Gaily Amahaの未熟な舌過敏な腸

gailyamaha.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 10月 03日 ( 1 )


2017年 10月 03日

2017.10.3(火)

 天気予報がはずれ、雨が降りそうもないので、昼は天亀そばへ食べに行った。勿論、注文はげそ天そばと玉子だ。今日のおまけは何かの葉っぱだが、見ても食べても何だか分からない。沖縄で食べるハンダマ(水前寺草)に似てるけど・・・。
a0351572_04452273.jpg
げそ天そば+玉子
a0351572_04452520.jpg
 今日は結婚記念日ということで、同居人と鎌倉で待ち合わせて寿司眞へ。って、シャッターが閉まってるじゃん。貼り紙には「暫くの間、火曜と水曜を定休とします」と書いてある。知らなかった_| ̄|○ ならばと、今までなかなか入れなかったへ行ってみることにした。丁度暖簾が下がったところで口開けの客となり、トリビーをいただいて黒板メニューを眺める。おぉっ、カワハギの刺身があるぞ。それに今シーズン初の生牡蠣もある。同居人は好物の揚げ銀杏を選んだ。まずはカワハギの薄造りが出てきた。肝をのせて食べると・・・旨かぁ~である。次は生牡蠣だ。レモンを絞って一口で頬張ると・・・海のミルクやぁーーー!って、牛乳飲めないけど(^^; そして揚げ銀杏。これまたいぃーーつまみだ。何とも「秋」というつまみをいただくと、これは日本酒でしょう~。ということで、千曲錦ひやおろしをお願いする。流石はひやおろし、すっきりしてくいくい飲んでしまう。寿司屋くらいでしか日本酒を飲まない同居人も、美味しいと飲んでいる。
a0351572_05042567.jpg
トリビー
a0351572_05042872.jpg
カワハギ薄造り
a0351572_05044529.jpg
生牡蠣
a0351572_05044890.jpg
揚げ銀杏
a0351572_05045038.jpg
千曲錦ひやおろし
a0351572_05045238.jpg
 同居人の腹が膨れないうちに握ってもらうことに。まずは同居人のリクエストでたいら貝と大トロ。縁は煮きりを引いて出すので、そのまま口に放り込めばよい。たいら貝のこりこりしゃくしゃくとした食感がいぃーーーですねぇ。大トロは口の中であっという間に溶けてなくなった(笑)。次は私の番で鰯と鯖。くぅーーー!どっちも脂がのってデラウマだ。今度は同居人の番でいくらと海老マヨ。女子か!まぁ女子っちゃ女子だけど。
a0351572_05301223.jpg
たいら貝
a0351572_05301575.jpg
大トロ
a0351572_05301810.jpg
a0351572_05302183.jpg
a0351572_05302521.jpg
いくら
a0351572_05302905.jpg
海老マヨ
 次のお酒は小左衛門を選んだ。こちらは旨味がぐっとくるタイプだ。今度は両者一品ずつひらめと鯵を選んだ。光物の煮きりはちょっと酢が入っているのか、それとも光物は軽く〆ているのか、いい具合に酸味があって旨い。で、最後に両者一品ずつ大トロ巻きとムツを選んだ。大トロ巻きはやはりネギトロにした方が脂が抑えられて良い気がする。ムツはぶりぶりの身でねっとりまいう~だった。いゃぁ、縁もいいなぁ。開いてて良かった。どうもご馳走様でした。
a0351572_05303218.jpg
小左衛門
a0351572_05303556.jpg
ひらめ
a0351572_05303884.jpg
a0351572_05305089.jpg
大トロ巻き
a0351572_05305370.jpg
むつ
a0351572_05305754.jpg

 同居人がバルに寄って行こうというので、御成通りのpandaに入った。ここも開店当初から認知していたのだが、一歩踏み出せなかったお店だ。ビールをもらい、海老コロッケとピンチョスという簡単なつまみを頼んだ。どこに住んでるのか聞かれたので、番地や最寄りのバス停とかを伝えても、よく分かってもらえない。「郵便番号248の人達は、247のエリアをほとんど知らない」という鎌倉あるあるだ。サクッと飲んでバスで帰りましたとさ。
a0351572_05420623.jpg
生ビール
a0351572_05425662.jpg
海老コロッケ
a0351572_05424121.jpg
ピンチョス
a0351572_05430151.jpg


by g_amaha | 2017-10-03 20:36 | 寿司系 | Comments(0)