした。
a0351572_07165202.jpg
春の天ぷら盛り合わせ+稚鮎天+ミョウガ天
a0351572_07165517.jpg
メガハイボール
a0351572_07165832.jpg
雲丹磯部巻き天
a0351572_07170084.jpg
山芋昆布和え
a0351572_07170307.jpg
 このあと、KIOSKで角ハイボールを買い、新幹線の中で飲んで帰ったのはここだけの話だ(殴蹴)。


by g_amaha | 2017-05-19 20:40 | 東海(愛知) | Comments(2)
2016年 04月 28日

2016.4.28(木)

 名古屋日帰り出張だぎゃぁ~(殴)。いつものように小田原経由での移動だが、小田原での朝路麺をぐっと我慢し、住吉できしめんを食べることにした。8・9番線の住吉に入ると、朝っぱらからサワーを飲んでるオッサンにガン見されたので、こちらもガン見してオッサンの横にスタンバる(笑)。買ったチケットは季節限定春のきしめんだ。おばちゃんがチケットを見て、姫竹とタラの芽を揚げ始め、「はい!今日で終わりの春きしめん」といて渡された。ビジュアルはワカメの黒さであまり春って感じじゃない(^^; まずはお汁を啜ると、いつものような甘味が感じられない。かき揚げと玉子で食べるから、普段はそれで甘味を感じているのかもしれないなぁ(未検証)。で、その姫竹とタラの芽の天ぷらはというと、両方とも香りも味もほとんどなく、ずぇんずぇん春が伝わらんがね。住よしの季節ものは、どれも定番を超えたものはないな。かき玉きしめんにしておけばよかった。。。_| ̄|○
a0351572_08560391.jpg
店構え
a0351572_08562740.jpg
チケット
a0351572_08563123.jpg
春きしめん
 藤が丘駅で同行者と合流し、長久手の戦いを終えたところで、昼を食べることになった。暫くぶりに嘉文藤が丘店に入り、それぞれの好みでおかずを2品選ぶ、セレクトランチを注文した。私は魚のカマ焼きと揚げマグロのタルタルソースを選ぶと、小振りの鮭のカマ焼きが2つに揚げたマグロの切り身が3つのった皿が出てきた。2~3年前はぺろりと食べられたが、もうこの時点で完食は諦め、ご飯をお替りしたT博士にマグロを1つ食べてもらったという事実。相変わらずのコストパフォーマンスに驚き、腹一平君となって帰るのであった。
a0351572_09132213.jpg
セレクトランチ
a0351572_09132652.jpg
鮭のカマ焼き
a0351572_09132943.jpg
揚げマグロのタルタル
a0351572_09133692.jpg
店構え


by g_amaha | 2016-04-28 19:37 | 東海(愛知) | Comments(0)
2015年 12月 02日

2015.12.2(水)

 博多から帰った途端に名古屋だぎゃ~(殴)。移動に移動を重ね、地下鉄東山線藤が丘駅に着いたのは12:30。そこで昼麺をしようと、和風薬膳らーめん貴楽というお店に入った。メニューを見ると、かなりのバリエーションがあるようで、台湾ラーメンも気になるところだが、基本らしい鶏白湯らーめんを選び、ランチチャーハンが180円というのが目に入ったのでそれも追加した。しばし待って出てきた鶏白湯らーめんは、見た目家系の雰囲気だが、まさに濃厚な鶏スープで違いがはっきり分かる。麺は普通の太さのやや縮れ麺で、まったりしたスープをよく持ち上げてくる。具はロールタイプのチャーシューが2枚、1/2味付け玉子、ホウレンソウ、海苔、メンマ、ネギ。いい歳のオッサンには、このトッピングでも、全部のせのようなバリエーションだ(笑)。ランチチャーハンはというと、醤油の効いた味付けで、これも1ポーションとして十分な量だしなかなか旨い。結構充実の昼麺であった。
a0351572_14405504.jpg
鶏白湯らーめん
a0351572_14412579.jpg
ランチチャーハン
 仕事を終えて名古屋駅に戻り、同行したK博士とともに、新幹線に乗る前の60分一本勝負に向かった。入ったのは、以前からチェックしていた魚椿だ。トリビーで乾杯し、黒コショウの効いた大人のポテサラをつまんでいると、刺身5点盛りが出てきた。おぉーー!鰹、鯛、トロ、鰆の炙り、甘海老、生鯖、やりイカという、7種類の刺身が乗った5点盛りだ(爆)。生鯖を入れてねと頼んでいた通り、生鯖のとろっとした旨さは格別だし、その他の魚もうみゃーでかんわ。
a0351572_14423301.jpg
生ビール
a0351572_14423727.jpg
ポテトサラダ
a0351572_14424224.jpg
刺身5点盛り
 ビールを2杯飲み終えると、天ぷらが出来上がってきた。奮発して雲丹、白子、牡蛎という狼藉の注文したのは大正解で、尿酸値向上委員会が金賞を授与するであろう程のデラウマである。最後に烏賊のワタ焼きでしめ、尿酸値をMAXまで上げながら新幹線に乗るのであった。
a0351572_14424655.jpg
雲丹・白子・牡蛎天ぷら
a0351572_14425096.jpg
烏賊ワタ焼き

ラーメン218杯/はらわた30軒


by g_amaha | 2015-12-02 00:00 | 東海(愛知) | Comments(0)
2007年 01月 16日

2007.1.16(火)

 名古屋の朝は寒い。昨日はエアコンもつけず、カーテンも閉め忘れて寝たら、ちょっちゅ風邪のひき始め状態になってしまった(--; まずは、朝一の仕事をサクッとこなし、ここ一年間の懸案となっている慈庵に行ってみた。お店の直前にある角から恐る恐る眺めると・・・暖簾が出てたぁ~(TT) お店に着いたのが11:50。暖簾越しに中を覗くと、中で3人が立って待っていたので、しばらく外で待つことにする。15分ほどでようやく中に入り、席に着いたのが12:10。それから注文を入れ、ラーメンが出てきたのは12:20であった。それもそのはず、スープは手鍋で湯煎するのだが、使っているのは家庭用のコンロで、1ロットはたったの2杯だ(^^; これははっきり言って商売ではないな。ラーメン屋さんだということは認めるけど。なんてったって、私の後の5人で暖簾を仕舞っちゃったもんね(^^;; 今日の昼の営業は15杯ってことだ(核爆)。でも、ラーメンは旨い!ランチのご飯は+20円(猛爆)で、「スープを入れて食べてください」と言われたとおりにやってみると、これもかなり旨い。スープの油の使い方が上手いんだろうなぁ。
 テレビには「笑っていいとも」が映り、店主も人の良さそうな顔をしているのに、何故か店内は異様な静けさと緊張感がみなぎってるのは何故なんでしょう(^^; こりゃ、慈庵のラーメンを食べるのは、運と時間をそうとう掛けないといかんのかな(^^;
 午後の仕事を終え、予約した新幹線の時間までどえりゃぁ亭で過ごす。今日は軽い知的障害を持っている感じの若者が厨房に立って、一所懸命に仕事をしている場面に出くわした。彼はきちんと仕事をこなし、自分の記憶に残っている常連さんと思しき人には「おはようございます」と挨拶をし、声を掛けられた人達は「おはよう」とか「お疲れさん」と返事をしている。何だかひたすら感動的だった。成人式で出鱈目なことをやっている馬鹿小僧達に・・・(以下語る気にもならず)。嬉しくなって30分で3杯も飲んでしまったという事実(^^; しっかし、味噌カツの200円にも驚きだが、きしめんのお汁に入れてネギをのせた野菜かき揚げが、100円という値段には驚愕の世界であった。

by g_amaha | 2007-01-16 00:00 | 東海(愛知)
2006年 12月 31日

2006.12.20(水)

 今年最後の出張は名古屋だぎゃぁ~。丁度昼に着いたので、同郷のT部員と鶴舞の一刻屋へ。昨日の深酒が祟ってG.Aモードなので、基本の中華そばより濃厚味噌そばというメニューに反応し、そのチケットを買って席に着いた。なるほど、かなり味噌の濃度が高いが、口当たりが柔らかく、まろやかで旨い。細縮れ麺もよく合っているし、胃にもやさしそうだ(^^; 基本の中華そばのスープを飲ませてもらうと、濃い醤油色にタマネギの味ががっちりと出ており、まるで木更津の富士屋のような印象だ。なかなか旨かったぞ、と。
 とりあえず一件目の用件を済ませると、次までにかなり時間が空いてしまった。そこで、同郷のT部員が未食だというシロノワールを食べさせるため、今池のコメダ珈琲に入った。名古屋地区を担当している者として、シロノワールが未食じゃぁイカンでしょう。で、出てきたシロノワールを見て、T部員は「半分ずつでも食べられなさそう(^^;」と弱音を吐いている。話を聞けば、T部員はケーキの食べ放題などに行くと、必ず会費負けするのだそうだ。だったら、小倉トーストも付けてやればよかった(殴)。
 次の仕事先でも順調に用件を済ませ、定刻の新幹線で新横浜に到着した。今日は居酒屋大好きのJIROCHO大兄と王子狸と3人で、横浜で飲む約束をしているのだ。京急で日の出町に移動し、春告魚は満席だったのであきらめ、まずは第一亭に入った。モツを堪能してからパタンとワンタンメンを食べたのだが、パタンのコシのある太麺とワンタンメンのスルッとした細縮れ麺は、どちらも個性的で旨い!やりますなぁ第一亭!!
 この後、北村で軽く串揚げを食べ、PAPA JOHNで青島幸男追悼のクレージーキャッツがかかる中、ハイボールとご主人の軽妙なトークを堪能し、野毛の夜は更けていくのであった。

by g_amaha | 2006-12-31 12:20 | 東海(愛知)