Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉)( 34 )


2017年 03月 25日

2017.3.25(土)

 同居人の母親が来ていたので、送りがてら木更津へ親戚の見舞いに連れて行った。その足で寄ったのが自家製麺ばくばくというお店だ。つけ麺がメインのお店だとは知らずに来てしまい、あと戻りできずに入るとにした(^^; しかも、券売機のマジックにしてやられ、一番上の特製濃厚つけ麺と特製濃厚辛つけ麺のボタンを押してしまったという事実。特製じゃなくても良かったのに_| ̄|○ フロアのおねーちゃんに麺の量を聞かれたので、同居人とその母に「麺は少なめで頼んだ方が良い」と諭し、私は普通の量でお願いした。しばし待って出てきたつけ麺は、魚介豚骨の濃厚汁と自家製極太麵という、所謂六厘舎インスパイアーだ。そういうお店に連れて行ったことがなく、濃厚魚介豚骨つけ麺を初めて食べた同居人と母は、凄い魚だしが効いてるわねと驚いている。私の選んだ辛つけ麺は、良い具合の辛味が付いていて、刻み玉ねぎがこれまた良いアクセントになっている。案の定、母は麺少なめでも食べきれなかったが、十分堪能したようだ。同居人は大勝軒系のつけ麺の方が好みのようだ。しっかし、大量に炭水化物を摂ってしまったな(^^;
a0351572_04024059.jpg
特製濃厚辛つけ麺
 同居人の母親を送り、特別養護施設にいる父親を見舞い、帰ってから宅飲みの世界へ。250kmも運転すると、飲まずにはいられない(^^;


by g_amaha | 2017-03-25 20:41 | 関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉) | Comments(0)
2017年 02月 10日

2017.2.10(金)

 年休消化で、今年も懲りずにバスツアーに予約を入れた。「南房総お花畑とイチゴ狩り食べ放題海鮮浜焼き食べ放題&海鮮丼デカネタ乗っけ放題」というコースで、スタートが大船消防署前というのが便利なので、クラブツーリズムのツアーを選んでいるのだ。7:20に大船をスタートし、港南台で10人が追加されて出発だ。ほとんどが有閑オババと年金生活夫婦だが、ちらほらカップルもいるし、女子大生2人組もいて、ツアコンのおじさんが「今日は平均年齢が低い」とのたもうている。
 最初の寄り所は海ほたる(爆)。要は、ここのぽるとがるというお店のメロンパンを軽夕食として配るので、それを仕込むための一時停止なのだ。メロンパンを軽夕食と謳うのはどうかと思うが、次の時間調整の意味もあるのだろう。
a0351572_07421754.jpg
a0351572_07420862.jpg
a0351572_07421306.jpg
 そして、君津で休憩(土産屋)を入れ、10:00過ぎに着いたのが富津の小泉酒造だ。ここで朝っぱらから利き酒をするという(笑)。まぁね、私も最近日本酒に開眼した同居人も、昨日はドライデーにしたので、やる気満々で利き酒に臨み、10種類くらいの中からフルーティーな東魁正宗を選んで購入した。朝からこれだけ試飲すると、結構いい感じになるな(^^;
a0351572_07445418.jpg
a0351572_07511540.jpg
a0351572_07511883.jpg
a0351572_07512090.jpg
a0351572_07512374.jpg
a0351572_07512585.jpg
a0351572_07512914.jpg
a0351572_07513227.jpg
a0351572_07513597.jpg
a0351572_07513769.jpg
a0351572_07514412.jpg
そして、11:00に富浦の海女小屋で浜焼きと海鮮丼の昼飯となった。よくテレビに出てくるお店だが、その時のネタとこういう時のネタに、ちょっちゅ差がある気がするのは気のせいだろうか。ご飯は50g~200gくらいまで数種類のスイッチがある機械で丼に取る仕組みなっており、低炭水化物生活のオッサンは50gのスイッチを押して丼に受けた(^^; 思いのほか少ない刺身ネタをそこそこ見栄え良く盛り付け、浜焼きは貝を中心に取ってきた。軍手を持参しやる気満々で臨んだが、う~むぅ~大分で娘達と食べた浜焼きの方が旨いな。牡蛎もサザエも帆立も蛤(画像はないが)も醤油がいらないくらいしょっぱい。同居人が「これ、蛤じゃなくホンジュラスじゃないの?」と、訳知りに言ったが・・・それホンビノスだろ!中米か!!白くないから蛤だっちゅうの。
a0351572_07533493.jpg
a0351572_07533933.jpg
a0351572_07534112.jpg
a0351572_07534591.jpg
 次の土産屋に連れていかれると、散々食べた後なのに漁師汁が振る舞われる。私はパスして同居人が100円で買ったお試しソフトを少しもらう。3か月振りに食べるアイスクリームの味はいまいちだった(^^;
a0351572_08220357.jpg
 バスはかなり細い道を進み、南房総市の日本酪農の発祥の地へ向かう。今度はそこでイチゴ狩りだある。去年の静岡ツアーもそうだったが、イチゴは章姫だ。酸味が少なく単調な味だが、勢いで22個食べられた。ツアコンによると女子大生は41個食べたそうだ。何かとうるさいオババがいて、「このイチゴは全然甘くない。だから練乳を渡すのよ」と言っている。練乳渡さないイチゴ狩りなんぞある訳がない。
a0351572_08220431.jpg
a0351572_08220454.jpg
 バスは外房に向い、次は花摘をして、はたまた土産屋に連れていかれる。その土産屋にサザエのUFOキャッチャーがあったが、果たしてキャッチできるんだろうか(笑)。
a0351572_08220524.jpg
 小一時間かけて君津に戻ったら、わざわざ高速を降りて土産屋に連れていかれる。まぁ、トイレ休憩だといいように解釈しよう。バスは雪の高速を走り、大船に戻るのであった。なんだかんだ言って、結構土産買っちまったな(^^;


by g_amaha | 2017-02-10 19:24 | 関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉) | Comments(0)
2016年 01月 02日

2016.1.2(土)

 同期人の方の親族が市原市のいちの膳に集まり、新年の挨拶をする。皆が好きなものを注文して食べるのだが、何をとち狂ったか、はなやか御膳なるメニューを注文したら、おせち系の小鉢が揃ったもので、ノンアルコールビールで食べるには、持て余すものばかりであった。こういう時は、普通のものを食べるに限るのを思い知ったアラカン半魚人_|‾|○
a0351572_21010454.jpg
店構え
a0351572_21011764.jpg
はなやか御膳


by g_amaha | 2016-01-02 00:00 | 関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉) | Comments(0)
2015年 11月 08日

2015.11.8(日)

 同居人の母親がうちに来ることになり、8時に市原市に向かって車を走らせた。老老介護で疲弊している義母に、つかの間の休息をしてもらうのが目的なので、ピックアップした後に「昼は何を食べましょうか」と聞いたら、「滅多に食べられないのでラーメン」と返ってきた。同居人の母親とは思えない気の使い方だ(^^; ならば外す訳にはイカンでしょう~ということで、めん結び光の葉に連れていくことにした。
 丁度開店時間に着いたので、うまいことテーブル席に座らせてもらい、同居人が鶏白湯ら~めん、義母がしょうゆら~めん、私がある時だけ限定というにぼしお中華そばを選んだ。まずはにぼしお中華そばを食べると、いぃーーーー具合に煮干しの出汁が出たスープが旨い!!自家製という平縮れ麺もピロピロでいいじゃないですか。具はばら肉煮豚チャーシュー、ナルト、メンマ、海苔、ネギ。しばらく市原市でラーメンを食べてなかったけど、素晴らしいお店ができていたんですねぇ。鶏白湯のスープは大喜の純とりそばとまではいかないが、濃厚な鶏の出汁が出ていて同居人も唸っている。しょうゆら~めんはシンプルな鶏の味わいが、しゃきっとしたストレートの細麺と良く合っていて、これもいぃーーーーじゃないですか。でも・・・しょうゆら~めんのスープとにぼしお中華そばのスープは違うよね。同居人は煮干しの違いだと言うけど、私はベースが違うと思うのだが・・・。教えて、偉い人(笑)
a0351572_11410622.jpg
にぼしお中華そば
a0351572_11411093.jpg
鶏白湯ら~めん
a0351572_11411431.jpg
しょうゆら~めん

ラーメン201杯/はらわた29軒

by g_amaha | 2015-11-08 00:00 | 関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉) | Comments(0)
2015年 09月 22日

2015.9.22(火)

 同居人の父親が啐寿を迎えたので、義妹家族と数年ぶりに再会して祝うことに。今日がアクアラインの渋滞ピークだというので6:00に家を出ると、アクアラインに入る合流でモタモタしたが、その後は比較的スムースに移動できた。
 デニーズで時間を潰したあと、義両親を施設でピックアップしていちの膳に入り、好きなメニューを注文してご歓談である。うちの家族が注文した松茸御膳は、松茸のせいろ蒸しはなかなかだったが、天ぷらはエリンギじゃねーの?というモノだ(^^; ちゃんと値段取っても良いから、本物出してくれよ(笑)



by g_amaha | 2015-09-22 00:00 | 関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉) | Comments(0)
2006年 12月 30日

2005.7.29(金)

 直行で川越に向かう。川越と言えば5~6年越しの大宿題店頑者がある街である。同行者と池袋から合流して東武東上線に乗り、馬鹿話をしながら川越市駅を目指す。話を聞くと同行者も結構なラヲタで、10年前の就職活動では履歴の趣味欄に「ラーメンの食べ歩き」と書いたらしい。当然、頑者に行くのも二つ返事である。丁度開店時間にお店に着くと、1ロット目の入店が終わったばかりで、7~8人目の行列につけたので2ロット目の入店は確実だ。暑い中20分ほど待って中に入り、待望のラーメンが出てきた。スープは鶏と豚で取られた動物系のスープと鰹節が効いた魚介スープが合わせられたダブルスープ。豚骨をガンガン煮出した濁ったスープではなく、綺麗な黄金色をした半透明なスープは、青葉インスパイアー系が食傷気味に感じられてきた現在では、私の琴線をビシビシと弾いてくれる。実に切れが良いのだ。かなり硬めでもうすこしモチッと茹でても良いんじゃないかと思える太縮れ麺だが、スープ表面の脂をしっかりと取り込んでくるところは流石製麺所出身だ。そしてチャーシューが素晴らしい。久しぶりに唸るラーメンを食べることができた。
 仕事は滞りなく終わり、そのままやっちゃんに移動する。1年ぶりの来店になったが、4月と7月初めに病気で休んだと言うやっちゃんは、そんなことを全く感じさせないフルスロットルトークで迎えてくれた(笑)。ちょっと早めに着いたこともあり、ひとりで煮込み小をつまんでビールを飲んでいたら、今日初めてお会いするTさんが現われた。すぐに乾杯してあとの4人を待つ・・・・・・・・・・・・・が、来ない。
 お店の電話が鳴り、やっちゃんが道を教え始めた(笑)。タクシーの運転手が道を知らなかったらしい。ようやく6人が揃い、あらためて乾杯となった。キャベツの胡麻塩漬け痛快丸齧りの食べ方を皆さんに伝授しているうちに刺し盛りがやってきた。何故か分からないが、今日の刺し盛りはやたらゴージャスだ。しかも、やっちゃんがテーブルまでやってきて、いつもは別盛りになるレバーまで追加してくれたぞ(^^; 七色のモツと言われる刺し盛りが、今日は10種類になっているという事実(爆)。
 写真大会が終わると、胡麻塩、ニンニク醤油、山葵醤油、生姜醤油とぞれぞれのタレで生肉を喰らい、焼酎を飲みまくる集団・・・怪しい。焼酎が2本目となったところで煮物が出てきた。これまた、テール、アキレス腱、ハチノス、タンといつもよりゴージャスだ(^^; 今日は何かあったんだろうか(笑)。いつものように持参のフランスパンを焼いてもらい、カレー味のタレまでしっかり堪能した。私はこれにて終了したが、他の面々は更に怪しき中野の街へ消えていくのであった。

by g_amaha | 2006-12-30 07:29 | 関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉)
2006年 12月 29日

2004.5.3(月)

 千葉の実家詣でに出るが、浮島から木更津まで渋滞だという。トンネルの中が全部車で埋まってるって訳ね(^^; せっかくETC付けたのにぃー。で、雨も降っているので昭和の森も諦める。しかし、おじさんは他の目的があるから、土気駅を目差すのである。そーーーです、樹幸に行くんです。実家から約13kmというのは実に微妙な距離で、近いっちゃぁ近いが遠いっちゃぁ遠い・・・ってどっちやねん!半分くらい走ったところでデジカメ忘れたのに気付いたけど、戻る気にならないもんね(T^T)
 さて、カーナビに誘導されて目的地に着くと、なっ何と15人くらいの行列ができている。デジカメ忘れたのであっさりと諦め、すぐ先の虎の舞に行くことにした。私の勝手な思い込みで、ここは九州とんこつラーメンのお店だと思っていたら、竹岡式房州ラーメンなんですねぇ。出汁は取ってるみたいだけど(^^; わざわざ入口でバラ肉を煮込んでいるところを見せているのに、チャーシューがちょっとせこいんでないかい。竹岡式房州ラーメンは、バラ肉がどどーーんとのるのが醍醐味なんだから。
 夜は実家恒例の八幡屋で鰻である。ちょっちゅカロリー摂りすぎだよなぁ(^^;
朝:73.2kg、夜:欠測

by g_amaha | 2006-12-29 05:03 | 関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉)
2006年 12月 29日

2004.1.3(土)

 実家から帰る前にもう1軒行っておこうということで、3年ぶりくらいになる伊達屋に入る。未食の辛ネギ味噌ラーメンを食べてみると、以前赤味噌で感じたインスタント系の風味はなくなり、なかなか良い感じで食べられた。味噌自体が重厚になったのかもしれないな。

by g_amaha | 2006-12-29 01:03 | 関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉)
2006年 12月 29日

2004.1.2(金)

 これまた恒例の、子連れ同居人の実家詣でである。一日前に来ていた妹一家と昼に合流するため、9:00に出発して高速に入ったが、いつも渋滞する大井南も穴川も全く問題なく、1時間30分で着くことができた。
 まずはお約束の儀礼を済ませ、皆が一息ついたところでこっそりと初ラに繰り出した(^^; ネット情報を探ると、最も近所で1月2日に開いている未食店としてヒットしたのは千葉大勝軒である。以前はとんこつらーめん一代というお店だったが、そのあと一瞬ロッキーが入り、去年の11月から大勝軒になったようだ。お店に着くと丁度旨い具合に席に着くことができ、中華そばを注文した。東池袋に比べると魚の出汁が弱く、醤油が強めなところは千葉向きのアレンヂだろうか(^^; チャーシューも1cmくらいの厚みがあるし(笑)。麺のもっちりした食感はなかなかだが、やはりもう少しスープが濁るくらいの雑っぽさがあった方が好みだな。
 夜も皆が一息ついたところでこっそりと夜ラに繰り出す(^^; これまた未食店の博多らーめんかふうである。こんな日に開いているのはありがたいことだが、20:00に行ってお客さんがいないと申し訳ない気分になってしまう。出てきたらーめんは、博多というよりも熊本で良く出くわす、うまかっちゃんのような風味の油が浮いた、ちょっと苦手なタイプだ。「こんなに茹でても大丈夫だろうか」と思うような茹で時間だったが、意外に柔々ではなく、むっちりした細麺であった。とはいえ、もっと硬麺の方が好みですけどね(^^; ただ、私の好みではないけれども、全体的には結構レベルの高いとんこつラーメンだと思う。

by g_amaha | 2006-12-29 01:02 | 関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉)
2006年 12月 28日

2003.10.26(日)

 同居人の実家に行く。家族の移動で初めてアクアラインを使ったが、、、早い!(^^; 帰りも東関東ルートで渋滞7キロという表示を見て、ほくそ笑みながら走ってきたが、片道の差額が2300円というのを考えれば、まさに時間を金で買ったということですな。
 昼は実家詣での恒例、八幡屋の鰻を食べる。同居人が石焼ビビンバ風を頼んだが、こりゃ明らかに企画物(^^; 私の櫃まぶしはいつも通りようごさんした。

by g_amaha | 2006-12-28 10:26 | 関東(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉)